株価 サイボウズ。 【分析】サイボウズの株価予想。今後の見通しについて

モーニングスター [ PTS価格 サイボウズ株式会社 ]

株価 サイボウズ

みんかぶリサーチによる株価診断。 現在は【割高】 理論株価 1,839円 と判断されており、結論に至った経緯と要因を、過去比較、相対比較、業績推移の視点から説明しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

サイボウズ (4776) : 個人投資家の株価予想 [Cybozu]

株価 サイボウズ

サイボウズの好調な株価要因を徹底考察! サイボウズは青野社長は去年の8月に自社の株価急落を喜んでいましたが しつこくサイボウズの株価が上がっている。 バブると経営上マイナス面が強くなるので、経営者としては対抗手段を考える必要が出てくる。 ただひたすらに理念に沿って行動していきます。 「ティール組織」には「ティール組織の視点に立つと、株主の力は制約されるべきではないが、組織の存在目的の方が超越した存在なのだ」とあります。 我々の理念を強く理解・共感していただける株主を増やしていきたいと思います。 サイボウズの株価上方からの苦い経験 青野社長は「会社の規模と乖離して上がるのはおかしいではないか? とも思ったりもします。 何にせよ、評価されない企業からみましたら 「うらやましい」以外の言葉がでてきません。 2倍です。 うらやましい。。。 サイボウズのビジネスモデル では、サイボウズは何をしているのかざっくり調べてみました。 サイボウズはグループウェアソフト「サイボウズ10」を主力で販売しています。 グループウェア日本No. 1企業ですね。 企業で必要なソフトが1つにまとめて入っているのは本当に便利です。 一度利用して納得されたらずっと利用しますしクラウドでの利用比率も増えていますので、これからも順調に業績が推移するのは容易に想像できます。 まとめ いろいろ書きましたが、これからも安定的に伸びる企業の可能性は高いと思います。 PBR18はサブスクとかストックビジネスでも成長速度には限度がある。 ただのマネーゲーム!投資というより投機! といった考えもできます。 いくらなんでもこの乖離はありすぎる! と思っていてもおかしくありません。 ただサイボウズはボーナスの関係で4Qは毎年赤字ですなのは補足しておきます。 このような「素晴らしい企業。 だけど既に評価されている。 」いう企業の株価の評価は本当に難しい。 と書きながら改めて思うのでした。 これからの成長が楽しみですね!.

次の

【分析】サイボウズの株価予想。今後の見通しについて

株価 サイボウズ

売上は予想レンジの132億6300万円〜133億6300万円(中央値133億1300万円)から133億3900万円(前年比18. 0%増)へ、営業利益は予想レンジの12億6200万円〜15億6200万円(中央値14億1200万円)の上限を上回る16億5200万円(同49. 8%増)へとそれぞれ上方修正した。 売上は12期ぶりの過去最高、営業利益は2年連続で過去最高益になるとの見立てである。 サイボウズは2020年12月期の予想も開示、売上の予想レンジを151億5100万円〜154億5100万円(中央値153億0100万円)、同じく営業利益を13億2400万円〜21億2400億円(中央値17億2400万円)といずれも前期を上回る強気見通しを示している。 ちなみに、サイボウズは2019年12月期の業績見通しを同6月、11月、12月と3回も上方修正している。 このため2020年12月期についてもさらなる上方修正を期待するムードもあるようだ。 発表翌日(12月26日)のサイボウズの株価は13. 7%高の1416円と急騰、その後も上昇トレンドを継続し、先週2月6日には2190円と14年ぶりの高値を記録している。 2019年2月22日の安値613円から1年足らずで3. 5倍の上昇だ。 クラウド事業が好調、収益構造が劇的に変貌 サイボウズは1997年に創業、1999年には中小企業向けグループウェア「サイボウズOffice4」がヒットし、2000年には東証マザーズに上場、2002年には東証2部、2006年には東証1部に市場変更している。

次の