河野大臣 アトピー。 外相の河野太郎ってアトピーですか?

「アトピーには標準治療を」河野防衛大臣も言及 適切な治療がとにかく肝心

河野大臣 アトピー

結論から言えば、アトピーで悩んでいる人たちにはステロイド入りの薬はす必須です。 酷い人ですと、飲む薬も併用して頑張って治療している人たちもいるくらいです。 ですが、この30年間で自身の身体で試行錯誤を繰り返しだいぶ炎症を抑えられるようになりました。 というのも、 僕自身3歳からアトピー性皮膚炎を発症しており、かれこれ、30年近くアトピーと闘っています。 小学生の頃はバスケ部だったのですが、バスケットボールを持つだけで手が血だらけで、大変でした。 毎日毎日身体中を掻きむしってしまい、身体中包帯だらけでしたね。 友達にも気持ち悪いなどと言われ、子供心でも結構ショックでした。 おばあちゃんが毎日、軟膏を塗って、包帯してくれたのを覚えています。 思えば、小児喘息やらうつ病やら、結構病気と闘っているなあと思います。 ただ、今では僕自身もアトピーの身体とは随分試行錯誤して 今ではほとんどステロイドは使用していません。 皮膚科へも行かなくなりました。 対策としては、 ・液体ムヒを使用 ・ファストフード・脂っこい食事を食べない。 魚や野菜、大豆中心の生活 ・こまめにシャワーを浴びて着替える、基本湯シャンで。 ・爪は基本深爪にならない程度に短めに 以上の4つをかれこれ何年も実践しています。 『液体ムヒ』 ドラッグストアにある夏の虫刺され対策の定番『液体ムヒ』です。 実はムヒには《デキサメタゾン酢酸エステル》というステロイドが入っています。 ムヒは、皮膚炎や汗疹、痒みを和らげる効能もあるので、重症化する前に、塗って防いでくれます。 最初の痒みの症状に気づいて、サッと塗っておくだでも、全然安心感が違います。 いまでは皮膚科でもらう薬を使うことはなくなりました。 アトピー持ちの方には定番のプロトピック軟膏0. 1%やアゼプチン錠1mgなどです。 全員に効果があるわけではないと思いますが、試して損はないと思いますよ。 お子様の場合、ステロイド無しのお子様向けのムヒも販売しているのでそちらを一度使ってみてもいいかもしれませんね。 『ファストフード・脂っこい食事を食べない』 僕の場合、食べると、身体が痒くなります。 コンビニ弁当もダメです。 添加物が多く入っている食べ物は基本的にアトピー持ちの人は絶対辞めたほうがいいです。 スナック菓子も全く身体に合いませんね。 ここで言いたいのは、ご自身が何を食べると、 アトピーがひどくなるのかを知ったほうがいいということです。 そういった食べ物を控える、少しずつ減らすという日頃からの対策が必須です。 基本的に健康的な食事を心がけることが大事です。 食事の意識を変えるだけで大分身体への反応が違いますよ。 『こまめにシャワーを浴びて、着替える』 これからの時期は必須な対策です。 僕の場合、自分の汗で全身に汗疹や湿疹ができてしまいます。 それを放っておくと、アトピーが酷くなってしまい全身に広がってしまいます。 特に、関節部分は大変ですね。 そのため、汗をかいたら、必ずシャワーを浴びます。 夏時期は一日に2回〜3回シャワーでさっと汗を流すこともザラです。 外出先では、替の下着を持参して、汗で炎症を起こさないように気をつけています。 ちなみに余談ですが、僕はシャンプーやボディーソープは使いません。 基本湯シャンで済ませます。 使っても昔からある牛乳石鹸です。 いろいろ肌のためにいろいろ購入をして試した時期もありましたが、結局『使わない』ことが一番皮膚に刺激がなく炎症がありません。 個人的に毎日シャンプーやボディーソープを使うことはおすすめしません。 むしろ、肌の乾燥を助長してしまい、刺激を与えてしまうからです。 ご自身の肌に合わせて皮膚を休ませる選択肢も与えてもいいかもしれません。 『爪は基本深爪ならない程度に短めに』 これは寝るときについついて身体中を掻いてしまい、何千、何万回と後悔したので、ずっと爪は短めにしています。 いくら気をつけても寝ているときに意外と無意識に掻いてしまって本当に大変でした.... 今もやはりやってしまいますね。 これは本当に治したい癖です。 皆さんの対策を知りたいくらいです。。 まとめ 以上、僕のアトピー対策についてでした。 今回の対策は以下4点ご紹介させて頂きました。 ・液体ムヒを使用 ・ファストフード・脂っこい食事を食べない。 魚や野菜、大豆中心の生活 ・こまめにシャワーを浴びて着替える、基本湯シャンで。 ・爪は基本深爪にならない程度に短めに ステロイドは悪いものではなくて、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方にとっては強い味方です。 ですが、ステロイドだけでなく、他にも取り組めることがたくさんあります。 少しでもお役に立てれば幸いです。 よければ悩んでいる方がいましたら、シェアをお願いします。 お読み頂きありがとうございました。

