喜寿祝いプレゼント。 5分で決まる!喜寿祝いのプレゼント選びの参考になるおすすめの贈り物10選を紹介!

喜寿って何?お祝いの由来とマナー、大切な方が喜ぶ特別なプレゼント12選

喜寿祝いプレゼント

ほんとだ!なんとなくそんな風に見えるよ、面白いね。 どのタイミングでお祝いするの? お祝いのタイミングはご家庭によって様々ですが、ここではみなさんがお祝いするときにポイントにしている年齢に対する考え方や、お祝いする時期についてご案内しています。 参考にしてみてくださいね。 お祝いは数え年よりも満年齢77歳が主流になってきている 現在、一般的にお祝いする年齢を「満年齢」でお祝いする年として見ることが増えてきています。 一方、昔からある「数え年」とはどのような年の数え方なのでしょうか。 数え年については諸説ありますが、代表的な考え方としてお母さんのお腹に宿った時点で0歳、生まれた時点で1歳とする考え方です。 また、お正月が来ると年を取るという考え方はあまり馴染みがなく感じるかもしれません。 数え年と満年齢 生まれた時点の年齢 年をとるタイミング 数え年 1歳 元日(1月1日) 満年齢 0歳 誕生日 お祝いのタイミング お祝いのタイミングは厳密には決まっていませんが、77歳の誕生日やお正月、敬老の日やお盆など、比較的家族や親せきが集まりやすい日を選ぶなど、各家庭によって様々です。 また、ご家庭によってはちょっとしたサプライズを計画することもあるようですよ。 そうね、みんなで相談して決めるのがいいわね。 どんなお祝いの仕方があるの? お祝いの仕方は各ご家庭により様々です。 ここでは代表的なお祝いの仕方をいくつかご紹介します。 みんなでお食事会をする ご自宅で、喜寿を迎える方の好きな食事を準備してお祝いする場合もありますが、いつもと少し雰囲気を変えてステキなお店で食事会を開くと記念になりますね。 旅行をプレゼントする・一緒に旅行をして思い出作りをする ご本人が元気でアクティブな方であれば、旅行をプレゼントすることも喜ばれます。 家族そろっての旅行や、ご夫婦二人だけの温泉旅行、旅行券をプレゼントするのもよいでしょう。 記念になるプレゼントを贈る お祝いする気持ちを伝えるために、記念になるプレゼントを贈ることは大変喜ばれます。 遠方に住んでいてなかなか会えない場合も、気持ちを込めたプレゼントを贈ることで、記念に残る長寿のお祝いになりますよ。 【TWO 2】Sleepdays スリープデイズ リカバリー マルチウォーマー 首に巻くだけで血流が改善されて、入眠とリカバリー力を高める特許技術の繊維が練りこまれています。 心地よい睡眠へいざなう機能性ネックウォーマー。 まとめ 今回は77歳の 「喜寿祝い」についてご紹介させていただきました。 みなさんの周りにもうじき喜寿を迎える方がいらっしゃいましたら、素敵な贈り物と感謝の気持ちを添えてお祝いしてくださいね。 最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

次の

【喜寿祝いのプレゼント】女性に喜ばれた贈り物ランキング

喜寿祝いプレゼント

喜寿のお祝いの贈り物は77歳を無事に迎えられた方へ、長寿を祝う気持ちを大切な人と想って贈ることが大切です。 心から喜んでもらえる贈り物として、喜寿を迎える方の趣味や嗜好、ライフスタイル、そして本人の希望などを考慮して選びましょう。 長寿のお祝いは年寄り扱いをされたような気持ちを与えてしまう事があります。 そのため、あまり形式にこだわらずに、喜ばれるような実用的なギフトがオススメです。 昔から紫色は高貴な色とされており、長寿のお祝いにもこの考えが取り入れられているため、喜寿のお祝いにも紫色のプレゼントが贈られています。 いつまでも若々しくとの願いを込めて、若者向きのファッション小物を始め、ウォーキングやスポーツなど本人の気持ちが明るくなるようなギフトは人気があります。 