アマビエ ちゃん。 キョロちゃんが「ビエちゃん」に!?コロナ禍でお菓子のアマビエ化が止まらないビエッ

かわいい“アマビエ”インコが新型コロナを撃退!? 箱にすんなり入ったのか飼い主に聞いた

アマビエ ちゃん

現在、Twitterなどネットで大流行中の 妖怪「アマビエ」。 その姿を描き写すことで、疫病の流行を防ぐご利益があるといわれており、現在の新型コロナウイルス流行の中、 さまざまな人がアマビエの姿を描いたイラストをネットにアップして、それが拡散しているんです。 だけど、そもそもアマビエっていったいどんな存在なのでしょう。 長年アマビエについて調査し論文を発表するなど、 アマビエ研究の第一人者である長野栄俊さん(福井県在住)が、わかりやすく徹底解説します。 一つの理由として、 珍獣・幻獣の姿を「見る」と除災招福の御利益が得られるとする心性の存在が挙げられる。 見たり、貼り置いたりするだけで寿命が延び、悪事災難から逃れられると人々は考えたのである。 そのため 安政5年(1858)のコロリ流行時には、虎列剌(コレラ)除けの摺物として「猿に似たる三本足の怪獣」の絵姿が江戸市中で売り歩かれた。 また明治15年(1882)にも東京の絵草紙屋(娯楽書や浮世絵の店)で「三本足の猿の像」が「コレラ病除けの守り」として売られた。 これらはともにアマビコであろう。 もう一つの理由は、 情報を得るための「書き写す」という行為が、現代からは想像できないほどの広がりを見せていたことである。 政治や災害など多様な情報を得るため、地方の豪農商や村の知識人までもがこぞって風説(情報や噂)を書き写した。 今も全国各地に当時の情報記録集(風説留)が伝わり、その中に予言獣の姿が書き留められている。 護符の効能を妄信したのでなく、 単に新奇なものを面白がって書き留めただけという可能性もある。 アマビコの姿を「見る」「書き写す」というお告げは、19世紀初頭から明治初年にかけての人々の思考や心性、行動様式にマッチした。 だからこそ予言する妖怪は、この時期に限って様々に形を変えて流行した。 しかし、新しく誕生した マスメディア=新聞の登場と入れ替わるようにして、その流行は終息する。 天保・安政・明治と少なくとも3度にわたって流行を見せたアマビコ(アマビエ)は、以後長く忘れ去られることになった。 最後の流行からおよそ140年。 コロリならぬ新型コロナの流行に直面する私たちは、SNS上でアマビエの姿を見て、リツイートや二次創作によって拡散を続ける。 では、ご利益はあるのか? じつは亜種であるアマビエは「早々に私の姿を写して人々に見せよ」とは告げるが、その御利益は明言していない。 一方、原種のアマビコの方は「私の姿を見る者は無病長寿、早々にこのことを全国に広めよ」と告げている。 SNSで見て、 拡散すべきは「アマビエ」ではなく「アマビコ」の方かもしれない。

次の

お家で簡単!アマビエちゃんを作ろう!

