お盆 手 土産。 「手土産」「お土産」「おもたせ」の3つの違いと渡す目的

最強のお土産がついに決定!? ご当地お菓子チョイス王は誰だ!?【菓子盆選手権】

お盆 手 土産

法事で渡すお土産の正式な呼び方 法事で渡すお土産の正式な名前と呼び方を解説します。 法事で渡すお土産の予算 法事で渡すお土産の予算相場をご紹介します。 法事で渡すお土産のおすすめは? 法事で渡すお土産のおすすめ品をご紹介します。 法事で渡すお土産に掛けるのしについて 法事で渡すお土産に掛けるのしのマナーについて解説します。 お土産を渡すタイミング お土産を渡すタイミングについて解説します。 法事のお供えものについて 法事の時のお供え物はどの様なものがふさわしいかご紹介します。 法事は何度も行いますので、そのたびにお土産のことを考えなければいけません。 いつも同じものばかりではなく、違ったものを用意してみてもいいのではないでしょうか? 法事のやり方はそれぞれの家や風習で違います。 正解というものはありませんが、恥をかかないように一般的なマナーは覚えておいて損はありません。 ぜひ最後までお読みください。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 法事の時に渡す手土産の相場は、一般的にはいただいたお供えの2分の1~3分の1ぐらいと言われています。 しかし法事の時はその場でお供えを開ける訳にもいきません。 しかも当日に手土産を渡すことになりますので、一律で 3千円~5千円ぐらいの品物を用意するのがよいでしょう。 法事は会食することも多いので食事代が手土産の一部という考え方もありますので、それほど高額な品物を用意する必要はないでしょう。 親しい親戚などが高額なお供えを包んでくれていた場合は、故人やご遺族様を想って用意してくれていますので無理に半返しする必要はありません。 しかし、気になるという方は法事後にお礼として別に何かお返しの品を用意するか、覚えておいてその親族に何かがあった時に同額のお金を包むようにしてもいいでしょう。 法事で渡すおすすめな手土産をご紹介• かさばらないもの お土産は重たいものやかさばるものは避けた方が無難です。 遠くから来ている方が持って帰るのに邪魔にならないようなものが良いでしょう。 分配できるもの お菓子などは個別に包装されているものなら、持ち帰った後、人にあげたりすることができます。 またちょっとずつ食べるのにも適しています。 日持ちのするもの 賞味期限の長い食べ物や、いくつあっても困らない生活雑貨などがおすすめです。 持って帰りやすいように箱の大きさに見合った 紙袋もちゃんと用意しましょう。 関係別でおすすめな品物 法事に参列する方の年齢や関係によってお土産の品物を変えてもいいでしょう。 法事の時のお土産は、感謝の気持ちを表したものですので受け取った人が喜んでくれるようなものを選びたいものです。 法事の際に渡すお土産の品物には明確な 決まりはありません。 しかし一般的には不幸をあとに残さないという意味で、食べ物や消耗品など無くなるものを選ぶことが多いです。 不幸を洗い流すとして洗剤や石鹸などがお土産の定番ではありますが、最近では肌に合わないなどの理由で避けることも多いです。 食べ物も家族の人数によってはもらっても困るということも考えられます。 なるべく渡す相手のことを考えてお土産の品物を選ぶようにしましょう。 友達へのお土産 友達や若い世代の方へのお土産は、 カタログギフトがおすすめです。 持ち帰りも楽ですし、受け取った方が自分の好きなものを選べるので、自由度が高く喜んでくれることでしょう。 贈る方も金額を決めるだけなので品物選びに悩まずに済みます。 また法事のお返しとしては適さない生モノやアクセサリーなども選ぶことができるのがメリットです。 若い友達世代なら商品券などの金券も喜ばれます。 図書カードやスーパーなどの商品券でも大丈夫な時もあります。 親戚へのお土産 普段からお付き合いのある親戚へのお土産は、その家に合ったものを選びましょう。 小さな子供や孫がいる家ではオシャレなお菓子などが喜ばれます。 干しシイタケや海苔など日持ちがして役に立つものもおすすめです。 洗剤など生活雑貨も喜ばれます。 親戚だからこそ使いやすい商品券でもいいという考え方もありますが、年配の方には金額がはっきりわかる金券は嫌がることがありますので 注意してください。 職場の方へのお土産 職場の方へのお土産は、会社のみんなで分けることができるものがおすすめです。 個別に包装されたお菓子などがいいでしょう。 大体の人数がわかっているのなら、何個入りの箱かということも考えて選ぶといいかもしれません。 会社の人が法事に参列していなくても、葬儀の際には会社を休んだり香典をいただいたりとお世話になることもあります。 無事法事が行われたことの報告を兼ねて職場の方へお土産を渡してもいいでしょう。 日持ちがして食べやすいクッキーやおまんじゅうなどがおすすめです。 法事別でおすすめな品物 毎回の法事で同じお土産でもいいのですが、法事ごとに変化を付けてもいいでしょう。 ここでは法事別でおすすめの品物をご紹介します。 一周忌の場合 一周忌は四十九日の次に大切の法事です。 なるべく多くの人に集まってもらって故人の供養をしたいものです。 