次の

「ステロイドを使うことは悪いことではない」河野太郎大臣がアトピーの治療法が賞賛の嵐

河野大臣 アトピー

6月11日にアトピー性皮膚炎がツイッターのトレンドに上がった事を受けてか、河野太郎防衛大臣がアトピーについて言及しています。 「ステロイドを使うななどといまだに言ってる人がいるが、アトピーの標準治療にはステロイドを使う。 標準治療を拒否しておかしな療法でアトピーを悪くした人はごまんといる。 気をつけよう」ツイッターでこう呼びかけた後、「標準治療というより最善治療とか呼んだ方がよいのかな。 難しいな」とも。 年齢とともに軽快していくのですが、重度のアトピーは年齢を重ねても重度のままである人も多くいます。 大人になるにつれて症状が軽くなる人もいれば、中高年期でも続く場合もあり、人によって様々です。 アトピー性皮膚炎は、様々な要因が重なって発症する多病因性の疾患です。 アトピー体質と、肌のバリア機能が弱くもろい状態等の原因となる、皮膚を含む臓器の過敏を背景に、様々な病因が複合的に関わる事でアトピー性皮膚炎の病態形成に関与すると考えられています。 要するに、様々なアトピーを引き起こす内臓や体の過敏性が絡み合った結果、皮膚の炎症として現れるのです。 花粉症に効く一番の薬は、炎症の抑制効果が高いステロイド剤の吸入薬や内服薬である事をご存じの方も多いと思います。 同様に、アレルギー性疾患の一種であると言われているアトピー性皮膚炎も、ステロイド剤の適切な使用で症状を抑える効果が高いのです。 金属やラテックスなどの皮膚アレルギーがベースにある人も、アトピー性皮膚炎の原因になりうるとも考えられています。 河野大臣が竹製の腕時計を大切に使っているのも、腕時計に使われている金属に対する接触性アレルギーが元々あるため、という事です。 アトピー性皮膚炎以外にも、様々な疾患で使われる「ステロイド剤」。 アレルギー性の疾患に効果が高く、免疫反応や炎症の抑制に多く使われています。 アレルギー性疾患以外の強い炎症に対しても高い効果を発揮します。 しかし、慢性的な使用は副作用を起こしやすく、内服薬では顔が真ん丸になる「ムーンフェイス」と呼ばれる状態や、体重増加、感染症になりやすいなどのほか、皮膚への慢性的な使用による皮膚の硬化、色素沈着などといった症状が出る場合があります。 ステロイド剤はかなり広範囲の疾患に効果を発揮し、免疫系統が過剰反応することで起きるアレルギー症状を抑えたり、様々な疾患による炎症を抑えることに長けています。 が、あまりにも広範囲に効果を発揮する一方で、効果の高い適切な使い方をしないと副作用も出てきます。 過剰に副作用を恐れているあまり、ステロイド剤に頼らない治療法が流行った事もありましたが、結局ステロイド療法を代替するまでには至らず、今は廃れています。 廃れている治療法というものは、結局「ごく一部には効果があった程度」であり、多くの人に効果が望める基本的な治療法、いわゆる標準治療とは言えないものとなるのです。 ネットでアトピー性皮膚炎について検索すると、脱ステロイドで治しているといった内容のブログ、食生活の悪さや生活態度が起因していたなど、あらゆる情報があふれています。 が、それは 一個人の感想であり治療の話ではありません。 特にアトピーは原因となる要素や症状の出方が人によって異なるため、その人がうまくいったからといって、他の人にも効果があるかは別問題なのです。 酷い状態になると、皮膚がボロボロと剥がれ、じゅくじゅくとした浸出液や、かゆみを原因とした掻き壊しでにじんだ血液が皮膚を刺激し、悪循環となるケースも多くみられます。 この酷い状態が慢性化すると、患部の皮膚が分厚くなり、角質化して白っぽい苔の様な状態を引き起こしたり、こぶのようなものができる事があります。 では、いわゆる「標準治療」とはどういった治療法を指すのか。 この治療法は3つの基本から成り立っています。 1.丁寧なスキンケア 皮膚のカサカサしたものが張り付いていたり、浸出液が出ていると、それだけの刺激でアトピー性皮膚炎は悪化します。 まずは、入浴やシャワーなどでふやかした皮膚の浮いた部分をキレイに落とし、刺激の少ないせっけんで丁寧に汚れを洗い落とします。 アトピー性皮膚炎の皮膚は刺激に弱く、入浴時の温度が高温となると皮脂が過剰に洗い流されて乾燥に繋がりやすくもなるので、入浴時の適温は38度~40度くらいの、少しぬるい湯温を日本皮膚科学会は推奨しています。 また、せっけんなどの洗浄料も、香料や添加されているものが刺激となり、アトピー性皮膚炎の悪化に繋がる恐れもあるとして、無香料・添加物の少ない洗浄料を推奨しています。