アマビエ ちゃん

疫病からの守り神が復活! 「東京アラート」のように、コロナ禍をきっかけに生まれたり一般に広まった言葉はいくつかある。 「ロックダウン」「オーバーシュート」「医療崩壊」「zoom飲み会」など多岐にわたるが、中でも自粛生活に疲れた私たちの心が、思わずなごんでしまいそうなのが 「アマビエ」だ。 江戸の昔、肥後の国(現在の熊本県)の海に現われ、人々にこの先の豊作や疫病を予言、病気が流行するようなことがあれば自分の姿を絵に描いて人々に見せるようお告げを残したという妖怪だ。 見た目は人魚、または半魚人を連想させる。 今回の事態をきっかけにアマビエ様は新たな都市伝説となり、 コロナから人々を救うアイコンとして復活した。 伝説の妖怪ゆえその姿かたちも確たるものではなく、ネット上でもかわいいものからグロテスクなものまで、さまざまなアマビエ像を見ることができる。 筆者もコロナから身を守ろうと願いを込めて描いてみた(下図)。 わりと誰にでも簡単に描けそうなところも人気の出た理由のひとつかと思われる。 アマビエとしんちゃんがタッグ! そのアマビエに注目したのが、埼玉県春日部市に本社工場を持つせんべいやお菓子のメーカー、 三州製菓株式会社だ。 昭和25年創業設立の歴史あるメーカーで公式HPの会社概要によれば、専門店向けの高級米菓(あられ、せんべい)、高級洋菓子(クッキー、サブレ)を製造販売、数々の賞に輝いている。 まさに春日部を代表する優良企業のひとつだが、もうひとつ春日部といえば忘れてはならないのが クレヨンしんちゃん。 とにかくもう街じゅうが、何かあるにつけことあるごとに「しんちゃん、しんちゃん」の春日部だが、商品開発にも意欲的な三州製菓は2015年にさっそくこの町一番の人気ものを取り上げ、 「クレヨンしんちゃんイラスト煎餅」「クレヨンしんちゃんバウム」を発売している。 さらに今回のコロナ禍に際し、同メーカーは 「みなさまのご健康と、一日も早い疫災終息の願いを込めて」、伝説の妖怪アマビエの姿をあしらった 「アマビエ印刷煎餅」を開発、しんちゃん煎餅と2枚1セットで販売を始めた。 お値段は税込み270円。 外で遊ぶこともままならない子供たちにも笑顔が戻りそうな心あたたまるイラストのお煎餅。 お味のほうも砂糖がけでほんのりとした甘さだ。 アマビエとしんちゃん煎餅はここで手に入る! さて、このしんちゃんとアマビエのコラボ煎餅、どうせなら三州製菓の直営店で手に入れたい。 市内銚子口にある同メーカーの埼玉第2工場には 「親子で楽しめるファクトリーショップ」S-terrasse エステラス が併設されている。 写真にある 大きなお煎餅のオブジェが目印だ。 〒344-0013 埼玉県春日部市銚子口979番地 TEL:048-792-0701 公式 : 広い店内には今回紹介したアマビエやしんちゃんの煎餅外にも和洋とり混ぜたお菓子が並び、箱入りの詰め合わせは贈答にもぴったりだ。 ハンドメイドの教室等も開かれ、手づくり製品の販売コーナーもある。 ショップ併設のカフェではコーヒーや食事も楽しめる。 天井は高く、壁一面の大きな窓の外には青々とした緑も広がり、解放感いっぱいだ。 ランチセットやケーキセットはもちろん、毎週火曜と水曜のコーヒータイムにはメーカーの強みを生かし 「おせんべい食べほうだい」のユニークなサービスも催されている。 国道バイパスからちょっと引っ込んだ工業団地の中にあるせいか、まだまだ知る人ぞ知る印象のスポット、S-terrasse。 巣ごもり生活に疲れたらここに来て一服し、ついでに無病息災を願ってアマビエ煎餅を買っていかれてはいかがだろうか。

次の

最強のパワーを持つ、妖怪アマビエちゃん・羊毛フェルトのキーホルダー

アマビエ ちゃん

現在、Twitterなどネットで大流行中の 妖怪「アマビエ」。 その姿を描き写すことで、疫病の流行を防ぐご利益があるといわれており、現在の新型コロナウイルス流行の中、 さまざまな人がアマビエの姿を描いたイラストをネットにアップして、それが拡散しているんです。 だけど、そもそもアマビエっていったいどんな存在なのでしょう。 長年アマビエについて調査し論文を発表するなど、 アマビエ研究の第一人者である長野栄俊さん(福井県在住)が、わかりやすく徹底解説します。 一つの理由として、 珍獣・幻獣の姿を「見る」と除災招福の御利益が得られるとする心性の存在が挙げられる。 見たり、貼り置いたりするだけで寿命が延び、悪事災難から逃れられると人々は考えたのである。 そのため 安政5年(1858)のコロリ流行時には、虎列剌(コレラ)除けの摺物として「猿に似たる三本足の怪獣」の絵姿が江戸市中で売り歩かれた。 また明治15年(1882)にも東京の絵草紙屋(娯楽書や浮世絵の店)で「三本足の猿の像」が「コレラ病除けの守り」として売られた。 これらはともにアマビコであろう。 もう一つの理由は、 情報を得るための「書き写す」という行為が、現代からは想像できないほどの広がりを見せていたことである。 政治や災害など多様な情報を得るため、地方の豪農商や村の知識人までもがこぞって風説(情報や噂)を書き写した。 今も全国各地に当時の情報記録集(風説留)が伝わり、その中に予言獣の姿が書き留められている。 護符の効能を妄信したのでなく、 単に新奇なものを面白がって書き留めただけという可能性もある。 アマビコの姿を「見る」「書き写す」というお告げは、19世紀初頭から明治初年にかけての人々の思考や心性、行動様式にマッチした。 だからこそ予言する妖怪は、この時期に限って様々に形を変えて流行した。 しかし、新しく誕生した マスメディア=新聞の登場と入れ替わるようにして、その流行は終息する。 天保・安政・明治と少なくとも3度にわたって流行を見せたアマビコ(アマビエ)は、以後長く忘れ去られることになった。 最後の流行からおよそ140年。 コロリならぬ新型コロナの流行に直面する私たちは、SNS上でアマビエの姿を見て、リツイートや二次創作によって拡散を続ける。 では、ご利益はあるのか? じつは亜種であるアマビエは「早々に私の姿を写して人々に見せよ」とは告げるが、その御利益は明言していない。 一方、原種のアマビコの方は「私の姿を見る者は無病長寿、早々にこのことを全国に広めよ」と告げている。 SNSで見て、 拡散すべきは「アマビエ」ではなく「アマビコ」の方かもしれない。

次の