グレイヘア 本。 【2020年夏】グレイヘアの髪型・ヘアアレンジ|人気順|ホットペッパービューティー ヘアスタイル・ヘアカタログ

グレイヘアのファッションで似合う色と洋服は?おすすめの本も紹介!

グレイヘア 本

【内容情報】(出版社より) 【グレイヘア】2018年「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞 ノミネート!! 白髪を染めたくないけど…、いつやめる?途中が見苦しくない?老けるのでは? グレイヘアの素敵な女性になる方法を徹底解説。 白髪を染めている人の80%は「いつか白髪染めをやめたい」と思っているという調査結果がある(2016年主婦の友社アンケートより)。 問題は、いつやめるか? 途中の期間をどうやって見苦しくなく過ごすか? そして、グレイヘアになると老けて見えるのでは?という不安。 それらの問題に答を見出すべく、さまざまな方向から掘り下げた、グレイヘアの決定版。 素敵なグレイヘアインタビューは、結城アンナ、萩尾みどり等20名以上。 グレイヘアを選んだきっかけ、どのようにグレイヘアに移行したか、 グレイヘアになってみての感想、まわりの反応は?等、読み応えたっぷり。 さらに、グレイヘアだからこそ似合うファッションやメイクの提案、 40代ライターによる白髪育てドキュメント、白髪染め卒業をサポートしてくれるヘアサロン紹介。 そして、ビューティージャーナリスト齋藤薫によるグレイヘアエッセイ。 誰でも、憧れのグレイヘアマダムになれる1冊。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) ありのままの自分を好きになったら心が軽やかに。 【目次】(「BOOK」データベースより) グレイヘアそれは…/結城アンナさん・age63-嘘の色で隠すなんてもったいない。 本当の髪色は心も解放してくれる/萩尾みどりさん・age64-白髪染めをやめて現在、グレイヘアに移行中/宮原巻由子さん・age55-夫とともに挑戦した新境地 憧れの女性像に近づきたい!/柳瀬久美子さん・age54-今しかない「枯れていく魅力」を楽しまないと/深井桃子さん・age53-染めるのをやめたかわりにメイクや装いにも気を配って/内藤咲絵さん・age49-銀座のコンセプトショップ勤務でグレイヘアにチャレンジ/永井幹子さん・age55-不自然な社会ルールに疑問を呈してきた、そんな世代の私たちだからこその選択/松橋ゆかりさん・age53-病気がきっかけだったけれど、今はこの髪の自分に満足/山本尚子さん・age56-めざすはアンチエイジングではなく「グッドエイジング」です〔ほか〕 無題 earlgre 評価 4. 00 投稿日:2018年04月28日 そろそろヘアカラーから卒業を考えていて、後押しになるかなと買ってみました。 普通の主婦より、女優さん、キャリアウーマンの方が多いのですが世間には結構グレイヘアを選択している人もいるのかなぁ?という気にさせてくれます。 ただ、皆さん化粧はばっちり、特に赤い口紅、アイメイクはきちんと施しているという共通したところがあります。 化粧もやめている身としては、グレイヘアで化粧をしないとどうなるんだろう?より老けて見えるのかな?と不安にはなりました。 あとなぜかセミロングとロングのスタイルが多いのでショートヘアも見たかったです。 取り入れるというよりは参考にはなりました。 7人が参考になったと回答•