手土産はやはり 日持ちのするお菓子などが定番です。 お饅頭や羊羹、最中、クッキーなどがおすすめです。 三回忌の場合 三回忌は一周忌の一年後に行います。 やはり大切な法事ではありますが、一周忌に比べて規模を小さくなることが多いです。 故人から近い親せきや知人だけを招いて行ったり、身内だけで法要を行うこともあります。 手土産はお菓子も良いですが、遠慮がない親族・身内なら カタログギフトもおすすめです。 いくつあっても困らないタオルや洗剤など生活雑貨もおすすめです。 法事で渡すお土産につけるのし のしとは贈り物に敬意を払うために掛けるものです。 法事で渡すお土産ものしを掛けるのがマナーとなっています。 ここでは法事のお土産に掛ける のしについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。 のしの選び方 のしは水引が四十九日前までは黒白のものを、四十九日後は黒白・双銀・白青で 結び切りのものを使います。 西日本方面では白黄の結び切りの水引が印刷されているのし紙を使うところもあります。 どちらも間違っているわけではありませんので、地域の風習に従うようにしましょう。 のしの表書き 表書きは 「志」や「粗供養」と書きます。 神道の場合は「偲草」と書く場合もあります。 西日本方面では四十九日のみ「満中陰志」という言葉を使う場合もあります。 表書きの下には名前を書きます。 法事でお土産を渡すタイミング 法事の時のお土産はどのタイミングで渡せば良いのでしょう? 一般的には年忌法要の際には会食の席を設けることが多いです。 お土産を渡すタイミングは、 会食が終わる頃に施主が出席いただいたことへのお礼を述べながら一人一人に手渡すのが良いでしょう。 ご夫婦で出席されている方へはどちらに渡してもいいのですが、奥さんの方に手土産を渡して旦那さんへはお礼の言葉を述べるようにすることが多いです。 出席人数が多い場合は、会場のスタッフに頼んで初めから席にセッティングしておくという方法もあります。 その際には施主が締めの挨拶で、「一人ひとりに挨拶出来ず申し訳ありませんが、どうぞ引き出物をお持ち帰りください」という内容を入れるようにしましょう。 会食がない場合や自宅での会食の時は、参列者がお帰りになる際にお見送りをしながらお土産を手渡すのが良いでしょう。 法事に参列した際に渡すお供え物をご紹介 法事に参列する場合には、お供え物を持参することが多いです。 お供え物は必ず持参しなければいけないということではなく、最近では御供物料として 現金を包むことも多いです。 また地域によってはそれぞれが持参したお供え物を分けて参列者全員に配るというところもあります。 その為、お菓子などは分けやすい個別に包装されているものを持って行くというところもあります。 クッキーやお饅頭、ゼリーなどがおすすめです。 その他、供花やビールなどの飲み物、お線香というところもあります。 お供え物はきちんとのし紙をかけるのがマナーです。 現金の場合も水引の付いたのし袋に入れるようにしましょう。 一周忌で持参するお供え物の選び方やマナーについては下記の記事が詳しく解説しています。 あわせてご覧いただき、ぜひ参考にしてください。 法事で渡すお土産の正式な呼び方は引き出物と言います。 引き出物とは冠婚葬祭の時のお礼の品のことを指しますので、法事でのお土産も引き出物ということになります。 法事で渡すお土産を選ぶ時は、かさばらないもの・分配できるもの・日持ちするものという点に注意しましょう。 お土産を渡す相手の関係によって品物を変えてもいいでしょう。 友達なら品物を自由に選べるカタログギフトや商品券でもOKです。 親戚なら美味しいお菓子や洗剤などの生活雑貨がおすすめです。 職場へは全員が食べられるように個別包装されたお菓子がいいかもしれません。 法事のお土産には、黒白・双銀・青白・白黄などの結び切りの水引が印刷されたのし紙をかけるのがマナーです。 表書きは「志」か「粗供養」と書くようにして下には施主の苗字を入れるようにしましょう。 お土産を渡すタイミングは、会食の最後の方で喪主が一人ひとりに参列していただいたことのお礼を述べながら渡すのが良いでしょう。 出席人数が多い場合は、最初から席にセッティングしておいても大丈夫です。 その際には締めの挨拶でお土産を用意していることを言うようにしましょう。 会食がない場合や家での法要の際は、お客様が帰るタイミングでお見送りをする時に渡すようにするのが良いでしょう。 法事に参列する際に持参するお供え物は、個別包装されていて日持ちのするお菓子やお花、飲み物、お線香などがおすすめです。 お供えとして現金を包む場合もあります。 法事は自分の家で行うことも参列することもあまりあることではありません。 マナー違反でもとがめられることはありませんが、一般的な常識がないと家族や故人の恥となってしまいます。 これを機会に法事についてをよく学んでおくことをおすすめします。 「終活ねっと」では、お葬式や法事の時のマナーなど参考になる記事を多数掲載しています。 他の記事もあわせてご覧いただき、お役に立てていただくとうれしく思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

