きめつのやいば イラストいぐろ おばない。 鬼滅の刃/きめつのやいばネタバレ解説190話最新話最速考察+189話おさらい感想【画バレあり】

鬼滅の刃/きめつのやいばネタバレ解説190話最新話最速考察+189話おさらい感想【画バレあり】

きめつのやいば イラストいぐろ おばない

伊黒小芭内(いぐろおばない)とは? 鬼殺隊の中では最強の位の「柱」の一人、「蛇柱」の二つ名を持つ。 身長は162cmで、体重は53kg。 出身地は東京府にある八丈島の八丈富士 基本的に嫌味や皮肉交じりの言葉が多く、偏屈な印象が強い男だが、状況は冷静に把握しています。 趣味は川柳に俳句、更に飴細工を作っているところをずっと眺めるということが明らかにされています。 また、食べ物の好物はとろろ昆布。 片目が前髪で隠れていますが、時々両目とも描かれることも。 フルカラー版ではオッドアイとして描かれていました。 孤高主義かと思えばそうとも言えず、恋柱でもある甘露寺蜜璃とは文通をする仲でもあり、炭治郎に嫉妬心を出す描写もあります。 竈門兄妹の活躍が隊内で評価されるようになった後も、二人への不信感は完全には捨てていないようで、特に炭治郎には蜜璃と親しくなったことが原因で嫌っています。 オッドアイの謎? 伊黒はフルカラー版ではオッドアイになっていますが、片目が鬼の目の色にそっくりなのと、口を包帯で隠していることから実は鬼なのではないかと言われています。 戦闘スタイル 柱の中ではしのぶに次いで腕力が弱いとされるが、高度な技を持ち、剣技にもそれが大きく活かされており、正に蛇をモチーフしたようなの変則的な斬撃を繰り出す。 ちなみに水の呼吸から派生した流派でもあります。 まだ多くは謎に包まれており、強さも柱の中では分かっていません。 ただし、無惨との戦いの中、横に並ぶ甘露寺と冨岡と比べずば抜けて強いようにも見えないので今の柱では平均点ぐらいだと思います。

次の

【鬼滅の刃】黒死牟がショタだったら【アフレコ・きめつのやいば・MAD・黒死牟・栗花落カナヲ・煉獄杏寿郎・アテレコ・竈門炭治郎・映画・完結・冨岡義勇・考察・胡蝶しのぶ・漫画・最終話・時透無一郎・柱会議】