次の

アトピー性皮膚炎でステロイドを25年 副作用で地獄を見た女性(ニュージーランド)<動画あり>(2020年7月13日)|BIGLOBEニュース

河野大臣 アトピー

A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) Q 30歳女のアトピーです。 中学生の頃 アトピーになり、ステロイドで一度は完治しました。 でも 出産後 アトピーが すごく ひどくなりました。 ステロイドの塗り薬(中ぐらいの強さ)を2週間、量を少しずつ減らしながら自分なりに使いましたが、やはりステロイドをやめて3日ほどで すごいリバウンドがきました。 (やはり医者と一緒にするべきでした。 ) ハトムギエキスを飲んでどうにか体はましになったのですが、顔がひどくて目を開けるのも大変だったので、今日病院に行ってステロイドの飲み薬をもらってきました。 しかし、塗り薬でリバウンドを経験した後なので、、 飲み薬だと リバウンドは来ないのでしょうか。 医者にいろいろと質問をしましたが、ここはアメリカなので、おそらくアトピーの知識はありません。 目も開かないし、仕事もあるので飲みたいのですが、全部飲まないで半分くらいの量だけ飲もうか。。 とか考えてしまいます。 経験のある方、どうか情報をおねがいします。 A ベストアンサー まず。 ステロイドを誤解しないよう。 アトピー含めアレルギー反応の一種ですよね。 ステロイドは比類なき強力な抗炎症作用があります。 抗炎症作用なのでリバウンドが起こるわけがありません。 たとえば火事を想定してみましょう。 家が燃えている真っ最中は消防士が消化活動をしていますよね。 放水が不十分で、鎮火したと思っていたのに残り火からまた燃えだしたとしましょう。 これを消化のリバウンドと言いますか? 再度燃えだしたことで、ほっときゃ良かった、と消火活動を始めたことを後悔しますかね? ここで問題なのは、十分に放水せず完全に鎮火させなかったことです。 消火活動が原因のわけないし、消火をしなかったらもっと早く燃え尽きていたでしょう。 体も同じ。 投薬が問題なんじゃなく、十分に効果が出る使い方をしなかったことが問題。 炎症が十分に収まらなかったことを、薬のせいにする患者が多いこと。 その愚痴を、デマを、信じる患者の多いこと。 ステロイドが怖いのは、疑いを持って使うことをためらうこと。 薬が悪いんじゃない。 使い方が悪い。 聞きかじりの知識だけで恐怖が先に立ってしまう。 リバウンドじゃなくて、抑えきれなかった炎症があらためて発現しただけです。 ステロイドを使ったからといって、炎症がさらに大きくなることはあり得ない。 使い方1 症状によって、ステロイドではなくても大丈夫な場合があります。 (非ステロイドの抗アレルギー剤など) 適当な医師は、ステロイドがあまりにも良く効くものだから、いとも簡単に処方します。 この使い方ミスは医師の責任。 使い方2 医師が必要と思って処方しても、患者が怖がって十分に使わない。 こわごわとちょっとだけ使ったり、良くなったからと最後まで使い切らず止めてしまったり。 この使い方ミスは患者の責任。 ステロイドの使い方の基本は、短期間に大量に。 一気に炎症を抑える。 悪い使い方は長期でたらたらと。 ちなみに私は大量のステロイドを内服と注射で30年以上使い続けています。 そこそこ副作用はありますが、医師もそのことは知っているわけで必要な対処はしていますから、特に問題はありません。 もちろんむやみに使う必要は無いんで、使わないでいればそれに越したことはないけど。 ステロイドの副作用ですが、第1には自分の副腎皮質が委縮し自己のホルモンを分泌できなくなること。 