現在地 から 日光 東照宮。 日光東照宮から華厳の滝を1日で巡る。東京から電車で行く日帰りコースプラン

知らなきゃ損!日光東照宮抑えておきたい見どころ&グルメ紹介

現在地 から 日光 東照宮

日光東照宮に初めてもしくは修学旅行以来に久しぶりに行く、どんなアクセス方法があるの? という方に日光東照宮の電車でのアクセス方法を解説できればと思います。 東京方面から電車で日光東照宮へ行く 東京からは新宿経由か浅草経由で東武日光駅まで向かう2つがあります。 ・新宿から 新宿からスペーシアという特急に乗って向かいます。 所要時間が東武日光駅まで1時間55分、料金で片道4000円かかります。 特急の時刻表は下です。 僕が確認した時は新宿から出るのは、時刻表には午前7時台、11時台、13時台に1本ずつ計3本のがあって 浅草からの特急にくらべそんなに多く本数が出てない特急なので乗り遅れないようにしたいですね。 スポンサーリンク ・浅草から 特急のきぬもしくはけごんを使って向かいます。 新宿経由と同じくらいの時間1時間50分弱で、料金はこっちの方が安いです。 時刻表はおなじく【時刻表】特急・快速・区間快速下りのところをみましょう。 特急の本数は浅草から出た方が多いのが分かります。 電車で安く行くには 時間かかってもいいから電車でいいから安く行きたい、という方は新宿経由だと下の行き方があります。 新宿から北千住までJRで乗り継いで、北千住から特急は使わずに快速で東武日光駅まで目指すコースです。 これであれば片道1670円と上の方法より片道が半分以下ですみます。 しかし所要時間が2時間43分と、約50分ほど長くなりますね。 お財布と時間の相談となりますね。 同じく浅草から安くすませるのなら スカイツリーラインの快速を使います。 こちらは1358円で2時間21分と僕が調べた時は出ました。 特急とくらべて30分くらいの遅さで1500円以下なら案外こちらでも良さそうです。 ちなみに首都圏の駅に不慣れな方向けに新宿駅と浅草駅どちらがいいかは、基本はどちらでも向かえますが 分かりやすさと周りの駅とのアクセスが良いのは新宿駅。 新幹線で東京駅から向かう、 特急の本数の多さを重視したいなら浅草駅ですね。 新宿駅は東京のメジャー路線の山手線の駅の中のさらにメジャー駅になり、 他には小田急線、京王線、地下鉄各線(丸の内線、都営新宿線、大江戸線など)と途中で新宿に止まる駅が多くアクセスがしやすいです。 浅草は東武線、地下鉄の銀座線、都営浅草線と私鉄と地下鉄の駅となります。 ・お金を安くしたいのなら東京駅で降りてしまう ・乗り換えをあまりしたくないのであれば宇都宮駅まで行ってしまう という考え方があります。 東京駅を起点にして日光東照宮の最寄りの東武日光駅を見てみますと 宇都宮まで新幹線で行くと、1時間50分くらいかかって5千円の電車代 東京駅で降りてそこからJRと特急を向かう方法だと2時間10分弱で2700円くらいの電車代 20分くらいの乗車時間の差で2千円以上の電車代の違いなので、節約したい人には後者がいいかもしれません。 首都圏の人だと、東京駅から宇都宮駅まで新幹線を使っていく人は全体の割合からみたらあまり多くはいない気がします。 宇都宮線という路線や、湘南新宿ラインといって宇都宮~新宿まで出ている新幹線以外の路線もあったりします。 でも名古屋などから宇都宮駅まで行く方法はめんどくさい乗り換えをなるべくせずに済むので 交通が苦手な方にはいいかもしれませんね。 