また、家族や親戚と一緒に貴金属などの高級品やリフレッシュ効果のある旅行や食事券も人気です。 既に物はたくさん持っている方も多いため、食べ物やお酒などもプレゼントには喜ばれています。 また、お酒を飲むためのグラスやお湯のみなど普段使いできるアイテムも人気が高く、滑りやすいので持ちやすい形を選びましょう。 ベストプレゼント編集部が「喜寿祝いのプレゼントを贈ったことがある男女200人」に「喜寿祝いのプレゼントを贈る場合の予算」について2020年1月にアンケート調査を実施しました。 喜寿祝いのプレゼントを贈る場合の全体的な相場は、「10,000円~30,000円」という結果になりました。 関係性によって金額が異なり、両親の場合は30,000円程度という意見が最も多く、全体の49%を占めていました。 また、祖父母の場合は20,000円程度という意見が最も多く、全体の52%を占めていました。 また、恩師などお世話になった方への場合は、10,000円程度が最も多い意見で全体の48%という結果でした。 毎年の誕生日プレゼントよりも高価なプレゼントを贈りたい場合には、他の家族や兄弟と共同で購入する方も多くいます。 また、家族と一緒に食事をしたり、旅行にでかけるなど祝いの場を設ける方も多いようです。 あまりにも高額な金額のプレゼントを贈ると、相手に気を遣わせてしまうため、感謝とお祝いの心を込めて無理のない範囲で予算を決めると良いでしょう。 喜寿のお祝いに洋服のプレゼントはオススメです。 若く見えるような洋服や普段は買わない色など贈ることで、オシャレをして外出したりと毎日をより楽しく過ごしてもらうことができ、リフレッシュする事ができます。 特にシャツは自宅でも着ることができ、若々しく魅せることができるアイテムであり、そしてフォーマルシーンでも使うことができるため、使い勝手が良い洋服です。 特に喜寿のシンボルカラーである紫色ではなくても、淡い色のシャツはとてもオシャレにみえます。 家でリラックスしてもらいたい方へはパジャマや作務衣がプレゼントとして人気があり、普段自分では買わないような高級感がある着心地が良いパジャマはとても喜ばれています。 また、作務衣(さむえ)は元々お坊さんが着ている作業用の衣類であり、とても使い勝手が良いと最近の和風ブームで密かな人気が出ています。 オリジナルの衣類も人気が高く、好きな言葉や手書きのイラストを施した服も特別感があるため喜ばれています。 また、スポーツが好きな方でしたら、ユニフォームに模して背番号を「77」にした洋服もユニークなプレゼントとして贈られています。 座布団は長寿のお祝いの定番プレゼントであり、特に喜寿のシンボルカラーである紫色の座布団は特に人気が高い贈り物です。 昔から喜寿のお祝いには紫色の座布団やちゃんちゃんこ、帽子を贈る風習があります。 現在でもその風習を行っている方は少なくなってきてはいますが、座布団に座って家族と記念写真を撮るのも良い思い出となります。 年齢を重ねると畳やフローリングにそのまま座るのも辛くなるため、座布団は生活の一部に溶け込んでいます。 腰痛や神経痛などに悩まされている方も多い貯め、厚みがある座布団は人気があります。 座布団の材質には木綿わたやウレタンなど様々展開されていますが、お年を召した方の場合、和室で使う事も多く、安定感の高い木綿わたが最も喜ばれているようです。 特別な長寿のお祝いである喜寿には名前やメッセージなどが入った記念に残るプレゼントがオススメです。 これからも続く人生で頻繁に使うような実用的なアイテムに名前を入れて贈ると喜ばれます。 普通にプレゼントで贈ってももちろん喜ばれますが、名入れギフトは世界で一つしか無い特別な喜寿の贈り物として記念に残ります。 そして、大切な家族からのプレゼントとして、特別感が増すと喜ばれています。 特に人気が高い名入れアイテムは、お湯呑みやマグカップ、お酒を飲むグラス、酒器など飲み物を飲む器、そして名入れボトルに入ったお酒などです。 