アプリ ダウンロード できない 容量。 【iPhone】アプリをインストール/ダウンロードできないときの対処法!

Play ストアでアプリの起動、読み込み、ダウンロードを行えない

アプリ ダウンロード できない 容量

COCOA 接触感染アプリ とは?新型コロナウィルス感染症の 陽性者と接触を受けた場合、スマホに通知を受けるシステム 15分間以上、1メートル以内に接触した場合の記録を 相互にデータを記録しあうシステムです。 リリース当日のアプリをインストールした 人数は、iPhoneとAndroidを 1日で約179万人 アプリに対する感心の高さがわかりますね。 システムの初期リリースにおいては トラブルなどが付きものですが、この アプリもいろいろトラブルがあったようです。 システムの初期リリースにおいては 何が起こるかわかりませんので トラブルは付きものですが、徐々に 解消しつつあるようです。 とはいうもの、システムが安定稼働している 状態において、インストールしようと すると何らかのトラブルや障害があります。 そんな時に、どのような対処をすればいいか わかる範囲で解説してみようと思います。 iPhoneでアプリがインストール出来ない時の対処法 まずは、iPhoneの場合アプリのダウンロードが 進まない場合、以下の点について確認して みてください。 1)機能制限の状態を確認する。 iPhoneの動作機能を制限する設定があります。 子供などに貸す場合、悪戯で間違った操作を しないように制限するものです。 5 iPhoneを再起動してみる。 私もトラブった時にはよくやるんですが iPhone自体を再起動してみるというのも 一つの手段でもあります。 再起動後、AppStoreに再度ログインして ダウンロードが始まれば OKです。 6)アプリを削除して再インストールする。 ダウンロードの時に、回線か何かの不具合で 端末がフリーズしてしまい、正常にインストール 出来なかった場合です。 一度、削除してから再インストールすると いいかもしれません。 iPhoneと同様に端末を再起動してからアプリをインストールしてみる。 3)アプリをアンインストールしてから再インストールする。 これもiPhoneの時と同じように、アプリのインストールの途中で 不具合があったケースですね。 4)内蔵ストレージ ROM の空きを増やす。 また、ダウンロードマネージャーが有効になっているか? も確認をするといいでしょう。 アプリを開いた時に、有効になっているか確認をお願いします。 iPhone・Androidの必要なOSは? どのソフトにおいても、どのOSの下で動くか? ダウンロードできる最低限のOS のバージョンなど 決まっています。 中高年の多くの人は、OSがアップデートされた としてもバージョンアップしてないとか 面倒くさいとそのままに放置しているケースが 多いです。 COCOA(接触感染アプリ)のOSの最低限の スペックは以下の通りになりますので 注意が必要です。

次の

【Androidスマホ】アプリがダウンロードできない(インストールできない)場合の対処法

アプリ ダウンロード できない 容量

これらiPhoneのアプリをインストールすることで、人々は日々の生活に役立てているわけです。 しかし、そんなiPhoneアプリも、状況や状態次第でインストール・ダウンロードできないケースがあります。 今回は iPhoneのアプリがインストール・ダウンロードできない場合の対処法について解説していきます。 まず、iPhoneでアプリをインストール・ダウンロードできない場合の対処法としては、まずネットワークの確認を行うという対処法があります。 その対処法が以下となります。 ネットに接続できているか確認する• 通信制限がかかっていないか確認する• ネットワーク設定をリセットする• モバイルデータ通信時のダウンロードが有効か確認する それぞれ確認していきましょう。 iPhoneでは機内モードのオンオフを切り替えることで電波状況のリセットができます。 機内モードはiPhoneのホーム画面にて、画面を下から上へスワイプ、コントロールセンターから飛行機のアイコンをタップすればオンオフの設定ができます。 機内モードは普段使用する要素ではないので、このような電波状況のリセット方法は知っておくと役立つでしょう。 また、機内モードは別の方法で操作することも可能です。 設定からも機内モードの設定はできますので、どちらか好きな方法で機内モードを調整してみてください。 サインインしているつもりがサインアウトしてしまっているというケースが起きる可能性はゼロではありません。 サインアウトしている可能性を考え、一旦App Storeのログインページを開いてみるとよいでしょう。 念のためサインインしていた場合にサインアウトするのも一つの手段です。 App Storeからサインアウトして 再度サインインすることで、アプリをインストールできるようになる場合もあります。 サインアウトしたい場合は以下リンクからApple Storeにログインしてみてください。 通信障害が起きる可能性はゼロではなく、Apple Storeのログインが上手くできずサインアウトしている状態になっているケースもあります。 一旦サインアウトしてサインインしなおすことでApple Storeにきちんとログインし、アプリをインストールすることができるようになる場合がありますので、サインアウトするのは有効な手段の一つとなっています。 また、サインアウト以外にもネットの接続状態に不備があるケースはあります。 発行元のサーバーの接続状況に問題があったり、App Storeのサーバーの接続状況に問題があるケースです。

次の

COCOA接触感染アプリがインストールできない時の対処法!iPhone・Androidで必要なOSも調査!

