江原 啓之 予言。 安倍晋三元総理大臣 予言批判 │ 江原啓之批判の誤解を解く 〜江原さんを応援するサイト〜

江原啓之さんの2018年の予言は当たってた?2019年はどうなる? | 当たる占い師の口コミランキング全国版

江原 啓之 予言

占いやスピリチュアルで有名な 江原啓之(えはら ひろゆき)さん。 テレビや雑誌にもよく登場していますし、自身の著書もあってこの手のジャンルではかなり有名な方ですね。 占いやスピリチュアルというと、信じる人と信じない人でハッキリわかれます。 信じない人は全く興味がありませんが、スピリチュアルを信じている人からはかなりのファンがいるようです。 実際に以前出演していたテレビ番組でもかなりの注目を集めて、 「スピリチュアル」を世の中に流行させた超本人が江原啓之さん。 「スピリチュアル」という概念を定着させました。 そんな江原啓之さんですが、ときどきいろいろな発言で世間から注目されることがあります。 「江原啓之さんってどんな経歴の人なんだ?」 「江原啓之さんの名言は?」 「江原啓之さんの予言って当たるの?」 そうですよね! 江原啓之さんのことにいろいろと興味がありますよね! そこで今回は 「江原啓之の経歴・名言・予言集、オーラの泉でスピリチュアルが有名になった」ということについてお伝えします。 この記事を読むことによって、江原啓之さんのことをくわしく知ることができますよ! それでは行ってみましょう! 江原啓之(えはら ひろゆき)• 1964年12月22日生まれ• 出身 東京都• 職業 タレント、作家、オペラ歌手• 所属 ワタナベエンターテインメント スピリチュアルで有名な方なので、何か僧侶とか霊能的なことをやっている方なのかと思ったら タレントやオペラ歌手だったんですね。 ちょっと意外です。 そして吉備国際大学短期大学部の客員教授や九州保健福祉大学の客員教授もやっています。 江原啓之さんは、主にスピリチュアル関係でテレビに出演したり講演をしたりしています。 人生相談として活躍していることも有名ですね。 そんな江原啓之さん、数々の名言を生み出していることはよく知られています。 ちょっと名言について見てみましょう。 なにを失っても明るく生きられる。 そういう強さを手に入れられるには、自分自身が「光」となって生きることです。 自分らしく生きることにもっと自信を持ちましょう。 つらいことがあっても道半ばで諦めないでください。 人生はいつからでもやり直しがききます。 難しい話をしているときほど明るい笑顔や声が大切になります。 深刻そうにしていたら相手も受け入れづらくなってしまうからです。 何でも白黒はっきりさせようと焦りすぎることはありません。 「流れにあわせて待つ」ということも時には必要なのです。 いろいろと人生や生き方について名言を残しています。 さらに江原啓之さんは、毎年の初めに 「予言」をされていることでも有名です。 「予言」をしてしまうなんてスゴい方ですね。 その昔「ノストラダムスの大予言」ってありましたが、江原啓之さんはどんな予言をしているのでしょうか? そしてその予言は当たっているのでしょうか? ちなみに2018年について江原啓之さんは 「爆発の年」と予言しました。 結果・・・いろいろなものが爆発しています。 1月に草津白根山が噴火。 3月に新燃岳が噴火。 12月に札幌で不動産屋アパマンショップが爆発。 さらに2019年の予言は「複雑」。 「複雑」・・・何が複雑なのか今の時点ではよく分かりませんが、2019年は複雑な年になるということです。 ちなみに江原啓之さんは 「予言」(講談社BOOK倶楽部)という本を出版しています。 「本書は、私が霊媒(ミディアム)となり、霊的世界から私たち人類に向けられたメッセージを伝えるために著すものです」 と本人は伝えています。 また江原啓之さんはいろいろな著書も出されています。 「江原啓之 本音発言」(講談社)• 「トラウマ あなたが生まれてきた理由」(講談社)• 「前世 人生を変える」(徳間書店)• 「すべての災厄をはねのけるスピリチュアル・パワーブック」(中央公論新社)• 「幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック」(三笠書房) そして江原啓之さんは以前出演していたテレビ番組「オーラの泉」で有名になった経緯があります。 つづいてはテレビ番組「オーラの泉」についてお伝えします。 江原啓之のオーラの泉でのスピリチュアル 江原啓之さんは2005年4月に放送が開始されたテレビ朝日 「国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉」に出演していました。 ナビゲーターとして国分太一、愛の伝道師として美輪明宏、そしてスピリチュアル・カウンセラーとして江原啓之。 ゴールデンタイムにも進出。 当時ゲストで出演した奥菜恵さんと杉田かおるさんが、放送直後に相次いで離婚したことがめちゃくちゃ話題になって、一気にこの番組と江原啓之さんが有名になりました。 この番組をきっかけに「スピリチュアル」という概念も広まったんですね。 ただ「スピリチュアル」についてはいろいろと賛否両論があるようです。 「幼稚である」• 「ばかばかしい」• 「インチキである」 など科学性ないことで数々の反論も受けています。 「江原啓之は霊感商法の根源」という批判もあるようで、今後どのような展開になっていくのでしょうか。