また、ボールペンや箸など普段から使っているアイテムも名入れをすることで特別感が一層増します。 また、高級感溢れるクリスタル時計やフォトフレームなど、インテリアとしていつも目にする機会が多いアイテムも名入れアイテムとして選ばれています。 長寿のお祝いへの贈り物に時計は人気があります。 今まで歩んできた時間に感謝をし、これからも長い人生・時間を大切に楽しく歩んでいってほしいという願いを込めて贈られています。 腕時計はいくつあってもファッションや気分によって変えて着けられるため、何個あっても喜ばれています。 また、時間の変化が刻まれていくのた目に見え、そして目が悪くなっても見やすいアナログ時計がおすすめです。 お店によっては文字盤にメッセージや名前などを刻印してもらえるサービスを行っています。 喜寿のお祝いとして特別なオリジナル腕時計はとても記念になると喜ばれています。 高齢になると自宅にいる時間も長くなることから、掛け時計や置き時計など、目にする機会が多い時計も選ばれています。 家族の写真や孫の写真などオリジナル時計は特別感があるため、喜寿のお祝いとしてとても喜ばれるプレゼントになります。 お箸は毎日食事の際には使うアイテムとして、これからも長く健康に美味しいご飯を食べてほしいという思いからプレゼントに選ばれています。 お箸は古くから食べ物に困らない縁起が良い品として贈られており、長寿祝いにはピッタリです。 材質はプレゼントにピッタリな高級箸に使われる杉、黒檀、紫檀、象牙、桧、松、白樺、竹などがあります。 形状も様々あり奇数角のお箸は手に馴染みやすいと人気が高く、特に七角形は手のひらに違和感無く使えるためオススメです。 また、高齢になると指の力も弱くなっているため、軽めのお箸を選ぶのが無難です。 そして、お箸を新調することで、新たな活力にもつながるため、これからも長生きして欲しいお大切な方へお箸のプレゼントはとても喜ばれている贈り物です。 毎日の食卓に必ず使う茶碗ですが、上質な茶碗を使うだけで毎日の食卓を豊かにし、そして食事の味までランクアップしてくれます。 食事は健康の基本でもあることから、食を大切にする方に喜ばれているプレゼントです。 喜寿のお祝いとして茶碗を贈る方も増えているため、お祝い用の茶碗も展開されています。 喜寿のシンボルカラーである紫色の茶碗を始め、九谷焼や有田焼などの工芸品など上質な茶碗は人気があります。 普通の茶碗よりも作りや焼き方にこだわり、手に馴染む茶碗はとても使いやすいと好評です。 また、伝統工芸品が本来持つ「永く生活に寄り添う」機能美を添えた茶碗は長寿のお祝いとしてもピッタリです。 自分で名入れやお祝いの詩を入れることができるオリジナル茶碗も記念になると人気があります。 また、夫婦でペアになっている夫婦茶碗もこれからもずっと仲良く過ごして欲しい夫婦にオススメのプレゼントです。 1日の3分の1は過ごす寝具は「健康は良い布団から」と言われているほど重要なアイテムです。 毎日使うものだから良いものを使いたいのですが、なかなか自分で買うのにも負担になるため、寝具は喜寿のお祝いとしてとても人気があるプレゼントです。 寝ているだけでも体力を使う睡眠は、加齢と共に体力も低下し、なかなかゆっくりと寝られないという方も多くいます。 夜中に目を覚ます回数が増えたり、熟睡できない方も多いことから、快眠できるような寝具はとても喜ばれています。 最近の寝具は様々な新商品が開発されており、軽くて暖かく、そして通気性が良いものなど、使い勝手が良い高機能な寝具はとても重宝されているプレゼントです。 また、シンボルカラーである紫色の寝具も人気が高く、紫は古来より不老長寿無病息災の色ともされており、また虫が付きにくい色とされています。 そして、紫の寝具に寝ると病気が早く治るというおまじないの意味もあるため、喜寿のプレゼントにピッタリです。 