次の

『グレイへアの美しい人』この本で髪色も人生も選び取ろう!|ゴニョ研

グレイヘア 本

Contents• グレイヘアとは? グレイヘアという言葉を、最近よく耳にします。 グレイヘアとは、 白髪染めを止めて自然なままにしておくことです。 白髪と黒髪が混ざった状態のことですね。 白髪染めをしないという選択をした芸能人がテレビで、グレイヘアにしていることから注目されています。 グレイヘアを特集した雑誌も発売されています。 グレイヘアの女性芸能人は? 女性のグレイヘアの芸能人と言えば、真っ先におもいつくのは 草笛光子さんです。 85歳という年齢を感じさせない、草笛光子さんの凛とした姿は美しいですよね。 草笛さんは、69歳のときの舞台で剃髪したことをきっかけに、白髪染めをしないと決めたそうです。 それまでも白髪染めに抵抗があったそうですが、お仕事の関係上染める必要があったため、踏み切れなかったそうです。 一度決めたら、抵抗なくグレイヘアに移行できたようです。 また 中尾ミエさんも、きれいなグレイヘアです。 現在71歳の中尾ミエさんは、50代の後半で白髪染めを止めたそうです。 中尾ミエさんも、30代後半には白髪染めを始めたそうです。 しかし画面に映った自分が不自然だったことが、白髪染めを止めるきっかけになったそうです。 そして元アナウンサーの 近藤サトさんも、白髪染めをしないという選択をしています。 現在50代の近藤サトさんは、グレイヘアを目指す方には参考になるのではないでしょうか。 面倒な白髪染めは止めたいけれど、グレイヘアにする決心がつかないという方へ。 まずグレイヘアにすると、どんないいことがあるのでしょうか。 グレイヘアにすることで、いいことがある? 白髪染めを止めるのですから、白髪染めに使っていた費用がかからなくなります。 また毛染めをする時間がなくなるので、その分違うことができます。 しかも、ヘアカラーによる髪のダメージがなくなります。 グレイヘアをためらう理由 グレイヘアにすると、ダメージもなくなって髪にとって良いことです。 しかし、ためらってしまう気持ちもどこかにあります。 グレイヘアにするのを、ためらうのはどんな理由からでしょうか。 老けて見える• 手抜きだと思われる• みっともないと思われそう• 不健康そうに見える• 家族から理解されるか不安 30代後半ころに、目立ちはじめる白髪を隠すために白髪染めを行います。 人目が気になって毛染めをしていたのに、それを止めるとなると、やはり人からどう見られるか気になってしまいます。 染めるのを止めたことを考えてみます。 グレイヘアになるまでの期間に、中途半端な状態に耐えられるかも心配ですよね。 女性が50代でグレイヘアデビューするためには、いくつかポイントがあります。 グレイヘアでデビューする女性が気をつけること 今まで黒い髪色だったのに、白髪になると見た目は老けてみえます。 そして「染める時間もないの」と思われてしまいそうですよね。 日本では白髪染めも、身だしなみのひとつとして根付いています。 だから白髪を見つけると、染めてしまうのは、自然なことなのかもしれません。 染めるのを止めると、「手抜きをしている」「みっとない」のではないかと思ってしまいます。 そして家族の理解を得られるかも考える必要があります。 グレイヘアという言葉もできるくらい認知度は上がってきましたが、まだまだ理解してもらえないこともあります。 お子さんに、グレイヘアにすることを、どう思うか話し合ってみることも大切ですね。 グレイヘアと言えばカッコイイですが、白髪のことです。 髪のお手入れをしていなければ、体調が悪いのかと心配される恐れもありますよ。 だから、女性が50代でグレイヘアデビューをするために、気をつけるポイントは…• 髪のお手入れを怠らない• グレイヘアに移行する期間を乗り切る• 家族の同意をもらう こんなことから始めましょう。 では次は、グレイヘアに移行する期間に何をすればいいのでしょうか。 移行期を乗り切るために気をつけること 美しいグレイヘアとは、白髪と黒髪が7:3の割合で混ざる状態なんだそうです。 当然その状態になるまでには時間がかかります。 