ホット ロード 春山。 【映画ホットロード】名言&名シーンTOP10!あのシーンが実写で蘇る…【映画】

【ホットロード】春山洋志に男も惚れる!真っ直ぐ過ぎる不良少年の魅力とは?【ホットロード】

ホット ロード 春山

春山が死んでしまう! と取り乱す和希ですが、春山は なんとか一命をとりとめます。 しかし、 半身麻痺という 重い後遺症が残ることに…。 リハビリ後 鑑別所に入らなければならない春山でしたが、「ぜったい鑑別所だけで帰ってくるから」と 和希に約束をするのでした。 1980年代の空気がよみがえる! 純粋な不良少年春山はとにかくかっこいい! ホットロードは本当今までみた映画で1番! これからもホットロードを超える映画はないと思う!! 大げさじゃなくて本当に!! 親子愛、恋人、青春、命の尊さ、全てが学べるのがこの映画だと思う!! 本当にみた方がいい!!

次の

【ホットロード】春山の和希への想いが詰まった名言・名セリフ6選!

ホット ロード 春山

あらすじ [ ] 悩みを抱えながら、に憧れ、仲間に入りの道を進んでゆく主人公・和希、に命をかけ、死をも恐れず暴走する春山の姿が描かれる。 母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の宮市和希は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。 そんなある日、学校の友人である絵里に誘われ不良の春山洋志と出会い、しだいに彼らの世界に自らのよりどころを見いだすようになる。 少しずつ春山にひかれていく和希だったが、のリーダーとなった春山は反目し合うチームとの激しい争いにしのぎを削ることとなる。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 宮市 和希(みやいち かずき) 14歳。 中学2年生。 2歳の頃父親が亡くなり、母親と2人暮らし。 鈴木(後述)と交際を続ける母に反発し非行に走る。 母から愛されていないと感じ、自分が誰からも必要とされていないのではないかと不安を抱え、非行に走る。 春山 洋志(はるやま ひろし) 16歳。 母親が再婚した父親と上手くいかず、家を出て一人暮らしをしており、高校へは行かずにでをし生計を立てている。 フォーサイト集合管・BEETテールカウルを装着したに乗る。 ナイツの湘南支部に属している。 NIGHTS ナイツ [ ] 全国に支部を持ち、本部はにある暴走族。 正式名称は MAD SPECIAL THE NIGHTS。 全盛期は総メンバー数2000人超だったが、現在は500人ほど。 総頭には、少年鑑別所に入れられるかもしれないという覚悟と、全国の支部をまとめ上げる統率力が要求される。 総頭には代々が受け継がれる。 玉見 トオル(たまみ とおる) ナイツ総頭。 20歳。 皆に慕われる。 父親は建設会社の社長。 恋人の宏子と結婚するために、春山に総頭の座を譲ろうと考えている。 宏子(ひろこ) トオルの恋人。 17歳。 絵里が横浜にいた頃の先輩。 ナイツに入った当初は荒んでいたが、トオルとの出会いで次第に落ち着いていった。 過去に春山と何らかの関係性を持っている節がある。 リチャード 春山の親友。 本名は利信。 森下 絵里(もりした えり) 横浜から和希の学校に転校してきた。 和希と仲良くなりナイツに誘う。 学校で子どもを堕した事があるとデマを流されるが、和希のおかげで元気に学校に通う。 姉は宏子の友人である。 茂(しげる) 春山に憧れてナイツに入る。 14歳。 人懐っこい性格で、春山の彼女として和希の事も慕っている。 その他 [ ] 和希の母親 35歳。 夫の死後、女手一つで和希を育てる。 高校時代から好き合っていた相手・鈴木と一緒になれず、和希の父親と結婚した。 鈴木とは今でも想い合っている。 鈴木(すずき) 和希の母親の恋人。 妻がいるが、離婚協議中。 お金持ち。 春山の母親 洋志の父親と離婚後、現在の夫と再婚。 一人暮らしをする洋志を心配している。 春山 強(はるやま つよし) 洋志の異父弟。 中学1年生。 洋志に対し憧れと反感を持っている。 霜村 美穂子(しもむら みほこ) 洋志の元彼女。 中学時代の同級生で、洋志とは違い優等生だった。 春山に借りていたレコードを返す際、別れ際に涙を見せる。 佐々木(ささき) 和希の1年と2年のときの担任。 コーラス部の顧問。 ストレスで胃痛になる癖があり、和希の素行に悩まされ、胃薬を手放せない。 高津(たかつ) 和希の3年のときの担任。 他の教師らが和希を見捨てる中、正面から向き合い更生の道を共に探る。 書誌情報 [ ] コミックス(〈〉)全4巻• 12月、• 1987年 05月、• 1987年 08月、 文庫版()全2巻• 1995年8月18日、 完全版(集英社ガールズコミックス)全3巻• 2006年、• 2006年、 コンビニコミック版(集英社ガールズリミックス)全1巻• 6月、 電子書籍版(全4巻)• 、集英社マーガレットコミックスDIGITAL• 2013年6月25日、集英社マーガレットコミックスDIGITAL• 2013年6月25日、集英社マーガレットコミックスDIGITAL• 2013年6月25日、集英社マーガレットコミックスDIGITAL 映画 [ ] ホットロード 監督 脚本 製作 吉田繁暁、藤村直人 出演者 音楽 mio-sotido 主題歌 「」 撮影 編集 制作会社 製作会社 「ホットロード」製作委員会 配給 公開 上映時間 119分 製作国 言語 興行収入 25. 2億円 公開の。 監督は。 主演はとで、能年は2013年前期の『』でヒロインを務めた直後の次回作として注目された。 