次の

2020年の運勢【江原啓之】コロナを予言?カウンセリングや講演会の情報も|ハナの知りたがりブログ

江原 啓之 予言

破綻というキーワードを聞いて、真っ先に思い浮かべるのは過去のバブル崩壊や リーマンショックなど経済的なことでしょう。 過去の事例に学び「右肩上がりの時代でもあるまいし、浮かれてなんかいない」 と気を引き締めている人もいるかもしれません。 でも、どこかでオリンピック景気や外国人観光客増加のニュースを聞いて 「まだ大丈夫でしょ?」「パーティ中は楽しめばいい。 昨今の世相から、今一度読み返しをどうぞ。 — 江原啓之 eharahiroyuki 恐ろしい言葉ですね破綻と崩壊って。 江原啓之さんは嘘が明るみに出ると予言しています。 ただ、2020年はオーストラリアの大火事に始まり、現在大流行中のコロナウイルスが世界中を崩壊させています。 これにより、世界中の経済が破綻するのではないかといわれてるほど。 コロナウイルスを直接予言はしていませんが、まさに破綻と崩壊という予言は当たっていますね。 ここまでの大流行を予言していたとは思いませんが、崩壊や破綻というキーワードを予言していただけあってさすがに全くのデマだとは思えない。 まだ2020年は始まった3ヶ月しかたっていませんが、破綻と崩壊の道に進んでいってるようにも見えますね。 東京オリンピックも延期になる可能性が非常に高い。 そうなると経済的なダメージも大きく日本経済が崩壊するという声もあるほど。 【五輪延期で損失3兆円も 試算】 国際オリンピック委員会(IOC)は、新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、東京五輪は延期を含めて検討と発表。 来年以降に延期となれば、経済損失は3兆円以上との民間試算もある。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 江原啓之さんの予言当たっていますね今のところ。 2020年は崩壊と破綻がキーワード。 常に備えが必要ということですね。 江原啓之 コロナウイルス予言を否定? スピリチュアルカウンセラーとしてお悩みを解決している江原啓之さん。 江原啓之さんのコロナウイルスの予言が話題になっています。 江原啓之さんは2019年の 年末に女性誌で『来年は破綻と崩壊の年になる』と予言。 見事その通りとなっており、これがコロナウイルスを予言していたという説が流れています。 ただ、江原啓之さんはこの予言を否定というか、どうでもいいといっています。 江原啓之さんは、ここ数年次のことをず~と言っていました。 ・『あなたは物質主義的価値観にまみれていませんか?』 ・『一人ひとりが真の豊かさに目覚め、丁寧に生きようと改心しなければ、取り返しのつかない事態を招くことになりかねません』 特別、コロナウイルスが流行るとかそういったことはいってなく、こういう世界が今後やってくるという大まかな予言と警告しかしてないんですよね。 なので、確かにコロナウイルスによる影響え経済破綻などが起きていますが、コロナウイルスを予言していたわけでなく破綻を予言していたのです。 ここ近年の丁寧差を欠いた生き方に警告をだしてたに過ぎないんです!! それでも破綻を予言していただけでもすごいですけどね。 江原啓之さんはコロナウイルスに打ち勝つには次のことが必要と言っています!! 