食事の後や休憩など日本茶をよく飲む方への喜寿祝いのプレゼントにお湯呑みはオススメです。 記念に残るのと同時に実用性がある贈り物であり、そして毎日使ってもらえる物であるため贈る側も嬉しくなります。 毎日何度も使うものであるため、手に馴染みやすくて持ちやすく、軽いものを選ぶのがポイントです。 ツルッとした質感よりもザラっとした質感の方が滑りにくいため、落として割れてしまう心配も減ります。 湯のみもさまざまな物がありますが、特に有名な焼き物のお湯呑みが手触りや口当たりが良いためプレゼントとして人気があります。 例えば九谷焼、有田焼、唐津焼などそれぞれ有名な焼き物がありますが、それぞれ特徴が異なり、そして好みがあります。 お気に入りの湯のみを使って貰うために、今どのような食器類が好みなのか、今持っている他の湯のみなども見てリサーチしておきましょう。 喜寿のお祝いとして贈られているランキング上位の似顔絵ギフトは、世界に一つだけの特別なプレゼントとしてとても喜ばれています。 いつまでも心に残り、温かな気持ちを届けることができます。 似顔絵色紙に手書きで書いてもらう似顔絵はさまざまなタイプがあり、プロの似顔絵師による可愛らしいイラスト調から、本格的な感動の仕上がりの絵まであります。 また、完成前に事前に要望などをお願いすることができるため、希望に沿った絵を作成することができます。 中でも人気が高いのは、似顔絵にメッセージを入れてプレゼントをする方法です。 日頃の感謝の気持ちを込めたプレゼントとして、とても喜んでもらえます。 最近ではインターネットでも簡単に注文することができるようになりました。 プロの方に似顔絵を書いてもらうことはなかなか貴重でもあるため、特別な喜寿祝いのプレゼントにピッタリです。 長寿のお祝いである喜寿に最も人気が高いプレゼントはお花です。 お花は頂くととてもうれしいものであり、お祝いの場も華やか華になるため、とても喜ばれています。 長寿のお祝いの際には還暦は赤色、古希や喜寿は紫色、米寿は黄色とシンボルカラーがあり、お祝いの色には健康と幸せを祈る気持ちが込められています。 紫色の花も季節によってさまざまありますので、他の花と合わせて花束を作るのもおすすめです。 特に人気がある花はバラと胡蝶蘭です。 バラは豪華なイメージでお祝い事にぴったりだと選ばれており、胡蝶蘭は花言葉で「幸福がとんでくる」、「あなたを尊敬します」という意味を持つため、長寿の方をお祝いするのに適しています。 お手入れが必要なく、長い間楽しむことができるプリザーブドフラワーも人気があります。 10年程は状態を保つことができるため、いつまでも元気でいて欲しい気持ちを贈るのにピッタリです。 また、フラワーケーキも華やかで可愛いと人気があります。

次の

5分で決まる!喜寿祝いのプレゼント選びの参考になるおすすめの贈り物10選を紹介!

喜寿祝いプレゼント

1、喜寿のプレゼント選びの前に知っておきたいこと! 還暦や古希は聞いたことがあっても、喜寿は初めて聞いた方も多いはず。 還暦は60歳、古希は70歳、喜寿は77歳を迎えた際の長寿祝いです。 なぜ、喜寿について知っている人が少ないのか?その理由は、長寿祝いのルーツにあります。 還暦や古希は、もともと中国がルーツとなっている長寿祝いです。 当時の慣習や詩人の言葉から引用されて、現在まで伝わっているため日本のみならず中国でも祝われています。 一方、喜寿は日本が発祥とされている長寿祝いです。 ・喜寿は日本から生まれた長寿祝い 喜寿という文字は「喜」の草書体に由来します。 「喜」という文字は草書体にすると「㐂」(七十七)と読めるため、「喜」という文字が使われました。 喜寿は、室町時代の終わり頃から行われるようになった長寿祝いです。 喜寿を迎えるほどの長寿は新しい天皇が在籍している期間を見られるほど珍しく嬉しいこと、といった意味があります。 江戸時代の平均寿命は40歳程度と言われているので、当時は77歳まで生きる人は珍しい状況でした。 