アプリ ダウンロード できない 容量

Androidのキャッシュは削除して大丈夫? キャッシュは、 あくまでスマホの読み込み時間を短縮するための一時的なデータなので消してしまっても支障ありません。 また、キャッシュ機能は便利な半面、 時にはキャッシュデータが原因でスマホ・アプリの動作に影響を与えるケースがあります。 キャッシュはデータの読み込みによって蓄積されていきますが、スマホやアプリのキャッシュ処理に問題があるとスマホの動作が不安定になることがあるからです。 そのため、 Androidのキャッシュを削除することで、キャッシュが原因の不具合を解消することができます。 特にスマホやアプリのキャッシュ容量が大きくなると、キャッシュによる動作不安定が起きやすくなるので、動作がおかしい・重い・鈍いと思ったら思い切ってキャッシュの削除を行ってみてください。 Androidのキャッシュを削除する方法 Androidバージョンが4. 2〜7. Xでは設定アプリからキャッシュを一括削除できるため、キャッシュ管理系のアプリは不要でした。 ところが、 Android8. 0以降はキャッシュの一括削除ができなくなってしまったため、一括削除を行うにはキャッシュ管理系のアプリが必要です。 上記のバージョンの違いを考慮した上で、Androidのキャッシュを一括で削除する手順とアプリごとに削除する手順について紹介します。 Androidのキャッシュを一括削除する手順 Android 8. 0以降 キャッシュ管理アプリをインストール必要があります。 今回は、Playストアでも評価の高い 「Clean Master」を使った削除手順を紹介します。 【キャッシュを削除したいアプリ】を一覧から選択します。 「キャッシュデータを削除しますか?」という旨を聞かれるので 【OK】を押してください。 特定のアプリのキャッシュだけを消したい場合は上記の手順で行なって下さい。 Andoridのキャッシュが削除できない時の対処法 Androidのキャッシュの削除方法について紹介しましたが、上記の手順でキャッシュ削除のしようとしても、なぜかできないケースがあるようです。 Androidのキャッシュを削除できない原因としては、以下の3つが考えられます。 Android内部の一時的なエラー• Androidバージョンによる不具合• Androidバージョンによる削除手順の違い キャッシュの削除をタップしても反応せずにキャッシュが消えない場合は次の対処法を参考にしてみてください。 Android内部の一時的なエラー AndroidのOS上でエラーが起きているため、正常にキャッシュの削除が行えないことが考えられます。 Android OS上のエラーは再起動すればほとんどの場合復旧します。 Androidを一旦再起動して、キャッシュを削除できないか試して下さい。 Androidバージョンによる不具合 Androidバージョンによる不具合で、キャッシュ削除がうまくできない場合があります。 新しいAndroidのアップデートがないかチェックして、 最新バージョンにアップデートしましょう。 直近にAndroidのバージョンアップをした時などに不具合が現れている場合は次のアップデートが提供されることを待ちましょう。 Androidバージョンによるキャッシュ削除方法の違い Andoridのキャッシュは、バージョンによって削除の方法が異なります。 そのため、Androidのバージョンによっては、ネットに紹介される同じ手順を行なっても削除できないケースがあります。 Androidバージョンによるキャッシュ削除の違いをまとめると以下のとおりです。 Android 8. 0以降・・・ 設定アプリからアプリ単位の削除はできる。 一括削除はキャッシュ系アプリが必要。 Android 6. 0〜7. X・・・ 設定アプリから削除・一括削除できる。 Android 4. 2〜5. X・・・ キャッシュ系アプリを使う必要がある。 あまりに古いAndroidでない限り、アプリ単位のキャッシュを削除することはできると思います。 Android6. 0以降の削除手順については、で紹介しています。 Android8. 0以降は、キャッシュの一括削除ができないため注意してください。 Android6. 0より前のスマホの場合 Android4. 2より前のスマホの場合は 本体設定から一括削除ができないので、キャッシュを管理するアプリを使って一括削除を行ってください。 キャッシュ削除アプリをGooglePlayからダウンロードして一括削除を行いましょう。 おすすめは 【履歴消しゴム】というアプリです。 数あるアプリの中でも、操作が簡単でわかりやすいキャッシュ管理アプリです。 キャッシュ削除アプリなら、比較的簡単にキャッシュの削除ができるので、操作に自信のない人にもおすすめです。 キャッシュを削除したのに容量がゼロにならない? Androidアプリのキャッシュを削除しても、数キロバイトの容量が残って完全に削除できないことがあります。 アプリによっては、アプリに必要な設定データをキャッシュに含んでいる場合もあるため、そういったアプリは最低限のキャッシュが残ります。 いずれにしてもキャッシュは、アプリを起動すれば蓄積されていくものなので、どうしてもキャッシュが残ることが気になるアプリはアンインストールしてしまった方が良いと思います。

次の