江原啓之さんの2020年の予言は破綻と崩壊! コロナウイルスによって今までの常識が次々と崩壊しています。 新しい生き方をみつけるタイミングなのかもしれませんね!! 江原啓之 コロナウイルスを去年から予言 毎年話題になる江原啓之さんの予言。 江原啓之さんは2020年にコロナウイルスを予言してると話題になりましたが、実は昨年からコロナウイルスの予言をしていたのです。 江原啓之さんは毎年年初めに予言を行います!! 2017年は不安の年、2018年は爆発の年と予言しています。 そして、昨年の2019年には 平安に足元救われると予言していたのです。 確かに2019年までは平安でした。 ただ、2020年になりコロナウイルスにより世界は変わっていきましたね。 当初はここまでの被害は想定しておらず、完全に足元を救われた形となります。 2019年は複雑というキーワードを予言していましたが、まさにそのとおりになってきています。 元々、江原啓之さんの過去の予言も当たっていると言われています。 2017年は不安というキーワードを予言。 2017年はトランプ大統領の就任で全世界が不安に陥りました。 【1月18日(木)夜10時〜「アメリカ銃・鎮痛剤乱用のリアル トランプ大統領就任1年 その闇と光」】現地取材から見えた銃と鎮痛剤乱用社会に苦しむアメリカの実像。 山川編集委員が1週間にわたり取材。 トランプ大統領就任から1年経って見えた病巣とそこに刺す希望の光とは? — nikkeiplus10 nikkeiplus10 世界各地でテロがあったり、日本では衆議院が解散と政治不安に! 安倍晋三首相の会見 -28日の衆院解散を表明すると見られている — ブルームバーグニュース日本語版 BloombergJapan こういった意味では不安な年ではありましたね。 特に衆議院解散とかは政治不安になりますからね。 また、2018年は爆発の年と予言した江原啓之さん。 北朝鮮とアメリカが戦争になりかけ本当に第三次世界大戦が勃発するかと世の中が緊張状態に。 それ以外にも、江原裕之さんは火山の噴火を予言とおり的中させました。 1月10日の5時に夢中の江原啓之さん。 キーワードなので予言の取り方によるところもありますが。 ただ、過去に江原啓之さんは原発を予言していました。 早い段階で原発に頼らないエネルギーに移行しないと「カルマの法則」に反することになると予言。 そして、その1年後にまさかの東日本大震災が発生! 久しぶりに江原啓之さんの本読んでます。 新書の予言という本ですが。。 震災や原発事故は物質至上主義の人間への警告と書いてあって納得する部分があった。 人間が変わらないとまた大変なことが起こるかもしれない。。 それ以外にも芸能人の離婚を予言したりと予言があたりやすい江原啓之さん。 2020年の崩壊と破綻の予言が当たらないように気をつけないといけませんね。 まとめ 江原啓之さんの2020年予言についてまとめてみました。 いかがでしたでしょうか。 コロナウイルスが本当に世界の経済を破綻させ崩壊に導くのか。 日本も対応次第では崩壊してしまうかもしれません。 また、オリンピックも気になりますね。 延期となったら今後どうなるのか課題はたくさん。 それこそ破綻してしまうかもしれないですねオリンピック自体が。 ぜひ、そうならないように日ごろから備えておく必要がありますね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