一般的な副作用は、糖尿病、骨そしょう症、神経や血管への悪影響、白内障、など、いろいろありますね。 でもこれを心配するのなら、相当量を相当期間で内服や注射、つまり全身に影響を及ぼす使い方です。 軟膏程度でそうそう重篤な副作用なんて出るわけありません。 皮膚から体内に吸収される量はたかが知れてるし、副腎皮質の悪影響なんで出っこない。 今回は内服薬なら、とりあえず処方された分は必ず使いきってください。 問題はその後です。 ステロイドが悪人なんではなく、炎症を抑えきれないことが再発の原因。 で、優秀な医師はステロイドである程度炎症が治まったあとを考えるんです。 ここを間違えると再発、つまりあなたが言うリバウンドになります。 無知な医師はステロイドに頼るしか無い。 アメリカって、どんな医師なんですかね? 日本ならステロイドをうまく使い、ひどい炎症だけ先に抑えて、その後のコントロールも上手に行える医師はけっこういます。 ステロイドだけ処方して、見た目だけ治ったように見せかける医師が一番危険。 ステロイドを怖がることはない。 ステロイドにはリバウンドというものはない。 要は使い方の問題。 そしてステロイドを使った、そのあとのコントロールが肝心。 ステロイドは強力な抗炎症作用はありますが、抑えるだけで完治させることはできません。 炎症の元、つまりアトピーの元をコントロールするのが重要。 お大事に。 ステロイドを誤解しないよう。 アトピー含めアレルギー反応の一種ですよね。 ステロイドは比類なき強力な抗炎症作用があります。 抗炎症作用なのでリバウンドが起こるわけがありません。 たとえば火事を想定してみましょう。 家が燃えている真っ最中は消防士が消化活動をしていますよね。 放水が不十分で、鎮火したと思っていたのに残り火からまた燃えだしたとしましょう。 これを消化のリバウンドと言いますか? 再度燃えだしたことで、ほっときゃ良かった、と消火活動を始めたことを後悔し... A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という... Q 最近ではアトピーも珍しくなく昔に比べてもアトピー患者も多くなってきました 僕自身もアトピーなんです 20代なんですけど彼女はいたことありません アトピーで肌が荒れているときや、肌をかきむしってるときなんかは 「まあこれじゃ彼女なんて無理だな」って思ってしまいます。 肌さえ綺麗だったら彼女できたかもなのに・・・って。 とくに女性は、男性よりも、「恋人の外見」を重視すると思うんです だから女性のアトピーよりも男性がアトピーのほうが恋人はできにくいと思うんです。 偏見かもしれませんが、けしてアトピーの差別ではありません。 私自身アトピーですから。 よろしければご回答お願いします。 私自身、腕や首がしわしわで象さんのような肌なんで、女性に見られてるとき、相手の視点がそこにいってるとき「ああ気持ち悪い」って思ってるんだろうなって考えてしまいます。 最近ではアトピーも珍しくなく昔に比べてもアトピー患者も多くなってきました 僕自身もアトピーなんです 20代なんですけど彼女はいたことありません アトピーで肌が荒れているときや、肌をかきむしってるときなんかは 「まあこれじゃ彼女なんて無理だな」って思ってしまいます。 質問なんですが、 彼氏がアトピーだったけどお付き合いしたことある経験のある女性へお聞きしたいです 1)彼氏がアトピーの場合、ふとんで一緒に寝てるときとかにふとんのうえに皮カスとかたくさんあったり、風呂はい... A ベストアンサー え~!女性より男性の方が、「恋人の外見」重視しませんか? 