メルカリ 転売 違法。 メルカリ転売で逮捕!?初心者に古物商は必要なのか?

メルカリの転売で違法となる事例からあなたが逮捕されないためにすべき3つのこと

メルカリ 転売 違法

メルカリ転売は違法行為?せどり禁止? 冒頭でも説明しましたが、メルカリは転売しても違法性はありませんし、今後もせどりに使えるツールです。 出典:産経ニュース こちらは、実際にメルカリ転売で逮捕者が出たというニュースです。 エラーコインや旧紙幣等は、グレーゾーンであり、コレクションとしての意図があるなら問題ないようです。 その他にも、メルカリでは下記の商品の出品が違反行為に該当します。 偽ブランド品 窃盗品 チケット 定価以上の場合 これらの商品は、 メルカリ以外の転売ツールを使ってさばいても違法行為に該当するので要注意です。 人気アーティストがライブをすると、チケットが高額転売されるというのは多く耳にしますが、メルカリでは転売して逮捕された事例もあります。 その背景もあり、近年ではチケット不正転売禁止法というものが参議院で可決されて、2019年現在施行されています。 考えられるメルカリ違法行為事例 チケットの高額転売が禁止されてから、メルカリで高額転売をする人が少なくなった印象ですが、近年増加している事案があります。 それは、 偽ブランド品の高額転売です。 偽物だと知らずに転売した場合も、偽物だと知って転売した場合も、 違法行為に該当するので、仕入れには注意したいところ。 転売した商品が、偽ブランド品であり、購入者が消費者庁に通報して、出品者が家宅捜査を受けたという事案もあります。 こちらは、高級ブランドのクリスチャンルブタンの長財布です。 定価で購入しようとすると、8~10万円程度の商品であり、ラグジュアリーブランドとして知られています。 こちらの商品ですが、メルカリでよく出回っているコピー品です。 同様の商品をヤフオクで仕入れる場合は、2万円程度で済みます。 新品未使用商品として、5万円程度で出品すれば3万円の粗利が出るわけです。 チケットよりも簡単に仕入れることができ、人気ブランドということもあって回転率も速いことから、高額転売の対象になっています。 フリマアプリという位置づけなので、本来は不用品を処分する目的で利用することが多く、違法だと勘違いしてしまう人も少なくありません。 【質問】 転売は違法ですか? 【回答】 基本的に、合法です。 製造直売以外の小売りは転売です。 ただ、メルカリの出品者の中には気を悪くされる方もいるでしょうが。 引用: 内容によって異なりますし、基本的には合法であるという回答です。 しかし、 取り扱う商品次第では違法行為に該当するとのこと。 つまり、メルカリの規約に引っかからないような商品を仕入れて、うまく商品を取り扱うということがメルカリを使った賢い転売方法です。 また、違法行為に引っかかる商品ではなくても、 極端に同じ商品を仕入れて転売すると通報される可能性もあります。 そのため、ガイドラインに引っかからない程度の範囲内で、メルカリを利用することが重要です! メルカリ転売が違法になる逮捕事例は? メルカリ転売は、取り扱うものによって違法行為になる可能性があるということを解説しました。 知らなくても、転売した時点で違法行為なので、逮捕された事例もいくつか存在します。 主な逮捕事例としては、下記の通りです。 1万円を出品 窃盗品を大量出品 偽ブランド・模造品を販売して逮捕 これらは、実際に出品して逮捕された事例なので、メルカリ転売をする際に気を付けたいポイントです。 1万円を出品 現在は違法行為として該当しており、出品されていた商品は削除されていますが、1万円を出品して逮捕されたという人がいます。 現金を出品すること自体、どのサイトでもNGです。 (旧紙幣以外は) しかし、1万円を出品したところで、利益につながらないという人も少なくないでしょう。 購入する際に、クレジットカードを使用して、マネーロンダリングを行ったことが原因と考えられます。 クレジットカードのショッピング枠を現金化するというものは、ネットで調べるといくらでも出てきます。 現金化すること自体、グレーゾーンですが、届け出を出している場合は別です。 