江原啓之さんの2016年の予言とは!?

江原 啓之 予言

心の声を聴きなさい。 破綻と崩壊への動きは、 1月1日から突然変わるというものではなく、グラデーションのように徐々に変化していくもの。 すでに変化は起き始めています。 オリンピックの盛り上がりで破綻 経済面では、ただあおられて破綻しないように十分な注意が必要な年。 今年2020年開催のオリンピックに対する盛り上がりも破綻へと繋がりやすい。 企業の破綻、事業の破綻など。 今まで作り上げてきた組織なども崩壊していく。 1964年のオリンピックの時と同様の感覚になっている人が多く、もっともっとと変な物欲が出てきている。 危惧されるのは、盛り上がりにあおられて安易にお金を使ったり投資してしまうこと。 例えば、個人商店がオリンピックにあわせて、お店を安易にリフォームしてしまうなど。 オリンピックが終わったら?投資したお金は回収できる? その先には何があるのか。 そこから家族や人間関係の崩壊へと繋がっていくこともある。 ただただ、盛り上がりにあおられてはいけません。 その裏は?これをしたらどうなるのかを、しっかり見据えなさいということです。 スピリチュアル的に見た破綻と崩壊とは? スピリチュアル的に見ると、 崩壊は自分たちの本当の姿を知る良いチャンスでもある。 そう捉えるべき。 建物でも一旦さら地にしないと良い建物を建てることは不可能だから。 今までの耐震構造が間違っていただけ。 新たな耐震構造を持って建てていく。 その覚悟を持って生きていきなさい。 今は情報化社会。 物事の裏を知れば知るほど現実が見えてきて、その嘘が暴かれていく。 結果いい意味での破綻が起きるのです。 破綻と崩壊は、世の中の浄化・改善に繋がるのかもしれません。 破綻・崩壊するのは嘘だけ 元号が令和に変わり、盛り上がった2019年。 令和の盛り上がりの中でお祭り気分、あるいは区切りが良いからと結婚したカップルは、結局長続きせず破綻する。 破綻や崩壊が起きるのは、嘘であることだけ。 勢いだけで結婚したということは、嘘になるから破綻するのです。 良いことを言われても、すぐに ネガティブな受け取り方をしてしまう人もいる。 一見良いことだけを信じるというのは良いことのように思えますが、 実はこれも危険。 例えばおみくじに良いことが書いてあった時こそ、身を引き締めていこうと決意することが大事。 人から褒められたときもそう。 ネガティブな受け取り方をしたほうが良いというわけではなく、良いことの裏を読み解く力が必要ということです。 現在の不安と恐怖が蔓延した状況について、 お亡くなりになった方たちは、大変お気の毒だと思います。 でもここから先、私達がいだく恐れは、すべて自己都合によるもの。 自分の都合に合わないことを苦しんでいるだけ。 自分の都合をウイルスの都合に合わせてみれば、何も怖くないとわかる。 満員電車でイライラしながら怒鳴り合ったり、会社ではストレスの中で働かざるえない。 食べるものも栄養を考えずただ詰め込むだけの生活。 それが、今盛んに行われているテレワーク導入によって、一番素朴でシンプルな生き方が出来ている。 ただ詰め込むだけの食生活から、免疫力を上げるための食事を考えたり、備蓄のありがたさを感じたり、食べ物を見直すことができる機会にもなる。 郊外に住んでいる人にとっては、今のテレワークはまさに一番健康的な暮らしとなりえる。 ただただ自分の都合だけで考えると、困った、どうしよう!となる。 政府に置いても、自分の都合で色々厳しく言えない。 責任は誰が取るということにつながるから。 色々なイベントについても、何人以上の集まりは禁止などとは決して言えない。 それをしてしまうと、破綻と崩壊が起きる会社も出てきてしまう。 現に破綻した会社も出ています。 今を生きる心構えとは? 今まで自然界を無視して、都合だけで世の中を動かしてきたことが出てきていると思いますよ。 年始に江原さんが予言した破綻と崩壊。 オリンピックの盛り上がりに浮かれた投資による破綻と崩壊とは、違う形で破綻と崩壊が起きています。 こういったことを「外れてる」という人もいますが、 占術研究科の水晶玉子さんが言っていたことですが、 占って見えてくる象徴から、具体的に何が起きるのかは人間の想像の斜め上を行く形で現れると。 破綻と崩壊という象徴がみえていて、実際に起きたのはオリンピックによる浮かれではなく、今回のような事態が起きた。 想像の斜め上をいく形で現れているということではないでしょうか。 江原啓之さんの予言2018&2019を振り返り 江原啓之さんの2018年・2019年の予言を振り返ってみたいと見たいと思います。 振り返ってみると、火山の噴火や家事、爆発事故が多いと予言したがほんとに多かった年でした。 元号が変わる、2020年のオリンピック開催など、景気が盛り上がっていくように見えるが、経済面では株価が不安定。 決して景気が良くなるとは言えない。 水害や地震、今まで無いのが当たり前と思っていた場所に災害が起きることも懸念される。 お風呂のお湯と水がしっかり混ざっていないような気持ちの悪い年になります。 地に足をつけて生きていきなさいよ、ということ。 物事に感謝して堅実に生きるのが大事です。 ゲッターズ飯田さんや島田秀平さんも、大きな企業や組織がなくなるなど、今まで当たり前だった常識はなくなると解説しています。 ただし、その変化は悪い変化ではなく、20年ぶりの大きな時代の変化の流れだと。 江原さんも嘘があばかれ破綻と崩壊がおき、その崩壊により浄化されていくと解説しています。 変化の波にうまく乗ることが大事というゲッターズ飯田さん。 堅実・地道に生きていく事が大事と解説する江原啓之さん。 大きな変化で色々なものが消えて、違うものが生まれてくる。 不安が大きい現在の状況では、明るい未来は想像しにくいですが、悪い状況は永遠には続かない。 そう思って、堅実に心丈夫に生きていきたいと思います。

次の