〇日光・鬼怒川方面の観光はフリーパス券が便利 もし日光東照宮以外の観光スポット 湯元温泉、中禅寺温泉、戦場ヶ原などの周辺観光も楽しみたいのなら 東武鉄道が出すバスや電車のフリーパス券が便利です 東武日光駅から東照宮まで徒歩で行けるのか 電車で東武日光駅・日光駅に着いた後の話になります。 駅から徒歩で向かえるのかは ・徒歩だと30分くらい 距離にしておおよそ3キロ程度 歩いていけないことはなく、歩いて行く人ももちろんいます。 ですが初心者だとバスを使った方がいいかもしれないです。 ・坂道は覚悟しないといけません。 上りがずっと続きます。 坂を上っても大丈夫な靴・服装で行きたいですね。 足が悪い、お年寄り、初心者であればバスを使って坂道を回避するのも1つです。 豆知識クイズ:なぜ徳川家康の墓に、日光の土地を選んだのか 江戸や静岡でなかった理由とは!? 日光東照宮は江戸幕府を開いた徳川家康が眠る場所として有名です。 260年の長きにわたって続く江戸幕府の基礎を固めました。 長く続いた戦乱の世に終止符をうち、国の平和をもたらした家康は死後も守護神 「東証大権現(とうしょうだいごんげん)」として神様に神格化されここに祀られたんですね。 ではなぜ家康の埋葬地は日光なのでしょうか?家康の晩年は、駿府城、今の静岡県で過ごしています。 近くなら静岡県で埋葬でもいいでしょう。 また江戸幕府で江戸が中心地なら、江戸は今の東京ですから東京に同じような東照宮を作っても良かったかもしれませんよね。 日光はお猿さんが多いからじゃありません、笑。 実はちゃんとした理由があったんですね。 それも諸説あります。 家族や友達や恋人と日光東照宮に電車や車で向かう際に、クイズで出してみると面白いかもしれません。 「なぜ徳川家康は日光に祀られているのでしょうか?東京や静岡じゃないのは何でだ!?」と。 下で説明した説を話してあげたら「へ~そうなんだ、物知りなのね!」と尊敬されるやもしれません笑。 〇日光が選ばれた理由 1 家康が与えられた官位「征夷大将軍」は東北をおさめるのが役目だから、という説 2 古代中国の世界観、「陰陽五行(いんようごぎょう)と天文学的な理由から 日光が江戸の北にあることは「星の北極星」と同じ意味をもたせた、という説 3 家康の遺言で。 家康は鎌倉幕府を開いた源頼朝を尊敬していて、その頼朝は山岳信仰の地である日光信仰しており、頼朝にならって日光にした という説があります。 1は江戸幕府の将軍が朝廷から代々うけていた官職、「征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)」は もともとは「征夷 = 東国を征伐する」と、東国いまの東北地方の争いをおさめに行くための役職だったんですね。 だから東北をおさめる、にらみをきかせるのに都合が良い土地は、 日光は栃木県にあってちょうど、東北と江戸のある関東の中間に位置していますから 征夷をおこなうのに調度いい位置にあったから選ばれた、と言われています。 2 江戸から見て日光は北になるように位置しています。 北に見える星座といえば星の「北極星」で、 それを意識したという説があります。 古代の中国で北極星は、季節にとらわれず動かずに見える星なので 「不動の星」と考えられました。 びくとも動かないので、「宇宙をまとめる神」のように考えられていました。 北に位置する日光東照宮に家康を祀ることで、「宇宙をまとめる北極星」と家康を一緒に考えようとした説もあります。