いつもと違うものがいい!おすすめのお盆のお土産4選

お盆 手 土産

実家に帰省する際に持っていく手土産に、のし紙をかける必要があるでしょうか? のしを付けると、より丁寧できちんとした品物になるような気がしますよね。 でも、お盆帰省の手土産にのし紙は必要ありません。 お盆の時期に持っていく品物なので、のし紙をかけたほうがよい気がしますよね。 でも、お祝いや御贈答品ではなくあくまでも手土産なので、 基本的にのし紙は不要です。 熨斗を付けたい場合 のし紙が失礼にあたるわけではありませんので、付けても問題ありません。 お盆の手土産にのし紙を付けるなら、一般的な贈答用ののし紙がよいでしょう。 水引は赤白の蝶結びのものを選びます。 お盆の時期だからといって、 忌事用の白黒結び切りののし紙を使ってはいけません。 結び切りは、繰り返し起こらないよう、1回きりでよいことのときに使うものです。 手土産は何度もらっても嬉しいものなので、蝶結びの水引ののし紙を使います。 デパートや大手スーパーで品物をギフト用に包んでもらうとき、のしについて聞かれることが多いと思います。 お盆の帰省時に持っていく手土産用であることを伝えて、のしを付けてもらうとよいでしょう。 のし紙の表書きは「御土産」「御挨拶」がよいかと思います。 帰省の時期が8月初旬なら「暑中御見舞」「暑中御伺」でもよいです。 ただし、暑中見舞いは立秋までの言い方なので注意が必要です。 立秋とはだいたい8月7日頃で、それ以後は残暑見舞いという言い方になります。 お盆の時期ぎりぎりに帰省するなら「残暑御見舞」「残暑御伺」のほうがよいでしょう。 表書きを書いたら、水切りの結び目の下に自分の名前を書きましょう。 手土産とお供えは別物 お供えとは「神仏の前に供えるもの」のことです。 帰省先のお宅に仏壇がある場合は、お盆の時期にお菓子や果物などのお供えを用意するはずです。 では、お盆の時期に帰省する場合、手土産とお供え物と両方用意するべきでしょうか? この疑問の答えは、地域やご家庭によって異なります。 大きな仏壇があるお宅や、お盆にご親戚やご近所の方を大勢呼んでご馳走をふるまう場合は、お供え物も用意していったほうがよいでしょう。 逆に、人寄せをしないお宅だと、大げさなお供えは返って負担になるかもしれません。 また、お盆の時期なら手土産は不要で、お供え物を用意するべきという地域もあります。 判断がつかない場合は家の人に聞くのが一番です。 お供え物であればのし紙は必要です。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 お供え物ののしについて詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 手土産の上手な渡し方のコツは、とにかく焦らないことです。 理想的な流れは以下の通りです。 帰省先に着いたら、玄関先で挨拶を交わし、部屋に上がります。 他のご家族や先客があれば、軽く挨拶します。 ご両親やご兄弟に改めて挨拶をし、お変わりないかどうか伺います。 椅子や座布団を薦められたら、腰かける前に手土産を渡します。 ポイントは、 きちんとご挨拶をしてから渡すところです。 早く渡したほうがいいだろうと思って玄関先で差し出したり、部屋に上がって何も話をしないうちにこちらの都合でさっさと渡そうと考えてはいけません。 特に義実家(旦那の実家)では一言添えて そのままお渡しするのは失礼にあたります。 また、予め紙袋から出した状態で家に上がるのもよくありません。 お渡しする直前に紙袋から出すようにしましょう。 手土産をお渡しするとき、何か一言添えましょう。 御主人や奥様のご実家では特に、 必ず言葉を添えるように気を配ります。 このとき「つまらないものですが」は不適切です。 思わず言ってしまいそうになる言葉ですが、使うべきではありません。 「お口に合うかどうかわかりませんが」 「皆さんでお召し上がりください」 このような一言を添えてお渡しすれば、喜んで受け取っていただけるでしょう。 もし、手土産と一緒にお供え物もお渡しする場合は、以下のような言葉を添えます。 