きめつのやいば イラストいぐろ おばない

制作した刀鍛冶の名は明かされていない。 ・壱ノ型…委蛇斬り(いだぎり) 非常に大きな動作で振り抜く、諸手による横一文字斬り。 他の呼吸の技に於いては、壱ノ型には片手による横一文字を定める場合が多い(炎、水、雷など)。 しかし、伊黒の場合は使用している日輪刀がそもそも波状形であり、刀身を鞘に納めた状態からの片手による「抜きつけ」や「鞘走り」を行う事ができない為、最初から諸手で構えている事を前提として技が組まれているものと思われる。 ・弐ノ型…狭頭の毒牙(きょうずのどくが) 通常、片手での横一文字斬りとは、抜刀した勢いのままに身体の内側から外側へと刀を振り抜く技であるが、この型は逆に、既に抜いて片手で構えた刀を外側から内側へと振り抜く技である。 従って、柄を握った掌が否応なく上を向く格好になるので、肘が窮屈になり身体の正中線が捩じれやすくなる。 二対一で敵を挟み撃つ場合など、使える状況が限られる技と言える。 ・参ノ型…塒締め(とぐろじめ) 蛇が獲物の身体に跳び付いて締め上げる時のような軌跡で、最終形態化した無惨の触手を次々と受流しながら無効化した「いなし技」。 本来は複数対複数の戦いに於いて攻守の役割分担をしたり、複数の投擲物を払い落としたりする為に用いる、総合的な防御技である言える。 ・肆ノ型…頸蛇双生(けいじゃそうせい) 敵に向かって突進しながらの袈裟斬りの直後、身体を独楽のように一回転させて再度、同じ箇所を狙って袈裟斬りを放つ二連撃。 ・伍ノ型…蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ) 複数の敵の間を文字通りの長蛇のような動きで移動しながら、横一文字斬りで次々と頸を狙い落としていく技。 性格・体質 ・左右の瞳の色が違うのは、右眼が生まれつきで、ほとんど視えていないためである。 しかし、鬼舞辻 無惨との最終決戦後、致命傷を負った二人は余命数時間も無い事を悟り、互いに想いを打ち明け来世で結ばれる事を誓った。 ・口元を布で覆っているのは、他者によって口唇の左右を長く切り裂かれた傷痕を隠す為である(詳細は後述)。 伊黒自身はもちろん、悲鳴嶼、不死川、甘露寺、冨岡の四名も、無惨の攻撃によって負傷した箇所から毒化した血を注入されてしまい、行動不能に陥るのは秒読み段階であった。 しかし、何処からともなく現れた珠世の使い猫が投擲し、腕に刺さった試験管には、鬼舞辻の血の効果を抑制する中和剤が充填されており、腫れや痛み、呼吸の乱れなどが和らいだ。 出自 八丈島の出身であり、生家は何故か女児ばかりが産まれる家系で、男児である伊黒自身が産まれたのは実に三百七十年ぶりの事であった。 以来、十二歳になるまで座敷牢に閉じ込められて育ったが、ある日、牢から出されて連れて行かれた部屋には、下半身が蛇のようになった女の鬼が居座っており、この時初めて、伊黒は自分の生まれた家が鬼と結託する事により繁栄してきた事を知る。 この蛇鬼は、人間を殺害して強奪した金品を伊黒の一族に提供する代わりに、産まれたばかりの赤子を生贄として差し出させていたが、伊黒本人に限っては左右の瞳の色が違う事や、珍しく生まれた男児である事を理由に、充分に成長するまで喰らうのを猶予していた。 しかし、成長を待つ間、蛇鬼は伊黒の口唇を左右に引き裂き、滴り落ちた血を飲むなどの加虐行為をも行っていた。 逃亡する事を決意した伊黒は、座敷牢の木製の格子を簪(かんざし)で少しずつ削り続け、その間に迷い込んできた子供の蛇に鏑丸( かぶらまる)と名付け、共に脱出する。 伊黒の逃亡に気付いて激昂した蛇鬼は、約五十人に及ぶ一族を皆殺しにした上で伊黒を追いかけたが、派遣されていた当時の炎柱()に手によって倒された。 台詞 声優:鈴村 健一 「胡蝶めの話によると隊律違反は冨岡も同じだろう」 「くだらない妄言を吐き散らすな そもそも身内なら庇って当たり前」 [左手と左目を失って どうするつもりだ たかが上弦の陸との戦いで] 「 甘露寺に近づくな 塵共」 公式人気投票 第一回 総投票数 二万六千百五票の内、 第二十六位/九十票.

