カモノハシ ペリー。 ゲームエージェント

ゲームエージェント

カモノハシ ペリー

分布 [ ] (東部、東部、、)。 分布域内では、、雨林、などの、高山地帯などののやなどに生息している。 分類 [ ] カモノハシがヨーロッパ人によって最初に発見されたのは1798年のことであり、カモノハシの毛皮やスケッチが第2代であったにより、へ送られた。 イギリスの科学者たちは、当初はこの標本が模造品であると考えていた。 1799年に Naturalist's Miscellanyへこの動物について最初に記載をおこなったは、「それが本物であることを疑わずにはいられない」と主張し、はアジア人の剥製師による物と信じていた という。 誰かがビーバーのような動物の体にカモのくちばしを縫い付けた物であると考えられ、ショーは縫い目がないかを確認するため、毛皮に切り込みを入れた。 形態 [ ] 全長はオスで最大630mm、メスで最大550mm、尾長は85 - 150mm、はオスで1 - 3kg、メスで0. 7 - 1. 8kg。 体毛の色は背面は褐色から茶褐色で、腹面は乳白色である。 外側の毛は水を弾き、内側の毛は保温性に優れている。 被毛は一般的な哺乳類と同様であり、一次毛胞の周囲に2つの二次毛胞が付随する毛胞群から形成される特徴を有し、一次毛胞の中心保護毛と1本の下毛とからなる毛束、側部保護毛と数本の下毛からなる毛束が確認できる。 名前の通りカモのように幅が広く、ゴムのような弾性のあるを持ち、外見上の大きな特徴の一つとなっている。 このくちばしには鋭敏なが通っていて、獲物の生体を感知することができる。 一方、カモノハシには歯がなく、長らく謎とされてきたが、三重大学などの共同研究チームの調査では、くちばしの向きや電気感覚を脳に伝える三叉神経が発達したために歯の生える空間が奪われ、歯の消滅につながったと考えられている。 は短く、が発達している。 の後脚にはがあり、この蹴爪からは後述のが分泌されている。 メスも若い時には後脚に蹴爪があるが、成長の過程で消失する。 哺乳類ではあるがは持たず、が育児で授乳の際は、にあるからがされる。 毒 [ ] オスの後足に見られる石灰質の蹴爪。 ここから毒を分泌する カモノハシはオスもメスも蹴爪を持って生まれるが、オスのみが毒の混合物を分泌する蹴爪を持っている。 この毒は主にのような類 DPL で構成されており、その中の三種はカモノハシ特有のものである。 このディフェンシンのようなタンパク質はカモノハシの免疫機構により生産されている。 のような小動物を殺すのには十分な強さの毒で、に対しては致死的ではないものの、被害者が無力になるほどの強い痛みがある。 その痛みは大量のモルヒネを投与しても鎮静できないほどであるという。 毒による(むくみ)は傷の周囲から急速に広がり、四肢まで徐々に広がっていく。 事例研究から得られた情報によると、痛みは持続的な痛みに対して高い感受性を持つ感覚過敏症となり、数日から時には数か月も続くことが指摘されている。 だが、ヒトがカモノハシの毒で死亡した例は報告されていない。 毒はオスの足にある胞状腺で生産されており、この腎臓の形をした胞状腺は後肢のの蹴爪へ、管によってつながっている。 メスのカモノハシは、と同じで、未発達の蹴爪の芽があるが、これは発達せずに1歳になる前に脱落し、足の腺は機能を欠いている。 毒は哺乳類以外の種によって生産される毒とは異なった機能を持つと考えられている。 毒の効果は生命に危険を及ぼすほどではないが、それでも外敵を弱めるには十分な強さである。 オスのみが毒を生産し、繁殖期の間に生産量が増すため、この期間に優位性を主張するための攻撃的な武器として使われると考えられている。 生態 [ ] 群れは形成せず単独で生活し、夕方や早朝に活動が最も活発になるである。 水中ではを閉じて泳ぐが、くちばしで生体電流を感知し獲物を探す。 動かなければ最大で11分ほど水中に潜っていることができるが、通常は1-2分程度である。 食性は肉食性で、、、、、、などを捕食する。 陸上を移動する場合、前足が地面に着く時に水掻きのある指を後ろに折りたたむようにして歩く。 水辺に穴を掘ってにする。 巣穴の入り口は水中や土手にあり、さらに水辺のなどに隠れ、外からはわからないようになっている。 繁殖期は緯度によるが8月から10月である。 繁殖形態は哺乳類では非常に珍しいで、巣穴の中で1回に1-3個の卵を産む。 卵の大きさは約17mmで、卵殻は弾性がありかつ粘り気のある物質で覆われている。 卵はメスが抱卵し、約10-12日で孵化する。 子供はくちばしの先端にを持ち、卵嘴を使用して卵殻を割って出てくる。 成体の4分の3程度の大きさになるまでに離乳し、約4か月で独立する。 メスは約2年で成熟する。 寿命は最大で21年。 種の保存状態 [ ] NEAR THREATENED Ver. 1 2001• 2016. In: IUCN 2017. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2017. Brian K. Hall 1999-03. BioScience American Institute of Biological Sciences 49 3 : 211—218. Australian Platypus Conservancy. 2006年9月13日閲覧。 Museum of hoaxes. 2008年4月2日閲覧。 Greek-English Lexicon, Abridged Edition. Oxford University Press, Oxford, UK. Grant. Australian Biological Resources Study ABRS. 2006年9月13日閲覧。 National Library of Australia 2001—08. 2006年9月14日閲覧。 2006年8月30日時点のよりアーカイブ。 2006年9月14日閲覧。 ANIMAL, David Burnie, Dorling Kindersley, 2006,• EDWARD B. POULTON 1894. J Cell Sc. s2-36: 143-199. 2016年11月30日. 2016年12月3日閲覧。 Australian Fauna. 2010年5月14日閲覧。 Usyd. edu. au 2008年5月8日. 2010年5月14日閲覧。 Rainforest Australia. 2010年5月14日閲覧。 Protein Spotlight 29. 2006年9月14日閲覧。. July 4, 2007• クリスティー・ウィルコックス 『毒々生物の奇妙な進化』(垂水雄二訳、文藝春秋、2017)• de Plater, P. Milburn and R. Martin 2001-03-01. Journal of Neurophysiology American Physiological Society 85 3 : 1340—1345. 2006年9月13日閲覧。 2009年4月16日閲覧。 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 カモノハシに関連する および があります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 Cath Jones and Steve Parish, Field Guide to Australian Mammals, Steve Parish Publishing, ,• ANIMAL, David Burnie, Dorling Kindersley, 2006, この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