現代なら77歳はもちろん、100歳以上まで生きる人も増えてきています。 そんな、日本生まれの喜寿は 紫がテーマカラーです。 古希と同じテーマカラーな上に連続して迎える長寿祝いなので、どんなプレゼントがいいのか悩んでいる方も多いです。 そんな方こそ、本記事を参考に喜寿のプレゼントを決めてみてください。 ・喜寿のプレゼントの相場は? 喜寿のプレゼントを決めるうえで意識したいのが相場です。 喜寿のプレゼントの相場は幅広いです。 5,000円程度から10万円までプレゼントするものによって金額が変わります。 平均的な相場としては1万円〜3万円ほどです。 ・孫から祖父祖母へのプレゼント:1,000円〜5,000円 ・親族へのプレゼント:5,000円〜1万円 ・恩師や先輩へのプレゼント:1万円〜3万円 喜寿のプレゼントは、誰が贈るかによっても相場が変わるので確認しておきましょう。 例えば、学生のお孫さんからおじいちゃん・おばあちゃんに喜寿のプレゼント贈る場合、金銭的に厳しい面があるので、そこまで高額なプレゼントを贈る必要はありません。 また、 旅行や食事会を開く場合は、相場よりも割高になることが多いので、予算内でプランを考えて祝ってください。 本記事のおすすめの金額は3万円です。 プレゼントの幅も広がるので選びやすい金額といえます。 後ほど紹介するおすすめの贈り物では、幅広い予算のプレゼントを紹介するので、予算を決めてから選んでみてはいかがでしょうか? ・喜寿のプレゼントはいつ渡すの? 喜寿祝いを開催する日程に決まりはありません。 還暦や古希と同じくお好きな日に喜寿のプレゼントを渡せます。 喜寿祝いで食事会を開催する場合には、その機会にプレゼントを渡すと良いでしょう。 ただ、お祝いで集まったり、食事や旅行したりする場合は、ある程度期間を合わせる必要があります。 喜寿の方と離れて暮らしており、喜寿祝い開催の日に事情によりプレゼントを渡しに行けない場合には、 喜寿祝い当日に間に合うように配達でプレゼントを贈るよう手配しておきましょう。 その場合には、手紙やメッセージカードを添えたり、電話で連絡を取ったりするなど喜寿の方に気持ちが伝わるよう配慮しましょう。 基本的に77歳の誕生日に開催するのがおすすめ! 喜寿祝いの多くは身内が集まりやすい 誕生日に開催することが多いです。 次に、お正月やゴールデンウィークなど。 昭和30年くらいまでは、お正月に喜寿祝いをするのが一般的でした。 また、旅行をプレゼントしたい方は、まとまった休みがとれるゴールデンウィークが多いです。 できるだけ、親族が集まりやすい時期に開催するのがおすすめ。 全員の予定を合わせて素敵な喜寿祝いを開催しましょう。 2、喜寿のプレゼント選びの参考になるおすすめの贈り物10選! 喜寿のプレゼント選びに悩んだら、今回紹介するおすすめの贈り物10選から選んでみてください。 幅広い価格帯を揃えているので、どんな予算の方でも参考になります。 プレゼントのおすすめ度や価格、いちおしポイントを見ながら、喜寿祝いのプレゼントを選びましょう。 中でも、通常のお酒よりも特別感や限定感を演出できるおすすめのお酒が名入れが施された日本酒やワインです。 名入れ日本酒やワインは、還暦祝いを含めた長寿祝いのプレゼントに最適です。 喜寿を迎えた方がお酒好きなら迷わず名入れ日本酒やワインをプレゼントしましょう。 通常の日本酒やワインと違う点は、 ラベルに名入れできること。 名入れ日本酒やワインを扱っている会社にもよりますが、ラベルには 「祝 喜寿」や「喜寿おめでとう」または相手の名前を入れられます。 世界にひとつだけのお酒をプレゼントできるので人気が高いです。 また、名入れ日本酒やワインだからといって味にこだわっていない訳ではありません。 普段からお酒を嗜まれる方でも満足のいく味わいに仕上がっています。 渡したときのインパクトも強い名入れ日本酒やワインのプレゼント。 