その期間を移行期と呼んでいます。 では移行期を乗り切るために、どうすればいいのかを紹介しましょう。 根元の白髪を隠すためにすることは? 時間がたつと、根元が白髪でキラキラし始めます。 そのために、キラキラ白髪を隠すという方法があります。 まずお風呂で手軽に使用できるヘアカラーシャンプーや、 ヘアカラートリートメントを使用する方法があります。 また外出時に、根元だけ染める 根元カラーを利用して白髪を隠す方法もあります。 ただし汗をかくと落ちやすい、根元カラーをするのは時間がかかるなど、使用する際は注意が必要です。 外出時であれば、 帽子やウイッグを利用するという方法もあります。 ハリやコシがうしなわれつつある時期でもあるので、頭頂部だけの部分ウイッグを利用すると、ボリュームアップも同時にできます。 地毛と馴染ませても違和感のないウイッグもあります。 また白髪を隠すには、幅の広い ヘアバンドをすることも効果的です。 髪を耳にかけて、ピンでとめてもいいですね。 自分ひとりでグレイヘアに移行するのは大変です。 そのため 美容院で相談するのも方法のひとつです。 草笛光子さんや中尾ミエさんは、いつも整っているショートカットですよね。 芸能人の方のグレイヘアは、美容院でキレイに見えるように考えられています。 そのため美容院で相談して、計画的に移行期を乗り切ることが可能です。 ただし、こまめに美容院に行く必要があるので、コストがかかることは覚悟してくださいね。 美容院ではハイライトかメッシュを入れて、白髪をごまかします。 ハイライトは、明るい色を細かく入れて、髪全体を明るい色にして、白髪が目立たたないようにします。 メッシュは、ハイライトよりざっくりした線で明るい色を入れます。 コントラストのある髪色で、白髪を目立たせないようにします。 女性50代グレイヘアで老けて見られないためにすることは? グレイヘアは白髪なので、どうしても 老けて見えます。 だから普段から髪のお手入れをして、やつれた印象を与えないようにする努力が必要です。 50代になってくると、一本一本の髪の毛が細くなってきます。 コシも失われつつあるので、ペタッとしてしまいます。 しかも、うねりが出てくることもあります。 この状態で何もしないでいると、生活に疲れたように見えてしまいます。 髪のお手入れには、まずシャンプーやトリートメントを利用して、 髪の乾燥を防ぐようにします。 そしてヘアスタイルにも気を配ります。 おすすめはショートカットです。 スッキリしたヘアスタイルは、明るい印象を与えます。 また髪の変化を隠してくれます。 髪以外にも気を配る そして髪だけでなく、 メイクも手を抜かないことです。 バッチリメイクにする必要はありませんが、スッピンでいるのも見た目には良くありません。 眉、アイシャドー、チークを入れると、手抜きしたようには見えませんよ。 ファンデーションをつけることで、肌の色が明るくなると健康的に見えます。 また服装にも気を配ります。 高価な服を着る必要はありませんが、30代と同じ服では髪が浮いてしまうことがあるのです。 70代くらいの女性が、シャツにジーンズを着ている姿でカッコいいと思うことがありますよね。 しかし50代では中途半端なイメージを与えることもあるのです。 近藤サトさんは、着物でテレビに出ていて、まとめ髪と似合っています。 普段は着物で生活はできないと思いますが、自分に似合った服装を探したいですね。 姿勢を良くすると、見た目はずいぶん違ってきます。 草笛光子さんや中尾ミエさんの姿勢の良さは、自信があって元気に見えます。 髪色で老けて見える分、はつらつとした行動でカバーします。 グレイヘアに50代でデビューする女性が気をつけておきたいポイントは?のまとめ グレイヘアに女性が50代でデビューをするときに気をつけたいポイントを調べました。 髪染めを止めてグレイヘアに移行するまで部分カラーやウイッグを利用して乗り切りましょう。 老けて見られない工夫としてはメイクをしたり、姿勢を良くしたりすることでした。 女性でグレイヘアに50代でデビューしたい方は、ぜひ参考にしてください!•

