武漢 ウィルス。 中共ウイルス(武漢肺炎、COVID

武漢病毒研究所がコロナウイルスの感染源?米紙「生物兵器を漏らした」可能性を指摘

武漢 ウィルス

中華人民共和国に指定されている。 12月現在、研究所には合計266人の研究員がおり、内訳は科学研究職189名、大学院生253名(課程124名と課程129名)などが在籍する。 所長は ()。 委員会は ()。 沿革 [ ] 、「中国科学院武漢微生物研究室」として設立。 同年、がとと協力してに研究所を設立することを決定。 研究室の設立は、武漢大学学部長で微生物学の主任教員を務めていた ()を筆頭として行われた。 研究室は、各分野の研究のために次の4つのグループに分かれていた。 研究分野 研究内容 指導者 および、ウイルス 学部長兼微生物教育研究主任 () 土壌微生物の生命活動と植物および土壌との関係 土壤農学研究主任 () 微生物を利用した植物病の抑制 華中農学院植物保護研究主任 () 、および 細菌(放線菌を含む)およびそれらのファージ変異、遺伝学および 武漢大学微生物教育研究副主任 () 11月、「中国科学院中南微生物研究所」 、さらに10月には「武漢微生物研究所」に改名され、にの地方分院が廃止されるとともに科学技術委員会の所管となり、「湖北微生物研究所」となった。 の ()の前に中国科学院の管轄に戻され、「中国科学院武漢病毒所」として改編された。 付属施設 [ ] 中国科学院武漢国家生物安全実験室( 中国科学院武汉国家生物安全实验室、 National Biosafety Laboratory NBL , Wuhan )は、武漢P4ラボまたは地元では単にP4ラボとも呼ばれる、と共同で建設されたP4(4:BSL-4)研究所である。 に完成し、に正式な運営が開始された。 の感染拡大が顕在化する以前は、実験施設を対外的にアピールしており、には当時の首相、が視察を行っている。 研究機器 [ ]• H-7000FA• Amray 1000B• ギルソン GIAPD多機能分析システム• GC-9Aシステム• UV-300• Super NOVA 極薄 歴代所長 [ ] 姓名 任期 備考 1 () 1956年6月-1984年3月 2 () 1985年9月-1987年9月 3 () 1994年4月-2000年10月 4 () 2000年10月-2008年8月 5 () 2008年8月-2018年10月 6 () 2018年10月- 歴代党委員会書記 [ ] 姓名 任期 備考 1 許 力 1958年3月-1959年2月 2 劉 然 1961年3月-1979年12月 3 曹 健 1980年1月-1984年7月 4 湯吉梅 1987年9月-1992年4月 5 何添福 1992年4月-1996年6月 6 李興革 1996年6月-2004年8月 7 袁志明 2004年8月-2013年8月 8 肖庚富 2018年12月- 疑惑 [ ] 「」、「」、「」、および「」も参照 2015年には研究の委託として370万ドルの資金援助を行うなど同研究所はを積極的に研究している。 2017年頃から、施設管理の面からの可能性が指摘されており、現在、とともにの感染源であるとの疑惑が上がっている。 のやではにアメリカの外交官が同研究所を視察した際に「危険性」があると、研究所の安全面の不備についてに公電にて伝達していたとする報道があり 、これについて米政府も調査中である。 これに対し、武漢ウイルス研究所の幹部は「ありえない」話だとして全否定 、日本のに当たるも同研究所からウイルスが流出したとの説を否定した。 さらに、(WHO)もは動物由来で、人工のものではないとしたうえで、「研究所から流出した可能性はないとみている」とした。 アメリカのを統括する(ODNI)もウイルスは人工のものではないと発表し 、英語圏5カ国の諜報当局が運営する(ファイブアイズ)も「研究所から流出した可能性は極めて低いとみている」と報じられた。 2020年に形式で開かれたWHOの総会では、中国での新型コロナウイルスの発生源について国際的な独立調査を行うことで同意した。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• , , 2010年02月18日 , 2020年2月18日閲覧。 中国科学院武汉病毒研究所. 2020年1月31日閲覧。 : p. 第3版. 1956年6月7日• 武汉地方志编纂委员会, ed 1993年2月. 《武汉市志:科学志》. 武汉大学出版社. 第564页• 中国科学院武汉文献情报中心. 2018年1月17日時点のよりアーカイブ。 2020年1月31日閲覧。 中国国立武漢生物安全研究所。 AFP 2020年4月18日. 2020年4月17日閲覧。 2020年4月11日. 2020年5月11日閲覧。 2020年4月22日. 2020年5月11日閲覧。 2020年2月9日. 2020年2月16日閲覧。 2020年2月10日. 2020年2月16日閲覧。 (NHK). 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 (BBC). 2020年4月18日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月19日. 2020年4月20日閲覧。 2020年4月19日. 2020年4月20日閲覧。 (NHK). 2020年4月19日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月21日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月20日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月21日. 2020年4月22日閲覧。 2020年5月1日. 2020年5月11日閲覧。 2020年5月5日. 2020年5月11日閲覧。 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 2020年5月19日. 2020年5月19日閲覧。 (BBC). 2020年5月20日. 2020年5月20日閲覧。 関連項目 [ ]• 2019新型コロナウイルスに関する項目• - 疾患の原因となる• - 上記項目のウイルスによって引き起こされる疾患• - 当疾患の流行状況• (コロナ禍) 外部リンク [ ]• - (2017年7月21日アーカイブ分).