転売には該当しませんが、利益に目がくらんで違法行為をしてしまった人の末路といえるでしょう。 中には、違法とは知らずに出品したという人も少なくありません。 窃盗品を大量出品 衣料品店・リサイクルショップ等で、衣服を窃盗してメルカリに出品して逮捕されたという事例もあります。 この男性の場合は、衣服のみを販売していますが、過去には腕時計やデジカメといった高額商品を窃盗して転売したという人も、存在します。 窃盗したものと知りながら、それを転売して利益につなげること自体犯罪です。 出品した人は重罪ですが、知らずに購入した人も、事情徴収をされる可能性があります。 メルカリ等で中古の衣服やスポーツ用具を購入する際は、 どういう出どころの商品かしっかり確認したほうがよさそうです。 違法行為に変わりはないので、今後メルカリがさらに厳しく転売対策を行うことがわかります。 偽ブランド・模造品を販売して逮捕 一昔前に比べると、偽ブランド品が大量に出品される時代になりました。 メルカリでブランド品を購入する際は、ストアが出品しているものでは無ければ、あてになりません。 こちらは、スヌーピーのスマートフォンカバーを自主製作して、販売した人が逮捕されています。 この女性の場合は、無地のスマートフォンカバーに商標作品を無許可で販売したことが罪に問われているわけですが、 模造品も違法行為の対象。 中国・韓国のアジア圏では、偽ブランド品やコピー品が大量に販売されており、輸入して販売するのも違法です。 利益につながるのは良いことですが、 犯罪の片棒を担ぐ可能性があるということを優先に考えましょう。 マネーロンダリング 商品売買を目的としない取引 製造販売に免許が必要な商品 虚偽情報による出品 公序良俗に違反するもの 規約違反に該当すると、 アカウント停止処分になることがあるので、注意しましょう。 マネーロンダリング 商品売買を目的としない取引 先ほども解説しましたが、現金を出品する行為は規約違反・違法行為の二つに該当します。 本来、メルカリでは商品を出品して購入するというのが基本的な流れになります。 例:不用品、仕入れ品等) しかし、マネーロンダリングの場合は、ポイントや現金を商品として出品する行為です。 本来の価値以下なら問題はありませんが、紙幣価値・ポイントの時価総額以上の値段で出品するのが規約違反です。 酒類 継続的に販売する場合) 生肉 食品衛生法違反) 加工食品 既製品を販売する分には問題ありませんが、独自に製造して販売する場合は保健所の許可証が必要です。 例:手作りジャム、ドリンク等) 酒類に関しては、継続的に出品することなく、一時的に在庫を処分する程度なら問題ありません。 しかし、利益が継続的に出るような商品の場合は、 酒類販売免許が必要になるので注意しましょう。 虚偽情報による出品 こちらは、偽ブランド品・コピー品などが該当します。 メルカリでは、商品説明を書くことがありますが、そこでは情報を偽りなく書く必要があります。 よくありがちなのが、偽ブランド品を 「正規品です」と書いて出品することでしょう。 購入者は、それを本物だと思って購入するわけですから、購入後のトラブルに該当します。 悪意 知っていて売った場合)でも、善意 (知らなくて売った場合)でも、事実確認はしっかり行いましょう。 先ほどの長財布の事例もそうですが、ネットで調べればいくらでも出てくる情報です。 最初から違法性がないのかどうか調べ てから、商品を売却するようにしましょう。 公序良俗に違反するもの この商品は、アダルト関連のグッズになります。 商品は様々ですが、AVやアダルトグッズは出品した時点でNGです。 メルカリは、全年齢が対象で購入することができるので、 公序良俗に違反するものは出品が禁止されています。 違法行為ではありませんが、アカウントが停止する可能性もあるので、注意しましょう。 補足:メルカリ転売で禁止されている商品 メルカリでは、出品が禁止されている商品が紹介したもの以外にも存在します。 Amazonやヤフオク等で取り扱っていて、利益が出ている商品でもメルカリでは禁止されているケースも少なくありません。 