サムネ サイズ。 画像リサイズツール

Cocoonを利用する際に是非行って欲しい画像設定5つ

サムネ サイズ

画像情報 読込み画像のサイズに関する情報を表示します。 このボタンは、キャンパスを初期画像のサイズに戻します。 リサイズ 数値入力による画像サイズの変更、容量(kb)の表示が可能です。 縦横比にチェックが入っていると、画像の縦横比を保ちます。 2倍ボタン 2の倍率で拡大・縮小するボタンです。 3000px以上拡大しすぎると重くなるので気をつけて下さい。 (パソコンによりますが) 画像形式 画像化ボタンで画像を作成します。 JPGとPNGの2種類になります。 透明情報のある画像をjpgで保存する時は色指定できます。 画像読込み方法• 画像ファイルのドロップは破線の内側にドロップします。 画像の貼付けは、ストライプ線の中で貼り付けます。 外部サイトの画像URLを読み込みます。 (JPG,PNG,GIF まとめ ペイントより使いやすいリサイズツールが欲しいと思って作りました。 大きさを確認してサイズ変更するのに便利です。 HTML5のCANVASという機能を使っています。 バージョンアップ を作りました。 読み込める画像増加、画像ペーストでの読み込みの不具合改良• アンチエイリアス機能、背景色機能。 デザインシンプル&画像描画時の軽量化 こちらのリサイズツールでの不具合、改良点などをリサイズツール2で修正してるのでリサイズツール2を使っていただく事をお勧めします。 環境によって不具合あるかもしれませんのでこちらも残しておきます。

次の

テーマ全体のサムネイル画像の縦横比(アスペクト比)を変更する方法

サムネ サイズ

Cocoon設定でサイズ変更 サムネイルサイズの縦横比を変更するには、まずテーマ設定を開きます。 WordPress管理画面から「Cocoon設定」を選択してください。 「画像」タブにある「全体画像設定」項目中の「サムネイル画像」の設定を変更します。 ちなみに変更できるサムネイル画像の縦横比はこちら。 9:16, 1:1. 777.. (ワイド)• 約5:8, 1:1. 618.. (黄金比)• 約5:7, 1:1. 414.. (白銀比)• 3:4, 1:1. 333.. (スタンダード)• 1:1(正方形) 縦横比率はこんな感じ。 9:16, 1:1. 777.. (ワイド) テレビ(地デジ)画面や、YouTube動画の縦横比率です。 YouTube等でも利用されている比率なので、ネットと親和性の良さからデフォルトにしています。 約5:8, 1:1. 618.. (黄金比) 古代ギリシャ時代から使われており、人間が最も美しいと感じる比率とされています。 美しさを追求するならこれなのかも。 デフォルトよりも縦幅が広くなるので、アイキャッチの文字列が切れたりする可能性も低くなります。 約5:7, 1:1. 414.. (白銀比) 日本の木造建築に古くから使われている比率。 大和比とも呼ばれています。 和風サイトとかにも良いのかもしれない。 縦幅が広いので、アイキャッチの画像に書かれた文字も楽々入ると思います。 3:4, 1:1. 333.. (スタンダード) アナログテレビやPowerPointのスライドと同じ比率。 ちょっとレトロ感があります。 縦幅は広くなるので、この比率の画像を用いている写真サイトやイラストサイトなどには良いかも。 1:1(正方形) 単なる正方形です。 横より縦を優先したい場合。 この比率は結構Cocoonを利用したイラストサイトに利用されているのを見ます。 Regenerate Thumbnailsプラグインで画像の再生成 Cocoon設定で、これらの設定を終えただけでは画像自体には反映されていません。 画像自体に反映させるには、プラグインを利用して「画像の再生成」を行う必要があります。 プラグインの利用方法は、以下に詳しく書かれているので参照してください。 設定が変更されるサムネイル部分 このサムネイル画像の縦横比変更で、変更が適用されるテーマ部分はこちら。 インデックスカード 新着記事ウィジェット 人気記事ウィジェット 関連記事(ウィジェット) カルーセルカード ページ送りナビ(デフォルトのみ) ブログカード 設定が反映されないケース 以下のケースでは画像を縦横比日変更が適用されないのでご注意ください。 大きなカード インデックスリストのカードタイプで「大きなカード」を利用している場合。 「大きなカード」は、WordPress設定の「メディア」で設定されている「画像サイズ(大サイズ)」のサイズが適用されます。 タイルカード インデックスリストのカードタイプで「タイルカード」を利用している場合。 タイルカードは「アイキャッチ画像本来のアスペクト比で表示するための機能」であるため、縦横比率を変更すると機能としての意味が無くなってしまいます。 小さなアイキャッチが設定されている場合 アイキャッチに、設定サイズよりも小さな画像が選択されている場合(例えば320x180pxで設定されているのに300x160pxの画像だった場合)は、画像が再生成されません。 なるべくアイキャッチには、大きな画像を設定しておくことをおすすめします。 少なくとも、横幅800px、できるならば横幅1280px以上の画像を設定することをお勧めします。 まとめ こんな感じで、テーマで利用されているほとんどのサムネイル画像サイズ(縦横比)を手軽に変更できるようになりました。 サイトによっては、最適なサムネイルサイズはまた違ってくる場合もあるので、機能化された意味はあると思います。 また、Cocoon設定から画像比を変更した場合は、プラグインにより「画像の再生成」はお忘れなく。 性能も兼ね備えながら安くブログ運営を開始できる点においてのNo. クーポンコード: PK4JK4RJ クーポンの使用方法は。