次の

日光東照宮

現在地 から 日光 東照宮

スポンサーリンク 観光地として人気の日光東照宮へのアクセス方法について、車と電車のどちらでいったら良いのか迷いますし、現地の最寄駅からもどうやって行けばより楽しむことができるのか悩みますよね? しかも、電車でのアクセス方法も新幹線を使う方法や特急を使う方法、普通列車を使い方法をいろいろありますので、どれがお得なのかもなかなか分かりにくいところでもあります。 こちらの記事では、 日光東照宮へのアクセス方法について、車や電車での向かい方や、駅から東照宮までの道のりに、徒歩とバスのどちらで行くのが良いのかについてまとめています。 分かりにくい電車での新幹線や特急でのアクセスの料金の差についても考察していますので、日光東照宮に行かれる場合にはぜひご参考にしてください。 日光東照宮へのアクセス方法 日光東照宮へのアクセスについてですが、主なものとして車で行くのか?電車で行くのか?に分かれます。 車で行く場合のメリットは、東照宮だけでなく周辺にある「その他の観光地を回るときの自由度が高い!」ということですね。 特に小さいお子さんなどが多い場合には、バスや電車などでの公共交通機関を使うと大変なこともあると思いますので、そうした場合には車で行った方が楽です。 逆に 電車で行く場合のメリットとしては、交通渋滞や駐車場探しに時間をとられなくて済みますので、時間を有効に使いやすいです。 もちろん、どちらで行ってもそれぞれの楽しみ方がありますが、小さいお子さんのいる家族連れなどであれば車で、恋人などと旅行に行くのであれば電車でという印象がありますね。 ということで、それでは早速それぞれのアクセス方法についてご紹介していきます。 車でのアクセス方法 車でのアクセスについては日光ICが最も近いICになりますので、そこで高速を降りて行くのが一番楽です。 日光ICから東照宮までは2. 5kmくらいなので、10分もかからないですね。 駐車場については、周辺に観光用の駐車場も多くありますので、そちらに停めるようにしましょう。 駐車場の場所や料金についてはこのまま読み進めていただくと、「駐車場(無料・有料)について」のところでご紹介していますので、ご参考にしてください。 東京方面からお車でアクセスする方も多いと思いますので、次の項にその場合の高速料金と所要時間もまとめました。 スポンサーリンク 東京方面から高速道路で行く場合の料金と所要時間 東京方面から車を使っての日光東照宮へのアクセスは、東北自動車道を経由して宇都宮ICから日光宇都宮道路に乗り換えます。 宇都宮ICで日光宇都宮道路に入ったら20分ちょっと自動車を走らせれば日光ICに到着しますので、そこから東照宮までの時間と合わせても宇都宮ICからなら30分くらいですね。 ちなみに 高速の料金については、東北自動車道の起点である川口JCTから計算すると、普通車で宇都宮ICまでが3,050円(ETC利用でも同額)です。 日光宇都宮道路が410円になりますので、合計で片道3,500円くらいですね。 ただ、高速で行く場合には休日の方が料金が安くなって、 休日割引を使うと普通車での川口JCTから宇都宮ICまでが2,460円になります。 およそ600円もの割引になりますので、川口JCTからであれば片道の高速料金が3,000円以下になりますね。 意外にも休日の方が料金が安くすむので、混雑を引き換えに経済面でのアドバンテージを得ることができます。 所要時間については、川口JCTから宇都宮ICまではおよそ75分前後です。 宇都宮ICから日光宇都宮道路を経由しての東照宮までが30分ほどなので、都内からだとだいたい2時間くらいは時間がかかると考えておきましょう。 駐車場 有料・無料 について 日光東照宮には専用の大駐車場がありますので、そこの利用が東照宮からも近くて便利ですね。 利用台数も200台と比較的広い駐車場なので、春先やGW、秋口などのハイシーズンを除けば比較的停めることができます。 駐車料金も1日あたり600円と、都心の駐車場に比べればかなり安く設定されていますので、使いやすいですね。 日光東照宮大駐車場 住所:栃木県日光市山内2301 営業時間: 4〜10月 8:00〜17:00 11〜3月 9:00〜16:00 収容台数:200台 お問い合わせ: TEL 0288 54 0560 日光東照宮周辺の無料駐車場 日光東照宮周辺にはいくつか無料駐車場がありますが、 無料駐車場は駐車できる台数も少なめなので、かなり早い時間帯でないとすぐに埋まってしまいます。 それから、 東照宮からの距離も割と遠い位置にありますので、15〜20分くらいは歩くことを覚悟してください。 その他の注意点として、 無料開放をしているのは土日と祝日など限定の場所もありますので、平日に行く場合には気をつけてください。 日光東照宮周辺の無料駐車場 日光市総合支所前駐車場(土日・祝日のみ) 住所:栃木県日光市中鉢石町999 営業時間: 平日 9:00〜17:15(月曜は19:00まで) 土日・祝日 終日開放 収容台数:20台 お問い合わせ: TEL 0288 53 3795 東照宮までの時間:徒歩20分 市役所の駐車場ですので、平日の市役所の業務を行なっているときには、当たり前ですが観光のために利用することはできません。 