ポットデス。 【ポケモン剣盾】ヤバチャの真作・贋作の見分け方!進化方法も解説!【ポケモンソードシールド】

ポットデス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポットデス

もくじ• 【のろわれボディ 夢特性 】 相手から技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 弱点 「2倍」ゴースト、あく 耐性 「0. 基本的には「ポットデス 贋作 」ですが、1%で「ポットデス 真作 」が登場するようです。 自分は見たことがありませんが、性能に差は無いのでどちらを使っても構いません! ポットデスは、 特攻種族値が異常に高いポケモンですが、素早さが半端なのが難点です。 さらに、 ある技を覚えることで、ポットデスの人気がじわじわと高まっています! ポットデスの育成論 特性 【くだけるよろい】 物理技を受けると、『防御』ランクが1段階下がり、『素早さ』ランクが2段階上がる。 弱点 「2倍」ゴースト、あく 耐性 「0. ポットデスがひかえめ最速であっても、スカーフなし最速ドラパルトは抜けます。 特性「くだけるよろい」発動時であれば、スカーフ有りドラパルトでも問題ありません。 よほど遅いポケモンではない限りは、ほぼほぼ先制から一撃で落とすという動きが可能です。 確実に「からをやぶる」ために、持ち物「きあいのタスキ」は絶対に必要です。 特殊攻撃であれば耐えるものの、物理攻撃はそこまで耐えられませんしね。 バトンをしない場合でも、「シャドーボール」や「アシストパワー」で超火力は出せます。 アシストパワーは、エスパー特殊威力20の技ですが、ステータスのランクが上がるたびに威力が上がる効果を持ちます。 「からをやぶる」の後は威力140となり、 タイプ一致のシャドーボールと同威力が出せるわけです。 きあいのタスキが発動した後だと、「ふいうち」などの先制技で簡単に倒されるのは注意ですが。 後はトリックルーム持ちや、ちょうはつで変化技を封じられるのにも注意です。 まとめ 「からをやぶる」からの「バトンタッチ」というロマンを行えるのがポットデスです! まぁ、これを防がれると簡単に負けてしまう訳ですが、決まってしまえば勝率はグーンと上がります。 今作ではダイマックスでHPを上げられるものの、そんなの関係ないって感じで倒せるのも気持ちいいですね。

次の

【S6 シングル】ポットデスで3タテ構築【最終1906位】|ポケモンパーティ構築|ポケモン徹底攻略

ポットデス

ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のヤバチャとポットデスの情報をご紹介しておきます。 今回は、ヤバチャやポットデスには、真作と贋作があるというものです。 ポケモン剣盾、ヤバチャに真作と贋作 「ポケモン ソード シールド」には、ヤバチャとポットデスという新ポケモンが登場します。 ポケモンのデザインとしては、ヤバチャはティーカップのようなポケモン、ポットデスはティーポットのようなポケモンです。 つまり、どちらも生き物ではなく「人工物」がモチーフですが、この2つのポケモンにはそのモチーフを活かした特徴も入っています。 それは、真作(しんさく)と贋作(がんさく)が存在するというものです。 底にマークがある子が真、無い子が贋作?19体目でやっと出た、、。 進化に使うアイテムが違う。 美術品などに使われることが多い用語ですが、「ポケモン ソード シールド」のヤバチャとポットデスには、アンティークという設定なのか、このような違いが入っています。 その違いは、本物のマークが存在するかどうかです。 ヤバチャの場合は、ティーカップの底の部分に、ポットデスの場合は、上の部分にマークが存在するので、このマークがあれば真作、なければ贋作です。 ポットデスへの進化も違う ニンテンドースイッチ「ポケモン ソード シールド」のヤバチャとポットデスの真作と贋作の違いは、マークの存在だけではありません。 ヤバチャからポットデスへの進化は、「かけたポット」と「われたポット」というアイテムを使用して行います。 「かけたポット」と「われたポット」は、ラテラルタウンの「ほりだしもの市」の日替わりアイテムで販売されていることがあります。 また、「われたポット」は、ラテラルタウンのジム付近にある建物のはしごを上った先で拾うことも出来ます。 真作のヤバチャは、「かけたポット」でのみ進化します。 贋作のヤバチャは、「われたポット」でのみ進化します。 これは逆に言えば、「かけたポット」又は「われたポット」を使用して進化できるかどうかで、真作か贋作かを判断できるということでもあります。 ヤバチャもポットデスも、マークが分かりにくいようになっているので、どちらなのか判断する方法として、道具で判断するという方法も知っておくといいでしょう。 なお、ヤバチャもポットデスも、真作と贋作で個体値が異なったりすることなどはなく、あくまでもデザインや図鑑の説明が違うだけです。 また、ヤバチャはルミナスメイズの森などにいますが、真作の遭遇確率はかなり低く、出会うのはほとんどが贋作です。 このため、レアな個体はマーク付きの方です。 野生のポットデスはいませんが、マックスレイドバトルでは入手できます。 こちらも、レアな個体はマーク付きの方です。

