クレープ 強力粉。 美味しいクレープ生地の作り方|材料の選び方とクレープ人気レシピ18選

クレープ生地の材料と配合を研究する

クレープ 強力粉

強力粉のクレープの作り方 1. 粉類は合わせてふるい、砂糖、塩を加えて合わせておきます。 卵、牛乳を加えてよく混ぜ、1時間ほどねかせておきます。 2.フライパンに油をひき、キッチンペーパーなどで一度拭き取り、生地を流し入れて焼きます。 表面が乾いたら、ところどころクリームチーズと削った市販のチョコレートなどを散らします。 3.二つ折りにし、チーズが溶けるまで弱火にかけます。 4.皿に盛り、ソースや粉砂糖、スライスアーモンド、生クリームなどお好きなものをトッピングしてくださいね。 もちろん、生クリームを挟んでもいいですよ。 そば粉のガレットの作り方 もう一つはガレット、こちらはフランスで作られているお食事クレープです。 もちろん、甘いものを挟んでもいいのですが、生地にそば粉を加えること、それから、ハムと卵、チーズなどが定番です。 そば粉というのは、日本のものみたいですが、元々のフランスのレシピでも使われているんですよ。 2.油を薄く引いたフライパンにクレープ生地を薄く流します。 3.クレープ生地の真ん中に卵を割り、目玉焼きにします。 ハムは卵の下にあらかじめ敷くか、または卵の上に散らします。 卵がお好みの固さになったら出来上がりです。 4.卵の上に、塩コショウを振り、あればバジルの葉、お好みでチーズを振ります。 まとめ お菓子だと甘い一辺倒になってしまいますが、クレープの場合は、スイーツでも軽食でもどちらにも合わせられますね。 おやつでも朝食でも、おつまみにも、シチュエーションに合わせてお楽しみくださいね。

次の

強力粉の使い道8選|簡単な節約おかず料理・人気のスイーツレシピは?

クレープ 強力粉

【もちもち食感のクレープ生地】溶かしバターと強力粉がポイント! もちもち食感の生地は溶かしバターと強力粉を使って、少し厚めに焼き上げます。 バターのコクでリッチな味わいに。 強力粉…100g• 砂糖…大さじ3• 卵…1個• 牛乳…1カップ• バター(有塩)…15g• サラダ油(フライパン用)…少量 1 強力粉に砂糖を加えて混ぜる 強力粉と砂糖・塩を混ぜ合わせる。 泡立て器を使って空気を入れるように混ぜると生地が均一に混ざり、強力粉を振るう手間も省ける。 2 別のボウルに卵を溶き、牛乳と混ぜ合わせる 卵を割り入れてよくほぐし、牛乳を加えて泡立て器で混ぜ合わせる。 4 ザルで濾し、溶かしたバターを加え冷蔵庫で1時間寝かせる 生地をザルで濾してなめらかにする。 バターを耐熱容器に入れ、500Wの電子レンジで約30秒温め溶かし、溶けたバターを生地に加えてしっかりと混ぜ込む。 ラップをして冷蔵庫で1時間寝かせる。 ひと晩寝かせるともちもち感UP! 冷蔵庫でひと晩ほど寝かせると、焼き上がりのもちもち感がさらにアップする。 薄力粉…70g• 砂糖…大さじ3• 卵…1個• 牛乳…1カップ• サラダ油…大さじ1• サラダ油(フライパン用)…少量 1 薄力粉・砂糖・塩を加えて混ぜる 薄力粉と砂糖を泡立て器で混ぜる。 このとき泡立て器を使って空気を入れるように混ぜること。 生地が均一に混ざり、薄力粉を振るう手間も省ける。 パリパリ生地は有塩バターの代わりにサラダ油を使うので、塩を加える。 2 別のボウルに卵を溶き、牛乳と混ぜ合わせる 卵を割り入れてよくほぐし、牛乳を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせる。 4 ザルで濾してサラダ油大さじ1を加え、冷蔵庫で1時間寝かせる ザルで濾してサラダ油を加える。 ラップをして冷蔵庫で1時間寝かせる。 バターではなくサラダ油を使うことで生地液がサラサラになり、焼いたときにパリパリとした食感に仕上がる。 【クレープ生地の焼き方】竹串・菜箸を使うときれいにひっくり返せる! 1 フライパンにサラダ油を熱し、生地を薄く広げて極弱火で焼く 26cmのフライパンに対してもちもち生地はお玉1杯(約55ml)程度、パリパリ生地はお玉1杯弱(約53ml)程度が目安。 生地を流し入れたらフライパンを傾けながら回し均等に広げる。 POINT 焼く直前、熱したフライパンを一度火から外して濡れ布巾の上に置き、フライパンの底を冷ますのが上手に焼くコツ。 2 焦げ色が付いたら生地をひっくり返す 表面が乾いてきたら竹串などで生地のふちを剥がして生地少し持ち上げ、焼き色を確認する。 軽く焼き目が付いていたら指でつまむか菜箸を使って裏返す。 破れやすいパリパリ生地は、菜箸を使って丁寧に裏返して! 生地のふちから竹串を差し込んで、フライパンとの間に隙間を作る。 そのまま菜箸を持ち上げてひっくり返し、生地をフライパンに戻す。 3 さらに10~20秒焼いたら完成 裏面も焦がさないように気をつけて10~20秒程度さっと焼く。 焼き上がった生地は重ねてラップをかけておく 焼き上がった生地は、1枚ごとにペーパータオルを挟んで重ねると扱いやすい(冷めたらそのまま重ねてもOK)。 すべて焼き上がったら、乾燥しないようラップをかけておくとよい。

