ライン クーポン の 使い方。 松屋のLINE Payマイクーポンを受け取って割引ごはんを楽しむ方法まとめ。利用するときの3つの注意点は?

LINE@(ラインアット)クーポン機能の活用事例12選! 友だち追加から集客、売り上げアップに繋げるには

ライン クーポン の 使い方

中でも、商品・サービスのプレゼントや割引などお得な特典が受けられるクーポンについては、ユーザーの約4割が「利用した」と答えるなど、大きな訴求効果を持っています(上図参照)。 そして、友だち数を増やし、ブロック数を減らす際にもクーポンは有効です。 例えば、友だち限定のクーポンを発行してLINE公式アカウントの友だち追加を促し、そこからユーザーとコミュニケーションを取ることで自社の商品やサービスを利用・購入してもらうこともできます。 また、定期的にクーポンを配信して「このアカウントと友だちでいれば、お得な特典が受けられる」と印象づけることで、ブロック防止にもつながります。 つまり、クーポンは新規や既存を問わず、ユーザーとの中長期的なつながりを生み出すことに貢献してくれるのです。 作成画面では以下の項目を設定します。 入力した内容は管理画面右下の「プレビュー」に反映され、ユーザーからクーポンがどのように見えるかを確認しながら作業を進めることができます。 特典内容や使用メリットが伝わりやすいように工夫しましょう。 終了日時を過ぎると、自動でクーポンの利用が停止されます。 特典内容を想起させ、トーク画面で見たときに印象的な画像を設定しましょう。 デフォルトで入っている利用ガイドを参考にしながら、文面を作成しましょう。 ユーザーに対して、特典が付与される商品・サービスの認知を促進し、クーポン獲得を動機付けにしてLINE公式アカウントの友だち追加が見込めます。 なお、デフォルトでは抽選機能は「使用しない」となっています。 ターゲットを新規ユーザーにするなら全体公開、既存ユーザーにするなら友だちのみといったように、状況に応じて公開範囲を選択しましょう。 タイムラインシェアが可能。 ユーザーがタイムラインでクーポン情報をシェアすることで、より多くのユーザーに認知させることができる。

次の

LINE公式アカウントのクーポンとは何か?【基本的な使い方も紹介】

ライン クーポン の 使い方

LINEクーポンの使い方 LINEクーポンは、 クーポン番号を店員さんに伝えるパターンと 店員さんにバーコードを提示するパターンがあります。 では、それぞれのやり方を紹介していきましょう。 まずは 【ウォレット】のタブをタップします。 少し下にスクロールすると、LINEクーポンがあります。 【もっと見る】をタップしてみましょう。 ここにLINEでゲットできるクーポンが一覧で表示されています。 まずはクーポン番号を店員さんに伝えるパターンの例としてマクドナルドのクーポンを利用してみましょう。 利用したいクーポンの 【クーポンを使う】をタップします。 注文時に画面に表示されているクーポン番号を店員さんに伝えればOKです。 もしくはその画面を店員さんに見せるだけでも大丈夫です。 続いては、店員さんにバーコードを提示するパターンの例として、ローソンのクーポンを利用してみます。 先程と同じく、利用したいクーポンの 【クーポンを使う】をタップです。 画面に表示されたバーコードを店員さんいスキャンしてもらえば完了です。 LINEクーポンにはそれぞれ利用期限が設けられているので注意してください。 そのお店の公式アプリや他のアプリにはない独自のクーポンもたくさん配信されているので、是非利用してみてください!! 一緒に読みたい記事• LINEアプリの使い方 完全マニュアル•

次の

クーポンの使用方法について(オンラインストアでクーポン使用)

ライン クーポン の 使い方

では今から僕と一緒に例として 「英会話レッスン無料体験チケット」を作っていこう! クーポンタイトルの設定 最初の「クーポンタイトル」はそのまま、この場合でいくと「英会話レッスン無料体験チケット」で良いと思いますので、そのように文字記入します。 英会話レッスンっぽい画像を挿入してあげるということになりますが、適切な画像を持っていない場合は僕がこのブログで再三おススメしているCanvaという画像を作るサイトを利用しましょう。 このCanva、無料でプロ並みのクオリティーのデザイン画像を作ることもできます。 僕のブログ画像もほとんどCanvaで作っています。 クーポンタイプの設定 そして「クーポンタイプ」を選びます。 種類は「割引」「FREE」「プレゼント」「キャッシュバック」「その他」の5種類から選ぶことができますが、ここの選択の仕方によってクーポンを発行した時の表記が若干違ってきます。 「割引」を選択した場合、「割引」という文字が表記されます。 「FREE」を選択した場合、「無料」という文字が表記されます。 「プレゼント」を選択した場合、「プレゼント」という文字が表記されます。 「キャッシュバック」を選択した場合、「キャッシュバック」という文字が表記されます。 「その他」を選択した場合、「その他」という文字が表記されます。 今回は春の英会話無料体験レッスンキャンペーンという感じで、 有効期限を2018年4月30日まで、 クーポンコードは特に設定せず、 1回限りと設定してみたよ。 クーポン公開設定について 「公開設定」に関してはいまいちわかりにくいかもしれませんので、どのような表示になるのか確認していきましょう。 「公開」にすると図のように「友達に教える」ボタンが表示されますので、クーポンを拡散させたいときは「公開」にするといいです。 「非公開」にすると 「友達に教える」ボタンが表示されなくなりますので、LINE お友達限定でクーポンをプレゼントしたい場合は「非公開」にすると良いでしょう。 「非公開(友だちとの共有を許可)」にすると「友だちに教える」ボタンは表示されるのですが、共有が図のように「トーク」による共有だけになります。 逆に言うと、「公開」にしておけば、ユーザーは「タイムライン」でも「トーク」でも共有できます。

次の