日光電母沢御用邸記念公園臨時駐車場(週末のみ) 住所:栃木県日光市本町8-27 収容台数:10台 東照宮までの時間:徒歩15分 日光市上鉢石駐車場 住所:栃木県日光市上鉢石町1101-2 収容台数:50台 東照宮までの時間:徒歩15分 スポンサーリンク 渋滞・混雑の時間帯 日光東照宮に車で出かける場合に気になるのが、現地の渋滞情報ですよね? せっかく日光まで出かけたのに、 「渋滞で全然進まないし、駐車場も空いていない……」 「渋滞のせいで、ぜんぜん遊ぶ時間がなかった……」 なんてことは極力避けたいです(時期によっては仕方のないこともありますが)。 まず、 日光東照宮が混みやすい時期としては、春先の3〜4月+ゴールデンウィークと秋口の9〜10月あたりです。 暑くもなく寒くもない、比較的過ごしやすい時期が混みやすいので、そのことは頭に入れておくようにしましょう。 秋口は特に修学旅行なんかで中高生が多いこともあるので、ゆっくりと観光したいのであれば避けた方が良いです。 そして、 混雑の時間帯ですが、だいたい10〜15時あたりが混み合います。 お昼の前後2時間くらいですかね。 特にハイシーズンには食事をするのにも有名店は混雑して待ち時間が発生することもありますので、旅行の行程で東照宮の周辺でランチをとる場合には、時間帯に注意して、なるべくずらすようにしないと待ち時間だけでかなりの時間をロスしてしまうこともあります。 東照宮に行くのであれば、朝の早い時間に行くと駐車場も空いていることが多いですし、参拝や観光も比較的ゆっくりとすることができます。 「早起きは三文の徳」と言いますが、 日光東照宮では早い時間帯の方が観光はしやすいということになりますね。 ちなみに、お願いごとも朝の方が叶いやすいとされていますね。 電車でのアクセス方法 日光東照宮は、車だけでなく電車でも比較的アクセスがしやすい観光地です。 電車の場合には最寄駅が東照宮からちょっと離れた場所にあるのですが、東照宮までの道のりも日光の街を楽しみながら進むことができますので、そこまで大変でもないんですよ。 最寄駅はどこ? 日光東照宮への最寄り駅についてですが、一番近いのは東武鉄道の「東武日光駅」です。 ただ、JRの「日光駅」も300mくらいしか離れていないので、徒歩3〜4分くらいしか変わりません。 東京方面からのアクセスでは、「東武日光駅」に向かう人が多いですね。 それでは、次の項では東京方面から日光へアクセス• 新幹線で行く• 特急で行く• 普通列車のみで行く の3つの方法に大きく分けられます。 まず、新幹線を利用する方法は、東京駅から宇都宮駅まで新幹線で行き、宇都宮駅からJR日光線に乗り換えて「JR日光駅」を目指します。 所要時間は1時間45分〜2時間くらいで、料金は新幹線の特急料金も合わせると片道で5,060円です。 そして、東京駅から特急で日光までのアクセスですが、一度、東武鉄道のある北千住駅まで出てから 東武鉄道の特急に乗って今市市駅まで行き、今市市駅から普通列車日光線に乗り換えて東武日光駅まで行く方法が一番安いです。 料金は東京駅から北千住駅までのルートにもよりますが、3,000〜3,200円くらいですね。 東京駅からJR特急を利用したい場合には、池袋駅や大宮駅からJR特急の「きぬがわ」に乗って今市市駅まで行くことができますが、この場合には料金が4,000〜4,065円かかりますので、北千住駅から東武鉄道の特急を使うルートに比べておよそ1,000円ほど割高になってしまいます。 どちらのルートを使っても所要時間は2時間15分前後ですので、 特急を利用する場合には北千住駅からの東武鉄道の特急を使うルートの方がコストパフォーマンスは良いですね! そして最後が東京駅から普通列車で日光方面にアクセスする方法です。 こちらのアクセス方法も東京駅から特急を使う方法と同様に北千住駅まで行ってから、東武鉄道に乗り換えて行く方法になります。 北千住からの電車が特急になるか普通列車になるのかの差だけですね。 ちなみに、普通列車の場合には北千住から乗り換えなしで東武日光まで行くことができますので、乗り換えの回数は特急の利用に比べると1回減ります。 料金は1,500〜1,800円くらいで、所要時間は2時間45分前後ですね。 以上、東京駅からの3つのアクセス方法をまとめると、• 特急で行く• 普通列車のみで行く の2つの方法になります。 新宿から日光方面にアクセスする場合には、新宿駅からJR特急が出ていますので、そちらを利用すると乗り換え1回のみで日光までたどり着くことができます。 特急で今市市駅まで行ってから、東武鉄道の日光線に乗り換えて「東武日光駅」が終着駅になりますね。 特急を利用すれば新宿駅から東武日光駅まで2時間前後で行けて、料金は特急料金も含めて4,000円です。 普通列車で日光に向かう場合でも、実は特急を利用した場合と同じく乗り換え1回のみで日光にアクセスすることができます。 