ものもらいうつる。 「ものもらい」の原因と治し方! 麦粒腫と霰粒腫の2種類がある。

ものもらいはうつる?プールは休むべき?眼帯の使用と予防について

ものもらいうつる

「麦粒腫(ものもらい、めばちこ)」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と言うものをご存知ですか? というよりは聞いたことがありますか?の方が正しいかもしれませんね。 俗にいう「ものもらい」のこと。 そんな正式名があったことを私は知りませんでした。 「ものもらい」とはまぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺の急性化膿性炎症のこと。 黄色ブドウ球菌の感染が主な原因だそうで、まぶたの炎症により痛みやかゆみを伴いますが失明などの重傷にはならないそうなので今現在かかっている私はご安心ください。 ほおっておいて自然に治癒する場合がありますが、悪化した場合には切開による膿の排出などが必要になるので腫れの程度によっては眼科受診が推奨されるとのこと。 それでも病院嫌いな私はきっと薬局で購入した目薬で済ませることでしょう。 しかし現実は他の人にうつることは少ないのだとか。 どうやらこの呼び名は、かつての日本に他人からものを恵んでもらうとこの病気が治癒するという迷信が存在したことからきているようです。 ただ細菌感染であるため、何らかの理由で細菌が目に入った場合には感染する可能性はあるそうです。 一般的には「ものもらい」でも、日本全国津々浦々調べてみれば様々な呼び名があるのだとか。 有名なところから、大阪では「めばちこ」、京都では「め(い)ぼ」、熊本では「おひめさん」、北海道では「めっぱ、めこじき、めんぼう、めぼい」といったように、様々な呼び名が存在するのです。 特徴的な例としては宮城県の「ばか」や佐賀県の「いぬのくそ」。 そのように呼ぶ人があったら出身県は間違いなくこの二つです。 さてその中でもお笑い文化と共に関東にも流入してきた「めばちこ」について。 ある会社の調査によるとめばちこの分布は大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県の1府3県で、その使用率は8割を超えるのだとか。 年齢層も高年層から若年層まで平均的に使用されているのだそう。 その由来については、この病気の患者が目をぱちぱちさせる様からきているのではないかという意見もありますが、メ(目)にハチ(こじき)にコ(接尾)から来ているという説とその人気を二分しているようです。 その地方発の「めばちこ」が「ものもらい」を差し置いて、なぜ今日の主役になりえたかというとその圧倒的な存在感と全国への浸透率から。 近年は全国的に「めばちこ」と呼ぶ機運が高まりつつあるというのです。 やはりそこにはお笑い文化をきっかけとした関西への憧れや首都東京に対抗しうるパワーを兼ね備えたそのポテンシャルからなのかもしれません。 それと一番大きいのは誤解からにしても「ものもらい」という差別も感じるような元の名前の印象の悪さも関係していることでしょう。 迷信から来ているとはいえ、様々な誤解を生む「ものもらい」。 そろそろ潮時かもしれませんね。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

ものもらいはうつる?プールは休むべき?眼帯の使用と予防について

ものもらいうつる

〇 初期症状• まぶたの一部が赤く腫れる• かゆみ 〇 症状が進むと• 腫れが強くなる• まぶた全体が腫れる• 赤みが強くなる• 痛みが強くなる 〇 さらに症状が進むと• 腫れた部分の瞼の裏から膿が出る• 腫れた部分の皮膚が薄くなり、破れて膿が出る 膿が出たあとは治ることが多いですが、まれに重症化したり、しこりが残って霰粒腫に移行することもあります。 ものもらいと似ている眼の病気 霰粒腫 ものもらいとまぎらわしいのですが別の病気です。 ただ、ものもらいとの区別がつきにくいこともあります。 霰粒腫は、まぶたの内側のマイボーム腺 まつ毛の生え際にある油分を分泌する穴 の出口がつまって、慢性的な炎症が起こることで、あぶらの塊のようなもの 肉芽腫 ができる病気です。 マイボーム腺で起こるという点は、ものもらいと同じです。 〇 症状• まぶたの腫れ• 異物感 痛みやかゆみが少ない点は、ものもらいと異なります。 流行性角結膜炎 はやり目 ウイルス感染が原因となって結膜 白目部分 と角膜 黒目部分 に炎症が起こる病気です。 原因となる主なウイルスは、アデノウイルス 8型、19型、37型、54型など などで、主な感染経路は、手指やものなどについたウイルスが目に入る接触感染です。 ウイルスの 感染力がとても強いことから「はやり目」と呼ばれ、感染経路から、全国的に大流行するようなことはありませんが、散発して地域的に流行します。 1年を通して感染しますが、特に 夏に多くなる傾向があります。 子供がかかった場合、 保育園や学校は感染を防ぐため、 出席停止になります。 免疫力や抵抗力を落とさない! ものもらいの予防は、 細菌に感染しない、 細菌を増殖させない状態にすることが大切です。 目を清潔に保つ 不潔な状態は、細菌が増殖しやすい環境です。 目を清潔な状態に保ちましょう。 汚れた手指やタオルなどで目に触れない• まぶたに触れるような長い前髪は避ける• アイメイクはほどほどにして、きちんと洗い落とす• コンタクトレンズは正しい方法で、清潔に使用する など 免疫力や抵抗力を落とさない 病気や体調がすぐれない、または、疲労、ストレス、睡眠不足などで、免疫力や抵抗力が低下しているときは、細菌に感染されやすい状態です。 免疫力や抵抗力を落とさないようにしましょう。 体を健康な状態に保つ• 十分な休養、睡眠をとる• 疲れやストレスを溜めない など この部分はインラインフレームを使用しています お役立ち医療コラムについて 【提供元】 お役立ち医療コラムは、株式会社eヘルスケアが提供しています。 【免責事項】• コラムの内容については細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。 また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。 病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。 必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。 【著作権】 お役立ち医療コラムの著作権は、株式会社eヘルスケアに帰属します。 営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止とします。 【その他】 株式会社eヘルスケアでは、病気や治療に関するご相談や各医療機関についての個別のお問い合わせ・紹介などは受け付けておりません。

