ガンプラ サイコ ガンダム。 なんだこのザクは!? 超重量級ガンプラ「MGサイコ・ザク」に度肝を抜かれた

【ガンプラレビューまとめ(HGUC一覧)】Zガンダムに登場する変形モビルスーツ

ガンプラ サイコ ガンダム

概要 [ ] の技術を集めて製作された。 をベースとした機体で、にサイコガンダムのパワーを付加する目的で開発された。 巨大な機体の為、ガンプラバトルでの分類は。 機体形状はサイコガンダムとほとんど変わっていないが、頭部は を思わせるゴーグル状の物に変更されており、機体カラーは赤を基調とした色に変更されている。 武装もほぼ変更されていないが、と同型のレフレクタービットが頭部に搭載されている。 変形機構も引き継いでいるが、モビルアーマー形態時には脳波伝導フィールドを形成しの機能を大幅に向上させる。 この状態では拡散で複数の敵を同時に狙うことが可能となる。 量産機をイメージさせる機体ではあるがではなく、あくまでもサイコガンダムの能力を持つベビー級のジムである。 登場作品と操縦者 [ ] ファイターは。 終盤に最後の敵として現れ、のをその性能で圧倒し、撃破寸前まで追い詰めるものとのに妨害される。 しかし、周囲のを操作することで行動不能にし、さらに駆けつけた他の機体も圧倒した。 そのままスターバーニングにトドメを刺そうとするも、アリスタを所持したが現れたことでスターバーニングガンダムが再起し、RGシステムを発動したハイパースターバーニングナックルで撃破された。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] の特性を利用し、重力下で浮揚させるシステム。 システムは胴体内部に内蔵されており、脚部やシールドにもサブシステムが内蔵されている。 ただし、その効果を最大限に発揮するには形態に変形する必要がある。 変形 形態及びモビルアーマー形態へ変形可能。 モビルアーマー形態はモビルフォートレスとも呼称される。 脳波伝導フィールド モビルフォートレス形態時、の機能を大幅に向上させることが可能。 武装・必殺攻撃 [ ] 小型メガビーム砲 頭部額部に縦に2門内蔵されている小型ビーム砲。 本機の武装の中では威力が低いが、消費エネルギーが少なく扱いやすい。 MA形態時にはヘッドカバーで覆われる為、使用不可となる。 拡散メガ粒子砲 腹部に3門内蔵されている拡散。 本機のメイン武装で当たれば敵を一撃で撃破できる。 MA形態時では脳波伝導フィールドの効果で複数の敵を同時に狙い撃ちすることが可能となる。 ビーム砲 両腕の指先に内蔵されたビーム砲。 同時に発射すれば敵は回避が困難で、威力も高い。 MA形態時にはマニピュレーターが格納される為、使用不可能となる。 レフレクタービット 頭部に収納されているサイコミュ兵器。 サイコガンダムではコックピットにあたる口の部分から射出される。 の物と同じ武装の筈だが、ビット自体からビームを発射している他、ので破壊されている。 シールド 通常のMS程の大きさを持つ専用シールド。 MA形態時には2つに分割して腕部に装着される。 ミノフスキークラフトの制御システムの一部を担っているため、これがないとMA形態時に飛べなくなる。 バルカン砲と思われる武装 頭部に左右一対2門内蔵されている。 ベースキットのサイコガンダムには存在していない武装である。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] ベース機。 余談 [ ]• これにより赤いサイコガンダムを製作する事が可能となっている。 商品情報 [ ] [ ] 資料リンク [ ]• リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の

HG

ガンプラ サイコ ガンダム

前回の鏡面仕上げの続きです。 今回は4からです。 光沢クリアを厚めに塗装する• 1500番の紙ペーパーで表面を整える• 再度光沢クリアで塗装する• タミヤコンパウンド 細目 で磨く• タミヤコンパウンド 仕上げ目 で磨く 4. タミヤコンパウンド 細目 で磨く 面倒くさくなったのでやりませんでした(汗)。 というものこのコンパウンドは10年以上前のもので粘り気が少なくなっており磨くことに耐えれなかったです。 ということでこの作業はキャンセルして次の仕上げ目に移りました。 タミヤコンパウンド 仕上げ目 で磨く 仕上げ目のコンパウンドはまだ粘り気があり使用可能でした。 写真の左に写っている仕上げ目のコンパウンドです。 布はメガネ拭き(クロス)を使用しました。 軽く撫でるように拭き上げたのですが、下地処理が雑でしたしコンパウンドの細目でも磨いていないので鏡面とはほど遠い出来になってしまいまいした。 でもグロス塗装と考えれば、結構良い感じの仕上がりになっています。 ブラックの鏡面は難しいですね!以前キュベレイで試したときはホワイトだったので細かいキズとか隠してくれたのですがブラックはモロにでます。 さて、次は完成報告です。 関連記事 ki9ta2 gungle 10数年前の積みガンプラをマイペースで作っています。 最近は基本工作だけでなく少しだけ改修するようになってきました。 アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 3 タグ.