カモノハシは毒を持つ哺乳類!?卵を産むのはどうして?

カモノハシ ペリー

分布 [ ] (東部、東部、、)。 分布域内では、、雨林、などの、高山地帯などののやなどに生息している。 分類 [ ] カモノハシがヨーロッパ人によって最初に発見されたのは1798年のことであり、カモノハシの毛皮やスケッチが第2代であったにより、へ送られた。 イギリスの科学者たちは、当初はこの標本が模造品であると考えていた。 1799年に Naturalist's Miscellanyへこの動物について最初に記載をおこなったは、「それが本物であることを疑わずにはいられない」と主張し、はアジア人の剥製師による物と信じていた という。 誰かがビーバーのような動物の体にカモのくちばしを縫い付けた物であると考えられ、ショーは縫い目がないかを確認するため、毛皮に切り込みを入れた。 形態 [ ] 全長はオスで最大630mm、メスで最大550mm、尾長は85 - 150mm、はオスで1 - 3kg、メスで0. 7 - 1. 8kg。 体毛の色は背面は褐色から茶褐色で、腹面は乳白色である。 外側の毛は水を弾き、内側の毛は保温性に優れている。 被毛は一般的な哺乳類と同様であり、一次毛胞の周囲に2つの二次毛胞が付随する毛胞群から形成される特徴を有し、一次毛胞の中心保護毛と1本の下毛とからなる毛束、側部保護毛と数本の下毛からなる毛束が確認できる。 名前の通りカモのように幅が広く、ゴムのような弾性のあるを持ち、外見上の大きな特徴の一つとなっている。 このくちばしには鋭敏なが通っていて、獲物の生体を感知することができる。 一方、カモノハシには歯がなく、長らく謎とされてきたが、三重大学などの共同研究チームの調査では、くちばしの向きや電気感覚を脳に伝える三叉神経が発達したために歯の生える空間が奪われ、歯の消滅につながったと考えられている。 は短く、が発達している。 の後脚にはがあり、この蹴爪からは後述のが分泌されている。 メスも若い時には後脚に蹴爪があるが、成長の過程で消失する。 哺乳類ではあるがは持たず、が育児で授乳の際は、にあるからがされる。 毒 [ ] オスの後足に見られる石灰質の蹴爪。 ここから毒を分泌する カモノハシはオスもメスも蹴爪を持って生まれるが、オスのみが毒の混合物を分泌する蹴爪を持っている。 この毒は主にのような類 DPL で構成されており、その中の三種はカモノハシ特有のものである。 このディフェンシンのようなタンパク質はカモノハシの免疫機構により生産されている。 のような小動物を殺すのには十分な強さの毒で、に対しては致死的ではないものの、被害者が無力になるほどの強い痛みがある。 その痛みは大量のモルヒネを投与しても鎮静できないほどであるという。 毒による(むくみ)は傷の周囲から急速に広がり、四肢まで徐々に広がっていく。 事例研究から得られた情報によると、痛みは持続的な痛みに対して高い感受性を持つ感覚過敏症となり、数日から時には数か月も続くことが指摘されている。 だが、ヒトがカモノハシの毒で死亡した例は報告されていない。 毒はオスの足にある胞状腺で生産されており、この腎臓の形をした胞状腺は後肢のの蹴爪へ、管によってつながっている。 メスのカモノハシは、と同じで、未発達の蹴爪の芽があるが、これは発達せずに1歳になる前に脱落し、足の腺は機能を欠いている。 毒は哺乳類以外の種によって生産される毒とは異なった機能を持つと考えられている。 毒の効果は生命に危険を及ぼすほどではないが、それでも外敵を弱めるには十分な強さである。 オスのみが毒を生産し、繁殖期の間に生産量が増すため、この期間に優位性を主張するための攻撃的な武器として使われると考えられている。 生態 [ ] 群れは形成せず単独で生活し、夕方や早朝に活動が最も活発になるである。 水中ではを閉じて泳ぐが、くちばしで生体電流を感知し獲物を探す。 動かなければ最大で11分ほど水中に潜っていることができるが、通常は1-2分程度である。 