プライバシーポリシー コピペ 設定方法。 【コピペOK】プライバシーポリシーの雛形とWordPressの設定方法

アドセンスブログに必須! プライバシーポリシー(コピペでOK)と運営者情報の作成手順

プライバシーポリシー コピペ 設定方法

WordPress 4. 6への更新により、新たに追加された機能に 「プライバシー設定」 というのがあります。 この法律はウェブサイトにおいても適用され、サイト管理者は収集した個人情報(個人データともいう)をどのように扱うかを記載しなければいけません。 ワードプレスにおいては、 2018年5月25日発効の EU一般データ保護規則( GDPR)により、特定の状況にあるサイトは、プライバシーポリシーの設定が必須となりました。 これはでも公言されております。 特定の状況にあるサイトというのは、例えば、Googleのアクセス解析サービス 「 Google アナリティクス」を利用しているウェブサイトなのことです。 これは、Googleアナリティクスの利用規約にもちゃんと明記されています。 また、プラグイン使用なども同様でプライバシーポリシーが必須なものもあります。 まあ、ワードプレスを運営する上では、何かしら他のサービスを使っていますので、プライバシーポリシーは設定しておいた方が無難です。 というわけで、このページではプライバシー設定の方法を画像付きで紹介していきましょう。 プライバシー設定のやり方 プライバシー設定にアクセスするには、ワードプレス管理画面の設定からプライバシーを選択します。 設定 > プライバシー プライバシー設定にアクセスすると、以下のようになります。 SPONSORED LINK プライバシーポリシーの新規ページを作成する プライバシーポリシーの新規ページを作成するには「新規ページを作成」をクリックします。 すると、固定ページの編集画面に移行し、プライバシーポリシーに関するテキストが自動的に入力されます。 自動で入力されたテキストは完璧ではないので。 必要に応じて内容を修正し 公開をクリックします。 これで、プライバシーポリシーのページは完了です。 なお、実際にこのサイトでも使用しているプライバシーポリシーのページを貼っておきます。 よかったら、コピペして使用ください。 赤い文字の箇所は、あなたのサイトに合わせて修正を行ってくださいね。 住所: メールアドレス: このサイトが収集する個人データと収集の理由 当サイトが受領する個人データの多くは、弊社の各種商品や有料・無料のサービスを取得することに関心のあるお客様から直接提供していただいたものです。 これらの情報には通常、お客様の氏名、住所、電子メールアドレス、電話番号が含まれます。 そのほか、個人データと関係しうる性別、年齢、子供の数、趣味、その他もろもろの情報も収集することがあります。 お客様が商品やサービスを購入した場合には、例えば、クレジットカード情報(クレジットカード番号は弊社には送信されず、直接、各カード会社に、照会されます)、注文又は購入したサービス又は商品の種類がわかります。 私共はお客様がウェブサイトに登録、ログオン又は訪問したときにも(無料提供情報希望登録、メールマガジン購読登録、ウェブサイト上の活動への参加を含みます)個人データを収集します。 また、当サイトが取得した個人データは、取得の際に示した利用目的もしくは、メールフォロー、バージョンアップ等のお知らせ、新サービス(広告含む)のご案内などに使用します。 コメント 訪問者がこのサイトにコメントを残す際、コメントフォームに表示されているデータ、そしてスパム検出に役立てるための IP アドレスとブラウザーユーザーエージェント文字列を収集します。 メールアドレスから作成される匿名化された 「ハッシュ」とも呼ばれる 文字列は、あなたが Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。 コメントが承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。 メディア サイトに画像をアップロードする際、位置情報 EXIF GPS を含む画像をアップロードするべきではありません。 サイトの訪問者は、サイトから画像をダウンロードして位置データを抽出することができます。 お問い合わせフォーム 当サイトのお問い合わせフォームから収集する個人データは、主にメールアドレス、名前、 IPアドレスです。 保持期間は約 1年間ですが、マーケティング目的には使用しないことを言及しておきます。 Cookie サイトにコメントを残す際、お名前、メールアドレス、サイトを Cookie に保存することにオプトインできます。 これはあなたの便宜のためであり、他のコメントを残す際に詳細情報を再入力する手間を省きます。 この Cookie は 1年間保持されます。 もしあなたがアカウントを持っており、このサイトにログインすると、私たちはあなたのブラウザーが Cookie を受け入れられるかを判断するために一時 Cookie を設定します。 この Cookie は個人データを含んでおらず、ブラウザーを閉じた時に廃棄されます。 ログインの際さらに、ログイン情報と画面表示情報を保持するため、私たちはいくつかの Cookie を設定します。 ログイン Cookie は 2日間、画面表示オプション Cookie は 1年間保持されます。 「ログイン状態を保存する」を選択した場合、ログイン情報は 2週間維持されます。 ログアウトするとログイン Cookie は消去されます。 もし投稿を編集または公開すると、さらなる Cookie がブラウザーに保存されます。 この Cookie は個人データを含まず、単に変更した投稿の ID を示すものです。 1日で有効期限が切れます。 他サイトからの埋め込みコンテンツ このサイトの投稿には埋め込みコンテンツ 動画、画像、投稿など が含まれます。 