ただ、こちらの場合には終着駅が「日光駅」になりますね。 新宿から出ている湘南新宿ラインを使えば乗り換えなしで「宇都宮駅」までアクセスすることができて、そこからJR日光線に乗り換えれば日光駅にアクセスできます。 こちらを利用した場合には、2時間30〜40分くらいの時間がかかりますが、料金は2,592円です。 スポンサーリンク 名古屋・大阪から日光へ 名古屋や大阪から日光東照宮にアクセスする場合には、新幹線を利用することが多いと思いますので、まずは新幹線で東京駅まで行きましょう。 その後は先ほどご紹介した「東京駅から日光へのアクセス」のところでご紹介した方法で、日光へ向かうのが一番早いです。 わざわざ新宿から日光へ向かうルートを選ぶ必要はないですね。 ちなみに新幹線で宇都宮まで一気にアクセスしようと思っても、名古屋・大阪方面から向かった場合は東京駅が東海道新幹線の終点になりますので、乗り換えが必要になります。 駅から日光東照宮までの行き方 駅から日光東照宮までの道のりは距離にしておよそ2km、徒歩で行った場合には時間で言うと30分くらいかかります。 正直歩くのにはちょっと長いですよね? 一応、駅から東照宮までの間には日光の街並みがありますので、歩くのがお好きであればそれなりに私めるかもしれませんが、ぼくにはちょっと無理です(笑) 「天気が良い日にお散歩しよう」というときには、歩道も綺麗に整備されていますので良いかもしれませんが、観光で行ったのに歩くのはちょっと……って感じです。 ちなみに、「駅からは全く歩きたくない!」とお考えでしたら、バスを利用しましょう。 東武日光駅・JR日光駅のどちらの駅でも日光東照宮方面へのバスが運行しています。 バスに乗れば、だいたい10〜15分くらいで東照宮に到着します。 料金は片道で290円です。 ちなみにですが、 行きと帰りの両方でバスを利用するのであれば、「世界遺産めぐり手形」というバスのフリーパスがお得です。 「世界遺産めぐり手形」は日光山内バスを1日乗り放題になるのですが、500円で販売されているので、片道290円であれば単純にバスで往復するだけでもお得ですね。 1日で何度もバスに乗るのであればかなりお得ですよ!) 歩いてみたいのであればバスと徒歩の併用がおすすめ 駅から東照宮まで歩くのは大変ですが、 「せっかくの旅だから、その行程も楽しみたい!」 という方には、駅から東照宮までの行きの道のりをバスで、東照宮から駅までの帰りの道のりを歩いて街を探索するのをおすすめします。 実は駅から東照宮までの道のりは多少ですが登りになっているので、どちらかというと東照宮から駅までの道のりの方が歩くのは楽です。 特に歩いて東照宮に行った場合には、行きだけで疲れてしまって東照宮で参拝するときにも元気が無くなってしまいますからね。 お願い事をするときには、弱った状態よりも元気な方が神様も笑顔で聞いてくれそうな気がしますからね。 神橋 住所:栃木県日光市上鉢石町 あとがき 日光東照宮までのアクセス方法についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか? 日光東照宮は車でも電車でも、アクセスしやすい観光地です。 ただ、その分シーズンや時間帯には気をつけないと混雑にハマってしまうこともありますので、注意してくださいね。 車で行く場合には、近くて便利な有料駐車場と少し歩きながら日光の街を楽しめる無料駐車をうまく使い分けましょう。 無料駐車場はすぐに埋まってしまうので、早い時間帯に行くことが駐車するコツです。 そして、電車の場合には新幹線・特急・普通列車の所用時間と料金の比較をしながら、旅行プランに合った方法を選びましょう。 個人的には、特急でのんびり行くのが好きですね〜 それでは、世界遺産にも登録されている有名パワースポットでの観光を楽しんで来てください。 いい旅になりますように! インターネットを利用して、買い物や予約をすると24時間365日利用することもできるし、ほとんどのサービスを安く利用できるので便利ですよね。 ただ、全てのサービスが安く利用できる訳ではないので、せっかくネットを利用しても残念なことになってしまうことも・・・ 「これから利用するサービスもお得に利用できたらいいのに」 そう感じることもたくさんあります。 そんなあなたに嬉しいサービスをご紹介。 洋服やコスメ、食材など、ネットでショッピングをする時に、あるサイトを経由するだけで現金が戻ってきます。 よく、ポイント還元っていうサイトを見ますが、こちらはまさかの現金還元! ポイントなどではなく、シンプルにお金が戻ってくるのは嬉しいですよね? なんか怪しいサービスに聞こえるかもしれませんが、東証一部上場のファンコミュニケーションズが運営しているサービスだから安心です。 単純なネットショッピングだけでなく、ホテル予約などについても現金還元のサービスを受けることができるので、様々な場面でお得な現金還元サービスを受け取ることができます。 とりあえず無料登録をしてみて、ちょっとしたときに使っていくと色々と節約しながらショッピングを楽しむことができますよ。

