アウトサイダー 映画。 HBOドラマ「アウトサイダー」日本放送中 感想と最新情報

アウトサイダー(1983) の レビュー・評価・クチコミ・感想

アウトサイダー 映画

ジョージア州チェロキーシティである日、11歳の男の子フランク・ピーターソンが惨殺死体で発見される。 死体には犯人のものと思われる噛み跡や唾液など無数のDNAが見つかった。 刑事のラルフが捜査を進めていくと、少年野球チームのコーチをしている教師のテリー・マイトランドが容疑者として挙がった。 複数の目撃者が事件が起こった時間にテリー・マイトランドを現場付近で見かけており、彼の姿は監視カメラにもしっかり映っていた。 一方でテリー・マイトランドにはアリバイがあった。 事件当日彼は別の街で開催されていた教員の学会に参加し、その姿が映像に残っていたのだ。 一体どうして同じ日、同じ時間に同一人物が二つの場所にいることができたのか。 ラルフが事件の真相を追っていると、やがて子供を殺したと疑われるテリー・マイトランドに身の危険が迫る。 ドラマ「アウトサイダー」のキャスト• ベン・メンデルソーン• シンシア・エリヴォ• ジェイソン・ベイトマン• ジュリアンヌ・ニコルソン• メア・ウィニンガム• ビル・キャンプ• ユル・ヴァスケス• ジェレミー・ボブ ドラマ「アウトサイダー」の感想と評価 スティーブン・キング原作、脚本家のリチャード・プライスによるSF犯罪ドラマ。 最初は現実路線の犯罪ものなのかと思わせておいて、途中から怪奇現象風SFストーリーになっていくシリーズです。 エピソード1、2ぐらいまではすごく面白いです。 しかし話が進んでいく度にどんどんつまらなくなっていく残念なパターンですね。 ベン・メンデルソーンなど演技派俳優も出演しているだけに、雰囲気はあるんだけど、いかんせん中身がないです。 物語は、刑事たちが少年が惨殺された事件を追っていくうちに、ほかの子供たちの殺人事件と結びついていき、やがて事件の背景に子供ばかりを狙ういわばブギーマンのような正体不明の存在を突き止める、という流れになっています。 前半は展開も多く、テンポも良く、見ていてハラハラドキドキしたんですが、エピソード3でサイキックな私立探偵ホリーを雇い出してから急に話がつまらなくなっていきますね。 ホリーは、まるで「」のレイモンドのように超人的な記憶力に長けたキャラ設定になっていて、さらに六感まで鋭いといった霊媒師と探偵がミックスしたごちゃごちゃな人物になっています。 そんなホリーが、突然ヒスパニック系の国々に伝わる神話上の幽霊ココが犯人だ、悪魔の仕業だ、などとほざきだします。 そうかと思えば真面目な顔して、スピリチュアルな話をしながら仕事中に仲間と恋しちゃったりして、固いんだか、緩いんだか分かりませんでした。 普通、凶悪犯罪の犯人を追いかけているときに恋愛する? 男のDNA吸い込んでる場合かよ。 ああいう奴、全部精霊とか、霊感とかのせいにしそうで嫌だわー。 ホリーのキャラクターのせいで急激に事件の犯人が誰なのか、という興味を失いましたね。 だって悪魔の仕業とか言い出したら、殺人事件のアリバイとか証拠とか裁判とか、もはや関係なくなっちゃうじゃん。 挙句の果てには、その実態の分からない何かに感染して、とりつかれると、コントロールが効かなくなり、殺意が芽生えてくるといった、まるでゾンビ映画のようなノリになるんですよ。 行きつくところは結局そこかよって。 正体不明の何かを、登場人物は「It それ」と呼んだり、「The thingそのもの」と呼んだり、「entity 実体/存在」と呼んだりしていましたね。 スティーブン・キングの話って「」しかり、「」しかり、そんなのばかりじゃない? ワンパターンにもほどがあるでしょ。 後半の出来事を見ると、序盤のエピソードはなんだったのよってなりましたね。 捜査とか関係なく、ただ、とりつかれた人間を追うだけの話に成り下がってます。 あれで無実の罪を被せられた人々が報われるのかというと、疑問に思いますね。 テリーの家族なんて犯罪者のレッテルを張られて、散々家族が嫌がらせを受けたのに一体どういう説明で市民が納得するんだろう。 「ええ、皆様、実は子供を殺したのはテリーではなく、悪魔でした。 なのでこれからはテリーの家族のことをそっとしておいてくださいね」とか言うのかなぁ。 あんなストーリーでも最後まで緊張感や恐怖を保っていられたら、まだ良かったんだろうけど、なぜか回を重ねるごとに展開と見所が少なくなっていきました。 そして大したアクションも話の発展もなく、ほぼ登場人物同士のつまらない会話で構成されていくのが残念ですね。 どんだけ話を引っ張るんだよっていうほど、特に終盤の引っ張りようはひどかったです。 感染した人間を追いかけまわしてるだけだからね。 テリーのことなんて完全に忘れちゃってるじゃん。 このドラマの評価が高いのは、序盤が面白いから続きが見たくなってついつい見てしまうところにあるんじゃないでしょうか。 そういう意味では戦略的には成功しているのかもしれませんね。 まあ、最初からつまらない「」とかよりはずっとましだけど。