他サイトからの埋め込みコンテンツは、訪問者がそのサイトを訪れた場合とまったく同じように振る舞います。 これらのサイトは、あなたのデータの収集、 Cookie の使用、サードパーティによる追加トラッキングの埋め込み、埋め込みコンテンツとのやりとりの監視を行うことがあります。 アカウントを使ってそのサイトにログイン中の場合、埋め込みコンテンツとのやりとりのトラッキングも含まれます。 アナリティクス 当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイト品質向上のために Googleによるアクセス解析ツール「 アクセス解析の名前を入力してください(例:Googleアナリティクス)」を利用しております。 このアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のため Cookieを使用しています。 このデータは個人データではなく非個人データです。 また、 Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりとサービス改善のために利用されています。 取得したデータをどのように扱い、どのような形でプライバシーを保護するというのかについては Googleポリシー基づいて管理されます。 詳しくは「」に記載されている内容からご覧いただけます。 あなたのデータの共有先 当サイトは、皆さまのご承諾がない限り収集した個人データを第三者に提供いたしません。 商品や有料サービスの料金を決済する場合に、金融機関などとの間で個人データを交換することがあります。 金融機関の口座番号の正当性やクレジットカードの有効性を確認するためです。 これは、モデレーションキューにコメントを保持しておく代わりに、フォローアップのコメントを自動的に認識し承認できるようにするためです。 このサイトに登録したユーザーがいる場合、その方がユーザープロフィールページで提供した個人情報を保存します。 すべてのユーザーは自分の個人情報を表示、編集、削除することができます ただしユーザー名は変更することができません。 サイト管理者もそれらの情報を表示、編集できます。 データに対するあなたの権利 このサイトのアカウントを持っているか、サイトにコメントを残したことがある場合、私たちが保持するあなたについての個人データ 提供したすべてのデータを含む をエクスポートファイルとして受け取るリクエストを行うことができます。 また、個人データの消去リクエストを行うこともできます。 これには、管理、法律、セキュリティ目的のために保持する義務があるデータは含まれません。 あなたのデータの送信先 訪問者によるコメントは、自動スパム検出サービスを通じて確認を行う場合があります。 このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通知を掲載した日から有効となります。 このプライバシーポリシーの変更は、当サイトからの変更通知前にお客様が提供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。 当サイトの個人情報の利用に関する変更に同意できない場合には、個人情報削除の意向を当サイトに通知しなければなりません。 データの保護方法 当サイトはお客様のデータの安全と秘密保持を最も重要なものと考え、お客様のデータを不正アクセスや不正利用から保護するための技術的、管理上及び物理的セキュリティ対策を実施しています。 当サイトは、適切な新しい技術や方法を検討するために適宜セキュリティ対策を見直しますが、 100%安全なセキュリティ対策は存在しないことをご了承ください。 データ漏洩対策手順 このセクションでは、内部報告制度、問い合わせの仕組み、または、バグ発見報奨金制度といった、潜在的または実際に発生したデータ漏洩への対策として整えている手段を説明する必要があります。 データ漏洩に関する兆候や事実を確認した場合、また外部から通報があった場合、サイト運営者に報告します。 その後、データ漏えい対策を速やかに行います。 まず、構内ネットワークが有線 LANによる場合は LANケーブルを抜き、無線 LANの場合はネットワークから切断し、二次被害の防止を行います。 必要あらば、サービスの停止などを検討します。 なお、外部の通報者の連絡先等を控えておくことも重要です。 データ漏洩の調査を行い、事実関係を裏付ける情報や証拠を確保します。 漏えいした個人情報の本人、取引先などへの通知、監督官庁・警察・ IPA(独立行政法人情報処理推進機構)などへの届出、ホームページによる公表を検討します。 漏えいした個人情報の本人に被害が及ぶ可能性がありますので、特別な理由がない限り本人に通知を行います。 また、紛失・盗難のほか不正アクセス、内部犯行、脅迫等不正な金銭の要求など犯罪性がある場合は警察へ届出ます。 データ漏えいによって発生した被害の拡大の防止と復旧のための措置を行います。 また、再発防止に向けた具体的な取り組みを検討・実施し、安全確認をした上で停止したサービスやアカウント、遮断したネットワーク等の復旧をして行きます。 プライバシーポリシーのページを作成した後にやるべきこと プライバシーポリシーのページを作成したら、トップページとリンクしておきましょう。 できれば、ナビゲーションメニューかフッターのメニューにリンクを貼り、プライバシーポリシーのページに飛べるようにしておきます。 個人的におすすめはフッターへリンクを貼っておくことです。 理由は、プライバシーポリシーなんて、めったに見ないページですから目立たなくて結構です。 しかし、トップページからのリンクは必須なので、ナビゲーションメニューかフッターからのリンクをしておきましょう。 以上で、プライバシーポリシーのページ作成は終了です。 少し、面倒臭いですが、ワードプレスにおいてサイト解析やプラグインの導入をやっているなら必須ですので、ちゃんと設定しておきましょう。

