拝啓 親愛 なる 君 へ 歌詞。 Novelbright『拝啓、親愛なる君へ』2019年最新ウェディングソング【ウィーム】

親愛なる君へ 本

拝啓 親愛 なる 君 へ 歌詞

結婚式の曲ランキング【ウィーム】• 結婚式シーン別ランキング• ジャンル別ランキング• 人気アーティストランキング• ドレス別ランキング• リリース年別ランキング• 楽曲関連タグ• 結婚式の曲についての情報満載!• 結婚式でのオススメ最新曲!!• 結婚式での実際の選曲エピソード• 結婚式の余興曲の選曲エピソード• 「拝啓、親愛なる君へ」のアコースティックバージョンは、以前より会場・路上ライブ限定で販売されており、ファンには耳馴染みのある1曲ですが、今作はアコースティックバージョンと違い、爽やかでロックなサウンドに仕上がっています。 2人の出会いから歩いてきた道のりを綴り、感謝を伝える楽曲です。 生まれ変わってもあなたがいいという強い愛の気持ちが伝わってきます。

次の

Novelbright『拝啓、親愛なる君へ』2019年最新ウェディングソング【ウィーム】

拝啓 親愛 なる 君 へ 歌詞

2019. 04 Release 2nd Mini Album「EN. 」-アンピリオド- より 「拝啓、親愛なる君へ」Music Videoを公開!! 04 Release 2nd Mini Album「EN. Revive 2. the Eternal oath 3. ふたつの影 4. フォーリン・ヴィーナス 5. Rain Dancer 7. Heart voice 8. 雄大の心を震わす圧倒的な歌声、一度聴いたら忘れられない確かなメロディワーク、 細部まで練りこまれた楽曲アレンジに定評がある、大阪を中心に活動中の5人組ロックバンド。

次の

Novelbright 拝啓、親愛なる君へ 歌詞

拝啓 親愛 なる 君 へ 歌詞

解釈 他人に愛想を振りまくことが苦手だった私は 周りとうまく馴染むことが出来ずに1人で過ごすことが多かったんだ それでも自分の居場所が欲しくて勇気を振り絞って一歩を踏み出したときに あなたと出逢えたんだ 昔の「私」は周りの人たちと上手くコミュニケーションを取ることが出来なかったことが 「愛想を振りまくのが苦手」という歌詞からわかります。 「私」は周りとうまく馴染むことが出来ずに、1人でいる時間が多くなっていって しまったのだと考えることが出来ます。 そんな「私」ですが、1人で過ごすのではなく「居場所 一緒の時間を過ごす人 」が欲しくて、 勇気を出して行動を起こしたことが表現されています。 そして、勇気を出したときに出逢ったあいてが「あなた」つまり「親愛なる君」のことだと考えることが できると思います。 嗚呼 特別な日は此処に居たいから 代わりなんかない宝物なんだ 醒めない夢を見ているようだな 恥じらいもなく素でいられる場所 やっと見つけたよ 解釈 ああ、特別な日はあなたと一緒にいたいと思うから 代わりなんかない「宝物」なんだ まるで醒めない夢を見ているような気分だ 恥ずかしがらずに、素の自分でいられる場所 そんな場所をやっと見つけることが出来たんだよ 特別な日には一緒に過ごしたいと思う「あなた」とその「あなた」と一緒にいれる時間がとても大切な「宝物」だと思っているのが伝わってきます。 「あなた」と一緒にいる時は恥ずかしがることもなく「素の私」で居ることが出来る場所なんだという「私」の気持ちが表されています。 そしてそんな場所をずっと探し続けてきた「私」には、「あなた」の近くという居場所を見つけられたことが「夢を見ているようだ」と思っていることがわかります。 解釈 何年前の話だっただろうか 毎日わがままばっかり言っていて 全てのものに反抗していた時期は あなたを困らせて最後には呆れさせていたね 何年か前までは「あなた」に対して毎日わがままを言っていたことを「私」は懐かしんでいるように綴っています。 世の中にある全ての物事に対して口答えしたり反抗したりしていた時期は、反抗期の時期と考えることが出来ると思います。 つまり、反抗期の時期の「私」は誰にでも反抗的な態度を取り「あなた」に対してはわがまま放題言っていたということだと考えられます。 「あなた」が困ったり呆れたりしていたのも当然のように感じますが、それでも見捨てずに接してくれていたことに対する感謝も伝わってくるような感じがします。 青春の向こう側 リアルな社会は 泣き言言ってばっかじゃ何も通じないから 彷徨いもがいている私を連れ出して 眩しい日々をくれてありがとう 解釈 学生時代も終わり、社会に出てみて感じたことは 泣き言を言ってばかりじゃ何にも通用しないということ 彷徨ってもがいていた「私」をそんな状況から連れ出して まともに見ることがためらわれるほど美しい日々をくれてありがとう 青春だった学生時代も終わり社会人として社会へと出て行って、その中でうまく活躍することが出来なかったことが書かれています。 うまくいかないことを嘆いているだけでは通用しないことはわかってはいるけれど、どうすることも出来ず苦しんでいる様子が想像できると思います。 「彷徨いもがいている」という表現から、「私」が感じていた辛さや苦しさ、うまくいかないことに対する焦りなどがひしひしと伝わってきます。 そんな状況から「あなた」が美しい日々へと連れ出してくれたことに対しての感謝が表現されていることがわかると思います。 嗚呼 生まれ変わってもそばに居たいから たどり着いたんだきっと間違いないよ いつまでも負けてられないよな 今度は私があなたへ贈る幸せを 解釈 ああ、生まれ変わっても傍にいたいと思えるから あなたと出逢うことが出来たんだ、間違いないよ いつまでもあなたにばかり貰ってばっかりじゃあダメだよね 今度は私があなたに幸せを贈ってあげるから 生まれ変わったとしても「あなた」の傍にいたいと思えるくらいに「あなた」のことを大切に思っている「私」の気持ちが伝わってきます。 そして「あなた」から幸せを貰っていてばかりではいけないと「私」は言っています。 今度は「私」が「あなた」のことを幸せな気持ちにさせてあげたい、という「私」の願いが「今度は私があなたへ贈る幸せを」という言葉から感じることが出来ると思います。 嗚呼 特別な日は此処に居たいから 代わりなんかない宝物なんだ 醒めない夢を見ているようだな ありのままでいられる場所だ 解釈 ああ、歓喜の歌をここで歌うから 嫌な気持ちも全部空へ消えていくよ こんな日々が果てしなく続きますようにと 祈りを込めてもう一度叫ぼう こんなに胸を躍らせることが出来る日々に出逢うことが出来たよと 「歓びの歌」とはベートーヴェンの「交響曲第9番の4楽章」で有名な「歓喜の歌」のことを指していると考えられます。 この「歓喜の歌」は「世界中の誰もが平和で喜びを分かち合えるように」という気持ちが歌われている歌です。 そんな歌を歌うことで「私」の中から嫌な気持ちが消えてなくなっていく様子が表現されているのだと思います。 そして、こんなにも幸せな日々が続いていきますようにという願いを込めてもう一度空に向かって叫んでいる「私」の姿を簡単に想像できると思います。 「胸躍らせる日々に出逢えたよ」と叫んでいる「私」の過ごしてきた日々がとても幸せなものだったのだろうと感じることが出来ます。 まとめ 「私」の素直な気持ちが詰まった「ラブレター」を覗き見てしまったような気持ちになる楽曲でしたね。 こんな手紙を書ける相手に出逢ってみたかったと少し悔しさを覚えるくらい幸せがあふれている作品でした。

次の