元 彼 ブロック 解除 連絡。 元彼がLINEをブロックする5つの理由

元彼がLINEをブロックする5つの理由

元 彼 ブロック 解除 連絡

これは間違えなく、「あなたが復縁を諦めてくれた」と 判断をしたからブロック解除をしたのでしょう。 いきなり関係を完全断絶すると、あなたが取り乱したり、 泣き倒れたりする可能性があるので、あなたからの連絡 に対しては一応の返信はするようにしていた。 あくまでも「いきなり完全断絶」では可哀想なので 少しだけつながっていたということです。 ところが、その「甘さ」に対して、 あなたが「復縁」を申し込んできてしまった。 元カレはまったくあなたと復縁する意思はないのに あなたが空気読まずに「復縁」を申し出てきてしまった。 そのために困惑したのだと思われます。 で、ブロックをした。 でも、あなたが翻意(?)して「復縁を諦めた」ので、 ブロックを解除してあげただけでしょうな。 それ以上でもそれ以下でもなく、99%は断定できます。 で、中途半端に元恋人と繋がっていては、 先に進む事もできませんし、次の恋愛に心も進みません。 元恋人の連絡先がすべて消去して、「完全断絶」をして 自ら終わってしまった恋愛に「ピリオドを打つ」という 措置をおこなうことが賢明なのですよ。