次の

HGUC サイコガンダム

ガンプラ サイコ ガンダム

プレミアムバンダイの受注品となっていて価格は6264円です。 付属品はシールド&ジョイントパーツが付属。 余剰パーツではありますがサイコガンダムの頭部もそのまま組めます。 頭部にはポリキャップを使うのですが、新規ランナーの余剰パーツにポリキャップの形をしたプラパーツがあるので そちらを組み込めば分解する事なく頭部を付け替えられます。 シールもあるのですがこちらも余剰となります。 余剰となるサイコガンダムヘッドに目のシールを貼ったり好みでこのシールを使い黄色ラインを入れたりする事も可能。 ビルドファイターズGMの逆襲に登場したサイコジムがまさかのキット化。 キット自体は以前発売されたサイコガンダムがベースになっていてGM顔になった頭部は新規パーツで再現されています。 カラーは黒から赤色に変更。 首から下はサイコガンダムがそのまま使われていて変形ギミックやパーツ分割なども共通でした。 組み立ては基本スナップフィットですが一部ビスを使う所があるのでプラスドライバーが必要です。 シールドを装備した姿。 キットの配色ですがサイコガンダムより簡略化されていて胸などの黄色ラインが無くなっています。 なのでシールや塗装の必要もなくなり大部分が成形色で再現されるようになりました。 頭部のバルカンや一部のモールドの内部等の細かいグレーを除けば成形色で再現されています。 また頭部を交換する事で赤いカラーリングのサイコガンダムにする事も可能でした。 頭部アップ。 新規パーツでの再現となるGMヘッド。 前後分割のシンプルな分割ですがバイザーはクリアパーツ。 マスク部分のレフレクタービット発射口の展開は再現されず固定となります。 余剰パーツとなるサイコガンダム顔。 ギミックや造形含めHGUC版と同じでツインアイは余剰となるシールが使えます。 胸部は拡散メガ粒子砲が別パーツで再現されています。 バックパックはバーニアがBJで可動。 腰アーマーはフロントとサイドが稼働しノズルのディテールなどもありますがアーマー裏はシンプルな造形。 腕や肩アーマーはモナカ構造が多く合わせ目もそれなりに出ます。 手首は5指全て独立可動。 親指以外は第二関節も可動します。 太腿は白色に変化。 ジョイント穴隠しも変わらずあります。 脚部のフレームは白色からグレーになりました。 フレームや足首は左右分割で合わせ目あり。 足首はBJ接続でアンクルアーマーが可動。 足裏は肉抜きなしです。 可動範囲はサイコガンダムと共通。 肩や肘は軸関節で首はBJ。 腰は固定で肩の引き出しなどもないため派手なポーズは厳しいです。 足首と股関節もBJですが接地や開脚はそこそこ。 膝は90度ほど曲がります。 シールドも成形色が違うのみで構造は共通。 ジョイントパーツを使って前腕に接続します。 関節がシンプルな分しっかりしているので今のところシールドの重さに負けたりする事は無いです。 手持ち武器などはないですが指は細かく動かせます。 スターバーニングやGMGMと並べて大きさ比較。 HGUCサイコがベースなだけありかなりの巨体です。 巨体ではありますがさすがに劇中ほどの体格差にはならない感じです。 ですが片手で掴んだりする事は手首に引っ掛けるようにする事でそれっぽくできます。 腰を捻ったパンチなどはできませんが決着のパンチっぽく。 置いておくだけでかなりの迫力が。 続いて変形ギミックの紹介です。 とはいってもギミック自体はサイコガンダムと変わりません。 まずはシールドを分割しウイングを引き出します。 胴体を前後に割り、肩のプレートやバックパックのフードを起こします。 胴体は収納されていたジョイント棒を引き出し画像のように接続。 太腿のカバーを展開し 脚部のロックを外しフレームを引き伸ばします。 太腿のジョイント穴カバーを外したらフレームを画像のようにたたみ再度ロック。 手首を引き出し内側に曲げ前腕のカバーなどを展開。 そして肩のカバーと繋げて シールドを再度取り付ければモビルフォートレスの完成です。 頭部が隠れるためこの状態ではサイコガンダムと同じになります。 変形自体は要所要所にロックがありカッチリとした変形。 大きいですが特に外れやすかったりするパーツはありません。 この状態でも通常サイズのMSを大きく超える高さがあります。 黒色もですが赤色でも意外とサイコガンダムらしい不気味さがありますね。 最後にサイコガンダムと。 色が違うだけで首下のモールドなども同じです。 以上HGBF サイコジム レビューでした。 サイコガンダムベースだけありHGとは思えない巨体でどちらの形態も迫力満点です。 作り自体はサイコガンダムと変わらないので可動は控えめで派手な格闘ポーズは無理ですが 立たせておくだけでボスらしい存在感はばっちりあります。 あとは余剰パーツ&シールで赤いサイコガンダムが組めるなどの遊び心もあり カッチリした変形も楽しめる良いキットでした。 amazon.

次の