「これは心ばかりですがお仏壇にお供えください」 「お供えいただければと思って少しですが持参しました」 お供えは、家の方に何も告げずに勝手に仏壇の前に置いてはいけません。 必ず一言お伺いを立ててからお供えさせてもらいましょう。 お盆の手土産の金額相場 では次に、お盆の手土産にふさわしいもの、ふさわしくないものについて解説します。 どんなものが喜ばれるでしょうか。 一番よいのは、ご両親やご兄弟など 贈る相手が好きなものを選ぶことです。 好みがわかっていれば選びやすいですよね。 夏の暑い時期ですから、冷やして美味しいものも喜ばれます。 また、皆さんのお住まいの地域の名産品や、テレビやネットで話題になっているものを選ぶのもひとつの方法です。 そこで以下に、お盆の手土産としてよく選ばれているものを挙げます。 情報が少なく選びようがないときなどは、ぜひ参考にしてください。 代表的な品物 お盆の手土産として、 まず選ばれるものはお菓子です。 後に残らないもの、食べるものは相手の負担になりませんし、一番喜ばれます。 日持ちするものがよいでしょう。 手間のかからないもの、火を入れたり切り分けたりしなくてもよいものなど、受け取る側の負担にならないことも大切なポイントです。 ひとつずつ個別包装されていて、小分けできるものも喜ばれます。 具体的には、冷やして美味しいゼリーや水ようかんの詰め合わせがおすすめです。 手荷物が多い場合は、クッキーなどの焼き菓子が軽くて持ち運びに適しています。 甘いものが苦手なご家庭なら、煎餅やおかき、豆菓子などがよいでしょう。 かさばらないもののひとつとして、お茶や紅茶、スティックコーヒーなどもおすすめです。 手荷物が増えてもよいなら、フルーツジュースや缶ビールも喜ばれます。 お菓子や嗜好品以外では、佃煮やふりかけ、密閉包装された海苔などもよいでしょう。 避けるべき品物 適さないもの、避けるべきものについても触れておきます。 日持ちしないものは避けるべきでしょう。 生もの、溶けてしまうものは、夏の手土産には適さないです。 かさばるもの、大きいものもよくありません。 金額の相場のところでも触れましたが、高価すぎるものは返って敬遠されてしまいます。 もらって負担になるような重いもの、置き場所に困るものは不適切です。 具体的には、 精肉や刺身などの鮮魚、アイスクリームは避けたほうがよいでしょう。 お盆に提灯を出すお宅も多いですが、頼まれてもいないのに勝手に提灯を持っていくのはよくありません。 同様に、置物や飾るもの、食器や漆器など形が残るものも、手土産には適さないです。 ただし、事前に話が通っている場合はその限りではありません。 手土産は親戚にも必要? 手土産は親戚の分も持っていくべきでしょうか? この疑問の答えも、そのお宅の事情によって異なります。 ただ、基本的には、親戚への手土産を持っていく必要はありません。 ご実家のご両親に渡せば十分です。 しかしもし、ご主人が子供のころから親しくしている親戚がいたり、その親戚がご両親と同じ敷地に暮らしている場合など、家族同然の付き合いがあるなら話は変わってきます。 必ず顔を合わせることになるわけですから、手土産も用意しておくべきかもしれません。 どうすればよいかは、ご主人に聞いてみてください。 男性はご実家のことに関わりたがらないかもしれませんが、根気よく相談しましょう。 お盆の手土産の熨斗についてまとめ• お盆の手土産にのし紙は不要• お盆の手土産にのし紙を付けたいときの表書きは「御土産」「御挨拶」「暑中御見舞」(立秋過ぎたら「残暑御見舞」がよい• 帰省先にご仏壇がある場合は、手土産の他にお供えも用意したほうが無難• 手土産の金額の相場は千円~3千円くらい。 豪華になり過ぎないこと。 日持ちして小分けできるお菓子が最適。 ご両親の好みのものを選ぶとなおよい。 手土産をお渡しするときはご挨拶を済ませてから。 紙袋から出して渡すこと。 ご主人や奥様のご実家、義実家への帰省の場合、何かと気を使いますね。 よいお盆休みを過ごせるよう、手土産にも気を配って喜んでいただきたいものです。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

