イラク ミサイル。 イラクの米大使館にロケット弾、職員が負傷か 高まる反米感情

イラン・イラク戦争とは?わかりやすく原因やアメリカの介入などの背景を追っていく

イラク ミサイル

イランのミサイル攻撃の影響 すでに日本にも… 「気をつけろ!気をつけろ!」 日本時間の1月8日朝決行された、イラン革命防衛隊によるとみられるミサイル攻撃の映像。 閃光とともに爆音が鳴り響いた。 この報復作戦の名前は、米軍に殺害された司令官の名を取って「殉教者ソレイマニ」。 これはミサイルの破片とみられる写真。 着弾した直後なのか、2つに割れたミサイルから白煙が上がっている。 イランは8日、弾道ミサイル10発以上を発射し、イラクにある米軍基地を攻撃。 イラク政府はミサイルは22発だったとしている。 その衝撃は日本にも… フジテレビ 奥山未季子記者: 東京市場は全面安の展開となっていて、株価の下落を示す緑色の表示が並んでいます。 リスクを回避しようとする動きは他にも。 比較的安全な資産といわれる金の価格が高騰している。 1980年以来およそ40年ぶりの高値に。 今回の攻撃も、9日以降の価格に反映されそうだ。 そして私たちの生活に身近なガソリン価格。 中東産の原油の先物価格は高騰が続いていて、8日東京商品取引所では7カ月ぶりの高値水準に。 8日発表された、6日時点のレギュラーガソリンの店頭小売価格は1リットルあたり150円10銭。 石油情報センターによると、今回の価格にはまだイランの報復攻撃などは反映されていないため、来週はさらに値上がりするものとみられている。 「アメリカに平手打ち」 世界を揺るがす中東情勢。 海外の軍事メディアは、今回のミサイルがイランが独自開発した射程200kmから300kmの短距離弾道ミサイルFateh110などと伝えている。 イランの最高指導者 ハメネイ師: これは不平等だ。 アメリカは嘘つきだ。 アメリカに平手打ちをしてやった イランの聴衆: アメリカに死を!アメリカに死を! ソレイマニ司令官の葬儀翌日という、イラン側のスピード報復に専門家は… 国際開発センター 畑中美樹研究顧問: 報復を期待する声が大変多かったですから、何か反撃をしないと逆に失望を生んで批判をされかねませんから。 このタイミングでやらざるを得なかったというところがあると思います。 現時点では戦争を求めていないとするイラン側、一方のトランプ大統領はツイッターで トランプ大統領;(ツイッター) 何も問題ない。 我々は他の国々よりも圧倒的に強力で十分に装備された軍隊を持っている! と強気の姿勢をアピールしている。 米メディアは、インド洋ディエゴガルシア島の米軍基地に射程1000kmの巡航ミサイルを搭載可能な爆撃機B-52Hが展開中だと伝えている。 基地攻撃のウラにあるイランの思惑 加藤綾子キャスター: 今回イラクにある米軍基地2カ所が攻撃されたわけなんですけれども、なぜイラクはこの基地を攻撃したんだと思いますか? 風間晋解説委員: イランがイラクの駐留米軍の基地を対象にしたのは、軍に絞ることで国際世論の反発を避けたという面があると思います。 ミサイルも10発程度でしたし。 「これは報復だ」と、内外には喧伝できるんですけれども、実は抑制的にやったということじゃないでしょうか。 加藤綾子キャスター: 10発というのは少ないと捉えていいんでしょうか? 風間晋解説委員: 少ないと思います。 今度はトランプ大統領は反撃攻撃せざるを得ない事情はあるとは思うのですが、多分52カ所すべてというのはないんですよ。 そうすると、それがトランプからイラクへのメッセージになる。 Live News it! 1月8日放送分より.