私は女ですが、そう思ってました^^; 私は小さい頃からずっとアトピーだったので、あなたの気持ちもよく分かります。 アトピーがひどい部分を他人が見てたりすると、気持ち悪いって思われてるのかなって思っちゃったり。 肌がキレイな兄弟姉妹を見て、どうして私ばっかり…なんて思ったこともありました。 でも今は結婚して幸せです。 私の知り合いの男性にも、アトピーの人が何人かいます。 そのうち2人は、ものすごくアトピーが酷くて、私から見ても「大変だろうな…」って思っちゃうくらいです。 でも、2人とも結婚して幸せそうですよ。 特に1人は、彼女がものすごく美人で、大学時代の研究室の憧れのマトみたいな女性と結婚しました。 やっぱり布団に皮カスがたくさんあったり、血がついてたりとかするみたいですが、彼女曰く別に気持ち悪いと思ったことはないそうですよ。 逆に、保湿クリームや薬を毎日塗ってあげてるみたいで、ラブラブです。 もちろん気にする人はいるでしょうけど、気にしない人の方が多いと思います。 だからそれほど気にしなくてもいいと思いますよ^^ 人間、見た目より中身の方が大事です。 え~!女性より男性の方が、「恋人の外見」重視しませんか? 私は女ですが、そう思ってました^^; 私は小さい頃からずっとアトピーだったので、あなたの気持ちもよく分かります。 アトピーがひどい部分を他人が見てたりすると、気持ち悪いって思われてるのかなって思っちゃったり。 肌がキレイな兄弟姉妹を見て、どうして私ばっかり…なんて思ったこともありました。 でも今は結婚して幸せです。 私の知り合いの男性にも、アトピーの人が何人かいます。 そのうち2人は、ものすごくアトピーが酷くて、私から... A ベストアンサー 正確には、 「投薬は本来直接本人を診察した上で適切な薬剤を投与すべき であるが、やむを得ない事情で看護に当たっている者から 症状を聞いて薬剤を投与した場合~」 という文章で規則の本に載っています(原文のまま)。 この部分は、この「やむを得ない事情」を認めるための記載ではなく、 「~」のあとに続く部分が本文なのであって、再診に伴う加算料金が 3月までは「加算できる」だったのが4月以降「加算できない」に変わりました。 だから、全く同じ条件で窓口で投薬だけ受けた場合は4月以降は 料金が安くなっているはずです。 「やむを得ない事情」がどこまで拡大解釈されているかは、個々の病院で 違っていると思います。 本来は診察を受けて処方してもらうのが原則です。 Q 大阪市在住の23歳男性です。 アトピーの原因は体質的要因なので、体質改善をしないと治らないと聞いてます。 しかし、保険適応外の一部の民間療法を除くと、全ての病院で薬をもらうだけの治療しか受けられません。 体質改善とは、食事、運動、清潔の3つが当てはまると思いますが、どなたか体質改善で治った方いましたら、どんなことを行ったのか教えて頂きたいです。 私の場合、原因はハウスダストです。 そのため、下着、布団は全て綿100%を使用し、ベットで寝ています。 また、シーツの交換や部屋の清掃はマメにしています。 ただし、一人暮らしなので、掃除機をかけているだけで雑巾拭きまではできてません。 食事について お酒飲みません タバコ吸いません コーヒーに砂糖は入れません 油類、甘いもの控えています 魚、野菜を意識して食べるようにしています 乳酸菌はサプリを購入しカプセルで飲んでます。 運動 できるだけ歩くことと、寝る前に筋トレをするようにしています 以上です。 現在悩んでいるのは下記3点です 1、食事 現在実施している方法でよいのか? 乳酸菌をカプセルで毎日飲めば体質改善として効果が期待できるのか? 