食性は肉食性で、、、、、、などを捕食する。 陸上を移動する場合、前足が地面に着く時に水掻きのある指を後ろに折りたたむようにして歩く。 水辺に穴を掘ってにする。 巣穴の入り口は水中や土手にあり、さらに水辺のなどに隠れ、外からはわからないようになっている。 繁殖期は緯度によるが8月から10月である。 繁殖形態は哺乳類では非常に珍しいで、巣穴の中で1回に1-3個の卵を産む。 卵の大きさは約17mmで、卵殻は弾性がありかつ粘り気のある物質で覆われている。 卵はメスが抱卵し、約10-12日で孵化する。 子供はくちばしの先端にを持ち、卵嘴を使用して卵殻を割って出てくる。 成体の4分の3程度の大きさになるまでに離乳し、約4か月で独立する。 メスは約2年で成熟する。 寿命は最大で21年。 種の保存状態 [ ] NEAR THREATENED Ver. 1 2001• 2016. In: IUCN 2017. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2017. Brian K. Hall 1999-03. BioScience American Institute of Biological Sciences 49 3 : 211—218. Australian Platypus Conservancy. 2006年9月13日閲覧。 Museum of hoaxes. 2008年4月2日閲覧。 Greek-English Lexicon, Abridged Edition. Oxford University Press, Oxford, UK. Grant. Australian Biological Resources Study ABRS. 2006年9月13日閲覧。 National Library of Australia 2001—08. 2006年9月14日閲覧。 2006年8月30日時点のよりアーカイブ。 2006年9月14日閲覧。 ANIMAL, David Burnie, Dorling Kindersley, 2006,• EDWARD B. POULTON 1894. J Cell Sc. s2-36: 143-199. 2016年11月30日. 2016年12月3日閲覧。 Australian Fauna. 2010年5月14日閲覧。 Usyd. edu. au 2008年5月8日. 2010年5月14日閲覧。 Rainforest Australia. 2010年5月14日閲覧。 Protein Spotlight 29. 2006年9月14日閲覧。. July 4, 2007• クリスティー・ウィルコックス 『毒々生物の奇妙な進化』(垂水雄二訳、文藝春秋、2017)• de Plater, P. Milburn and R. Martin 2001-03-01. Journal of Neurophysiology American Physiological Society 85 3 : 1340—1345. 2006年9月13日閲覧。 2009年4月16日閲覧。 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 カモノハシに関連する および があります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 Cath Jones and Steve Parish, Field Guide to Australian Mammals, Steve Parish Publishing, ,• ANIMAL, David Burnie, Dorling Kindersley, 2006, この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