次の

グレイヘアの移行を考え中の方に試して頂きたい白髪染めの実例集

グレイヘア 本

白髪の手入れは大変すぎる 若い時期から若白髪に悩んでいた人もいると思いますが、アラフィフの 白髪はもう若白髪ではなく、年齢なりの白髪です。 それは受け入れるしかなく、それにしてもとにかく手間がかかります。 もう逆らおうとしても逆らいきれないのです。 カラーリングしても、すぐに根元には白髪が・・・。 私の場合、全体的には目立ちませんが、白髪が集中している部分があって、放置したくてもそこだけがやたら目立つんですよね。 白髪混じりで汚い髪になるのも嫌だったので、私はある時期から髪を短くしていました。 でもやっぱり再びロングにしたくなり、今は伸ばしているのです。 *参考記事 これで挫折したら切ろうと思っています。 今はとりあえずきれいに保つ努力をしていますが、正直、面倒くさい。 若い頃は、白髪のことは考える必要がなく、カラーリングもただ楽しむだけで良かったのに。 白髪染めしない!あえてグレイヘアを選ぶ人も多い 白髪染めにまつわる悩みは、この年代の共通のものでした。 しかし、ちらほらと、カラーリングしてない人を見かけることが多くなったのです。 それも、手抜きで染めてないという感じではなく、まさにグレイヘアという呼び方がふさわしい、素敵な髪です。 そういう人は、大抵、服装も垢抜けしていて、清潔感があるおしゃれな感じです。 こんな白髪だったら全然汚くないし、なんかオシャレでいいかも?と思わせてくれるような。 調べてみると、最近は(多分私が知らないだけで、前からいたのかもしれませんが)、あえて白髪染めはしない!自然なグレイヘアで美しく・・・というこだわりがある人もいるのだということがわかりました。 でも、これはなかなか勇気がいることかもしれません。 そういう選択をして、そのスタイルを貫いている人には、勇気なんていらないという感じかもしれませんが、白髪に悩み、白髪を見せまいとせっせとカラーリングを繰り返してきた立場から見ると、やはりこの切り替えは 勇気です。 隠し続けてきたものをさらけだしてしまおう、と真逆に方向転換するわけですからね。 急に老けこんだらどうしよう? 周りの人がどんな目で見るだろう? おばあちゃんみたいで子供に嫌われるんじゃないだろうか? そう、こんな理由があるから、今までせっせと 白髪を隠すことに専念してきたのです。 グレイヘアへの移行で手抜きしてはいけないこと でも、グレイヘアの選択は、決して手を抜くことに移行するわけではないのです。 たしかにカラーリングは手間がかかりますし、頭皮も大丈夫なのかという不安があります。 そして、自分の楽しみや希望とは関係なく、強制的にコストだけがかかります。 白髪染めは、若い時に「今度はどんなカラーを試そうかな?」というような、はずんだ気分とは全く違います。 しかし、その憂鬱な白髪染めを一切やめてありのままにすること=放置ではないのですよね。 あえてグレイヘアでいるという選択には、それ相応の手入れが必要なのです。 髪の質感 グレイヘアを選択した人は、やはり髪の潤いには気を遣うべきでしょう。 カラーリングしても乾燥は免れないのですが、それでも白髪が隠れてしまうので何となく、ごまかしが効いてきれいに見える利点もあります。 だけど、白髪は、それだけで髪質の統一感がなく、パサパサして見えるものです。 パサパサでまとまりのない白髪は、顏がやつれて見えます。 「ちょっとあなた、どうにかならないの?」という感じの、老けてやつれた人に見えてしまうと思います。 まだ全体的に真っ白なら、統一感もあってよいかもしれませんが、黒髪に白髪混じりの艶のないパサパサ髪は、ちょっといただけません。 なので、グレイヘアの選択は、白髪染めした髪以上にごまかしが効かず、艶が必要になるのですよ。 髪の乾燥を防いで潤いを保たせるケアは、必須です。 服装 グレイヘアには、明るくてはっきりした色彩の服装が案外マッチするようです。 モノトーンも、もちろん渋い感じにはなりますが、赤など、はっきりしたきれいな色の服装が以外と似合うと思われます。 反対に、髪に白髪の割合が少ない場合などは、くすんだ髪色になるので、くすんだ色の服を合わせると、全体的なイメージがくすんでしまいます。 加えて、グレイヘアには、ゆるくて楽なカジュアルすぎる服装は避けた方がよさそうです。 だらしなくて老けた印象を作りやすくなるからです。 ただ、顏立ちにもよるなーとは思いますよ。 《パリに暮らす素敵なシニアの女性を紹介し1万部売れた本》 途中を乗り越えてグレイヘアに上手に移行する方法 では、これまでカラーリングをしていた髪から実際にグレイヘアに移行するには、どんな方法が挫折しなくてすむのでしょう? 髪を伸ばすのと同じで、あまりにも扱いに困り持て余す時期が長かったら、ちょっと難しそうですよね。 移行の途中を上手に乗り越えられないと、素敵なグレイヘアまでたどり着けない気がします。 移行した人達は、どのように工夫されたのでしょう? 調べてみると、結構、移行の途中も楽しんでいる人が多いようですよ。 途中をできるだけ隠しながら移行する方法 きれいなグレイヘアになるまで、 帽子やウィッグを使ったスタイルを楽しむ方法ですね。 外出する時は、そのような小物を使ったり、または 白髪用ファンデーションを上手に活用すると良いと思います。 これは染めることなく、髪にもお化粧するという感覚ですね。 ブルー系やアッシュ系のハイライトを入れることで、立体感を出しながらきれいに見せることができ、まだらの状態の移行期をうまくごまかせるようですよ。 または、ヘアカラーではなく、あえて色落ちする マニキュアの明るいトーンのものを使って、白髪とのギャップを和らげるようにしても良いようです。 マニキュアだと、 髪の艶も出ますので、髪質もきれいに見えると思います。 私の知人の美容師さんで、移行途中にブルー系のマニキュアを使っていた人がいましたが、ブルーが自己主張するわけではないけど個性的で、光が当たるととても素敵でした。 ヘアスタイルを変える ストレートよりも、 ウェーブのある髪の方が動きを出せるので、白髪との境目もうまくごまかすことができます。 パーマをかけるのは、移行期には良い案だと思いますよ。 根元が立ち上がることで、生え際の白髪は目立たなくなりますしね。 年齢を重ねていくと、フェイスラインも微妙に変わって来ます。 顏周りの髪には動きをつけた方が、輪郭をキレイに見せることができて、華やかになりますよね。 あるいは、 とにかくショートにする、というのも手段ですね。 白髪が伸びて来るのを待ちながら、移行期はひたすらカットする。 カラーリングはせず、ショートにしながら白髪の長さが揃うのを待つのです。 全体的に白髪が揃ってきて、統一感が出てくれば、あとは好きな長さまで伸ばします。

次の