マッサージ器は、体の疲れを取ることができるので、喜寿を迎えた方にとって嬉しいプレゼントです。 また、喜寿祝いにマッサージ器を贈ることで「喜寿以降も健康でいてね」「元気でいてね」という願いを込めることができるため、気持ちが伝わりやすく人気があります。 これまで仕事に家事に忙しい日々を送られてきた喜寿の方に感謝の気持ちを込めて贈るのはいかがでしょうか。 ただ、マッサージ系のプレゼントというと、マッサージチェアを想像される方は多いですよね。 マッサージチェアは効果的なアイテムですが、安くても5万以上、平均的な価格は10万円程度と予算が高いです。 その点、マッサージ器は5,000円〜1万円程度とプレゼントしやすい価格が魅力的。 こうした価格帯のマッサージ器はマッサージチェアと違って、 局所的に体の疲れを癒やしてくれるものが多いです。 例えば、太ももや肩、背中などテレビを見ながら使えるような手軽なものが多くなっています。 自宅で簡単に使うことができるため、健康管理に重宝してもらえるでしょう。 長寿祝いのプレゼントの中で人気が高いフォトフレーム。 喜寿を終えた後もフォトフレームを見るたびに当時のことを思い出せるプレゼントです。 思い出の写真を入れてプレゼントしても、先にフォトフレームをプレゼントして、あとから喜寿祝いの席で撮った写真をプレゼントしても構いません。 フォトフレームの相場は5,000円〜2万円程度。 通常のフォトフレームなら5,000円から1万円程度で購入できます。 ただ、今回おすすめしたいフォトフレームは デジタルフォトフレームです。 相場は1万から3万円程度と少し値は張りますが、フォトフレームに複数の写真を取り込んで渡せます。 さらに、 ネット環境があれば写真を送って表示させられるので、いつでも素敵な思い出を共有できます。 普通のフォトフレームではなく、少し変化のあるプレゼントがしたい方はぜひデジタルフォトフレームをプレゼントしてみてください。 喜寿祝いのプレゼントに悩んだら、花束のプレゼントがおすすめです。 花束は、花屋さんで3,000円程度から作ってもらえます。 何かこだわりがある人や豪勢な花束を贈りたい人は予算を上げて作ってもらいましょう。 花屋さんで予算を伝えれば、その予算内で素敵な花束を作ることが可能です。 また、 花束はほかのプレゼントと併用して贈れる点も人気の理由です。 食事会や旅行、祝いの席でほかのプレゼントと一緒に渡せば喜ばれること間違いなしですよ! 喜寿を迎える方が遠くにいる場合、花の手入れができない場合なら花束ではなく ブリザードフラワーがおすすめ。 花束と違って手入れの必要がないので、いつまでも綺麗な花を見せてあげられます。 相場は花束より少し高い5,000円〜1万円程度。 長寿祝い用のブリザードフラワーを販売しているところもあるのでぜひプレゼントしてみてください。 価格的も予算内に収まりやすく実用的なプレゼントであるため、喜ばれることが多いです。 最近では、 名入れの湯のみやマグカップもあるので、喜寿の思いにいつでも浸れます。 ティータイムがより一層楽しくなりますし、使うたびに名前やメッセージを見て心が温まるでしょう。 また、両親用にシングルではなく ペアの湯のみやマグカップのプレゼントも最適。 両親仲良く一息ついてもらいたいならペアでプレゼントしましょう。 さらに、食事会後すぐに使ってもらうためにお茶や紅茶とともにプレゼントしてもいいかもしれません。 還暦祝いのときに赤の入った洋服やアクセサリーをプレゼントした方は多いのではないでしょうか。 喜寿祝いのテーマカラーは紫なので、 紫の入ったファッションアイテムのプレゼントがおすすめです。 ファッションアイテムのプレゼントは 季節によって異なります。 春夏なら、ポロシャツやストール、秋冬ならセーターやマフラーがぴったり。 ほかにも、帽子やバッグ、シューズなどの人気が高いです。 