休職中の過ごし方。 【休職中の過ごし方】元気がない時・ある時・しておくと良いことは?【実体験あり】

休職中にすべきこと、してはいけないこと

休職中の過ごし方

カウンセリングで、うつ病で休職をしている方から「休職中の過ごし方がわからない」「みんなどうしているんですか?」などの相談をよく受けます。 休職をすることになっただけでもとても大変だというのは言うまでもありませんが、復職に向けた過ごし方がわからなければ、ただただ途方に暮れるしかありません。 ネットで調べてみても、休職した方の体験談などはあるものの、休職から復職までの過ごし方の詳細をきちんと説明している情報が少ないなと感じたので、私が書くことにしました。 ということで、この記事は「うつ病で休職をした人が、休職直後から復職後まで、より安全に復職をするための段階別の過ごし方」についてポイントをまとめています。 初めに、厚生労働省調査班の研究 (参考: の21ページに記載)では、うつ病になって休職した社員の約半数が、復帰後に再発し再休職しているそうです。 うつ病を再発して再休職した人の割合は、復帰から1年で全体の28.3%、2年で37.7%、5年以内で47.1%に達していたようで、およそ半数が復帰後5年以内に再発していることがわかります。 それだけ、うつ病からの復職を成功させることが容易ではないことがわかります。 これについて、これまで多くの休職者を支援してきたカウンセラーの立場から見解を述べると、これだけ再発しやすいのは、休職者も会社も「休職と復職についての正しい知識」を持たないことがひとつの原因なのではないかと感じます。 「休職したのになかなか良くならなくて、気持ちばかり焦って仕方がない」 「休職2回目なんですよ。 前は2カ月で復職したんですけど、すぐに具合が悪くなって、だましだまし半年勤めて結局最後は会社に行けなくなりました」 「診断書の休職期間は1カ月なので、来月から戻らないといけないんですよ。 だから、今から体力をつけようと思って運動しているんです。 でも、すぐにクタクタになっちゃって…」 カウンセリングでお会いする休職者の方の多くは、私に会うまで「正しい過ごし方」を知りません。 あなたもそうではないですか? 知っていますか? うつ病からの復職には、段階に応じた適切な過ごし方があることを。 あなたが抱えている休職と復職についての様々な疑問や不安は、誰もが同じように抱えているものであることを。 そして、あなたが正しい知識をつけることで、安全に復職できる可能性が大きく上がることを。 だからこそ、まずはこの記事を絶対に最後まで読んでください。 あなたの安全な復職を心から応援したい。 休職という耐え難い孤独と不安の真っただ中にいるあなたの支えになりたい。 その一心でこの記事を書きます。 以下、主な症状を「心」と「体」に分けて説明します。 ・何をしても楽しくない。 やる気が起きない。 ・イライラしやすい。 ・罪悪感、自責感。 ・「死にたい」「いなくなりたい」と考える。 寝てもすぐに目が覚める。 眠りが浅い。 ・食欲がなく、体重が減少する。 ・疲労感、倦怠感が続く。 ・頭が重い。 ・便秘、下痢。 ・肩こり、身体の痛み。 これらの症状が続くことにより、欠勤、遅刻、ミス、集中力の低下、コミュニケーションの減少など、仕事にも様々な支障が及ぶようになります。 心身の不調を自覚しながらも無理を続け、結果的に会社に行けなくなるほどに状態が悪化し、上司や人事、産業医などに促されてようやく精神科や心療内科を受診し、そのまま休職になる。 こんな風に、「職場で問題が大きくなってからようやく治療を受ける人が多い」ことも、うつ病の特徴です。 もうあの会社で自分の居場所なんてないし、辞めるしかないかな…。 あんな状態で引き継ぎもできずに休んじゃって、きっとみんなに迷惑をかけているんだろうな…。 初めは一ヶ月で復職するつもりだったのに、三カ月経ってもこんな状態で。 いつになったら復職できるんでしょうか…。 もう前のように接してくれないんじゃないかな…。 安全に復職ができる状態の目安として、以下の5つの項目を参考にしてください。 寝つきの悪さ、中途覚醒、早朝覚醒などの症状が見られない状態。 週5日、定時の時間内に活動できる体力がある。 疲れを感じても、睡眠をとることで回復できる。 