次の

イラクの米軍基地にイランがミサイル発射攻撃…ついに始まった報復にみんなの反応は

イラク ミサイル

【ワシントン、ベイルート時事】米国防総省は7日、イランが弾道ミサイル十数発を発射し、イラクにある駐留米軍基地少なくとも2カ所を攻撃したと発表した。 被害状況は調査中だが、米兵の死者はなかったとみられる。 イラン精鋭部隊「革命防衛隊」は8日、イラクの駐留米軍基地に向け、地対地ミサイルを発射したと明らかにした。 革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官が今月初め、イラク国内で米軍に殺害されたことへの報復措置で、作戦名を「殉教者ソレイマニ」と名付けた。 イランが弾道ミサイルの発射という直接的な軍事攻撃を実行したことで、米軍がさらなる反撃に出る可能性は捨て切れない。 米イラン関係の緊張はさらに高まり、本格的な軍事衝突に発展する恐れもある。 国防総省の声明によると、米東部時間7日午後5時半(日本時間8日午前7時半)ごろ、イランがイラク駐留米軍に向けて十数発の弾道ミサイルを発射した。 バグダッド西方にあるアサド空軍基地と北部のクルド人自治区の主要都市アルビルにある基地が標的になった。 イラクにある複数の基地には、米兵計5000人余りが駐留している。 ホフマン国防総省報道官は「これらのミサイルがイランから発射されたのは明白だ」と指摘。 「状況分析の上、米国の人員とパートナー、同盟国を守るために必要なすべての措置を取る」と強調した。 イランが米軍イラク駐留基地に向けて発射したとされるミサイル=国営イラン放送(IRIB)の8日の映像より(AFP時事) トランプ大統領はホワイトハウスでエスパー国防長官やポンペオ国務長官らと対応策について協議。 その後、ツイッターに「全員無事だ!」と投稿し、米兵に死傷者はないとの見解を示した。 また、被害状況の検分が続いているとしつつも、「今のところは問題ない」と述べた。 8日朝にイランの攻撃に関して演説するという。 トランプ氏は5日、「イランが再び攻撃すれば、米国はイランがかつて経験したことがないほど強くたたく」とツイッターに投稿。 その上で「米軍基地や米国人を攻撃すれば、ためらうことなく美しい最新鋭兵器を派遣する」と警告していた。 一方、イランのメディアによると、革命防衛隊は8日、米軍が駐留するアサド空軍基地に向けて多数の地対地ミサイルを発射したと明らかにした。 ザリフ外相はツイッターで「イランは自国の市民と政府高官に対する臆病な攻撃の元となった基地を攻撃し、釣り合いの取れた自衛行動を完了した」と表明。 その上で「われわれは緊張激化や戦争を望んでいないが、いかなる侵略行為に対しても自衛手段を取る」と強調した。 革命防衛隊は声明で、米軍が駐留する国々に対し、イランを攻撃するため米軍の施設利用を認めれば「標的となり得る」と警告。 また、さらなる損失を防ぎ、米兵の生命を危険にさらさないよう、中東からの米軍全面撤退を要求した。

次の

イラク:バグダード国際空港内の米軍本部が再びミサイル攻撃を受ける

イラク ミサイル

イランのミサイル攻撃の影響 すでに日本にも… 「気をつけろ!気をつけろ!」 日本時間の1月8日朝決行された、イラン革命防衛隊によるとみられるミサイル攻撃の映像。 閃光とともに爆音が鳴り響いた。 この報復作戦の名前は、米軍に殺害された司令官の名を取って「殉教者ソレイマニ」。 これはミサイルの破片とみられる写真。 着弾した直後なのか、2つに割れたミサイルから白煙が上がっている。 イランは8日、弾道ミサイル10発以上を発射し、イラクにある米軍基地を攻撃。 イラク政府はミサイルは22発だったとしている。 その衝撃は日本にも… フジテレビ 奥山未季子記者: 東京市場は全面安の展開となっていて、株価の下落を示す緑色の表示が並んでいます。 リスクを回避しようとする動きは他にも。 比較的安全な資産といわれる金の価格が高騰している。 1980年以来およそ40年ぶりの高値に。 今回の攻撃も、9日以降の価格に反映されそうだ。 そして私たちの生活に身近なガソリン価格。 中東産の原油の先物価格は高騰が続いていて、8日東京商品取引所では7カ月ぶりの高値水準に。 8日発表された、6日時点のレギュラーガソリンの店頭小売価格は1リットルあたり150円10銭。 石油情報センターによると、今回の価格にはまだイランの報復攻撃などは反映されていないため、来週はさらに値上がりするものとみられている。 「アメリカに平手打ち」 世界を揺るがす中東情勢。 海外の軍事メディアは、今回のミサイルがイランが独自開発した射程200kmから300kmの短距離弾道ミサイルFateh110などと伝えている。 イランの最高指導者 ハメネイ師: これは不平等だ。 アメリカは嘘つきだ。 アメリカに平手打ちをしてやった イランの聴衆: アメリカに死を!アメリカに死を! ソレイマニ司令官の葬儀翌日という、イラン側のスピード報復に専門家は… 国際開発センター 畑中美樹研究顧問: 報復を期待する声が大変多かったですから、何か反撃をしないと逆に失望を生んで批判をされかねませんから。 このタイミングでやらざるを得なかったというところがあると思います。 現時点では戦争を求めていないとするイラン側、一方のトランプ大統領はツイッターで トランプ大統領;(ツイッター) 何も問題ない。 我々は他の国々よりも圧倒的に強力で十分に装備された軍隊を持っている! と強気の姿勢をアピールしている。 米メディアは、インド洋ディエゴガルシア島の米軍基地に射程1000kmの巡航ミサイルを搭載可能な爆撃機B-52Hが展開中だと伝えている。 基地攻撃のウラにあるイランの思惑 加藤綾子キャスター: 今回イラクにある米軍基地2カ所が攻撃されたわけなんですけれども、なぜイラクはこの基地を攻撃したんだと思いますか? 風間晋解説委員: イランがイラクの駐留米軍の基地を対象にしたのは、軍に絞ることで国際世論の反発を避けたという面があると思います。 ミサイルも10発程度でしたし。 「これは報復だ」と、内外には喧伝できるんですけれども、実は抑制的にやったということじゃないでしょうか。 加藤綾子キャスター: 10発というのは少ないと捉えていいんでしょうか? 風間晋解説委員: 少ないと思います。 今度はトランプ大統領は反撃攻撃せざるを得ない事情はあるとは思うのですが、多分52カ所すべてというのはないんですよ。 そうすると、それがトランプからイラクへのメッセージになる。 Live News it! 1月8日放送分より.

次の