緻密 精密 違い。 【間違えると恥ずかしい!】「精算」「清算」の違いと使い方

研磨加工の基礎知識

緻密 精密 違い

今回は「正確」と「精確」の意味の言葉を説明していきたいと思います。 「正確」という言葉は聞いたことがあっても、「精確」は日常であまり耳にすることのない言葉なのではないでしょうか。 とはいえ、漢字からは「正確」に近い意味の言葉と連想できるでしょう。 基本的な意味の違いから、使用例まで紹介していきます。 「正確」と「精確」の基本的な意味の違いについて ではまず、二つの意味を見ていき違いを明らかにしていきましょう。 「正確」は 「正しく確かなこと。 事実と合っていて少しもまちがいのないこと。 また、そのさま。 」とあります。 それに対して 「精確」は、 「詳しくてまちがいのないさま。 綿密で正確なさま。 」とあります。 「精確」の説明の部分に、「正確」というワードが用いられてしまうほど、やはり似通った意味の言葉でした。 この二つは、基本的には殆ど同じ意味の言葉であるため、それぞれ言い換えが出来てしまうかもしれませんが、細かく分けるならば、やはり使い方のニュアンスが少し違います。 まず、 「正確」は、 確実に正解が存在するものに対して使うのが正しいです。 数学や、日常生活においては時間・場所など、確かな答えが存在するものに対して使います。 では、 「精確」はどうかと言えば、 客観的な評価に振り回されるものに対して使います。 つまり、時間など誰が判断しても一つの答えが存在するものではなく、作品の出来や機械の仕組みなど、技術に左右されるもの、そして、「正確」よりも「緻密である」というニュアンスを持っているのがポイントです。 「細かくよく出来ている!」という意味で「せいかく」という言葉を使う場合には、「精確」を使うのが良いでしょう。 このときはどっちの「セイカク」?具体的な使用例を紹介! ・この時計のデザインは「セイカク」に描かれている。 この場合は 「精確」が正解です。 時計というワードで「時間」を連想した方もいたかもしれませんが、「せいかく」が指す対象は時計の「デザイン」です。 デザインは客観的な評価に振り回されるものであるため、「精確」を使うのが適当です。 ・電車は「セイカク」な時刻に到着した。 この場合は 「正確」が正解です。 今回は、「せいかく」が指す対象は「時刻」つまり「時間」です。 これは誰が判断しても、一つの正しいものが存在するため、「正確」を使うのが適当です。 正確と精確の意味の違いとは?まとめ 以上が「正確」と「精確」の二つの言葉の意味の違いになります。 いかがでしょうか。 「精確」という聞き慣れない言葉も、今回を機に「正確」と使い分けながら、ぜひ活用してみて下さい。

次の

【例文あり】展望するの意味とは?論文・ビジネスでの使い方を解説

緻密 精密 違い

正確に、または、ほぼ正確に事実あるいは規格に従うか、完全な正確さで実行するさま の意• 厳しく気を配る; 厳しくて、徹底的な の意• 慎重に微細に開発されるか、または実行される の意• 細細たる• 細々たる• こと細か• 事こまか• 複雑さと詳細の豊かさで特徴付けられる の意• 凝った• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

不動態化・精密洗浄 | 八剣電解株式会社(やつるぎでんかい)

緻密 精密 違い

INDEX• 綿密の意味とは?|読み方・意味・定義を簡単にわかりやすく! やりかたが細かくて落ちのないこと。 緻密 ちみつ。 綿密と緻密の意味の違い 綿密とは、「計画」「行動」「結果」に対して使う言葉であり、それらに対して細かく気を配りやるべきことや必要とすることに漏れがないように注意しながら実行することを意味します。 一方、「緻密」とは、正確かつ精密な動作・行動が求められる物事や手法に対して用います。 綿密と緊密の意味の違い 緊密は聞きなれない言葉ですが「物事の関係が密接なこと」をさす言葉です。 緊密な関係、緊密な連絡といった使い方をします。 綿密とほぼ同じ意味ですが、外交などのオフィシャルで厳格な場面で使われることが多いです。 綿密と厳密の意味の違い 「綿密」は、人間の行為やその結果についていう。 「厳密」は、注意が行き届いて、すきのないさま。 綿密と精密の意味の違い 「精密」は「細かい点まで巧妙に作られていること、注意が行き届いていること」といった意味があります。 つまり機械などのものが正確に作られていることを精密と言います。 綿密との違いは対象物の違いです。 綿密は計画などの行動に対して使います。 綿密の対義語・反対語 粗雑・杜撰(ずさん) どちらも「細かい点まで行き届かず、誤りが多く、いい加減なこと」という意味です。 綿密の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、綿密の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上に知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の