次の

ものもらいはうつるもの?|小金井市医師会

ものもらいうつる

ものもらい(めばちこ)ってうつる? まず気になるのが「ものもらいはうつるのか?」ですよね。 結論からいうと、 ものもらいは「うつらない」とされています。 伝染することはなく、あくまで発症した本人の症状がおさまればそれでおしまいです。 ものもらいの原因は、常に人の体や生活域に存在する細菌ですが、 免疫力の低下など一定の条件が重なってできてしまうものです。 はやり目と、ものもらいの違いとは! よく勘違いされますが、 【はやり目】と【ものもらい】は全くの別物です。 まずものもらいですが、 「めばちこ」「めいぼ」「めんぼ」などの別称があり、地域ごとに呼び名が異なります。 主に関東では「ものもらい」と呼ばれており、 麦粒腫 ばくりゅうしゅ と 霰粒腫 さんりゅうしゅ という種類に分けられます。 地域によってどちらを指すかが違っていますが、今回は麦粒腫について「ものもらい」として説明していきますね。 ちなみに麦粒腫の場合は、まぶたに入り込んだ常在菌が炎症を起こすことで 痛みやかゆみ・ゴロゴロした感じなどの症状があらわれます。 霰粒腫の場合は、まぶたの裏側に 白いしこりのようなものができ、痛みはなく自然治癒を待っても問題ありません。 一方 「はやり目」は、非常に高い感染力をもっています。 水や手からの感染が主ですが、空気感染もするので厄介です。 症状としては、ものもらいと類似したものもあって、判断が難しい場合もあります。 本人の目同士(右目・左目)でも感染する可能性が高いので注意が必要です。 はやり目の原因は「アデノウィルス」という非常に感染力の強いウィルスで、 潜伏期間を含め1~3週間程度その勢力は衰えません。 最も分かりやすい症状としては、 「目が開けられないほどの目やに」で、 これは、ものもらいの場合にはない症状のうちの一つで、はやり目の初期症状ともいわれています。 さらに注意しておいて欲しいのが、 はやり目の場合は出席・出勤停止となることも多く、 スポンサードリンク とくに学校に関しては法律上「医師の許可が出るまでは出席停止」と決まっているほどです。 自己判断が難しければ、きちんと医師の診断を受けてくださいね。 これが早期の治療にもつながりますので、ぜひ実践してくださいね。 だからと言って、擦ったり石鹸で洗いすぎたりするのはNGです。 綺麗な手やガーゼでやさしく洗い、清潔なタオルで水を吸い取るようにしてくださいね。 化粧品の成分そのものが悪化を促すだけではなく、メイク落としの刺激も良くありません。 もちろんコンタクトもそうなので、できるだけ控えてメガネで代用するようにしてください。 どうしてもの場合にはできるだけ短時間の使用にしたり、目薬をさしてしばらくしてから着用するなど、目に負担をかけないような工夫が必要です。 ものもらいは市販の目薬でも治すことができますが、やはり専門医が取り扱う眼科の目薬とは違います。 その際に「ものもらいか」の診断もしてもらえますし、コンタクトの使用について相談することもできますね。 ものもらいとはいえ悪化すると切開しての外科治療が必要になるケースもありますので、甘く見てはいけません。 とくに喫煙は、直接目に煙が入って刺激を与えてしまうので、より注意していただきたいです。 少しの間だけのことですから、大丈夫だと思わずに悪化する原因は極力遠ざけておきましょう。 しこりができる 霰粒腫の場合には、まぶたを温めることで症状が緩和しやすいそうです。 ものもらい・霰粒腫・はやり目それぞれ特徴がありますが、 よくなる人以外は、なかなか自己判断が難しいかと思います。 そんな場合は、まずは受診が一番! それが何なのかを知った上での対応が大切です。 目の違和感にあると、何事にも集中できなくなってしまいますよね…。 できるだけ早く治るよう、お薬の他にも、自分でできる生活習慣改善も努力していきたいですね。 次回の予防のためにも…..

次の