春山役は所属の歌手・で、本作が映画初出演である。 この作品で、能年・登坂ともに複数の映画関連新人賞を受賞した。 製作 [ ] 連載から25年以上経って初の映画化となり、脚本には原作者の紡木が監修として参加している。 紡木の元には今まで何度もドラマ化や映画化の話が来ていたが、イメージに合わないという理由で全て断っていた。 しかし、映画『』で能年の存在を知り「彼女なら和希の役を託してもいい」と実写化を許可しており、「能年ありき」の企画になっている。 なお、能年のキャスティングは『あまちゃん』の放送前から決定している。 キャスト [ ]• 宮市和希 - (幼少時代:本間菜穂 )• 春山洋志 -• ママ(和希の母親) -• 鈴木 -• 玉見トオル -• 宏子 -• えり -• リチャード -• 金パ -• リーダー赤根 -• 2 永山 -• おばさま先生 -• 医者 -• 高津 -• 春山の母 -• ユッコ - スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 -• 主題歌 - 「」()• 製作 - 大角正、、本間憲、藤門浩之、• エグゼクティブプロデューサー - 秋元一孝、• 企画・プロデューサー - 吉田繁暁、藤村直人• 共同プロデューサー - 妹尾祥太• ラインプロデューサー - 阿部智大• 撮影 -• 照明 - 渡部嘉• 録音 - 鈴木肇• 美術 - 花谷秀文• 編集 -• 装飾 - 西尾共未• 音楽 - mio-sotido• 音楽プロデューサー - 茂木英興• 衣装デザイン - 澤田石和寛• VFX - 菅原悦史• ヘアメイクディレクション - 池田真希• 音響効果 - 岡瀬晶彦• 記録 - 古保美友紀• 助監督 - 石川勝己• 製作担当 - 伊東祐之• 企画協力 - 北畠輝幸• アソシエイトプロデューサー - 吉田直子• キャスティング - 田端利江• 制作プロダクション - 東京スタジオ• 制作協力 - 松竹映像センター• 配給 -• 製作 - 「ホットロード」製作委員会(松竹、、、、、、、、、、) 封切り [ ] 8月16日より全国302スクリーンで公開され、で行われた初日舞台挨拶には能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平、太田莉菜、落合モトキ、竹富聖花、三木孝浩監督が登壇した。 公開初週週末2日間の興行成績は興収3億8924万2000円、動員28万4367人で、映画観客動員ランキングで第2位に初登場した(実写映画では1位。 興行通信社調べ)。 公開6週目時点の9月20日・21日時点の累計では動員176万8,468人、興収22億3,656万5,900円を記録してランキング9位となり、その後も301館でを展開した。 受賞 [ ] 第6回• 最優秀新進女優賞 - 第39回• 新人賞 - 第27回• 新人賞 - 能年玲奈• 新人俳優賞 - 能年玲奈、登坂広臣 第69回• スポニチグランプリ新人賞 - 登坂広臣 第24回• 発売・販売元はバップ。 ホットロード(2枚組)• ディスク1:本編ディスク• ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)• メイキング• 特報・劇場予告編集(劇場版、三木孝浩監督監修版2種)・TVスポット集(「純愛編」、「家族編」、「I LOVE YOU編」)• イベント集(完成披露試写会、初日舞台挨拶、Nights VS 漠統 舞台挨拶、大ヒット御礼舞台挨拶)• 能年玲奈主演「ホットロード」の魅力にせまる(PR番組 再編集版)• 封入特典• 特製ブックレット• 「Nights」「漠統」ステッカー• 初回限定特典• 紡木たく原画スリーブケース 書籍• 出典・脚注 [ ]• 2015年1月16日. 2015年9月6日閲覧。 BARKS音楽ニュース グローバル・プラス. 2014年8月8日. 2014年8月10日閲覧。 2013年10月20日, at the. (2013年10月17日)、、2013年10月17日閲覧。 cinra. net 2013年10月29日. 2013年11月17日閲覧。 日本版 2013年10月17日. 2013年11月17日閲覧。 スポーツ報知 2013年10月17日. 2013年10月20日時点のよりアーカイブ。 2014年3月19日閲覧。 (2013年12月20日)、、、2014年1月3日閲覧。 (2014年5月13日)、モデルプレス、2014年5月13日閲覧。 本間菜穂 2014年8月10日. いちごmail. 2014年8月10日閲覧。 アメーバニュース 2014年8月16日. 2014年8月30日閲覧。 com 2014年8月18日. 2014年8月30日閲覧。 壬生智裕 2014年9月24日. シネマトゥデイ. 2014年10月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年11月22日. 2014年11月25日閲覧。 2014年11月28日. 2014年12月1日閲覧。 2014年12月4日. 2014年12月5日閲覧。 、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。 毎日映画コンクール. 2015年1月21日閲覧。 「」()関東版2016年14号 71頁 関連項目 [ ]• - のテレビドラマ。 本作からセリフの盗用などが指摘された。 - 洋志が「 タクティス」の名で使用しているコロン。 外部リンク [ ]• (集英社による特設サイト)• (映画公式サイト)•