違法行為ではありませんが、規約違反に該当するとメルカリを利用することができなくなるので注意しましょう。 こちらに公開されているのは一部であり、その他にも条例で禁止されているような商品は禁止されています。 しかし、モラルに違反しない程度の商品なら問題ないので、気にする必要はなさそうです。 メルカリ転売で違法にならないための対策4選! メルカリ転売では、取り扱う商品によっては違法行為になることがわかりました。 知らなかったでは済まされない世界なので、 合法的で利益が確定する商品を積極的に仕入れましょう。 具体的な対策としては、4つ挙げることができます。 利用規約を一読する 権利侵害は要注意 国際条約も一読する 古物商許可証を取得する これを注意すれば、問題ありません。 利用規約を一読する まず、基本的なこととして、利用規約を一読しておきましょう。 メルカリには様々な規約が存在し、 違反した時点でアカウントが停止します。 私の友人から提供してもらった画像ですが、違法行為を繰り返していると、一時的にアカウントが停止します。 (友人の場合は1か月の利用停止処分) これが繰り返し行われる場合は、アカウントそのものが使えなくなる可能性が高いので、注意しましょう。 ルールを守ることは重要であり、どのツールを利用してもそれは変わりません。 ヤフオクにはヤフオクのルールがあるように、メルカリにはメルカリのルールが存在します。 法律的には違反ではなくても、メルカリで違反していたら、それなりの処分を受けるのは当然です。 逮捕されることはなくても、規約違反に該当する可能性もあるので、意識した置きたいポイントです。 特に、知的財産権に関しては、意識したいもの。 ノベルティグッズとは、実際に店舗に行って購入した人しかもらうことができないものですが、ほとんどが模造品です。 知的財産権を侵害しているものが多く、公式HPでも注意喚起がされたほど。 特に、シャネルのノベルティ商品は、化粧品以外は基本的に模造品です。 海外輸入転売、中国輸入等で利益を出している人もいますが、ワシントン条約に違反しているものを仕入れて出品した場合、違法行為に該当する可能性が非常に高いです。 ワシントン条約は、環境保護を目的とされた条例であり、下記が制定されています。 絶滅危惧種の生物(植物、種子も含む) 輸入が禁止されている動物の販売禁止 要は、絶滅する恐れがある希少種の動物を、むやみに捕獲したり販売したりしない条約です。 しかし、仕入れて販売すること自体禁止されているわけではなく、意図があって販売するなら問題ありません。 その場合は、許可証・認可証を輸入国から受ける必要があります。 経済産業省に提出して認可されることもあるので、 輸入する際は必ず取得するようにしましょう! 古物商許可証を取得する カメラ転売もそうですが、中古品を転売する目的で購入し、継続的に利益を得るには免許が必要になります。 おそらくせどりを行っている人のほとんどが、 中古品を仕入れているので、古物商許可証というものを取得しなければなりません。 中古品に限らず、チケットの高額転売等も違反行為に該当します。 家にある不用品を処分するという範囲内であれば、古物商許可証は必要ありませんが、継続的に利益を出したいと思っているなら、取得は必須です。 僕ももちろん取得しており、個人・法人に限らず、免許があるだけで信用度が違います。 メルカリで取り扱う商品が多い場合や、繰り返し中古品を転売する場合は、違法行為と判断されることもあるので要注意です。 まとめ メルカリ転売が違法なのかどうかについて解説しましたが、転売した商品や状態によって左右されることがわかりました。 実際に、転売して逮捕された事例もあるので、その辺はしっかり注意して転売商品を取り扱いたいものです。 また、紹介した商品はメルカリに限らず、他の転売ツールでも同様に違法行為に該当します。 例:ヤフオク、Amazon) 近年では、転売を防止するために、様々な法律ができたという事例も少なくないので、今後法規制が厳しくなる可能性もあります。 仮に、あなたがメルカリ転売を始める場合は、違法性がなく継続的に仕入れることができる商品を仕入れて、 利益を拡大したほうが安全ですよ!.