カモノハシ

カモノハシ ペリー

ちなみにカモノハシの学名は「 Ornithorhynchus anatinus」 英名は 「Platypus」といいます。 全長はオスの最大で60cmほど、メスは55cmほどとオスより小柄になります。 体重はだいたい1~3㎏ほどです。 寿命は最大で21年です。 全身が茶色の毛で覆われていて、お腹側の毛は白っぽい色をしています。 外側の毛には水をはじく機能があり、内側の毛には保温機能があります。 一番の特徴はカモのようなクチバシを持つことで、名前の由来にもなっています。 このクチバシはゴムのように弾力があります。 4本の足は短く、水掻きを備えているため、泳ぐことを中心に進化したのでしょう。 平たい尻尾でかじを取りながら自由に泳ぎ回ることができます。 潜水時間は動かなければ10分ほど、泳ぎ回る場合は1~2分ほどです。 陸上を歩くときは指を折り曲げるようにして地面につけます。 水掻きを保護していると考えられています。 その不思議な見た目から、最初にカモノハシの絵を見た動物博士は、架空の動物だと思ったそうです。 また、剥製を見たときはクチバシに繋ぎ目がないか疑うほどでした。 それほどまでにインパクトがあったんですね。 通常なら考えられないような姿をしていたんです。 カモノハシはオーストラリアの固有種 カモノハシは オーストラリアの東部や タスマニア島の限られた地域に生息しています。 熱帯雨林の奥深く、ジャングルの中で暮らしています。 水棲なため、水辺のほとりに巣を作ります。 巣は地面に穴を掘るタイプで、入り口は水中か土手にあります。 水草で入り口を隠すこともあります。 早朝や夕方に活動が活発になる 「薄明薄暮性」と呼ばれる行動スタイルで、それ以外は巣の中で休んでいるようです。 カモノハシの食性 カモノハシは肉食性です。 甲殻類、魚類、両生類、昆虫類、ミミズ、貝類などを食べています。 水中でエサを捕まえるのですが、泳ぐときは 目を閉じた状態で獲物を探します。 この時に役に立つのがくちばしです。 動物が動くとき、筋肉ではわずかですが電気が発生します。 これを「生体電流」と呼びます。 カモノハシのくちばしには、この生体電流を感じることができる神経が詰まっています。 そのため、目に頼らなくても難なく獲物を捕らえることができるんです。 長時間の潜水をする必要が無いほどスムーズに獲物を捕まえます。 また、 カモノハシには歯がありません。 これは、電流を感じるための神経が歯の生える空間を占領したため、退化したからとされています。 ただし、くちばしの付け根には頑丈な固い皮膚「角質板」があるため、獲物を食べるのには苦労しません。 カモノハシには毒がある!? カモノハシのオスには前足の付け根に蹴爪を持っています。 この 蹴爪には毒があるんです。 危険が迫るとこの蹴爪を相手に刺して、毒を注入します。 この毒はカモノハシの免疫機能により作られるそうで、 犬ほどの小動物なら死に至らしめることができます。 人間などの大型の動物でも刺されてしまうと激痛が走ります。 この痛みはモルヒネなどの鎮痛剤が効かないほどの威力で、数週間、ひどい場合には 数か月間痛みが続くこともあります。 毒を持つ哺乳類は世界的にも数種類しかいないほど珍しく、毒針を持つ哺乳類はカモノハシのみです。 人間がカモノハシの毒によって死亡した事例はありませんが、その激痛はすさまじく、カモノハシに近付いたことを後悔するほどだそうです。 カモノハシは繁殖期に毒を生産する量が増えるため、8~10月までは特に注意されています。 ちなみにメスのカモノハシも蹴爪を持って生まれてきますが、成長と共に抜け落ちるそうです。 毒を持つ哺乳類には、東南アジアのスローロリスがいます。 ただ、こちらは毒針ではなく、全身に塗りたくる、刺激臭を発生させるタイプの毒です。 カモノハシは卵を産む!? 人間は人の形をした赤ちゃんを産みますよね。 これを胎生と言います。 哺乳類の多くは胎生です。 しかしカモノハシは非常に珍しく、 卵を産む卵生です。 