2、運動 筋肉がつけば、病気に対して抵抗力がつくのは知っていますが、私は筋肉がほとんどありません。 やはり、アトピーの体質改善としては、適度な運動(特に筋トレ)をすべきでしょうか? また、どんな運動を行うと効果が高いのでしょうか? 3、ステロイドや薬を使わない民間療法を受けるべきでしょうか? 民間療法として、川井筋系帯療法などは知っていますが、他に評判の高い民間療法はありますか? 以上です。 よろしくお願いいたします。 大阪市在住の23歳男性です。 アトピーの原因は体質的要因なので、体質改善をしないと治らないと聞いてます。 しかし、保険適応外の一部の民間療法を除くと、全ての病院で薬をもらうだけの治療しか受けられません。 体質改善とは、食事、運動、清潔の3つが当てはまると思いますが、どなたか体質改善で治った方いましたら、どんなことを行ったのか教えて頂きたいです。 私の場合、原因はハウスダストです。 そのため、下着、布団は全て綿100%を使用し、ベットで寝ています。 また、シーツの交換や部屋の清掃... A ベストアンサー こんにちは。 具体的な解決法は・・・ 1.お風呂(塩素除去剤を入れる)・シャワーの塩素除去(シャワーヘッドをかえる)をする 2.亜鉛を摂取する(食事で多く取る事は難しいので、ビール酵母から出来てるスーパージンクをウチは飲んでます) 3.シャンプー・洗剤をせっけんにする(合成界面活性剤は肌の弱い人には強すぎる) 4.飽和脂肪酸(牛・豚・鶏)を減らし、不飽和脂肪酸(魚)を多く食べる 5.マーガリンは食べない(柔らかくするために分子配列を変えているので、肌の弱い人には強すぎる) 6.脱ステロイド(処方されていれば・・・) 日本の水道水には欧米の5~15倍もの塩素が投入されています。 そりゃ、肌も荒れますよねぇ。 加えて、日本のシャンプーには「界面活性剤使用」と表示を義務付けていないという恐ろしさ! ダブルパンチです。 残念ながら、日本の水道水と塩素の関係について知らない日本の医師が多すぎるのです。 で、解らないものだから「アトピーです」「体質です」と言って薬(主にステロイド剤)を出しちゃう。 長年アメリカで暮らしてて、帰国してしばらくしたらアトピーに! 原因究明にかなり時間を要しました。 大元の塩素を除去しないと直らないんですよね・・・。 面倒だったので、お風呂の塩素除去だけやってましたが、なかなか改善されませんでした。 で、2~5(ステロイド剤は使ってなかったので6は除く)を実践すると、改善がスピードアップしました。 個人差があると思うので、期間については参考程度に。 要は、食べ物や運動では改善されない、という事です。 高い民間療法もダメ。 弱みに付け込んでるだけだと思います。 ちなみに、上記を実践しても3ヶ月以上かかると思ってください。 根気よく、明るい気持ちで。 (ストレスは肌荒れを防ぐ役目の亜鉛を消費してしまう) 詳しいサイト貼っておきます。 かなり深く考察されています。 私もここで救われました。 全て読むのは大変ですが、並の皮膚科医より詳しくためになりますよ。 頑張って読んで、ご自愛ください。 nifty. 具体的な解決法は・・・ 1.お風呂(塩素除去剤を入れる)・シャワーの塩素除去(シャワーヘッドをかえる)をする 2.亜鉛を摂取する(食事で多く取る事は難しいので、ビール酵母から出来てるスーパージンクをウチは飲んでます) 3.シャンプー・洗剤をせっけんにする(合成界面活性剤は肌の弱い人には強すぎる) 4.飽和脂肪酸(牛・豚・鶏)を減らし、不飽和脂肪酸(魚)を多く食べる 5.マーガリンは食べない(柔らかくするために分子配列を変えているので、肌の弱い人には強すぎる...

次の