次の

強力粉で作る クレープ (イチゴホイップ、サラダクレープ) : マキパン・・・homebake パンとお菓子と時々ワイン・・・

クレープ 強力粉

おいしいクレープ生地の作り方 クレープに関しては素人なので、まずは クックパッドで「クレープの生地」と検索しました。 その中でいくつか候補はあったのですが、特に目に付いたひとつの投稿をとりあえずの基準にしたいと思います。 基本とするクレープの生地の配合• 薄力粉 100g• 砂糖 45g• 塩 ちょっと• 卵 2個• 牛乳 240cc• バター 15g まずはこの生地を作ってみて、味と食感などを感じて少しずつ 修正していきます。 生地の研究 まずクレープ生地の作り方手順を説明します。 基本的には材料を 混ぜるだけなので非常に簡単です。 薄力粉と砂糖を塩をボウルに入れる。 溶いた卵を加える。 温めた牛乳を入れる。 溶かしたバターを入れる。 これだけです。 この状態ですぐにでも使えるのですが、 8時間ほど冷蔵庫で寝かせると、小麦粉が水分を吸収し シットリとした食感になるそうです。 前回よりもシャバっぽくなっていますが、生地の強度は十分でした。 技術も少し向上して丸に近ずいてきています。 卵の量を増やしたことにより、生地が黄色みがかって美味しそうに見えます。 生地の食感ですが、前回よりも モチっとした食感が生まれました。 おそらく水分量が多い方がモチモチな食感が生まれると思います。 ここまでわかったことをまとめると…• 粉の分量が多いと生地の返しやすさは簡単になるが、食感がパリパリになり生地はだんだん硬くなる。 水分量が多いとモチモチな食感になるが、生地が弱くなり伸ばすのと返すのが難しくなる。 薄力粉の生地はサクッと、強力粉はモチっとした食感を生む。 と言ってもそこまで大きな差はない 生地の食感は好みが分かれます。 何が正解というのは無いですが、 僕の好きなように仕上げていきます。 その他に気づいたこと• 塩は入れても入れなくても変わらない。 一回多く入れすぎてしまったが、その時は生地がかなり塩っぱくなった。 少し入れるのが基本だが、入れなくても味は変わらなかった。 バターは大事。 バターがあることによって生地の旨味が出る。 生地作りは丁寧に行わないと生地の中に粉が残ってしまい、食感が悪くなる。 いかがだったでしょうか? クレープを焼き始めて3週間くらいしか経っていませんが、わかったことは多いです。 とにかく「 やってみる」というのが大事なんですね。 『クレープ屋でバイトして経験を積むか?』とも思いましたが、使う機材が違うし、オリジナリティが出ないです。 そして何より 時間の無駄です。 自分でやってみるのが一番ですね。 もちろん、これで生地作りは終わったわけではありません。 やっとスタートラインに立っただけです。 毎回焼きながら、何かしらの発見をしていきたいと思います。

次の