仕事への義務感よりも、「今の生活にも飽きてきたな」「そろそろ仕事したいな」という自然な意欲。 この状態にできるだけ早く近づけるように、これから休職中の過ごし方を具体的に説明していきます。 申請して問題がなければ支給されますが、支給が開始されるまでにけっこう時間がかかるため、早めに申請することをお勧めします。 休職する際に会社の人事担当者などから説明を受ける方がほとんどですが、意外と職場から何も知らされずに過ごす方もいます。 収入面での一定の見通しを立てておくことは復職への焦りの軽減につながりますので、休職に入る際に確認しておきましょう。 あなたが休職可能な期間を早めに会社に確認しておきましょう。 診断書を出せばあっさり復職できる会社もあれば、産業医面談や職場が定めた復職トレーニングなど、復職準備に一ヶ月以上を要する会社もあります。 復職をする際に必要な流れは事前に確認しておきましょう。 休職直後は、ほとんどの人が「休職したという事実」を受け入れられず、それに伴う強い罪悪感や不安、苦痛に悩まされます。 休職期間中に最も強い苦しみを味わうのは間違いなく休職初期です。 このような強い不安や苦痛は「復職への強い焦り」につながり、症状の悪化、休職の長期化の原因になります。 だからこそ、正しい知識を持ち、最も苦しい休職初期を乗り越えましょう。 「自分は逃げ出した」「きっとみんなに悪く思われている」などと自責的になり、復帰を焦る気持ちも強くなる。 仕事は休みだが、とにかく落ち着かず、気持ちは全く休めていない状態に陥りやすい。 ・体力をつけるために無理な運動をしたり、資格の勉強をはじめてしまったりと、体力を酷使するような行動をとりやすい。 ・平日は気分が悪く、土日になると気持ちが休めることが多い。 また、気分は天候にも左右される。 ・「診断書の期間を終了すれば復職するもの」と思いやすく、回復していない状態で復職をするケースも多い。 その場合、すぐに調子を崩し再休職となり、さらなる症状の悪化につながる。 「安心」「楽」「安全」「嬉しい」などのポジティブな感情が味わえるリラックスした生活をする。 ・無理に運動や勉強をするなど、体力を酷使することをしない。 ・医師の指示に従い、処方された薬はきちんと飲む。 ・お酒やネット、ゲーム、買い物などへの依存に気をつける。 ・規則正しい生活を心がける。 ・職場との連絡は「休職に関する事務連絡のみ」に徹底すること。 メールをチェックしたり、担当していた業務のことでいつまでも電話対応を行うなど、業務に関わることはしない。 ・診断書に書かれた休職期間は、あくまでも経過を見る期間であり「その期間が過ぎたら復職をする」ということではない。 「来月から復職だ」などと決めつけないこと。 ・焦りや不安、罪悪感などを一人で抱えない。 主治医、カウンセラー、家族などと共有する。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 休職初期の強い罪悪感や苦痛から解放され、休職の生活自体に慣れてくる時期です。 のんびりとした生活ができるため症状も改善に向かい、回復を実感できるようになります。 ・外出したり、本を読んだりといった行動が少しずつできるようになり、回復を実感することも多くなる。 一方で、外出した翌日にぐったりと疲れてしまうなど、まだまだ調子に波のある時期。 「昨日は元気だったのに…。 いつになったら良くなるんだろう」と不安になるなど、体調に一喜一憂しやすい時期でもある。 ・仲の良い同僚と会うこともできるようになるが、そこで「元気そうだね」などと言われることで、「みんな私のことをさぼっていると思っていないかな?」と不安な気持ちになることもある。 体調の波に一喜一憂しない。 ・「友達に会ってみようかな」など、チャレンジしたい気持ちがある一方で不安感も持ち合わせる。 この時期は、「チャレンジよりも自然な意欲」を大事に、無理な行動は慎む。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 状態が安定し、仕事をしていない現状では概ね支障なく生活できる時期で、通勤訓練や会社との話し合いなど、復職に向けた準備を進めていきます。 ・「仕事をしなければならない」という義務感よりも、「つまらないからそろそろ働きたいな~」という意欲が強くなってくる。 ・休職初期の罪悪感を客観的に振り返って見ることができるようになる。 「あの時は自分のことを心が弱いと思っていたけど、今振り返ると病気だったんだな…」と思える。 ・復職に向けた会社との話し合いや、復職トレーニング(復職デイケアへの参加や通勤訓練など)を開始する時期。 ・復職が具体的になってくることで、不安感も強くなる。 復帰した時のことを考えて不安になったり、会社とのやりとりが思うようにいかず、調子を崩したりすることもある。 ・通勤訓練で想定外に疲れたり、会社とのやり取りが思うようにいかないことは珍しいことではない。 「体力の課題がわかって良かった」「思うように進まないと自分はイライラしやすいんだな」など、それらの出来事を前向きに受け止めて準備していく。 ・復職後の業務内容などについて、具体的に確認をすることが大切。 不安なことは積極的に確認するようにし、心配に思うことなどがあれば上司や人事に伝えておく。 ・会社に時短勤務などの制度がある場合には、できるだけ活用する。 時短勤務をすることに対する職場への引け目は誰もが持ちやすいが、会社は「時短勤務をしてもらった方が安心」と考えている。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 ・通院、服薬は医師の指示に従うこと。 絶対に自己判断で中断しない。 ・時短勤務や残業制限など、会社で決められた就業制限は必ず守る。 ・土日は通院などの最低限の活動にとどめ、できるだけゆっくりと休養する。 ・上司や人事、産業医などには自分の体調をきちんと報告し、困ったことがあればすぐに相談する。 ・周りを安心させようとして、無理に元気に振る舞ったり、負荷のかかる仕事を引き受けたりしない。 ・風邪や発熱、体調不良などは疲労のサイン。 「うつ病とは関係ない」で済まさず、医師や上司などに報告すること。 ・飲み会は不調のきっかけになりやすいので当面控える。 「復職してちゃんとやっていくために、今よりももっとストレスに強くならないといけないと思うんです」 「もっと他の人たちみたいに、嫌なことがあっても普通に働けるようになりたいです」 私は、これまでに休職中の方からこんなお話をたくさん聴いてきました。 あなたもそうではないですか? もっとストレスに強くなって、復職して、今まで以上にちゃんと働けるようになりたい。 こんな願いはうつ病で苦しむ方なら誰でも持つものだろうと思います。 そんなあなたが、休職中に「もっとストレスに強くなる」ために絶対にお勧めしたいこと。 それは、カウンセリングを受けることです。 ただ自宅で療養して回復を待つだけではなく、状態に合わせた効果的な過ごし方についてカウンセラーから助言を受けることで、より早期の安全な復職が可能となります。 その過程で、カウンセラーと一緒に休職に至った経緯を振り返り、自分の特徴を把握し、再発予防に向けた取り組みを行っていく。 スポーツジムにトレーナーがいるのと同じイメージで、あなたの復職に向けて、カウンセラーが一緒に伴走します。 「休職した時は本当に辛かったです。 でも、あの時休職してなかったら今の自分はありません。 ずっと自分の気持ちを押し殺して、人に合わせて、いつも無理ばかりしている自分に気づけたし、変わりたいと心から思えました。 結局1年近く休んじゃったけど、今は前よりもストレスを溜めないで、楽に働けています。 休職は神様からの贈り物だったんだろうなと、今は思えるようになりました」 これは、あなたと同じように、辛く苦しい休職を経験して復職した方の言葉です。 あなたは決して一人ではありません。 そして、あなたはこの休職を機に「新たな自分に変わる」ことも可能なのです。 あなたは、これまで自分の気持ちや体調を二の次にして、周りの人や会社のことを優先して生きてきたのではないですか? あなたはもう十分頑張りました。 だからこそ、この休職期間を、ぜひあなた自身のために有効に使ってほしいです。 ご自分とゆっくりと向き合ってみませんか。 それにより、自己理解が深まり、休職という「ネガティブな経験」が「人生の資産」に変わることだってあるのです。 ぜひ、私にあなたのお手伝いをさせてください。 いつでもお待ちしています。

