セレナ ハイウェイスター グレード。 日産セレナのグレードの違いを理解しよう!エンジンやデザインで選べばOK

新型セレナ(C27)ハイウェイスターにはどんな違いがあるのか?

セレナ ハイウェイスター グレード

セレナ 20X 2,576,200円(2WD・CVT) セレナで最も廉価な20Xに何もオプションをつけず、限界まで値引きを達成できれば、最安でセレナが手に入ることになります。 さっそくシミュレーションしてみましょう。 9万円で新型セレナを購入できることがわかります。 しかし、フロアマットすら敷かないというのはさすがに非現実的なので、などネット通販で純正オプションよりも割安なセレナの社外品を揃えるのがおすすめです。 もちろん自分でつけるか頼むかしなければなりませんが、セレナの新車購入時であればディーラーに持ち込んで工賃サービスで取りつけをお願いすれば、たいてい快く引き受けてもらえます。 浮いた工賃ぶんも実質的な値引きと同じなので、少しでもお得&便利に新型セレナを手に入れましょう。 セレナの売れ筋グレードは? nissan. スポーティでカッコいいデザインのハイウェイスター系の中でも、価格と装備のバランスがとれた中間グレードの好コスパが、多くのユーザーから選ばれる理由となっているようです。 セレナ ハイウェイスターVはいくらで買える? さて、そんな売れ筋グレードのセレナ ハイウェイスターVはいくらで買えるのか、今度はおすすめの定番オプションをつけた上で、ガソリン車/e-POWERそれぞれシミュレーションしてみましょう。 メーカーオプションにはリセールで有利なブリリアントホワイトパール(有料カラー)を選び、ディーラーオプションには定番4点セット(ナビ、バイザー、ETC、フロアマット)に加えてあおり運転対策のマストアイテムであるドライブレコーダーを装着しています。 セレナの売れ筋グレードであるハイウェイスターVの乗り出し価格は、ガソリン車 約316万円、e-POWER約 359万円となりました。 セレナ ハイウェイスターVの人気装備は? 売れ筋グレードのハイウェイスターVには、便利で人気の高い装備が充実しています。 LEDヘッドランプ&フォグランプ nissan. 値引きや諸費用も差し引きして、セレナ e-POWERハイウェイスターGは 約402万円で購入できることになります。 セレナ e-POWER ハイウェイスター Gの主な装備は? セレナe-POWERハイウェイスターGには、最上級グレードに相応しい質感高い装備が充実しています。 16インチアルミホイール nissan. カタログ燃費は26. 街中の渋滞やちょい乗りまで含めると、平均として上記の実燃費数字となります。 トヨタのヴォクシー他3兄弟のハイブリッドよりは少し良い、と言うイメージでしょうか。 セレナe-POWERはガソリン満タンで何キロ走る? セレナe-POWERの燃料タンク容量は55Lです。 セレナの燃料インジケーターにはガソリンの残量と直近の燃費から算出される航続距離表示がありますので、これが最も分かり易い数値です。 ここでは実燃費16. 実際に消費した燃料は50L(55-残5L)ですので 16. 実際に警告灯が表示するまで走るというのは稀かと思いますが、それでも800km以上、高速を利用する遠出では、燃費走行に徹すれば1000㎞走破も不可能ではありません。 セレナの燃費が一番悪いグレードは? セレナ ハイブリッド XV、G、ハイウェイスターV 各4WD車 15. これらのグレードの実燃費は平均で8. 自動ブレーキのあるグレードは?• ワンタッチオートスライドドア(両側)が標準装備のグレード e-POWER XV e-POWER G ハイブリッドXV ハイブリッドG• ハンズフリーオートスライドドア(両側)が標準装備のグレード e-POWERハイウェイスターV e-POWERハイウェイスターG ハイブリッド ハイウェイスターV ハイブリッド ハイウェイスターG その他のグレードでは、最廉価グレードのe-POWER XとハイブリッドXにはメーカーオプションでワンタッチオートスライドドア(助手席側のみ)、e-POWERハイウェイスターとハイブリッド ハイウェイスターにはメーカーオプションでハンズフリーオートスライドドア(助手席側のみ)が設定されています。 買取相場から見るセレナのおすすめグレードは? 数年後のセレナの買取相場は、グレードによっても大きく変わります。 ここでは、3年後のセレナのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。 新車から3年落ちのセレナのリセールバリューは? 新車登録から3年経過後のセレナの各グレードのリセールバリューです。 グレード名 買取相場 新車時価格 3年後のリセールバリュー ハイブリッドX 175. 4万円 252. 9万円 69. 3% ハイブリッドXV 187. 6万円 268. 7万円 69. 8% ハイブリッドG 197. 5万円 300. 5万円 65. 7% ハイブリッド ハイウェイスター 195. 5万円 270. 8万円 72. 1% ハイブリッド ハイウェイスターV 207. 3万円 293. 2万円 70. 7% ハイブリッド ハイウェイスターG 209. 5万円 316. 8万円 66. 1% e-POWER X --万円 294. 3万円 --% e-POWER XV --万円 316. 7万円 --% e-POWER G --万円 341. 0万円 --% e-POWER ハイウェイスター --万円 323. 3万円 --% e-POWER ハイウェイスターV --万円 343. 5万円 --% e-POWER ハイウェイスターG --万円 365. 7万円 --% AUTECH(オーテック) --万円 --万円 --% AUTECH(オーテック)スポーツスペック --万円 --万円 --% e-POWER AUTECH(オーテック) --万円 --万円 --% ハイブリッドX 206. 0万円 277. 3万円 74. 2% ハイブリッドXV 211. 9万円 293. 1万円 72. 2% ハイブリッドG 231. 1万円 329. 2万円 70. 2% ハイブリッド ハイウェイスター 225. 2万円 299. 5万円 75. 1% ハイブリッド ハイウェイスターV 231. 0万円 319. 2万円 72. 3% 新車から3年経過時のセレナのリセールバリューです。 傾向としては、標準モデルよりもハイウェイスターの方が若干リセールバリューが良いです。 セレナe-POWERやオーテックのリセールバリューは、発売からまだ年数が浅いため、中古車市場には流通していません。 e-POWERハイウェイスターのリセールバリューは、おそらくガソリンモデルのハイウェイスターと同等か、少し良いくらいのリセールと予想されます。 リセールバリューから見るセレナのおすすめグレードは? 新車から3年経過したセレナのリセールバリューから見るおすすめのグレードは、ガソリン車/e-POWERともに 「ハイウェイスター シリーズ」です。 セレナでは圧倒的にハイウェイスターが人気なので、リセールにもその傾向が表れています。 雪の多い地方なら、ハイウェイスターの4WDがおススメです。 現状では、ハイウェイスターでも4WDの方がリセールが若干高いので、リセール狙いであえて4WDを選ぶ必要はありませんが、必要な地域ならハイウェイスターの4WDを選んでも損は無いでしょう。 リセールバリューで得するおすすめのカラー&装備は? セレナを売却時に高く売るなら、ボディカラーは 「ブリリアントホワイトパール」か 「ダイヤモンドブラック」がおススメです。 その他の色と比べて、 10~20万円以上高く売れるでしょう。 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。