次の

ホットロード : 作品情報

ホット ロード 春山

解説 「別冊マーガレット」(集英社刊)で1986~87年に連載され、単行本は全4巻で累計発行部数700万部を突破した紡木たくの人気少女コミックを実写映画化。 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈が主演し、母の愛を感じられずに非行に走る主人公の少女・宮市和希を演じた。 「ソラニン」「僕等がいた」の三木孝浩監督がメガホンをとり、「僕等がいた」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の吉田智子が脚本を担当。 和希がひかれる不良少年・春山洋志役は、映画初出演となる「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣。 望まれて生まれてきたわけではないと知り、心を痛める和希は、転校生のえりに誘われて行った夜の湘南で暴走族「Nights(ナイツ)」の春山に出会い、不良の世界に居場所を求めるようになる。 次第に春山への思いを募らせていく和希だったが、Nightsのリーダーとなった春山は敵対するチームとの抗争に巻き込まれていく。 主題歌には、尾崎豊の名曲「OH MY LITTLE GIRL」を起用。 当時の能年玲奈ちゃん21歳。 そして春山 洋志(登坂広臣)は劇中では年齢を明かしてませんが16歳。 当時の登坂広臣さん27歳。 はい無理がありすぎます。 原作に忠実にしようと思うならキャスト変えるべきだったでしょう。 原作者の紡木たくさんがこの2人だから実写化を許可したそうですが 何故に??・・違和感しかなかった。 初めて人を心から好きになり愛おしいという気持ちを知った喜び。 自分の心の弱さを受け止めてくれる人。 そういうのは中学生が好きそうな内容ですね。 大人にはつまらなさすぎました。 美化した湘南、美化したバイク、美化した族に美化した彼氏、 そして美化したアタシ。 母親役(木村佳乃)の行動が不可解。 いつの間に校門でイチャイチャするくらいまで愛が深まった? スカートの丈を長くしただけで不良にしてしまう安易さ。 伝わるはずのない子猫に伝言。 などなど・・ 最後に尾崎豊の曲は時代背景と合ってて良かったですね。 むしろ『15の夜』のほうが良かったんじゃない?w 尾崎豊の曲は悪いことを美化してる風潮がありますよね。 盗んだバイクで走り出したり、夜の校舎窓ガラス壊して回ったり、 自分の弱さや未熟さを他人のせいにして、 そんな反抗期時代を美化している。 尾崎豊チョイスはまさにこの映画にピッタリでした。 原作が人気だったと聞いたのですが…本当?と。 それに、なんでそんな大昔のものをなんで?今更? 30代の私にも暴走族の魅力なんて全然分からない、というより嫌悪感。 制作側と鑑賞側に激しくギャップがあるように感じました。 かずきは中学生とわかるけど、春山は?トオルは一体いくつなの? 10代ならではの繊細でもろい感じが、役者が20代だと難しいなとつくづく思いました。 少し感じる事は出来ましたが、青くて眩しいなとは反対の感情でした。 かずきの家庭の複雑さも中途半端に感じました。 その半端さが多数に共感を生むのかもしれないですが。 かずきの母親が、子供を思ってるのだろうけど自分の方が大事タイプで現代的でした。 トラウマレベルの恐怖のシーンが! かずきと友達がナンパされた男の車に乗ったら、後ろにナンパ男の友達の車がいたシーンは鳥肌もの!!同じ目に合わないために、女の子には見て欲しいです。 10代ゆえの相手の事をよく知らずに深く好きになってしまう感じはまあ分かるのですが、魅力的には見えませんでした。 二人の関係が深まって行くのが伝わらないからかも。 半ば虚像を好きになってる感じで、10代ってこういうのが嫌だなと思いました。 あまり主人公たちの魅力が伝わりませんでした。 なので、タイトルの感想を持ちました。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の