次の

【適応障害】失敗しない休職期間の過ごし方と復帰のタイミングとは

休職中の過ごし方

適応障害と診断されて、会社を休職しても 休職中の過ごし方がわからない方が多いようです。 適応障害で休職中の過ごし方は、結論から言えば、 あなたの好きなように過ごせばいいです。 仕事のこと、家族のこと、世間体など、すべて忘れて、 あなたが、ホントにしたいことをやっていいんです。 旅行したければ、旅行してもいいです。 でも、それを世間の人に知らせる必要はありません。 あなたは適応障害という病気の治療をしているんです。 その治療法は、世間の人には理解できないものです。 理解されないどころか、誤解されて、 あなたが想像できない批判を浴びかねません。 あなたがしたいことをして、あなたの心が喜べはそれでいいんです。 その日の行動予定は朝目覚めてから考える.

次の

休職中にすべきこと、してはいけないこと

休職中の過ごし方

休職中の過ごし方で事前に伝えること 休職に入る前に必要なアプローチについて解説します。 重要なポイントは、以下3点です。 休職の目的を共有する• 休職の流れを伝える• 休職中の連絡方法を共有する 1. 休職の目的を共有する 休職の目的を本人に伝えることはとても大切です。 なぜ休職になるかを理解していないと、十分に心身を休める生活を送らなかったり、休職になることへの不満が発生する原因となります。 休職中の過ごし方を明確にするために、以下の3点について共有しましょう。 「現在の体調では業務の遂行が難しいと、専門家の意見も踏まえて会社が判断している」• 「休養して体調の回復が必要なこと」• 「休職は解雇ではなく、復職を目指すために行うこと」 これで休職の必要性を明確に伝えます。 休職の流れを伝える 次に、休職開始~休職中~職場復帰までのおおまかな流れを伝えましょう。 気持ちが一番沈んでおり、余裕がない休職開始前に事細かに説明する必要はありません。 しかし、本人にとって休職は私たちが思っている以上に、不安になる事柄です。 そのため、 通常どのような経過で復職に向かうのかを説明するだけでも、安心感につながるのです。 休職中に本人が実施すべきことに関しては、休職直後に行う事ことのみ話し、回復してからのことはざっくりとで大丈夫です。 始めから内容のボリュームが多いと、混乱の原因になるため、体調が回復してきたらその都度詳しく話すようにしましょう。 説明の際は、 パンフレットを用いると、視覚でも理解しやすく、回復してから自身で振り返ることもできるためおすすめです。 休職中の連絡方法を共有する 休職中にも人事や産業衛生スタッフが連絡することはとても重要です。 休職直後は、仕事を思い出させることで焦燥感などが起こるため、1カ月くらいは連絡を控えることが望ましいかもしれません。 しかし、 傷病手当金といった休職中の経済的なサポートの手続きで連絡をする必要があるため、事前にパンフレットを作成したり、メールや電話で月1回連絡することを共有しておきましょう。 また海外の研究によれば、 パワハラといった状況ではない限り、休職者の上長が2週間に1回連絡することで休職期間が短くなったという報告もあります。 「誰が」、「どのタイミングで」、「何で」連絡するのか決めておきましょう。 特別なポイント 上記3つのポイント以外で押さえておきたいところとして、休職中のSNSの利用方法があります。 FacebookやTwitter、Instagramは多くの人にとって、欠かせないツールになっています。 友達との情報共有や、自分が感じたことや思い出を発信する上で、とても便利です。 最近では「SNS疲れ」という言葉が流行るほど、SNSを利用することが心の負担となる人も増えています。 「SNSを見ることで自分と他人を比べてしまう」、「SNS上で自分がどう見られているか気になる」という人も多いでしょう。 SNSを使用することは個人の自由であり、休職中にSNSに投稿することも決していけないことではありません。 ただ気をつけてもらいたいのは、投稿する内容です。 中には休職中に気分転換で旅行に行く人や、友人と遊ぶ人もいるでしょう。 