次の

【解説】新型コロナの流出源? 武漢研究所を取り巻く疑惑 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News

武漢 ウィルス

新型コロナウイルスについて、麻生太郎財務相は国会で「『武漢ウイルス』というのが正確な名前だと思う」と述べた。 記者会見でも同様の表現を使った。 新型コロナウイルスについて、麻生太郎財務相は国会で「『武漢ウイルス』というのが正確な名前だと思う」と述べた。 記者会見でも同様の表現を使った。 WHO(世界保健機関)は風評被害を避けるために特定の地名と結び付けないよう、今回の新型コロナウイルス感染症に「COVID-19」という名称をつけた。 一方、米国ではポンペオ国務長官が最近、会見などで「武漢ウイルス」との表現を使っている。 ウイルス発生源が中国かどうかは結論付けられていない、と主張する中国当局を牽制する狙いがあるとの分析も出ている。 「武漢発の風邪、肺炎、いろんな表現があるんですけど... 」とも 2020年3月10日の参院財政金融委員会で、麻生財務相は数回にわたり「武漢ウイルス」に言及した。 中国の湖北省武漢市は、感染の「震源地」として知られる都市だ。 麻生氏は与野党の議員からの質問に対する複数の答弁の中で、 「今回は武漢発のウイルスの話で、新型とか付いてるが、『武漢ウイルス』というのが正確な名前だと思うんですが、この武漢ウイルスなるものが出てきて... (略)」 「この武漢ウイルスなるものの影響、持続がどれくらいヨーロッパやアメリカに広まっていくか全く見通しがつかないのが... (略)」 「この武漢ウイルスが内外の経済に与える影響については、十分に注意する必要があろうかと思いますが... (略)」 と述べた。 一方で他の表現を使った答弁もあり、 「武漢発の風邪、肺炎、いろんな表現があるんですけど... (略)」 「今般のウイルス... (略)」 といった具合だ。 10日の閣議後の記者会見でも、「武漢ウイルス」発言が出た。 「追加経済対策は『武漢ウイルス』終息次第 リーマン級の景気悪化とはいえず 麻生財務相」(産経新聞、10日ウェブ版)の記事によると、麻生氏は追加経済対策について「『武漢ウイルス』(の感染拡大)がいつ切れるのか、よく見極めた上でないとなんともいえない」と述べた。 産経も前日に「武漢コロナ呼称広がる」 一方で、前日9日にあった参院予算委員会の麻生氏答弁は、参院インターネット審議中継動画で確認できた範囲では、 「今般の新型ウイルス感染症につきましては... (略)」 「コロナウイルスの話は... (略)」 との表現を使っていた。 麻生氏答弁との関係は不明だが、米国でもポンペオ国務長官が5日(現地時間)の記者会見で「武漢ウイルス」と発言し、6日の米ニュース専門放送局CNBCとのインタビューでも「武漢ウイルス」「武漢コロナウイルス」との表現を使った。 CNBCインタビュー内容を報じた7日のテレビ朝日(ウェブ版)記事では、「ウイルスの発生源について『必ずしも中国とは限らない』との主張を強める中国政府を牽制しました」と分析している。 また産経新聞の9日付朝刊(東京最終版、総合5面)では、「『武漢コロナ』呼称広がる 米メディア 中国起源を明確化」との見出し記事が掲載されている。 一方、中国外務省の趙立堅報道官は4日の会見で、米国の一部メディアが新型コロナを「中国ウイルス」と呼んでいるとして反発を示した。 TBS系(JNN)記事(ウェブ版、4日夜)によると、「極めて無責任で、私たちはこれに断固反対する」と述べ、ウイルス発生源についても「研究中で結論が出ていない」と主張した。 10日には、中国の習近平国家主席が、新型コロナ問題発生後初めて武漢を訪問したと中国国営の新華社通信が報じた。 感染封じ込めが奏功していることを示す狙いがあるとみられている。

次の

インド人研究者が武漢肺炎ウイルスの秘密を解明

武漢 ウィルス

新型コロナウイルスをめぐる米中対立が激化するなか、欧州でも発生国・中国への不信感が強まっている。 初動対応の失敗や隠蔽疑惑に加え、「マスク外交」を展開して自己正当化に利用しているのだ。 こうしたなか、米国メディアが報じた湖北省武漢市の「ウイルス研究所」設立に協力したとされる、フランスの動向が注目されている。 感染者約12万1300人、死者約2万2200人(25日、世界保健機関=WHO=調べ)という甚大な被害を受けた科学・文化大国は対中戦線に加わるのか。 ノンフィクション作家、河添恵子氏の緊急寄稿第12弾-。 この表現には、同国ならではの「特別な事情」が含まれていそうだ。 武漢には、「中国科学院武漢病毒(ウイルス)研究所」が2カ所(武昌区と江夏区)存在する。 米国などは「新型コロナウイルスの発生源の可能性がある」として、フランスの全面的協力で完成した「P4実験室」が備わる研究所(通称『新しいラボ』=江夏区)の査察を求めている。 フランス大統領府は一応、「現時点で、新型コロナウイルスの由来が『新しいラボ』であることを証明するものは何もない」との声明を発表している。 だが、ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)の中国語版などを読むと、識者による10数年の「中仏共同プロジェクト」の経緯とともに、「中国への強烈な不信感」をにじませる内容が噴出している。

次の