次の

メルカリ転売は違法?どこからが規約違反?徹底解説!

メルカリ 転売 違法

そもそもメルカリせどりとは? ご存じの方も多いと思いますが、メルカリとは日本で一番会員数の多いフリマアプリです。 現在日本のほかにアメリカ、イギリスにも進出しており、ダウンロード数は1憶を超えています。 2018年6月19日には東京証券取引所マザーズへの新規上場を果たしており、今後さらにユーザーが増えることでしょう。 メルカリせどりとは、その巨大なネット上のフリーマーケット・メルカリで商品を安く仕入れ、それよりも高く売り、その価格差を収益として得ることをいいます。 メルカリせどり(転売)で違法とされる行為とは メルカリでせどりを行うこと自体は違法ではありません。 ではどんな行為が違法になるのでしょうか? 主な違法行為としては次のようなことが挙げられます。 チケット転売等のダフ屋行為 2019年6月14日、チケット不正転売禁止法が施工されました。 営利目的でチケットを購入し、定価を超える高額で転売することは違法行為となり、メルカリのアカウント停止だけでなく逮捕される可能性があります。 では、行くつもりでチケットを買ったが事情で行けなくなり、余ったチケットを販売することは違法になるのでしょうか? 答えはノーです。 チケット転売で違法になるのはあくまで営利目的としてチケットを買い占め、高額で転売することです。 よって、もしも行けなくなったチケットを販売する際は、定価を大きく超えない常識的な金額で販売することは可能です。 しかし、そもそもチケットの販売元が転売を禁止している場合は適正価格でも販売することはできませんので注意しましょう。 偽ブランド等の偽物販売 こちらは特に注意が必要なケースです。 メルカリ等のフリマサイトやオークションサイトには、偽物商品が意外と多く出回っています。 よって気づかずに偽物製品を仕入れて販売してしまう事が少なくありません。 私自身もメルカリをよく利用します。 すると定価からかけ離れて安く、おそらく偽物と思われる商品をたびたび目にします。 商標登録された商品の偽物を販売すると商標法に違反します。 また、本物と偽り販売すると詐欺罪となり、さらに重い罪に問われます。 本物を見極められれば問題は無いのですが、素人にその判断は難しいところです。 極端に安いブランド品等、偽物の可能性が高い商品を仕入れることは、なるべく避けたほうが賢明です。 その他、販売自体を禁止されている商品 販売すると違法となる商品には下記のようなものがあります。 メルカリで販売禁止されている商品!!• 盗難品• 犯罪や違法行為に使用されるおそれのあるもの• 安全性に問題のあるもの• 児童ポルノやそれに類するもの• アダルト関係• 使用済みの下着、スクール水着、学生服など• 医薬品、医療機器類• 許認可の無い化粧品やその小分け• 法令に抵触するサプリメント類• 保健所許可や営業許可のない食品• たばこ• 現金、金券、カード類 これらの商品はメルカリだけでなく、他のどこのサイトでも出品はできません。 しっかり目を通しておきましょう。 メルカリで規約違反とされる行為はコレ メルカリには独自の規約があります。 違反すれば、逮捕はされなくともメルカリからペナルティを課せられます。 ここではメルカリせどりで守るべきルールを解説します。 メルカリで購入した商品を著しく高額で販売すること メルカリで購入した商品を再度メルカリ内で販売する際は、購入額より著しく高額で出品することが禁止されています。 メルカリ規約によると、購入額+送料+手数料+クリーニング費用を上乗せした程度の金額での出品なら問題ないそうです。 無在庫販売 無在庫販売とは、出品時に手元に無い商品を販売し、購入後に他社サイト等から取り寄せて発送することをいいます。 また、無在庫販売後にアマゾン等から直接購入者に商品を発送することも禁止です。 他社から荷物が届いた時点で購入者から事務局へ通報され、ペナルティを受けますので絶対に行わないでください。 メルカリのルールに違反した場合、こんなペナルティがある メルカリのルールに反すればペナルティを課せられます。 違反の度合いにもよりますが、24時間の利用停止・一週間の利用停止・無期限利用停止・強制退会などがあります。 違反を繰り返すことで処分が大きくなるようです。 せっかく始めたメルカリせどり。 逮捕までいかなくとも利用停止されてしまったらお手上げです。 上記の違反行為をしっかり頭にいれておきましょう。 メルカリせどりを違法することなく行うためには 法律に違反することなくメルカリでせどりをするためには、上記の出品禁止商品や違法行為に気を付けること。 さらに「古物商許可」を取得することがおすすめです。 「古物商許可」とは、中古品を転売目的で購入し販売するための資格です。 繰り返しメルカリで仕入れ・販売をしていると中古品販売事業者とみなされることがありますので、コンスタントにせどりで収入を得る予定の方は古物商許可の取得をしたほうが安心です。 メルカリで仕入れたものを、他の販路で販売する方法 先程も述べましたが、メルカリで購入した商品をメルカリで販売する場合、購入金額より著しく高い金額で販売することが禁止されています。 でもそれだとほとんど利益が出ませんよね? そこでおすすめなのが、メルカリで仕入れた商品を他の販路で販売する方法です。 一番のおすすめはアマゾンです。 アマゾンは圧倒的な集客力を持ち、客層もメルカリは少しでも安く買いたいという人が多い一方、アマゾンブランドの安心感を優先し多少高額でも買いたい人が多いことが特徴です。 一方メルカリの良さは、素人が出品していることが多いため価格が安いこと。 さらにメルカリのローカルルールで値下げ交渉が可能です。 メルカリで安く仕入れアマゾンで高く販売すれば、高利益を上げることも可能です。 まとめ 最近はメルカリでせどりを行う人が増えています。 その分違法行為を犯す人も増え、逮捕者がでたというニュースを目にする機会も増えてきました。 せどりをしている人の中には「自分は大丈夫」と思いながらも、心のどこかで不安を感じている方もいるのではないでしょうか? 実は私自身がそうでした。 メルカリせどりで稼ぎたいけれど、何かの間違いで違法行為をしてしまったらどうしよう。 逮捕されたら家族にも迷惑をかけてしまうし・・と、恐る恐る仕入れたり販売をしていました。 しかし、転売のルールや違法行為を頭に入れておけば、何も恐れることはないのです。 不安がなくなれば、今まで以上にせどりに全力を注ぐことができますよね。 ぜひこの記事の内容を常に頭の片隅に置いていただき、メルカリせどりでしっかり稼いでいきましょう! 【2018年】 1月: せどり開始 2月: アドセンスブログ開始 3月: せどりで月収30円達成 4月: 情報発信を開始 5月: せどりツアーなど独自企画を開始 7月: 情報発信で月収100万円を達成 8月: アドセンス収益月収10万円達成 10月:情報発信で月収300万円を達成 12月:せどりツアー累計100名突破! 【2019年】 1月:メインブログ月間5万PV突破 2月:YouTube開始&登録者2,000人突破 4月:せどりツアー累計150名達成 5月:アフィリエイト月収20万円突破 6月:メインブログ月間10万PV突破 7月:note開始&初月20万円売上達成 8月:YouTube登録者1万人突破 12月:YouTube登録者2万人突破 【2020年】 1月:ブログ月間20万PV突破 2月:月収1,000万円突破.

