新型コロナウイルス終息はいつ。 収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

新型コロナウイルス終息はいつ

【新型コロナウイルス】ニュースで終息と収束が使われている! ニュースでは以下のように、2種類の「しゅうそく」が使われています。 「新型コロナ収束後を見据える」 「コロナ終息と安全願い船下り祈願祭」 コロナ「終息」とコロナ「収束」はほとんど同じ意味のように思うかもしれません。 しかし、厳密には意味が異なり、ニュースの内容を理解する際にも勘違いが生じるでしょう。 早速、「終息」と「収束」の意味と使い方について説明しますね。 終息の意味と使い方 終息の意味 デジタル大辞泉では、「終息」の意味を以下のように説明しています。 物事が終わって、やむこと。 出典:デジタル大辞泉 つまり、 終結する、完全に停止する、という意味です。 「やむ」は漢字で「止(已)む」と書き、「途切れて続かなくなる」という意味になります。 終息の使い方 「終息」は以下のような文脈で使われるのが一般的です。 終息は、戦争や感染症といった事柄や、戦争などで生じる困難に対して使うようです。 ニュースでは、 感染症や自然現象、国際的な敵対関係に対して使われていました。 物が製造されなくなる、特定の生物の生存が確認されない時にも使用されています。 「新型コロナの終息」という場合、ウイルスが完全に消え、危険が去ったということです。 adsense スポンサーリンク 収束の意味と使い方 収束の意味 デジタル大辞泉において、「収束」の意味は以下のように説明されています。 1 分裂・混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 また、収まりをつけること。 「事態の収束を図る」「争議が収束する」 2 数学で、ある値に限りなく近づくこと。 収斂 しゅうれん。 ㋐ある無限数列が、ある値にいくらでも近づくこと。 ㋑数列の項が、ある値に限りなく近づくこと。 ㋒級数の途中までの和が、ある値にいくらでも近い値をとること。 3 多くの光線が一点に集まること。 4 海洋学で、流線が周囲から一点に向かって集まること。 出典:デジタル大辞泉 「終息」の意味と比べると、全く違うことが分かります。 「終息」は物事の終わりで、続きはありません。 風船で例えると、膨らんだ風船が割れることです。 その後、膨らませることができなくなるのです。 対して、「収束」は 物事が落ち着くことで、その後も続いていきます。 風船で例えると、膨らみすぎた風船から空気が抜けて、元の大きさに戻ることです。 更に 小さくさせることもできますし、また膨らませることも出来る状態になります。 収束の使い方 「収束」は一般的に次のように使われます。 ・ヒノキ花粉が収束へ(=ヒノキ花粉が減り、被害が少なくなる方向へ) ・貿易戦争が収束に向かう(=貿易における争いが落ち着く方向に向かう) ・脳梗塞の炎症が収束するメカニズム(=脳梗塞による炎症を抑えるメカニズム) 被害が落ち着く、 混乱が収まる、荒れた状況が落ち着いてまとまるといった意味合いです。 戦争や感染症、被害、議論などについて使用され、使う場面は「終息」と似ています。 しかし、「収束」は物事による混乱や影響に対して使われるため、「終息」とは異なるのです。 「新型コロナの収束」とは、 コロナによる混乱や影響が落ち着く、という意味です。 コロナ自体が消滅して、混乱や影響が落ち着くことが最初に思いつくかもしれません。 しかし、コロナが消滅しなくとも、対処法が見つかり、世間的に落ち着く場合もあるのです。 つまり、「収束」が使われた場合は「コロナが消滅する」と同じ意味にはなりません。 「収束」と「終息」では意味が異なりますが、使い方を間違えることはあります。 1つの記事だけでなく、複数の記事、公的機関の情報を参考にして状況を精査しましょう。

次の

新型コロナウイルスはいつか終息しますか? それともこのまま死者が増

新型コロナウイルス終息はいつ

医師のともはこのほど、新型コロナウイルス感染症が医療現場にどのような影響を及ぼしているのか調査をすべく、1,346名の医師を対象にアンケート調査を実施、結果を公表した。 同調査は2020年5月1日〜5月6日、20代〜80代のMedPeer メドピア 医師会員を対象に実施した。 設問:新型コロナウイルス感染症の流行について、国内での終息はいつ頃になると思われますか 調査の結果、「2021年7月以降」との回答が圧倒的多数となった。 2021年7月といえば、延期後の東京五輪と開催時期が重なっている。 このまま新型コロナウイルス感染症が終息しなかった場合、五輪の無観客開催など通常とは異なる対応や、さらなる延期が求められてくるのかもしれない。 また、今回の結果では「2020年の夏頃までに終息する」という回答が少なかったが、経済的な打撃を考えると、緊急事態宣言をこれ以上延長するのは厳しい状況。 大切なことは、緊急事態宣言が解除されたあとも、3つの「密」を避けることを中心とした「新しい生活様式」を継続することとなる。 以下に、各回答の中から一部抜粋して紹介する。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

新型コロナウイルスはいつまで続く?SARSやMARSから分かる終息日!