次の

セレナ (新型C27)のハイウェイスターとノーマルの違いは?

セレナ ハイウェイスター グレード

価格差は結構あるんだね!! 走行性能や先進性、燃費の差とe-POWERが優れている点は多いです。 まあ色々な理由はありますが・・やっぱり・・• 新型セレナに乗るんだったら、e-POWERに乗りたいじゃないか!! これが一番のポイントでしょう!!だって電気で動くんですよ(笑)。 おすすめグレードはe-POWERから選んでいきたいと思います。 インテリジェントキーをバッグやポケットに入れたまま、スライドドアの下に足先を入れて引くだけで、ドアが自動でオープンまたはクローズします。 画像で分かるように、日常シーンでよくある場面って方も多いのでは!?価格差を考え得てもハンズフリーオートスライドドアは欲しいですね。 そして乗り心地を大幅に改善してくれるハイウェイスター専用サスペンション。 口コミでも評価が高いサスペンションなので。。 【ハイウェイスターG】VS【ハイウェイ スター V】の違いはプレミアムインテリアなど高級感 そして最後に残ったのが、最上級グレード【ハイウェイスターG】との比較です。 プレミアムインテリア• インテリジェントルームミラー• 16インチアルミホイール• プラズマクラスターエアコン ですね。 一言でまとめれば、高級感がぐんっとUPしているよって事。 価格を考慮して、おすすめグレードを決定していきましょう! 新型セレナの【本命】おすすめグレードはe-POWER【ハイウェイ スター V】で決定です!! 絶対に後悔しないおすすめグレードとして選んだのは・・• e-POWERハイウェイスター V• 3,435,480円 スポンサーリンク まとめ 人気グレードもやはりe-POWERハイウェイスター V 新型セレナのおすすめグレードを決定していきました。 まとめると・・• 本命はe-POWERハイウェイスター V• コスパ重視ならハイウェイスターV• セレナらしさが重要なポイント といった結果に。 絶対に後悔しないおすすめグレードを選べたと思っています。 せっかくセレナを選ぶなら、セレナらしさをしっかりと体感できるグレードを選びたいですね。 是非試乗いく際は、今回の記事を参考にしてくださいね!! VIVAミニバン!!• おすすめグレードはe-POWERハイウェイスターV!ガソリン車なら•

