レポート ホチキス。 【レポートの書き方】良い点を取るために押さえておきたいポイント

レポートの体裁

レポート ホチキス

レポートのホチキスの位置、向き、回数 ホチキスを止める位置は、大多数の人の利便性を配慮して決められています。 日本では右利きの人が多いため、右利きの人がめくりやすく、手が書類をまたがなくても済む位置にホチキスを止めるのが一般的です。 注意したいのが、学校や会社によって独自のルールがある場合も多いこと。 こちらでは一般的な止め方をご紹介しますが、まずは独自のルールがあるか確認し、ある場合はそちらを優先しましょう。 それでは縦書きや横書き、また縦書きと横書きが混在した場合の、一般的なホチキスを止める位置、向き、回数を確認しましょう。 横書きは「左上」 一般的に多いのが、レポート用紙を縦向きにし、横書きの文章に対して「左上」にホチキスを止めるパターンです。 次の例のように、横書きの場合は、向かって左上の角にホチキスを止めます。 下のように、「/」という角度で止めるイメージになります。 以下の例を参考に確認してみましょう。 この場合、文章を上から下に、右から左へと読み、最後に右下を読んでから次のページを見ることになります。 縦書きは「右上」 縦書きの場合、用紙の向かって「右上」の角にホチキスを止めます。 「\」の角度で止めるイメージになります。 以下の例をのようにホチキスを止めてください。 文章を上から下へ、右から左へ読んでいくことになり、最後に左下まで読んでめくる流れになります。 縦書きと横書きが混在の場合 レポートの中身が、縦書きと横書きが混在するものもあります。 「グラフや図などの資料を挟むもの」と「用紙の向きが縦長と横長のもの」などがあるでしょう。 大学のレポートは基本的に縦長で提出する場合が多いでしょう。 縦長の用紙でホチキスを止める場合は、「左上」でいいでしょう。 横長の場合は「右上」にホチキスを止めます。 また、縦長のレポートの中に、横長で描かれたグラフや図を入れる場合は、横書きのものを90度左側に向かって回し、「左上に」ホチキスを止めましょう。 縦長と横長が混在する場合は、文章に注目しましょう。 注目する文章は、書き出しの文章で判断します。 先ほど見たように縦書きなら「右上」、横書きなら「左上」にホチキスを止めるといいでしょう。 角度は「45度」 ホチキスには、めくりやすい角度というのもあります。 水平に止めると、用紙がよれてめくりにくくなったり、用紙の端が折れてしまうこともあります。 折り目をつけて読みやすくすることもできないので、読む人に不親切な印象を与えてしまうかもしれません。 基本的には「45度」の角度をつけて止めるようにしましょう。 めくりやすく、折れ目をつけることができ用紙の端にも、よれたような跡がつきにくくなります。

次の

レポートの体裁

レポート ホチキス

レポートを書くのは意外と難しくありません。 そんなにサラッと言ってくれるなとお思いでしょうが、レポートを書くことにもやっぱり 「コツ」というものがあります。 今でこそ私もこんな「レポートの書き方」なんて記事を書いていますが、学生のころは何度もレポート書きに泣かされていました(笑) 結局、当時はきちんと教えてくれる人もいなくて我流で書いていたんですね。 そんなレポートだったんでよく教官に笑われたものです(泣) そんな私もこれからお伝えするコツを掴んでからはレポート提出が全く苦にならなくなりました。 ですからそのコツさえ掴んで自分のものにしてしまえば、誰でも上手くレポートを書くことが出来るようになりますよ。 では、どうしたらそのコツを掴んでレポートが上手く書けるようになるのでしょうか? 今回はレポートの書き方について例を交えながら、基本となる部分と構成のしかたなどをワンポイントアドバイスしていきます。 レポートを書くときの心構え まずは、レポートを書く時の心構えを考えてみましょう。 レポートを書く際に、いちばん気をつけておきたいのは、読み手にあなたが書いた文章を納得してもらうということです。 さらに分かりやすく言えば、読み手に何かを、きちんと伝える気持ちがあるかということなのです。 もっと平たく言うなら、あなたの考えが、読み手に伝わっているかどうかなのです。 貴方に必死に伝える気持ちはあったとしても、その気持ちが読み手にじゅうぶん伝わっていなければそのレポートはあまり良いレポートということはできませんよね。 レポートの書き方の授業では、 【序論・本論・結論】という流れで教わることが多いです。 これは至ってシンプルな書き方ですし、書き方としては、間違ってはいないと思われます。

次の

特に理系は注意! 大学生が一度はやってしまうレポートの失敗あるある【学生記者】

レポート ホチキス

ホッチキスとホチキス。 名前の由来など。 それぞれの名前の元についてです。 ホッチキスなどの名前の由来 色々呼び方がありますが、それぞれ元となる情報をまとめてみます。 ホッチキス 日本で初めてホッチキスを販売したのは伊藤喜商店(現イトーキ)で、明治36年(1903年)のことです。 このホッチキスはアメリカ製で、ボディに大きくHOTCHKISS No・1と刻印されていました。 この製品はE・H・HOTCHKISS社製で、ブランドと形式を刻印表示したものでした。 特に呼び名がなかった時代のこと、誰とはなしにホッチキスと呼ぶようになったと思われます。 マックス株式会社より よくある、 日本ではじめて販売されたものがそのまま呼び名として浸透した話。 海外製で「ホッチキス」という製品だったんですね。 ホチキス 感覚的な話ですが、ホッチキスと呼ぶ方、ホチキスと呼ぶ方半々のような気がしますがどうでしょうか。 ホチキスで検索する方も相当数いるようですが、 出処ははっきりせず。 ただ、 新聞用字用語集では「ホチキス」とされているそうですよ。 マックス オフィス機器などを販売しているマックス株式会社は有名です。 こちらで売は、 ホッチキスという名前で販売されています。 じゃあ、なんでマックスと呼ぶようになったのか、考えてみると・・・ マックス貸してー 元同僚 という方がいますが、その方は「マックス針」とも言います。 マックス株式会社で販売されいてるホッチキスだから、「マックス」と呼ばれるようになった説。 一番身近な文房具だからなのかもしれませんね。 もちろん、ホッチキス以外の文房具もありますので一応。 >> ステープラ(ステープラー) 英語が語源のステープラー。 ステープラー(英語: Stapler)。 紙に「コ」の字形の針(ステープル、英語: Staple)を刺し通し、針先の部分を両側から平らに曲げて、紙を綴じる文具である。 紙を綴る道具をステープラ• 針をステープル というわけですね。 近い人でホッチキスをステープラ、と呼んでいる方は見かけませんが、 JIS規格(日本工業規格)では「ステープラ」とされているようです。 ホッチキス• ホチキス• MAX(マックス)• ステープラ• ガッチャンコ• ジョイント などなど。 海外に行くと更に別の呼び方もあるようですが、じゃあどれが正しいの?という話。 名前の由来でも紹介したとおり、• なので、結論としては どれも正しい ということになりそうです。 結局は・・・ 通じれば何でもいい のかなーと感じました。 ホッチキスとホチキス。 正しいのはどっち?のまとめ 以上、ホッチキスやホチキスどちらが正しいのか、について、名前の由来など調べてみました。 現存する呼び方は• なので 親しみやすく、相手に伝わる言い方であればどの呼び方でも良いと思います。 ホッチキス、とかホチキスと口に出すタイミングって、誰かに取ってほしい、とか貸してほしい、というタイミングで使いますもんね。

次の