次の

元彼から連絡が来る方法!復縁に効果的な5151のおまじない法

元 彼 ブロック 解除 連絡

こんにちは、さくらです。 元彼と復縁を目指していたが、その元彼に着信拒否設定をされてしまい、連絡を取ることができない。 元彼に嫌われた挙句、連絡方法も断たれたから、もう復縁は無理だと落ち込んでいませんか? 実は私も彼氏から着信拒否まではされませんでしたが、「これ以上関わってくるなら、着信拒否をする!」 という着信拒否宣言を受けるほど嫌われたことがあるので、その絶望感は嫌ほど分かります。 でも大丈夫ですよ。 確かに着信拒否の状態から復縁することは、簡単な事ではありませんが、きちんとした手順を踏めば可能性は十分ありますよ。 ということで今回は、元彼から着信拒否された状態から、復縁する方法について取り上げたいと思います。 元彼に着信拒否されて途方に暮れている方は、ぜひ参考にして下さいね。 元彼から着信拒否されたなら 元彼に電話やメール等を着信拒否設定されていた場合、あなたはまず何をすればいいでしょうか? 答えは、謝罪と感謝の気持ちを伝える以外は、「もうこれ以上何もしない」ことです。 謝罪と感謝については後で取り上げますね。 これを聞いたあなたは「え!何もしないでおくと、ますます元彼が離れちゃう」と思うかもしれません。 でも復縁を本気で考えるなら、しかるべき準備が整うまでは、こちらから元彼に対して何もせずにいましょう。 しかるべき準備については後から詳しくお伝えしますね。 強引に連絡等することは復縁の可能性をどんどん下げる 最悪な対応なのは、何とか元彼と接点を持とうとして、元彼が住むマンション前で待っていたり(これ私です)、友人の携帯で連絡をしようとすることです。 このように強引に接点を持とうとすることで、そこまで必死になるあなたに元彼はどん引きするだけですよ。 当然ながら、元彼はあなたに対して、嫌悪感と不信感をマシマシに・・・復縁の可能性を著しく下げるマイナスだらけの行動です。 実際、私が相談を受けた方のなかで、あれだけやめましょう、と言ったのに、あらゆるSNSを利用して無理やり元彼に連絡した結果、 「これ以上、連絡してくるなら警察に相談する!」とストーカー扱いされた方もいるので、強引にすることは絶対にやめましょう。 元彼に着信拒否された原因とは? 元彼に着信拒否されることのメッセージとは「もう君とは一切関わりたくない!」です。 別れたといえ、自分の彼女だった女性に、なぜそこまでするのでしょうか? 元彼だって、何の理由もなくあなたを着信拒否することはありませんよ。 きちんと理由はあります。 彼氏から別れを告げられた際、かなり反発した。 別れた後もしつこく連絡を取り続けた。 大方、この二つの理由で元彼に面倒に思われたのでしょう。 自分の気持ちばかりをぶつけ、彼氏の気持ちを無視したからこそ「着信拒否」という手段で、あなたを強制遮断したのです。 私も当時、別れを受け入れられず、何とか彼氏を繋ぎとめようとして、しつこく連絡をし続けた結果、着信拒否宣言を受けました。 元カノと離れたい一心でいる元彼に対しては、もはや何をしても別れを考え直させる事なんて、到底出来やしないんですよ。 着信拒否されてもなお、今あなたが何とかして連絡を取ろうとすることは、マイナスでしかないことが分かって頂けたと思います。 元彼の気持ちを尊重して、しばらくは元彼に連絡することは一切控えましょう。 元彼の持つ最悪な感情を取り除こう ここまでご覧頂いたあなたは、「元彼にそこまで嫌われたなら復縁はやっぱり無理かな・・・」 このように思われるかもしれませんが、冒頭でもお伝えした通り、決して可能性がゼロになった訳ではありません。 あなた次第で復縁は十分可能ですからね。 ただし着信拒否の状態から復縁は、基本的には通常のケースの復縁と比べ、難易度が高く、長期戦を覚悟しなければなりません。 それでは、元彼から着信拒否されている状態から、復縁する為の方法についてお伝えしますね。 最初にやるべきことは「謝罪と感謝」を伝えましょう。 あなたの連絡を着信拒否している元彼は、あなたにとても強い嫌悪感と不信感を抱いています。 あなたがこの先しばらく元彼に連絡しないとしても、その最悪な感情は引き継がれてしまいます。 それを払拭させる為には、冷却期間に入る前に「謝罪」と「感謝」の気持ちを元彼に伝えましょう。 謝罪すべき内容をきっちり押さえよう 特に謝罪は重要です。 そして謝罪する内容で絶対入れるべきことがあります。 一点目は着信拒否をさせるまでに元彼を困らせ、追い込んだことに対して、本当にご迷惑をかけてしまった。 という内容 二点目は、着信拒否した元彼は何一つ悪くない、すべて私が悪かった。 という内容 二点目の内容を伝える意味は、元彼もあなたに着信拒否したことに対する「うしろめたさ」や「きまずさ」が少しはあります。 全責任は私にあるということを伝えることで、元彼のうしろめたさ等を和らげることができます。 これらがしっかり元彼に届くように伝えましょう。 そうすることで、どん底までに堕ちたあなたの悪い印象を少しでも浄化させることが可能ですよ。 謝罪と感謝を伝えた後、私の彼氏の心境 お伝えした通り、私は彼氏に着信拒否宣言はされましたが、本当に着信拒否されることも覚悟で、この謝罪と感謝を載せたメールを、元彼に送りました。 その時はもちろん復縁する気でいましたが、心のどこかで彼氏とは本当に最後かもしれない、という思いもありました。 