次の

ポットデスの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポットデス

性格を臆病にして最速スカーフヒヒダルマやオノノクス抜きにした方が多分良いです) 殻を破った後も耐久を維持したいため、しろいハーブを持たせました。 ハーブティー• 運用方法 後述するガオガエンが作った起点や有利対面でからをやぶるを積み、3タテを目指します。 多くの物理相手なら、先制でちからをすいとるを打てるため、回復しながら突破することができます。 のんき• 役割 ポットデスがからをやぶるを積むための起点作成要員、クッション 壁貼りオーロンゲも考えましたが、すりぬけドラパルトが増えているため、こちらを採用しました。 調整や持ち物 技構成に微妙な差異はありますが、カプ・サイシン様の 「後続につなげる 後攻すてゼリフガオガエン」を使わせていただきました。 運用方法 初手に投げていかくや後攻すてゼリフで相手のアタッカーの能力を下げ、ポットデスが積む起点を作ります。 挑発はカバルドンやエルフーンなどの起点作成要員に、おにびは主にミミッキュやクリアボディドラパルト用。 いじっぱり• 役割 トゲキッス対策、ダイマックスエース 先にトゲキッスに積まれる展開が苦しかったため採用しました。 調整や持ち物 Sは準速トゲキッスより遅く、砂かき発動時に最速スカーフサザンドラ抜きに調整。 トゲキッスのダイバーンを受け弱点保険を発動させながら後攻ダイロック、次のターンに砂かきで先制して倒すことで相手の弱点保険を無視できます。 ひかえめ• 72勝 43敗、最終1906位 レート:1862 3桁に届かず微妙な順位ですが、ポットデスが3タテする試合も多く、個人的には満足する結果でした。 ダイマックスギャラドスを回復しながら突破したり、2度殻を破ったアシストパワーでダイマックスポケモンを一撃で倒したりと使っていて非常に楽しかったです。 また、すりぬけドラパルトの増加、ドレパンアッキミミッキュの流行、サザンドラの使用率低下から、そこそこ環境にあっていたように感じました。 最後に ここまで読んでいただきありがとうございました。 構築記事を読んでの感想や質問、改善点のご指摘があれば、コメントしていただけると嬉しいです。 (ポットデスに関しては、調整等を吟味して育成論として投稿しようと考えています) 1山本四郎 fHICDRCyqLsw7FM シーズン4から始めてこの成績は大変素晴らしいと思います。 ひとつだけ気になった点なのですが、ドリュウズはいじっぱりにしてH220A116S124と振れば全く同じステータスになってなおかつ努力値が50余ります。 一般論ですが、種族値が一番高いステータスに性格補正をかけると最高効率になりやすいのでSラインを準速以下にする場合はその点を気にかけると良いと思います。 ご指摘ありがとうございます。 解説や説明などとても参考になりました。 ひとつ質問なのですが、ドリュウズの努力値振りを訂正されていましたが、余った努力値はどこに振ったら良いとかありますか?初心者なのでどこにどれくらい振ったらどのようにバトルに影響してくるのかなどほとんど分かっておりません。 おすすめの振る場所がありましたら教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。 ドリュウズの努力値ですが、役割対象であるトゲキッスにはこの調整で事足りるので、トゲキッスを倒した後の展開を想像するといいと思います。 すると、突破力を増すためにAに振る、後続の先制技で倒されにくくするために耐久に振るといったことが考えられます。 私からはいじっぱりH252 A116 S140を勧めます。 耐久が強化され、砂かき発動時に最速スカーフリザードンの上を取ることができます。 (Aが低いので弱点保険を発動させるような立ち回りを意識する必要がありますが) 努力値の調整は環境・パーティ・個人の好みによって変わりますが、参考にしていただければ幸いです。

次の