その行為自体は、もちろん制限できることではありません。 しかしそれをSNSにアップしてしまい、会社の同僚や上司の耳に入ることで、反感を買ってしまうケースが意外と多くみられます。 休職中に反感を買うと、復職の際に支障が生じる可能性があるため、SNSの使用方法に関しては、あらかじめ注意や配慮を促しましょう。 休職中の過ごし方は2段階で考えよう 休職の期間は、 「からだをしっかりと休める期間」と「復職に向けて準備をする期間」の2段階で考える必要があります。 まずはしっかり休むこと 休職に入ったあと、まず重要なのはしっかりと休息を取ることです。 うつ病や適応障害による落ち込みは、心の病であり、身体の病気と同じように、休めてあげることが重要です。 特に重要なのは睡眠です。 私たち人間にとって睡眠は、自律神経、免疫機能などあらゆる機能が正常に動くために、欠かすことができません。 心の機能の回復にも同じことが言えます。 休職直後は仕事のことは考えずに、とりあえず睡眠をたくさんとってもらい、心の回復につなげましょう。 睡眠をたくさんとり、徐々に心が回復してくると、何かをしたくなってきます。 まずは好きなことから行動に移してもらいましょう。 しかし実際にやってみると、まだ心や体力が追いつかず、すぐに疲れてしまうと思います。 この段階では、その繰り返しでいいのです。 うつ病の症状の一つに、「興味または喜びの喪失」があります。 趣味を楽しみたいと考えられることは、興味・喜びに関心がでたと判断できるため、意欲性や活動性が回復してきたと判断できるのです。 このことは復職判断をする上でも、重要な指標となります。 休息を取りながら、少しずつ外の世界に目を向けることで行動範囲を広げ、それまでの日常生活に戻れることが目標であると伝えていきましょう。 しっかり睡眠が取れ、しっかり食事ができ、自分の関心があることに取り組むことができるようになったら、日常生活が送れていると判断できます。 日常生活が送れるようになったら、復職に向けて次のステップです。 生活リズムを整えよう 1. でしっかりとカラダとココロを休めたら、次は復職に向けた生活リズムを整える時期となります。 休職に入ると、会社に勤務をしている時と違い、全ての時間を自由に使うことができます。 始めのうちは、寝たいときに寝て、食べたいときに食べ、動きたいときに動くという無理のない生活でいいのですが、カラダとココロが回復してきたあとは、これではいけません。 自分の好きなように自由に日常生活が送れるだけでは、仕事を行うことはできません。 復職への第一歩として、生活リズムを一定に整える必要があります。 まずは早寝、早起きを心がけ、規則正しい睡眠パターンを作ります。 テレビを見ながらついつい夜更かし……など、昼夜逆転した生活はもってのほかです。 起床時間を休職前と同じ時間にしていきます。 逆に、 寝る時間は眠くなったらベッドに入るようにしましょう。 しっかり睡眠を取り、一日の疲れを次の日に持ち越さないことは、休職者にとって意外と難しいことですが、復職では欠かすことができない条件なのです。 睡眠や起床の習慣化ができるようになったら、就業時間に合わせて最寄りの駅まで来る通勤訓練や、実際の業務時間を図書館など外で過ごすことにチャレンジしてもらいましょう。 これは実際に業務をしている時と同じような生活をすることで、疲労度や回復具合、通勤の可否を判断するのに有効です。 休職者自身で行うことが難しい場合は、リワーク施設を利用することも検討しましょう。 生活リズムが確立して、通勤訓練も順調にいけば、業務遂行力を上げていくといった自社の復職基準に従ってプロセスを踏んでいきます。 ここまでたどり着くことを目標に、休職者の支援していきましょう。 さいごに 休職の経過は、本人の休職に対する捉え方や、休職中の関わり方で大きく変わってきます。 休職中の過ごし方をより良いものにするために、注意点を事前にしっかり伝えるようにしましょう。 休職中は、まずしっかりと睡眠をとってもらい心の回復を待つことが重要です。 心が回復でき、日常生活が送れるようになったら、本格的に復職に向けた介入を始め、復職に向けてバックアップしましょう。

次の