だから、後味悪いまま終わるのでなく、謝罪と感謝の気持ちを伝え、ハッピーエンド的な終わり方をしたかったのです。 このメールを送ったことで、彼氏に着信拒否されることは無かったのですが、返信はありませんでした。 そこで復縁した後に、この時の彼氏の心境はどうだったかを聞いたところ、 「顔も見たくないと思うくらい嫌だったけど、少しは落ちつき、さくら(私)の気持ちも少しは届いた」とのことでした。 私の事例からも「謝罪と感謝」の気持ちを伝えることで、元彼のあなたへの怒りの気持ちは多かれ少なかれ静まります。 ですので、元彼の着信拒否状態を解除させる要因の1つとなりえますよ。 謝罪と感謝の気持ちをどうやって元彼に伝える? 私の場合は実際に着信拒否をされていなかったので、メールすることが出来ました。 しかし、あなたは電話やメールを拒否設定される為、どうやって謝罪や感謝の気持ちを伝えるかが問題となってきます。 おそらくLINEもブロックされている状態でしょう。 しかし、これら以外でも連絡する方法はあります。 ショートメール• SNS(Twitter、Facebook内のメッセージ)• 手紙 この様な方法が手段としてあります。 なお手紙で気持ちを伝えることは、重いと思われたり、読まずに捨てられるなど、リスク面が大きいです。 ですので、まずはそれ以外の方法を試みてみて、それでも駄目な場合の最終手段として下さいね。 なお、この感謝と気持ちを元彼に伝えたことに対する返信は、来ないことがほとんどですが、何も気にすることはありません。 大事なのは、あなたの気持ちが元彼に伝わることですから。 負の感情をさらに取り除く為にすべきこと 元彼にあなたの謝罪や感謝の気持ちが伝わっても、負の感情の極限状態を脱しただけで、そう簡単に負の感情が薄まることはないです。 あなたに対しての嫌悪感や拒否感は、依然根強く残っているでしょう。 しかし、それらの負の感情は次のことをすれば、いつまでも続くものではなく、大方は取り除くことが出来ますよ。 「元彼にあなたの存在を一切感じさせない期間を置くこと」 特に男性が持つ強い性質として「嫌な記憶や感情は極力蘇らそうとせず、消し去ろう」とするのです。 この性質があるからこそ、元彼にあなたの存在を一切感じさせない期間を置くことで、あなたに対する負の感情を取り除けるのです。 この期間のことを復縁用語で 「冷却期間」といいます。 どのくらいの期間が必要? あなたが気になるのは、その冷却期間の長さじゃないでしょうか。 一般的な冷却期間の目安は3ヵ月です。 しかし元彼に着信拒否されるまで堕ちてしまった、あなたの印象を良くするには3ヵ月では足りません。 ですので 「半年以上」の期間を設けるようにしましょう。 ここで注意してほしいのが、半年以上というのは、あくまで元彼のあなたに対する負の感情を取り除くのに要する目安の期間。 負の感情が取り除かれるのと、元彼にアプローチをかけてもOK、というのは別問題だということです。 このことの意味は後でお伝えしますね。 元彼にもう一度振り向いてもらうには? 冷却期間中は、ただ半年間を待っているだけでは意味がありませんよ。 私はその間、自分自身が魅力的な女性に変われるように、徹底的に自己成長させることだけに集中していましたよ。 なぜなら、当時の彼氏に着信拒否宣言を受けるまでに嫌われた私ですので、自分が変わらない限り、彼氏は絶対に認めてくれないと思ったから。 私という人間が未熟だったからこそ、彼氏にストレスや不満で疲労させてしまい、私との別れを選ばせてしまった。 だからそんな私が変わらない限り、彼氏も変わらない。 もう一度、彼氏に一緒にいたいと思わせる私にならないといけない。 こんな思いがあったからです。 実際に元彼に着信拒否されたあなたも、やることは私と同じですよ。 もう一度、元彼に振り向いてもらえるように、自分を変えましょうね! 私が自分を魅力的な女性に変わるために取り組んだことは、次の2つです。 自分磨き• 別れの原因の改善 それでは個別に詳しくお伝えします。 自分磨きで新たな魅力を備えよう 自分磨きとは言葉通りで、自分を磨き今より良くすること。 元彼に復縁したいと感じてもらうには、あなたといれば、楽しい、癒される、前向きになれる、等と思うような人。 つまり、元彼に幸せを与えることが出来る女性になることが必要。 その為には、あなたの持っている良い面はもっと伸ばすと共に、元彼の知らない新しい魅力をできるだけ多く身につけることですよ。 あなたの良い面は、元彼があなたの好きなところですので、それをもっと伸ばすことで、それに触れた元彼は「やっぱり、この子のこういう所って癒されるな」等と思わせることが出来ますよ。 それに加えて、交際中の時には無かった新たな魅力を身につけることで、その魅力を持つあなたに再び興味を持ってもらえるのです。 男性は追いかけたい性質があるので、あなたのその新しい魅力を知ることで、触れてみたいと思い、あなたに連絡を取り合うようになります。 新たな魅力を備える為の一例• ダイエット• メイク術• スキンケア• ファッション• 作れる料理を増やす• コミュニケーションを学ぶ• 読書などで知識を高める• 音楽教室等に通う・・・などなど これらの様な、新たなことにチャレンジして、元彼の知らない魅力をたくさん身につけ、気になる存在にしちゃいましょう。 注意すべきなのが、自分磨きは外見面と内面のどちらか一方に偏ってはいけませんよ。 バランスよくです。 私もいくつかの事に取り組みましたが、目に見えるという点で一番コスパが良かったのは「ダイエット」です。 