パチンコ オータ。 オータ古川店

【朝霞パチンコオータカ閉店】2017年9月10日閉店

パチンコ オータ

朝霞市パチンコ専門店オータカとは? パチンコ専門店オータカは、低貸し専門のパチンコ店です。 1円パチンコ238台、0. 5円パチンコ18台の合計256台の遊技機と、120台の駐車場を有する同店は、中規模店です。 また隣接するスロットステーションワイズ朝霞店は系列店です。 この店も同じ日に閉店となります。 尚、東武東上線の朝霞駅周辺には、下記のような店舗があります。 上記の店は、パチンコオータカ店より、1. 5倍若しくは3倍以上の設置台を有する店舗です。 朝霞オータカの貯玉の交換期限 貯玉の交換期限につきましては、原則2017年9月10日迄(最終営業日)となっております。 9月11日以降の交換も可能ですが、その場合は、カタログギフトとの交換となり、特殊景品との交換は出来ないという事です。 カタログギフトの交換は、カタログに掲載されている商品の中からしか選べません。 米、サランラップなど掲載されていますが、どれも定価に近い値段となっておりますので、特殊景品に交換し、近くのスーパーやディスカウントショップで購入した方が、多く買える気がするのでお勧めしません。 朝霞オータカ閉店の理由 朝霞オータカ店は、低貸専門店です。 低貸は、客側は安く遊べますが、その分店側の利益は減ります。 当然の事ながら、売り上げが減れば利益も減るわけです。 パチンコ店は、電気代や人件費など、維持するために多額の費用がかかるので、基本的に低貸店は、儲かりにくい構造にあります。 尚、もともと低貸というジャンルは無かったのですが、パチンコ店に来る客が減ってしまったので、店側がためしに遊べるコーナーを作ろうと試験的にはじめたものですが、結果的には客が来てくれる店もあり、コーナー化して、営業していますが、基本的に、力を入れているのは4パチです。 理由は店側が儲かるからです。 逆を言えば、店の儲けが少ない低貸専門店はいつ閉店してもおかしくないように思います。 オータカは低貸し専門店。 利益が取れない分、少しの影響が経営を左右します。 ここの所のパチンコ客離れで、どんどん店が閉店していますが、おそらくその流れに飲み込まれてものだと思われます。 その後貯玉の交換は、カタログギフトのみになります。 などと案内している店が大半です。 1週間に一度位のペースで店を覗いている方なら良いのですが、それ以外の方は、閉店告知を見逃してしまい、貯玉や貯メダルがカタログギフトの交換となってしまったということもあります。 悲しい事に私は貯メダルの無効もありましたし、カタログギフトの交換もありました。 これからの閉店はかなりの勢いで増えていくと思います。 理由はパチンコパチスロに対する規制が決まったからです。 時期は来年の2月からとなりますが、パチンコ店にとってはかなりきつい規制となるので、その時期までに閉店すると決断する店も多数あると思います。 次のパチンコ店が繁盛する時期は年末年始です。 それを超えたあたりから、かなりの店が閉店するのではないかと個人的には考えています。 貯だま、貯メダルをお持ちの方は十分注意された方がよろしいかと思います。

次の

オータ古川店

パチンコ オータ

警視庁関係者によれば、本日と明日の2日間、パチンコホール大手「オータ」(東京都新宿区)の太田秀吉会長(下写真。 67)宅周辺に、ある政治結社が街宣願いを出しているという。 太田会長の自宅は東京都杉並区内にあるが、洋館風のたいへんな豪邸(冒頭写真)。 地下にも約100坪もの広さの部屋がある、この鉄筋コンクリート2階建てには、いま現在も10億円の根抵当根が設定されている。 オータといえば、郊外型大型店舗展開で、プリペードや貯玉システムも率先して導入、業界の近代化、健全化のイニシアティブを取り、株式公開も目指した業界のリーディングカンパニー的存在だった。 ところが94年12月、沖縄県下17ホールを含む全国30ホールが営業取り消し処分を受け営業不能に。 その後、不動産賃貸業に業態転換していたが、約6年後にパチンコホール経営を再開。 現在、グループ全体で47ホールを展開(内、沖縄が21)しており、年間売上高はオータ単独で約800億円、グループ全体では約2200億円。 パチンコホール経営としては「マルハン」(約2兆500億円)、「ダイナム」(約9700億円)、「ガイア」(約4400億円)などに続き10位内に入る。 それにしても、なぜ、その太田会長宅への街宣なのか? しかも、当局は強い関心を抱いているという。 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 2 7 20 26 27 28 29 30•

次の

オータ古川店

パチンコ オータ

警視庁関係者によれば、本日と明日の2日間、パチンコホール大手「オータ」(東京都新宿区)の太田秀吉会長(下写真。 67)宅周辺に、ある政治結社が街宣願いを出しているという。 太田会長の自宅は東京都杉並区内にあるが、洋館風のたいへんな豪邸(冒頭写真)。 地下にも約100坪もの広さの部屋がある、この鉄筋コンクリート2階建てには、いま現在も10億円の根抵当根が設定されている。 オータといえば、郊外型大型店舗展開で、プリペードや貯玉システムも率先して導入、業界の近代化、健全化のイニシアティブを取り、株式公開も目指した業界のリーディングカンパニー的存在だった。 ところが94年12月、沖縄県下17ホールを含む全国30ホールが営業取り消し処分を受け営業不能に。 その後、不動産賃貸業に業態転換していたが、約6年後にパチンコホール経営を再開。 現在、グループ全体で47ホールを展開(内、沖縄が21)しており、年間売上高はオータ単独で約800億円、グループ全体では約2200億円。 パチンコホール経営としては「マルハン」(約2兆500億円)、「ダイナム」(約9700億円)、「ガイア」(約4400億円)などに続き10位内に入る。 それにしても、なぜ、その太田会長宅への街宣なのか? しかも、当局は強い関心を抱いているという。 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 2 7 20 26 27 28 29 30•

次の