次の

知らなきゃ損!日光東照宮抑えておきたい見どころ&グルメ紹介

現在地 から 日光 東照宮

エリア 北海道・東北 北海道• 富良野・美瑛• 十勝・帯広• 旭川 青森• 弘前・青森・津軽• 十和田・奥入瀬 福島• 会津若松• 猪苗代・裏磐梯・磐梯高原 関東 栃木• 鬼怒川・川治• 那須 東京• 丸の内・大手町• 大塚 神奈川• 箱根 茨城• 土浦 中部 石川• 加賀・小松 福井• 福井 山梨• 河口湖• 八ヶ岳・清里・小淵沢 長野• 軽井沢• 安曇野• 大町・白馬 静岡• 浜松 近畿 京都・滋賀• 琵琶湖周辺 中国 島根• 松江・出雲 山口• 長門 九州・沖縄 熊本• 阿蘇 沖縄• 沖縄本島• 竹富島• 石垣島• 西表島• 小浜島 海外 インドネシア共和国・バリ島• ウブド タヒチ• ランギロア 台湾• 台中 ジャンル• お土産• カップル・夫婦旅• カフェ• すべての同行者• ファミリー旅• ペット旅• ごはん• 一人旅• 女子旅• 季節・イベント• 日帰り温泉• 雨の日• ご当地グルメ• ドライブ• 益子焼• 読み物• アクティビティ• スイーツ• アート• パワースポット• スキー• リゾナーレ八ヶ岳• 花見 イチゴなど果物がたっぷり入った「クリームあんみつ」700円 エスプレッソ450円 JR・東武鉄道日光駅から西へ向かい、「日光二荒山神社」の別宮「本宮神社(ほんぐうじんじゃ)」の参道にあるカフェ。 もともと神主が住んでいた築300余年の建物をリノベーションする際、床板に御神木を使っているので、店内には靴を脱いで上がります。 コーヒー好きならぜひ味わいたいのは、エスプレッソマシンの最高峰「チンバリ」で淹れた香り高いエスプレッソ。 フードメニューも多く、特に湯波や舞茸入りクラムチャウダーを金谷ホテル特製パンに入れた「クラムチャウダー in ロイヤルブレッド」はわざわざ食べに訪れる人もいるほどの人気メニューです。 日光珈琲は「栃木をもっと盛り上げたい!栃木の良さを伝えたい!」という思いが強く、その志が星野リゾートと重なってコラボレーションすることになり、「里山ブレンド」ができあがりました。 界 川治では「里山ブレンド」を里山CafeやSHOPにて取り扱っております。 レトロ調で居心地の良い店内 大正時代に商家だった古民家をリノベーションした建物は、木目が美しいヴィンテージの家具がおしゃれで落ち着いた空間を作り、居心地の良い店内になっています。 窓の外には解放感ある中庭が広がります。 ランチメニューの「カフェごはんセット」も人気。 3日間じっくり煮込んだ「御用邸通の黒カレー」やとろとろ卵にトマトソースがかかった「オムライス」はテイクアウトも可能です。 天然氷の「四代目徳次郎」の氷を使った「かき氷」や「チーズケーキ」、「ガトーショコラ」などスイーツの種類も豊富なカフェです。 日光珈琲 御用邸通店• URL:• 住所:栃木県日光市本町3-13• アクセス:JR・東武日光駅より東武バス中禅寺温泉行き乗車約10分、「西参道入口」下車徒歩約3分• 営業時間:10:00~18:00(L. 17:00)• 定休日:月曜日、第1・第3火曜日(祝日の場合は翌日)• TEL:0288-53-2335• 駐車場:無料 ドライブで立ち寄りたい、古民家カフェから1日1組限定の完全予約制の日本料理、スープにこだわったラーメン屋さんなど、日光で人気のおすすめランチスポットもご紹介しています。 変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

次の