ぶり バター 醤油。 ご飯が進む~!ぶりの生姜バター醤油焼きレシピ|今日のゆるゆるじぶん時間

バター醤油で 定番ステーキ 作り方・レシピ

ぶり バター 醤油

作り方• 玉ねぎはすりおろしておきます。 ニンニクは薄切りにしておきます。 牛サーロインステーキは筋切りをし、余分な脂を切り落とします。 弱火に熱したフライパンに、1の脂を塗り、有塩バターとニンニクを入れて炒めます。 香りが立ったらニンニクを取り出し、1を中火で焼きます。 焼き目が付いたら裏返し、塩、白こしょうをふり、中火で1分程焼きます。 3のニンニクを戻し入れ、蓋をして中火で3分程蒸し焼きにします。 中まで火が通ったら、玉ねぎ、しょうゆを加えて中火で全体に絡め、ひと煮立ちしたら火から下ろします。 5cm幅に切り、ごはんを盛り付けた丼にのせ、6の残りのソース、黒こしょうをかけて完成です。

次の

バター醤油ステーキ丼 作り方・レシピ

ぶり バター 醤油

あさりのバター醤油のレシピ/作り方 あさりのバター醤油は、あさり単体でも美味しいですが、 バターと相性のよい野菜をプラスして作るのがおすすめです。 また、 仕上げにレモンを加え、刻みねぎなどの薬味をプラスするとより美味しく仕上がってくれると思います。 今回は家庭で用意しやすいえのき茸を合わせます。 石づきを切り落とし、長さを半分にします。 鍋にあさりとえのき茸、分量の酒を加えます。 鍋に蓋をして強めの中火にかけ、酒が沸騰したら少し火を弱めます(ここで蓋を開けて確認してOK)。 蓋を戻して あさりの口がいくつか開くまで1〜2分待ちます。 そうなればバターと醤油を加え、再び蓋をします。 あさりの口がすべて開くまで火を通します。 あさりに火が通れば、蓋を取って軽く混ぜ合わせ、器に盛り付けます。 刻みねぎをちらし、レモンを食べる直前にしぼりかけて完成です。

次の

夏感溢れる、ヤングコーンとアスパラベーコンにんにくバター醤油炒め【ヒャダインの台所 Vol.8】(クロワッサンオンライン)

ぶり バター 醤油

夏野菜!いいですよね。 見るからに元気なやつら。 ピーマン、ナス、ゴーヤ、トマト、キュウリ。 形も色も派手なんですよ。 レンコン、とか白菜、とか淡い連中は夏っぽくないもんね。 で、今回夏野菜がテーマでスーパーをうろちょろしてたらヤングコーンが葉っぱ付きで特売! 初めて見たよ葉っぱつきのやつ。 即購入。 アスパラとベーコンという鉄壁の布陣で迎え撃つことに。 にんにくバター醤油を思いついた時点でもう勝利宣言です! ヤングコーン、若さゆえのツンとした力強さがあり「若いって、いいな」と自分の加齢を再確認。 で! 夏だからお祭り! 焼きもろこし! てことで、にんにくバター醤油をちょっと焦がし気味にしたんです。 これポイント! 一気に夏感が出る。 まあ、とはいえ、10代の頃誰かとお祭りなんか行ったことないし、屋台で買い食いもしたことなかった人生だなあ。 境内で夕涼みとかしたかったなあ。 「若いって、いいな」。 そんな味です。 【ヤングコーンとアスパラベーコンにんにくバター醤油炒めの作り方】 <材料(作りやすい分量)> ヤングコーン8本 ベーコン 80g アスパラ 4本 発酵ギー(なければ普通のバターで大丈夫) 適量 にんにく ひとかけ 醤油 大さじ1 1. ヤングコーンは小さく輪切りにする。 アスパラ、ベーコンは食べやすい大きさにカット。 にんにくはみじん切りにする。 フライパンにギー(バター)をひいて弱火でにんにくの香りを出す。 ヤングコーンを先に炒める。 少し焦げ目がつくくらい。 ベーコンとアスパラを投入。 ベーコンから脂を出すイメージで炒める。 いい感じになってきたら醤油を鍋肌から回し入れる。 あえて焦がすイメージ。 アスパラの根っこらへんを味見して火が通っていたらできあがり!.

次の