次の

【鬼滅の刃】蛇柱 伊黒小芭内(いぐろおばない)過去・能力・強さなどまとめ

きめつのやいば イラストいぐろ おばない

伊黒の来歴・活躍 無限城編 産屋敷にもとに鬼舞辻無惨が襲来。 隊士たちは無惨の根城「無限城」に吸収され、ついに総力戦が始まります。 伊黒は甘露寺と共に行動し、 上弦の肆である鳴女と対峙。 柱2人を相手にしながら、互角以上に戦う鳴女。 2人が連携攻撃を仕掛けても、鳴女の首を捉えるには至らないのでした。 しかし、途中で合流した愈史郎と共に策を巡らせ、 鳴女の支配を乗っ取り無限城を崩壊させることに成功します。 最終決戦編 鬼の始祖無惨とついに対峙したものの、強烈な一撃を受けてしまい戦線離脱する伊黒。 その間に炭治郎が、日の出まで無惨を食い止めようと死闘を繰り広げます。 炭治郎の体力が限界に近づき追い込まれていく中、伊黒がついに戦線復帰。 失明しながらも鏑丸と共闘し、無惨を日の出まで追い詰めることに成功。 無惨は消滅に至ります。 伊黒の性格・魅力 大蛇が這うように移動しながら鬼の首を刈り取る技。 女ばかりが生まれる家系であり、伊黒は370年ぶりに生まれた男の子でした。 座敷牢に軟禁されますが、親族から気味が悪いほど優しくされ、食事もたくさん提供され、生活に困ることはありませんでした。 蛇鬼の生贄として生かされていた 12歳になった頃、突如座敷牢から豪華な部屋に連れ出された伊黒。 そこに鎮座していたのは、女の蛇鬼でした。 伊黒の一族は、鬼と結託して金品を強奪していたのです。 珍しい目をした伊黒は、生まれた時から蛇鬼に気に入られ、成長して大きくなるまで 後に食べるため 生かされていました。 口を割かれてしまう まだ生かされることになった伊黒ですが、蛇女の命令の元、口元を割かれてしまいます。 蛇女が自分と伊黒の口の形を揃えたい、という狂気的な理由のために。 座敷牢で鏑丸に出会う 鬼に食われるために、親族に見捨てられ軟禁され続ける伊黒。 伊黒が信用できるのは、牢にたまたま迷い込んだ蛇「鏑丸」だけでした。 逃亡し炎柱に救われる 生き延びたかった伊黒は、逃亡を決意します。 盗んだ簪で牢の格子を地道に削り、牢から脱出します。 途中蛇女に見つかってしまいますが、当時の炎柱によって救出。 鬼と結託する一族からも脱出することができたのでした。 重くのしかかる50人の命 保護された伊黒は、炎柱のはからいで鬼から生き残ったいとこと再会します。 しかし、いとこから告げられたのは「伊黒が逃げたせいで50人が死んだ」という辛辣な言葉。 何の正当性も無い言葉ですが、伊黒の心は抉られます。 自責の念に駆られる伊黒は、自分を少しでも「いいもの」と感じるために、鬼狩りとして奔走し、柱の境地まで至るのです。 伊黒と甘露寺蜜璃の関係(おばみつ) 伊黒は蜜璃のことが好き 188話にて、伊黒が恋柱「甘露寺蜜璃」のことを好きだと判明します。 蜜璃に靴下をプレゼントしたり文通をするなど、蜜璃を特別扱いしている描写が今まで見れられましたが、それは恋愛感情に起因した行動でした。 ちなみに伊黒が恋に落ちた理由は、一目惚れです。 好意を伝えるつもりはない しかし伊黒は、自身の出自が「汚れた一族」であることから、甘露寺の傍にいることにずっと抵抗を感じていました。 無惨を倒して死に、汚れた一族の血を浄化できるまで、蜜璃に好意を伝えない決意をするのでした。 刀の柄には植物の「ナンテン」 伊黒の刀の柄には、蛇とおそらくナンテンの葉が模してあります。 また、19巻(伊黒が表紙)のカバーを取ると「ナンテン」らしき植物が描かれています(実際に購入してご確認ください!)。 ちなみにナンテンの花言葉は、 「私の愛は増すばかり」「良い家庭」になっていて、こういった細かい部分でも甘露寺への想いが溢れています。 伊黒は死亡する?現代の転生者について 200話で悲しい現実が迫る 無惨戦を最前線で戦い続けた伊黒ですが、負傷状況が深刻で瀕死になってしまいます。 最後は甘露寺とお互いに好意を伝え合い、 来世で結婚することを誓い死亡します。 悲しい結末ではありますが、現世では決して結ばれないと確信していたおばみつにとっては、ある意味でのハッピーエンドと言えるのではないでしょうか。 現代にて転生者が登場 現代編にて、伊黒と瓜二つの転生者が登場。 オッドアイは受け継がれており、甘露寺の転生者と奇跡の再会を果たし、 夫婦で定食屋を営んでいます。 「 来世で必ず結婚する」という誓いを見事に果たして、鬼のいない世界で幸せになることができたのでした。 現代編の子孫・転生者について 戦闘シーンのある19巻 伊黒の初登場巻は6巻。 そして19巻では、ついに伊黒の戦闘シーンが登場し、蛇の呼吸の詳細が描かれています。 U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃19巻を読むことができます。 伊黒の戦いを見たい方は、以下のリンクから19巻を無料で読みましょう! 伊黒小芭内の声優・基本情報 声優は鈴村健一さん 伊黒小芭内の声優を担当しているのは、鈴村健一さんです。 その他の作品では、銀魂の「沖田総悟」やデジモンフロンティアの「木村輝一」役などを演じています。 プロフィール 名前 伊黒小芭内 階級 蛇柱(へびばしら) 誕生日 9月15日 身長 162cm 体重 53kg 出身地 <西山>(八丈富士) 趣味 川柳、俳句、飴細工を作っているところをずっと眺める 好きなもの とろろ昆布 主役級キャラクターの紹介記事.

次の