次の

ブログに必須!初心者でも分かるプライバシーポリシーの書き方【コピペOK】

プライバシーポリシー コピペ 設定方法

・プライバシーポリシーって何 ・書き方とか設置方法を詳しく教えて このような要望にお応えします。 プライバシーポリシーは、Googleアナリティクスやアドセンス広告を使用している場合 必ずサイトに設置しなければなりません。 理由は、上記のようなツールを利用している時点で、サイト訪問者の個人情報を扱っていることになるからです。 また、ASPを活用している方は 免責事項も設定しておく必要があります。 こちらは、 あなたが紹介した商品・サービスに欠陥があった場合に、あなたを守ってくれる大事な項目になります。 ということで、今回は99%のブロガーが設定しなければならない プライバシーポリシーの書き方と設置法を紹介します。 ブログにおけるプライバシーポリシーとは まずは、プライバシーポリシーが何なのか見ていきましょう。 プライバシーポリシーとは、「 ウェブサイトを運営するに当たって、取得した個人情報をどのように扱うかを記載したもの」のことです。 詳細については、公益社団法人の日本協会で詳細に述べられていたので以下をご参照ください。 「プライバシーポリシー」とは、個人情報について、その収集や活用、管理、保護などに関する取り扱いの方針を明文化したものをいいます。 すべてのウェブサイトに必要なものではありませんが、個人情報を収集するサイトの場合は、プライバシーポリシーの制定と明記が必要とされています。 具体的には、以下の内容を有するウェブサイトが対象になります。 商品や各種サービスの申込み、確認• 懸賞・クイズへの応募• カタログ・資料請求• 会員制サイトへの登録や入会• イベントの参加申込み、施設の利用申込み• メールによる問い合わせ、照会や意見募集• 電子会議室や掲示板• メルマガ等の配信登録• クッキーによるユーザー識別やアクセス情報の収集• その他、何らかの形で個人情報を収集するもの 参照: 次に私達がこのプライバシーポリシーを設定しなければならない理由を見ていきましょう。 プライバシーポリシーの設置理由 では、なぜ私達ブロガーがプライバシーポリシーを設置する必要があるのでしょうか。 個人情報なんて取得したつもりない! と当初僕も思っていました。 しかし、多くのブロガーが使っている お問い合わせフォームとアクセス解析ツールが個人情報の取得に該当します。 例えば、お問い合わせフォームの場合は「 メールアドレスと名前」。 googleアナリティクスだと「 住所や使用機器、年齢」等のデータを取得しています。 プライバシーポリシーの設置を通して、「集めた個人情報を大切に保管し、不用意に扱わない」とサイトで明示する義務があります。 プライバシーポリシーの設置は、個人情報のトラブルを防ぐだけではなく サイトの信頼性という観点からSEO対策にもなるので必須です。 では、続いてプライバシーポリシーに併せて盛り込みたい2つの要素を解説します。 ブログのプライバシーポリシーに併せて盛り込む要素 ・自分の著作権を守るために 「自分が作成している記事やオリジナルの写真、動画を無断で転載しないでください」 ・ 著作権の問題に絡まれないように 「当サイトで載せている画像や動画の著作権・肖像権などはそれぞれの権利者に帰属します」 著作権の侵害は、罰金やサイト停止に追い込まれる可能性があるのでくれぐれも注意が必要です。 詳しくは、下記の記事を参照ください。 必要な要素とその理由が分かったところで、免責事項と著作権を含めたプライバシーポリシーの書き方と設置方法を見ていきましょう。 ブログのプライバシーポリシーの書き方&設置方法 【コピペOK】 プライバシーポリシーを書く場所 まずは、プライバシーポリシーを記入する場所まで行きましょう。 テーマによっては元から「免責事項」や「プライバシーポリシー」が固定ページに入っています。 そうしたページは、サンプルなので消して大丈夫です。 その上で、上記の手順を使って新しく固定ページにプライバシーポリシーのページを作りましょう。 次に紹介するテンプレートを貼りつけて、自分なりのプライバシーポリシーを作っていきましょう。 テンプレート【コピペOK】 早速ですが、先ほど開いた固定ページに下記の内容をコピペしましょう。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令等への協力のため、開示が必要となる場合 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止 ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「」をご覧ください。 また、当ブログでは、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはしてください。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 マーカーを付けたところは、あなたのサイト名に書き換えてください。 適宜 自分に必要な情報は追加して、オリジナリティの高いプライバシーポリシーの制作に努めてください。 最後に記事の 公開ボタンを忘れずに押しましょう。 ブログに設置する 最後に、公開した記事を見てもらえるように導線を作りましょう。 プライバシーポリシーは、 フッター サイトの1番下 に設置するのが一般的です。 設置方法 ・プライバシーポリシーは、サイトの信頼性を保持するためにも必要 SEO対策としても ・先ほど紹介した 免責事項と著作権を盛り込む(基本コピペOK ・フッターなどに設置するところまで忘れずに ブログを長くやっていくのであれば、ブログの規則はきちんと守りましょう。 「 郷に入れば郷に従え」です。 今回紹介したプライバシーポリシーも設置しておくことで、 トラブルがあった時の解決手段となります。 健全なブログ運営を続けることで、結果的にサイトの評価も上がります。 グレーな手法は、Googleのアップデートで淘汰されていくため 最後までお読みいただきありがとうございました。 他の ブログ運営に役立つ記事は、下記にまとめているのでご活用ください。

