ロコンド 株価。 ロコンド (3558) : 個人投資家の株価予想 [LOCONDO]

ロコンドの株価が上昇している。きっかけは人気ユーチューバーのヒカルとのコラボレーションだ。

ロコンド 株価

ロコンドのみんかぶ目標株価は「1,183円」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 1,088円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 1,327円 と判断されています。 ロコンドは、【eコマース、インターネット通信販売、専門サイト】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ロコンドがユーチューブで描く成長戦略、株価は年初来の最高値更新

ロコンド 株価

大スター宮迫とヒカルをテレビCMに出してくれと上場企業の社長に直談判してみた ヒカルさんの戦略はこう。 「まず自身の手がけるブランド「ReZARD」とのタイアップ商品を開発し、そのタイアップ商品がロコンド経由で目標数売り切れたらCMに出して欲しいと提案する」というもの。 卓越したヒカルさんの営業能力と「夢を見せる力」、そして必ず実現するという自身に満ち溢れた態度がロコンドの社長を動かしました。 ロコンドの社長自身も、「今年はCMは控えようと思っている」と行った経営方針を覆し、「やりましょう」とまで言わせることができています。 この動画の公開概要欄にはすでにタイアップ商品のリンクが掲載されており、このリンクにアクセスが殺到し自体は急展開を迎えます。 ヒカルの影響力によりロコンドのサーバーが一瞬でダウン 結果から言うなれば、ヒカルさんの影響力によりロコンドのサーバーは一時的にダウン。 いきなり4,000万円の売り上げをノンストップであげたというから驚きです。 【速報】ヒカル砲によりロコンドのサーバーがダウンし17時間で4000万売れて株価高騰のお祭り騒ぎに… こちらの動画で詳細は語られていますが、ロコンド側も「最大限にサーバーを強化した」万全の状態で望んだそうですがあえなく撃沈。 新時代の「物販」の行われ方として、いかにインフルエンサーが与える影響が大きいかが証明されました。 ヒカルさん自身も「サーバーがダウンすることはあらかじめわかっていた。 俺はどんなサーバーも落とすことができる」と自信満々に、そして冷静に自分自身の影響力を分析していました。 抜群の影響力と抱える「信者」の強さ、一緒の方向を向かせる力は日本のクリエイターの中ではヒカルさんがダントツで一番なのではないかと筆者は感じています。 動画が公開されてから、なんとこの現代社会の逆境を乗り越えて、ロコンド株は取引開始から前日の終値705円より120円(17. 日経平均が急落している現状から見ても、「日本経済にプラスの影響を与えたYouTuber」として、新たな層から注目が集まっています。 コメント欄でも、「日本の救世主だ」などと、新たな信者が集まってきている様子が見て取れます。 自身がVALU騒動で負の影響を経済に与えた過去のあるヒカルさんも、今回の影響でイメージを上書きすることに成功したのではないでしょうか。 参考:YouTuberの新たなマネタイズ領域 現代では、YouTuberがその影響力を活かして様々なビジネスを開始しています。 最近では、元カリスマブラザーズのメンバーで現JJコンビのジョージさんとジローさんを中心としたベンチャーキャピタル設立などの報道もありました。 自らの投資した企業を自らの影響力で拡大していくというもはや裏技のような方法ですが、YouTubeというぷチエルっとフォームはこのようなビジネスモデルへの橋がけすらも可能にしているんですね。

次の

ロコンドの株価が上昇している。きっかけは人気ユーチューバーのヒカルとのコラボレーションだ。

ロコンド 株価

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。

次の