新型コロナウイルス終息はいつ

「コロナウイルス」は、風邪などの呼吸器感染症を起こすウイルスです。 表面はエンベロープと呼ばれる薄膜に覆われ、そこから出た花弁状の突起が王冠(ラテン語でコロナ)に似ていることから命名されました。 1960年代中ごろに初めて報告されたコロナウイルスですが、当初は飛沫感染や接触感染で伝播し、従来の種は病原性が低く、免疫力が弱い幼年の動物以外は致死的感染を起こさないとされてきました。 しかし、2000年代に入って何らかの原因で突然変異した新種に強い感染力と病原性をもつものが発見されるに至り、2020年3月現在までに、7種類の人に感染するコロナウイルスが見つかっています。 ただし、7種類中の4種類のコロナウイルスは一般の風邪の原因の10〜15%(流行期は35%)を占め、たとえ罹患したとしても多くは軽症で済みます。 しかし、残りの3種類のコロナウイルスのうち、1種類は2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群」(SARS)、さらにもう1種類は2012年以降発生している「中東呼吸器症候群」(MERS)と、致死率も高く世界的にも大きな問題となりました。 そして、最新の1種類として、2019年12月以降に世界的な問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」が発生・発見されました。 以後感染の猛威は留まることを知らず、2020年3月現在、SARSやMERSさえもをはるかに超えた、世界的な脅威となっています。 そこで今回は、前例を踏まえつつ、新型コロナウイルスのこれからについて、考察してみたいと思います。 新型コロナウイルスの参考とする視点で、それぞれの特徴や発生から現在までの経緯を見てみましょう(以下、〔 〕内は補足です)。 2002年11月に中国の広東省で発生し、2003年2月頃からはベトナムや香港などでも流行。 さらに患者の移動によって、世界各地に広がった。 おもな感染経路は咳やくしゃみによる飛沫感染とみられる。 世界保健機関(WHO)が2003年3月12日に警告を発してから世界的流行が終息した(集団発生が封じ込められたことを宣言した)2003年7月5日までの患者数(可能性例含む)は8,098人、死者774人。 日本での患者発生は確認されていない。 予防および個人でできる対策: 専門病院で呼吸管理をきちんとすれば、患者の救命や感染の拡大を防ぐのはむずかしくないとみられている。 また、消化器症状や腎不全などを引き起こすケースも報告されている。 2012年9月に初めて感染が確認され、2012年4月よりヨルダン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)などの中東諸国を中心に、その後ドイツ、フランス、イギリスなど欧州での感染者の報告が相次いだ。 SARSコロナウイルスほど感染力は強くはないが、ヒトからヒトへの感染が強く疑われている(ただし、感染源や感染経路などはまだ解明されていない)。 2015年6月までの臨床検査診断で確定した累計発生総数は1,338人、死者475人。 死亡率が35%前後と非常に高いことからも、世界保健機関(WHO)などが注意を呼びかけている。 予防および個人でできる対策: MERSの発生が報告されている地域において、咳やくしゃみなどの症状がある人との接触を避け、動物(ラクダを含む)との接触は可能な限り避けることが重要。 さらにSARSと同様に、一般的な感染症対策および免疫力の向上が求められる。 【感染症対策】 「病原体対策」:1)消毒、2)感染源の特定、3)伝播防止(隔離、検疫、媒介動物駆除など)。 「感染経路対策」:1)直接伝播対策(患者や感染物への接触制限、予防的治療など)、2)間接伝播対策(媒介動物、空気感染などへの対策)。 「感受性対策」:1)予防接種、2)受動免疫〔他個体の産生した抗体を体内に入れることによる免疫〕(免疫血清やガンマグロブリン)、3)化学療法〔化学物質を用いて生体内の病原寄生体に対し直接その増殖を阻害・殺菌することによって疾患を治療する方法。 薬物療法の一種であるが、対症療法ではなく、原因療法の一つである〕。 以上のように、SARS・MARSと新型コロナウイルスの特長を【感染症対策】を照らし合わせてみると、喫緊の人類の脅威ともいえる3種の新しいコロナウイルスには「感受性対策」がないため、よりいっそう「病原体対策」と「感染経路対策」を強化・徹底することが基本といえるようです。 また、2020年3月5日号の『週刊文春』においてエッセイストで作家の阿川佐和子氏と「緊急対談 新型コロナウイルスとは何か」を行った生物学者の福岡伸一氏は、「終息とはこの病気が日常化するということですね。 <中略>私がこの新型コロナウイルスについて予言できるとすれば、数年後はインフルエンザのような日常的な病気になるということでしょうね。 予防注射が打てるようになったり、ウイルスの増殖を抑制するような薬も開発されるでしょう」と述べています。 さらに「誰もが罹る可能性があるし、誰もが保菌者になる可能性もある。 できるだけ自分の免疫システムを信じるのがいいですよ。 <中略>免疫システムの大敵はストレスなので・・・」と呼びかけつつ「あとはよく寝ることですね」「苦を去って、惰眠をむさぼっているような人は副交感神経が優位にある。 つまり、瞑想ならぬ瞑想状態にあり、免疫システムがしっかりしている」と鼓舞しているように、一人ひとりの自己免疫力を強化する取り組みが、やがては社会の感染リスクを下げ、ひいては新型コロナウイルスの終息にもつながるように思います。 新型コロナウイルスにかぎらず、人類はたえずさまざまな感染症リスクにさらされています。 ウイルス騒動に踊らされることなく、一人ひとりがその時々の最善を尽くして対応できる成熟した社会となっていく取り組みこそが、終息にむけた次なる一歩となるのではないでしょうか。 bbc.

次の