お盆の手土産の熨斗(のし)はどうする?金額や品物までご紹介します|終活ねっとのお坊さん

お盆 手 土産

絶対喜ばれる!群馬のお土産18選!地元民「人気ランキング」&編集部おすすめを集めました 2018. 09 お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。 自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』が、地元民に「ご当地の美味しいお土産」のを調査し人気ランキングを発表! その他にも、定番からおすすめ商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け! 今回は、良質な温泉や四季折々の自然の中でのアクティビティが楽しい群馬県のお土産をご紹介。 知名度抜群なあの駅弁や、小麦の生産量を誇る粉食文化県ならではのフードなど、バラエティ豊かなお土産が揃いました! <目次> ~定番からおすすめ商品まで!イチオシお土産情報 1. 草津温泉 たまごボーロ 590円 カリフワな食感がクセになる人気商品。 カリッと砕けてふんわり溶ける甘い大玉のたまごボーロ。 昭和の駄菓子屋さん風パッケージが可愛い! 販売店:中吉堂本舗 湯畑前にあり、温泉饅頭やかりんとうなど懐かしの菓子が人気。 草津ラスク キャラメル・アマンド 8枚入 560円、草津ラスク ベイクドカカオ 120g 560円 香ばしさと甘さの絶妙なバランス。 スライスアーモンドを贅沢に使い、キャラメルでコーティング。 店のオープン以来一番人気! ほんのりビターでオトナな味わい。 一口サイズのココアパンにココアパウダーをふりかけて焼いたラスク。 ちょっぴりビターな味が人気。 販売店:グランデフューメ草津 一昨年開業のラスク専門店。 ジェラートの食べ放題でも話題。

次の