次の

転売目的でフリマで買うのは違法?

メルカリ 転売 違法

ポイントがあと1つあったじゃろ。 仕入れた中古品をメルカリで転売することが、すべて違法になるわけではありません。 実は、仕入れた中古品を転売することは、 許可を取っていれば違法にはならないのです。 ポイント3 古物商許可 この許可を取っていると、仕入れた中古品を転売することが、違法ではなくなります。 それが、3つ目のポイント、 古物商許可です。 古物商許可とは、警察が管理している許認可の一つで、 中古品を転売目的で仕入れるときに必要となる許可です。 一般的には、リサイクルショップや中古車屋など、中古品を売り買いしているお店を営業するのに必要な許可として、認識されていることが多い許可です。 そのようなお店に古物商許可が必要なのはもちろんですが、メルカリの取引であっても、 仕入れた中古品を転売するなら、古物商許可が必要です。 つまり、 古物商許可を取らずに、仕入れた中古品をメルカリで転売することが、 違法となります。 もう少し補足するとだな… 古物商許可は、 中古品を転売目的で仕入れるときに必要な許可だと、先述しました。 つまり、取引に古物商許可が必要かどうかは、 物を仕入れるときに判断します。 なので、転売が違法かどうかも、 転売する物を仕入れるときに判断します。 重い罰則もある 古物商許可を取らずに、仕入れた中古品をメルカリで転売することは、 違法です。 このような取引を行うと、 3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。 たしかにそうなんじゃが、違法かどうかの見極めは、 仕入れの段階で行うんじゃよ。 古物商許可は、 中古品を転売目的で仕入れるときに必要となる許可です。 なので、取引に古物商許可が必要かどうかの判断は、物を転売するときではなく、 物を仕入れるときに判断します。 先ほどの例1のCDは、 仕入れの段階では、一度も取引されていない新品なので、例1の仕入れに古物商許可は不要なのです。 ただ、CDショップで売られているCDは、CDショップがメーカーや問屋から買った(取引した)ものなので、中古品とみなされるようにも思えます。 ですが、 小売店で売られている新品の商品は、古物商許可のルール上も新品とみなして構いません。 迷惑な転売はやめましょう 人気キャラクターのグッズが大量に買い占められて、メルカリで転売されることが、しばしば、問題になっています。 また、2020年には、中国で発生した、新型コロナウイルスの感染危機に便乗して、メルカリでマスクを高額転売する人が相次ぎ、それも問題になっています。 このような転売は、迷惑で許しがたい行為ですが、厄介なことに、 古物営業法(古物商許可を取り締まる法律)違法ではありません。 で解説したように、小売店で新品の商品を仕入れて転売することは、古物商許可があろうがなかろうが、違法ではないのです。 SNSでは、迷惑な転売に関して、こんな意見をよく目にします。 金儲け目的の転売なら古物商ないとダメなんだよ!どうせ許可なんか取ってないんだろ! 新品でも、転売目的で仕入れんのは古物商が必要。 そのうち捕まるよ(笑) このような意見は間違っています。 問題になっているような転売は、 古物営業法では違法性がないケースがほとんどです。 こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。 古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。 よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。 よくある質問と答え• 必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。 無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。

次の