次の

日産 セレナ 歴代モデル•グレード・外装・内装写真一覧

セレナ ハイウェイスター グレード

新型セレナの全グレード一覧 まずは、新型セレナの全グレード一覧を表にしてまとめました。 それぞれの違いについて、後ほどくわしく解説していきます。 価格(2WD) 燃費 e-POWER X 2,997,500円 26. 安い方からX・XV・V・Gという順番になると覚えておきましょう。 新型セレナのグレードの違いと特徴 新型セレナのグレードを大別すると、セレナとセレナe-powerの2つがあります。 さらにそこから通常モデル・ハイウェイスターに分かれます。 その中でX・XV・V・G・AUTECHの種類がラインナップされている形になります。 セレナとセレナe-powerの違いは? 従来のセレナにはS-HYBRIDが、セレナe-POWERには文字通りe-POWERが搭載されています。 いずれもハイブリッドですが、性能面に違いがあります。 セレナのS-HYBRIDですが、厳密にいうとマイルドハイブリッドに近いシステム。 つまり電気モーターによるサポートは限定的。 実際の売れ筋としても、燃費を重視する人が多いことからセレナe-POWERがもっとも選ばれています。 通常モデルとハイウェイスターの違いは? 通常モデルとハイウェイスターでは、見た目と外観装備に違いがあります。 見た目については通常モデルが家族向けの優しいシルエットに対し、ハイウェイスターは全体がシャープになり、スポーティーでスタイリッシュになっています。 ハイウェイスターの見た目と装備(Gグレード)• インテリジェント ルームミラー• ピアノ調パワーウインドウスイッチフィニッシャー• プレミアムインテリア(ドアトリムレザー調クロス〈前席、セカンド〉)• シート地 合成皮革• ハイウェイスター専用外装(フロントグリル、フロントエアロバンパー、リヤエアロバンパー、サイドシルプロテクター、エンブレム)• ハイウェイスター専用サスペンション 通常モデルの見た目と装備(Gグレード)• LEDヘッドランプ• インテリジェント ルームミラー• ピアノ調パワーウインドウスイッチフィニッシャー• プレミアムインテリア(ドアトリムレザー調クロス〈前席、セカンド〉)• シート地 合成皮革• スライドドア ワンタッチオートスライドドア〈両側〉 このようにハイウェイスターになると、外観の装備が大きく変わってきます。 ハイウェイスターはベーシックよりもラグジュアリーなグレードであり、セレナの販売比率で見ると70%以上を占める主力車種です。 見た目のカッコよさにこだわりたいのであればハイウェイスターがおすすめです。 セレナAUTECHとは? セレナAUTECHとはデザインや質感にこだわり、走りに特化したプレミアムスポーティブランドのことです。 セレナの良さを生かしつつも、スポーティーな乗り味が楽しめます。 セレナの売れ筋グレードランキング ¥これまでの情報を踏まえた上でセレナの売れ筋グレードをランキングでご紹介していきます。 4位 X (価格重視型)• 3位 ハイウェイスター (価格とデザイン重視型)• 2位 e-POWER XV (総合バランス重視型)• 1位 e-POWER ハイウェイスター V (人気重視型) それぞれの違いをまとめたので、購入の参考にしてみてください。 4位 X (2,576,200円) 新型セレナを購入するにあたって、価格重視という方はいませんか? その場合にはXがバランスもとれておすすめになるでしょう。 ベーシックなグレードは過去にセレナSがあり最低価格でしたが、装備が貧弱でした。 一方Xは、装備も最低限のものはそろってアイドリングストップが加えられています。 また駆動方式も2WDのほかにも4WDもラインナップ。 ネックとしては、他のグレードと違いスライドドアがないという点になりますが、もしも必要ない、こだわりがないという場合に安く抑えることができます。 なお、スライドドアが必要な場合はXV・V・Gグレードを選びましょう。 3位 ハイウェイスター (2,758,800円) 4位のXグレードで特別感を出したいと思っている人は、ハイウェイスターがおすすめです。 