次の

プライバシーポリシーは雛形をコピペするだけ!作成方法を解説!

プライバシーポリシー コピペ 設定方法

「Google Analytics」でも読者さんの性別や年令、ブログ内でどんな動きをしたかなどの情報を取得しますから、プライバシーポリシーの設置は必要になってきます。 また、ブログで取り扱う広告やアフィリエイトのサービスによっては、プライバシーポリシーに記載して置かなければならない項目などもあります。 プログラム相手だけではなく、 プライバシーポリシーが設定されているだけで読者さんの安心感も全然違いますので、しっかり設定していきましょう! プライバシーポリシーページの作り方! ワードプレスにはデフォルトでプライバシーポリシーのページがあります。 固定ページの中に下書きとして保存されているのですが、これは EU一般データ保護規則(GDPR)に則ったテンプレートなので、入力項目が非常に細かく分かりづらいです。 なので、 新規固定ページを立ち上げて 独自のプライバシーポリシーページを作ってしまいましょう。 タイトルに【 プライバシーポリシー】• パーマリンクに【 privacy】 と入力しましょう。 必要なプライバシーポリシーを掲載する! プライバシーポリシーの本文は、ブログによって必要な記載が変わってきます。 あなたのブログにぴったりなプライバシーポリシーを記載していきましょう。 Analyticsを導入する場合 ブログの運営に「 Google Analytics」を使用している場合は下記のような記載が必要です。 Google Analyticsを利用していること• cookieを使ってトラフィックデータを収集していること• cookieは無効化できること 下記のような文章になります。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはをご覧ください。 各種広告を貼る場合 ブログ内に アドセンスや アフィリエイト広告を貼る場合には広告についての記載も必要になります。 記載する公告によって記載内容が変わってきますが、下記の内容だとあらゆる広告で対応できます。 広告を利用しているサービス名を明記• 広告配信にはcookieを利用していること• アドセンスはcookieを解除することができること などを記載する必要があります。 下記のような文章になります。 net、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をご覧ください。 広告やアフィリエイトサービス名は必要に応じて(あなたがブログに掲載する広告に応じて)変更して使ってみてくださいね。 コメント欄を設置している場合 コメント欄を設置している場合にも表記が必要になります。 逆にコメント欄を設置しない場合はこちらの表記は必要ありませんので、あなたのブログに合わせて表記するかしないかを決めてくださいね。 下記のような文章になります。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・当サイトからのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答 ・ご注文いだいた商品を発送する場合 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 まとめ 今回は プライバシーポリシーの作り方と、掲載する本文の例などを合わせて紹介しました。 Google AdSenseの審査やアフィリエイトサービスの提携申請などでも、プライバシーポリシーを掲載していないと審査や申請が通りづらかったりする場合もあります。 そして何より、ブログを訪問してくれる読者さんに対して「 このブログに集まった個人情報は大切に扱いますから、安心してくださいね」と伝えることで、 安心してブログを閲覧してもらえる材料ともなりますので、しっかり設定していくようにしましょう!.

次の