次の

アウトサイダー(1983) : 作品情報

アウトサイダー 映画

アメリカ。 地元の下町の不良グループ、グリース団のムショ帰りのダラスは仲間のポニーとジョニーを連れて映画を見に行った。 ダラスは敵対する山の手のグループ、ソッシュ団の綺麗なチェリーら女性陣を見つけおちょくったりした。 ポニーとジョニーはおちょくらなかったので彼女たちに一目置かれた。 そんな中、ポニーとジョニーはソッシュ団の男たちに襲われるハメになった。 2人対大勢、ジョニーはナイフを持ちソッシュ団の一人を刺し殺してしまった。 気を失っていたポニーがそれに気づき、2人はダラスの元へ向かった。 ダラスはしばらく遠方に身を隠すようにと言う。 2人は列車に乗り廃教会に隠れて少し生活を送っていた。 そこにしばらくしてダラスが現れた。 警察から2人の事を庇ったと言う。 ダラスはポニーとジョニーをドライブへと誘った。 そんな彼らが火事に遭遇する。 外には逃げ出した幼い子供たちがいるが、中にはまだ子供たちが残されていた。 それを見たポニーとジョニーは迷い無く火の中へ飛び込んだ。 それを見ていたダラスも2人の身を案じて入っていき、結局子供たちは全員助かった。 ただジョニーは大やけどに下半身不随、命も危ない状況になった。 ダラスも敬称だが入院。 やがてグリース団対ソッシュ団の決着をつける日が訪れた。 抗争の夜。 空き地に2つの団体が集まった。 どちらも武器を持たないが大人数。 病院を抜け出して遅れてきたダラスの叫び声と共にケンカは始まった。 そしてすさまじいケンカの中、グリース団はソッシュ団をやっつける。 だがポニーはボコボコにやられて病院に行かなければならない状態に。 ダラスはジョニーが入院している病院にポニーを連れて行った。 結末・ラスト S. Hinton S. ヒントン の小説を元に「ゴッドファーザー」シリーズや「地獄の黙示録」などの巨匠フランシス・フォード・コッポラが監督した青年の青春を織り交ぜたドラマ。 出演するのは今の映画界を支える個性派たち、C. トーマス・ハウエル、マット・ディロン、ラルフ・マッチオ、ダイアン・レーン、、そして2009年に若くして無くなったパトリック・スウェーズなど。 トーマス・ハウエル演じる青年の青春を淡々と描いたような感じ。 あまり覚えているわけではないが「スタンド・バイ・ミー」的な感じ。 あっと驚かせるような演出はないものの、ずっと心に残ると思う。 そんな映画だった。 映画リンク [T's Theater]は Yahoo JAPANのカテゴリに 登録されています。 相互リンク 映画のデータベース 英語 膨大な映画のレビュー& データベースサイトです。 相互リンク 映画を沢山紹介しています。 相互リンク 新作映画情報サイト。 livedoor. ネタバレを含めてストーリーを 結末までわかりやすく解説しています。 T's Theater に掲載しているすべての文章の 無断転載、転用を禁止します。 はコチラから。 掲載している映画作品の製作年度、製作国、 アカデミー賞はに基づいています。 上映時間は劇場、DVD、ビデオ又はテレビでtoikunが見た実時間です。 DVDの場合エディションによって時間は異なります。 掲載している俳優の誕生名、誕生日、誕生地、アカデミー賞、 フィルモグラフィーはに基づいています。 このページの参照。。 改変内容:独自情報の追加。 、での商品のご購入は自己責任にてお願いいたします。 This page using Contents. Onori, and Elegant Themes. Most of them Licenses are regulated as CREATIVE COMMONS LICENSE. このページのコンテンツは 日本語です。

次の

The Outsider

アウトサイダー 映画

アウトサイダー(: outsider)• や集団の外部関係者、部外者、。 対義語は。 の既成の枠組みにとらわれず、独自の・の元に行動する人。。 アウトサイダーズ - ()による、アウトサイダーに関する社会学の文献(1963年刊)。 を参照。 アウトサイダー The Outsider - の著作。 アウトサイダー The Outsider - の小説。 アウトサイダー - 同小説などを含む短編小説を漫画化した、の漫画。 アウトサイダーズ The Outsiders - の小説。 The Outsiders - 同小説の監督による映画化作品。 Trespass Against Us - 2016年に公開された米英合作の犯罪映画。 The outsider - 監督による戦後の日本を舞台に元米兵が独房で出会ったヤクザと日本の裏社会で生きていく姿を描いた映画。 The Outsider - 2020年ののテレビドラマ。 - 台湾のテレビドラマ。 - のヒップホップアーティスト。 - のアルバム。 アウトサイダー - の楽曲。 両A面シングル「」、アルバム『』に収録。 - が2008年に旗揚げした大会。 脚注 [ ]• 2018年6月16日閲覧。 関連項目 [ ]• - 芸術の専門的訓練をうけずに育った人々によって作られた芸術作品 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の