こちらも価格重視の方から人気があります。 切れ長のヘッドランプ、スポーティーなタイヤ・エアロパーツが装備されています。 フロントグリルも豪華になりますので、見た目のデザインも向上。 走行性能にも違いがあって、カギを握っているのがサスペンションです。 専用のパーツが使われていて、スポーティな走りが実感できます。 振動も吸収してくれるので、家族のいる方でも不快な思いをすることなく運転できます。 ハイウェイスターの中でもっとも安価のため、スライドドアがない点は注意しましょう。 2位 e-POWER XV (3,226,300円) e-POWER XVはXの特別仕様車に相当します。 XとVの中間グレードにあたると考えてください。 特徴としてはワンタッチオートスライドドアが両側に取り付けられている、セカンドシートが超ロングスライドと横スライド機能がついている点にあります。 長いスライドができてシートアレンジのパターンが増えると、ファミリーカーとしての利便性は格段に上がります。 さらにe-POWERとなりますので燃費も格段に向上。 価格と性能のバランスがもっとも優れたグレードと言えて、売れ筋グレードです。 XVはハイウェイスターを選べないのがネックですが、それ以外では何ら不満はありません。 1位 e-POWER ハイウェイスター V (3,499,100円) 新型セレナの中でもGを除いて、最上級グレードに相当します。 セレナの中ではもっとも売れ筋のグレードになります。 e-POWER・ハイウェイスターを選べて、スライドドアや超ロングスライドも完備。 最上級グレードのGと比べて20万円ほど安いですが、装備面での不足は一切ありません。 必要な全てをしっかりと兼ね備えつつ、その中で価格を押さえたい方にピッタリです。 Vグレードは日産公式サイト・口コミ、全てにおいて人気ナンバーワンですので、迷った時はこちらを選べば間違いありません。 インテリアの高級感は最上級のGよりも若干劣りますが、Vでも充分に高品質となりますので心配する必要もありません。 セレナとセレナe-POWERはどちらが良いか? くり返しになりますが、従来のセレナには「S-HYBRID」が、セレナe-POWERには文字通り「e-POWER」が搭載されています。 S-HYBRIDですが、厳密にいうとマイルドハイブリッドに近いシステムです。 つまり電気モーターによるサポートは限定的。 一方セレナe-POWERの場合、シリーズ式ハイブリッドシステムを導入しているため、走行時は電気モーターの動力だけを使用します。 燃費効率の高さを踏まえると、長く乗るつもりであればe-POWERの方がコストパフォーマンスに優れるといえ、実際に多くの方から選ばれています。 新型セレナのおすすめグレードまとめ セレナのグレードの違い、売れ筋についてまとめてきました。 今一度、新型セレナのおすすめグレードのランキングについてまとめておきます。 1位 e-POWER ハイウェイスター V• 2位 e-POWER XV• 3位 ハイウェイスター• 4位 X 新型セレナの中でもどれを購入するか、それはどこを重視するかによって変わってきます。 実際に、売れ筋もe-POWERに集中しています。 見た目で選ぶならハイウェイスター 見た目のデザイン性を求めるのであればハイウェイスターが断然おすすめ。 見た目もシャープでスポーティーになり、ファミリーカーとしても愛車としても満足できます。 基本は1位と2位がおすすめ 割りきって価格の安いグレードを選ぶのもよいですが、長く乗るのであれば1位・2位がおすすめであり、人気があってリセールも期待できます。 セレナのグレードは沢山あるので迷うこともあると思いますが、その時はこの記事をあらためて読み直してみて下さい。 日産セレナをできるだけ安く買う方法とは? 人気ミニバンのセレナは大幅値引きができることをご存じですか? ミニバンは競争が激しく、高価格帯となりますのでディスカウント交渉は重要です。 その方法はシンプルで、相場とコツを押さえておくだけ。 セレナの購入を検討する場合、最新の値引き情報もぜひ確認しておきましょう。 スポンサーリンク.

次の