もし、喜寿を迎えた方に好きなブランドがあれば、そのブランド品をプレゼントしましょう。 価格は3,000円から3万円程度。 ただ、一般的なブランドの価格なので、ブランドによっては3万円以上になることが多いです。 ファッションアイテムはいつでも身につけられるプレゼントなのでおすすめです。 普段とは違った雰囲気が味わえて、思い出に残るプレゼントになります。 喜寿祝いは還暦や古希に比べると知名度が低いです。 そのため、喜寿を迎えた方によっては「自分だけもらうのは申し訳ない」「みんなで思い出に残る喜寿にしたい」と思っている方は多いです。 そこで、家族や親戚で楽しめる食事会を開けば、喜寿を迎えた方以外の思い出にも残りますよね。 ただ、レストランやホテルで食事会を行う場合は予算がかかります。 それぞれ、コースをセレクトすると場所によっては数万円後半程度かかるので、予算に収まるか注意しましょう。 最近では、長寿祝い用のコースを用意しているところもあるので、まずはお店と相談して価格を聞くことをおすすめします。 喜寿を迎えた方の思い出の場所に行くのもよし、家族で相談して好きな場所に行くのもよし、旅行のひとときを共有することでより思い出に残る喜寿祝いにできます。 価格は旅行先や人数によって大きく変動します。 最近では、食事会と同様に長寿祝いのコースを用意しているところもあるので、そちらを利用してもいいでしょう。 まずは、旅行に行く時期と予算を決めて、どの旅館やホテルにするか決めてください。 旅行は長寿祝いで人気のプレゼントです。 予算はある程度かかりますが、思い出に残ること間違いなしなのでぜひ検討してみてください。 お孫さんがおじいちゃんやおばあちゃんの似顔絵を描いて喜寿祝いに贈るのも素敵ですが、似顔絵が苦手な方ならインターネットからの注文がおすすめ。 事前に喜寿を迎えた方の写真を送ることで、写真をイラスト化して額縁などに入れて送ってくれます。 喜寿を迎えたその瞬間の表情や雰囲気をイラスト化してくれるので人気の高いプレゼント。 本人そっくりの似顔絵に仕上げてもらえるほか、 オプションとして服装の指定も自由な場合が多いです。 紫のちゃんちゃんこにしたり、趣味の服装に変えたりなどできるので、イメージに合うものを指定しましょう。 価格は、依頼するお店、額縁の有無などのオプションによって異なります。 数万円程度用意しておけば問題なくイラストがプレゼントできるのでおすすめです。 長寿祝い関連の似顔絵は、お店に在籍しているイラストレーターによって大きく変わります。 まずは、どんなイラストが良いのか調べながら探して、好みの似顔絵屋さんに相談してみましょう。 カタログギフトは、結婚式の引き出物などでプレゼントされることが多いですが、長寿祝いなどの祝いごとにもぴったりなプレゼントなんです。 カタログギフトは、価格ごとにカタログが決まっており、喜寿を迎えた方がカタログの中から好きなアイテムを選んでもらうことが可能です。 生活の中で使える実用的なアイテムや食事などの体験などを選ぶことができ、好きな時に使ってもらうことができます。 カタログは数千円から用意されており、価格によって選べるので予算オーバーすることはありません。 喜寿を迎えた方が遠くに住んでいる場合や、自分で選びたい場合はカタログギフトのプレゼントをおすすめします。 カタログギフトのみを贈るのは喜寿のプレゼントには少々寂しいので、お手紙やメッセージカードを添えると良いでしょう。 まとめ 喜寿祝いのプレゼント選びについて紹介しました。 喜寿について理解を深めて、素敵な喜寿祝いを迎えてください。 もし、喜寿祝いのプレゼントに悩んだら、本記事で紹介したおすすめの贈り物10選を参考にしてみてください。 幅広い価格帯を紹介しているので、少ない予算の方でも素敵なプレゼントが購入できます。 同時に、おすすめ度も記載しているのでおすすめ度から選ぶのもいいですよ!ぜひ、本記事を読んで喜寿祝いを迎えましょう。

次の