卵生の哺乳類は世界で見てもカモノハシとハリモグラの仲間のみです。 繁殖期の8~10月になると、メスは1~3個の卵を巣の中に産みます。 卵の大きさは17mmほどで、弾力がありネバネバしています。 そしてしっぽで包むように抱卵することで、10~12日で卵が孵化します。 カモノハシの赤ちゃんは卵嘴(らんし)という卵を割るためのくちばしを持っていて、これを使って卵から出てきます。 孵化後は母親と一緒に生活し、4か月ほどで独立します。 ちなみにカモノハシには乳首がありません。 お乳は乳腺からにじみ出てきます。 赤ちゃんはにじみ出てきて毛に染み込んだお乳をなめることで栄養を得ています。 かなり珍しいカモノハシの授乳の様子 卵を産むのに哺乳類なの? 哺乳類は胎生なのが一般的です。 卵で繁殖するのは鳥類、爬虫類、魚類、昆虫類などですよね。 普通に考えたら卵を産むカモノハシは哺乳類じゃないように感じますが、立派な哺乳類です。 哺乳という漢字を見てみましょう。 これはお乳で子どもを育てるという意味です。 カモノハシは乳首こそありませんが、乳腺からにじみ出たお乳を子どもに与えて子育てします。 実は胎生か卵生かというのは、哺乳類かどうかを決定する決め手にはならないんです。 カモノハシも他の哺乳類と 同じ先祖から分離した動物です。 体毛、横隔膜、心臓、血液、そして授乳という哺乳類特有の体の特徴を持っているんです。 カモノハシはどうして卵を産むの? カモノハシが産卵によって繁殖する理由は、 カモノハシがより原始的な動物だからです。 哺乳類の祖先は爬虫類です。 カモノハシが持つ総排出腔も爬虫類や鳥類の特徴です。 爬虫類が卵生なのは納得できますよね。 その爬虫類から私たちのような哺乳類になる前の状態がカモノハシなんです。 カモノハシが生息しているオーストラリアやタスマニア島は、早くに独立した大陸であるため、原始的な動物が多いです。 カンガルーをはじめとする有袋類も、胎盤を持つ我々「有胎盤類」の祖先です。 天敵のいなかったオーストラリア大陸では、カモノハシなどの原始的な動物が生き残るのに最適だったんです。 普通は、自分より優れている動物が表れることで進化したり、滅ぼされたりしますが、カモノハシにはその必要が無かったんですね。 オーストラリアという特別な環境が、哺乳類のルーツとも言えるカモノハシを守ってくれていたんですね。 カモノハシは日本の動物園にいない! カモノハシはこれまで日本の動物園で飼育されたことがありません。 1996年に東京で開催される予定だった「世界都市博覧会」で展示される予定だったのですが、そもそもでオーストラリア政府からの許可が下りなかったみたいです。 世界都市博覧会自体も中止になっています。 カモノハシは希少種なため、オーストラリア政府により大切に保護されています。 取引が行われることはまずないと思われるため、今後も日本に持ち込まれることは無いでしょう。 これほどまでに保護されているため、絶滅の危険性は低いと言えます。 オーストラリア東部のビクトリア州のヒールズビル自然保護区やクイーンズランド州のローンパインコアラ保護区ではカモノハシが飼育されています。 本物を見たければオーストラリアまで行くのが無難です。 かわいいカモノハシの画像 日本で本物を見ることができないため、画面上で我慢しましょう。 まとめ ・カモノハシはオーストラリア東部やタスマニア島の限られた地域にのみ生息 ・前足の蹴爪に毒がある ・哺乳類なのに卵生で、乳首も無い ・カモノハシが卵生なのは原始的な哺乳類だから カモノハシは哺乳類のルーツとも言える存在です。 爬虫類から私たちのような哺乳類に進化した過程を表しているとも言えますね。 カモノハシによって、生き物の進化の謎が解明できつつあります。 本当に絶滅しなくてよかったですね。 奇跡とも言えます。 ぜひ本物のカモノハシを見てみたいものです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の