次の

noteの全画像サイズまとめ【サムネ・クリエイターヘッダー・マガジン・プロフィール】

サムネ サイズ

記事の目次• アップロードした動画からから自動で3つの画像が生成されるので、その中から任意の画像を選択します。 後は[変更を保存]を押してサムネイル設定は完了です。 そのあと、任意の画像をアップしてサムネイルに設定できます。 適切な画像サイズ カスタムサムネイルの画像をアップする際に注意点がある。 以下その注意点です、ご確認ください。 1280x720(最小幅が 640 ピクセル)の解像度がある アップロードする画像ファイル形式: JPG、GIF、BMP、PNG など 画像サイズが 2 MB 以下 できるだけ 16:9 のアスペクト比を使用する(YouTube プレーヤーやプレビューで最もよく使われるため) 引用元: 適切でないサイズは画像のセンターがずれたりはみ出てしまうため、とくにサイズには注意してください。 カスタムサムネイルは条件がある カスタムサムネイルを利用するには下記の条件があります。 カスタムサムネイルのブロックを無効にしていない• アカウントの本人確認ができていること 1. については、[クリエイターツール]>[ステータスと機能]>[カスタムサムネイル] で有効にすればOKです。 有効になると緑色の線が下に出てきます。 については[クリエイターツール]>[ステータスと機能]を押してください。 その後遷移したページで「確認」のボタンを押して本人確認に進んでください。 モバイルは「YouTube studio」で モバイルからの場合はYouTube studioというアプリを使えば編集できます。 動画編集は通常パソコンから行われますが、モバイルからでも チャンネル管理や 動画のサムネイル編集程度はできます。 モバイルからの編集手順 投稿した動画を選択>右上の鉛筆マークを押す>「サムネイルを編集」> 後は設定したいサムネイルを選択し「保存」して終了です。 モバイル版もカスタムサムネイルはできます。 ただし、 モバイルからの場合は2MB以下である必要があるため注意してください。 パソコンが利用できない外出時にサムネイルを変更したいときは、YouTube studioから編集しましょう。 画像の選定について サムネイルの画像選定に関しては、当たり前ですが 動画と関連性のあるものにしましょう。 また、「クリックして動画が見たい!」と思えるような魅力的な画像にしてください。 ネタバレしすぎず、興味をそそるような画像がいいですね。 また、注意点としては「 肌の露出が少ない画像」にしてください。 肌色が多い、肌を露出しすぎている、アダルト動画とみられる場合はYouTubeのポリシーに反するため、ペナルティを受ける可能性があります。 もし、 アダルト動画ではないのに何らかのペナルティを受けた場合は直接YouTubeに問い合わせてください。 ペナルティを解除できるかもしれません。 まとめ YouTubeはサムネイルの良し悪しで再生回数が大きく変わってきます。 自動生成でも十分ですが、こだわりがある場合は規定内のサムネイル画像を設定しましょう。

次の