当時の私は体形にコンプレックスを持っていたので、それを機にダイエットに取り組みました。 その結果、ベルトの穴が2つ分きつく締められるくらい痩せることができ、周りから奇麗になったと言われて有頂天でした。 (笑) 私と同じく悩みを持つなら、ダイエットはおすすめですよ。 自分にある問題を解決しよう 繰り返しますが、私の未熟だったところは、彼氏にストレスや不信感など、私をマイナスに感じる部分に繋がっていました。 それが積み重なり、彼氏の我慢の限界を超えて、私は振られてしまったです。 彼氏が私のことを未熟だと感じる部分は、大きなことから小さなことまであったと思いますが、 それは私側にある問題点であり、言わば別れの原因となった元凶。 その別れの原因の大きなことはもちろん、小さなことまで、出来る限り改善をしないと、彼氏は復縁を考えないと思いました。 誰だって、一緒にいてストレスがたまる人といたくないし、ましてやそれが自分の恋人となる人なら尚更ですよね。 しかし私に別れを告げた当時の彼氏は、単に「さくらのことが好きかどうか分からない、別れよう」とだけ言われました。 私のどの様なことが嫌だったのか、つまり別れの原因の一部さえも分からなかったのです。 もちろん表面的なことは自分でも自覚していましたが、その点を改善しても全く足りません。 そこで私は、ある方法を使って、別れの原因を100%とはいきませんが、大方の部分を知ることができ、出来るだけ改善しました。 別れの原因、つまり私側にある問題点を見つけるポイントとしては、「とことん自分と向き合う」ことです。 元彼のことがよく理解できるようになる とことん自分と向き合うことで、彼氏との交際中のことを深く思い返し、そこから私の問題点を見出せました。 このことを徹底的に取り組んだことで、それまではあまり彼氏のことを分かっていなかったのが、よく理解できるようになったのです。 そのおかげで、その後の彼氏とのコミュニケーションがスムーズに進み、順調に距離を縮められましたよ。 なお、私の別れの原因の大きな部分は「」でお伝えしています。 着信拒否されてしまったあなたも、別れの原因となった、あなた側の問題が多かれ少なかれきっとあるはずです。 あなたは元彼との別れ時に、元彼から別れたい理由を告げられたかもしれません。 その理由こそが、別れの原因と思うかもしれませんが、おそらくそれは嘘です。 なぜなら、あなたを傷つけたくない、本当のことを言えば揉めるから、という思いがあるから。 仮に本当のことを告げていても、それは別れの原因となった一部分にしか過ぎません。 ですので、あなたも自分ととことん向き合って、別れの原因をできるだけ多く見つけ、改善していきましょうね。 まずは元彼が持つ負の感情を少なくしない限り、何をアプローチしても逆効果だからです。 確かに、半年を置くことで元彼の負の感情は少なくなりましたが、期間を経過したことをもって、元彼にアプローチしても何も望む反応は得られません。 何が言いたいかといえば、冷却期間を置く前のあなたと置いた後のあなたに変化はありますか?魅力的な女性に変われていますか? もっと言えば、きっちり自分磨きの成果は出ていますか?別れの原因は改善しましたか?ということ。 真の冷却期間を過ごそう 少なくても私は変われたと自信があったので、彼氏にメールを送りましたし、その返信も来たし、その後もやりとりが続きました。 変われたと自信が無い方ほど、半年の冷却期間中にやるべきことをやれていません。 そして、実際に元彼に何らかの方法で連絡してみても、返信が返ってこないのです。 自信が持てない限りは、冷却期間を解除すべきではありません。 逆に言えば、元彼は私に対しての負の感情がそれなりに残っているが、私は絶対に元彼を振り向かす自信があるならば、半年という期間にこだわる必要はないということ。 復縁したいなら「真の冷却期間」を過ごしましょうね。 慎重に元彼に連絡をとろう 真の冷却期間を過ごすことが出来れば、いよいよ元彼に連絡を取るタイミングとなります。 でも相手は、あなたの着信拒否の設定を解除していないかもしれません。 たとえ解除をしていても、着信拒否までに嫌っていたあなたから、いきなり直接的に連絡がくるのはインパクトが強すぎです。 ですので、ここは慎重に進めていく必要があります。 ここからは、その手順を書いていきます。 まずは面倒ですがメールアドレスの変更を行いましょう。 そして、その変更の連絡を元彼にだけに送るのではなく、その他友人などにも一斉に送信するのです。 元彼にだけだと警戒されてしまいます。 一斉送信したメールですので、元彼から返信がくることは基本的に無いと考えてください。 もし返信がくれば、元彼のあなたに対しての嫌悪感や不信感はかなり払拭されています。 焦らずにじっくりと関係の再構築を行ってください。 なお、一斉送信すると送信先の相手のアドレスが、みんなに分かる状況となります。 その点で不都合が出るならば「BCC」などを使いましょう。 元彼あてにメールする際の注意点 繰り返しになりますが、一斉送信したメールに対して、元彼からの返信は基本的に来ません。 この場合、一斉送信した時点から1カ月ほど時間をおいて、元彼あて(個別)にメールしましょう。 一斉送信した後にすぐ元彼あてにメールすることは、明らかに変だと思われ、警戒心を煽るだけですのでやめるべきです。 元彼あてにメールする文面は、次のことを心がけて下さい。 短い文章• 明るく• 未練を一切見せない このなかでも重要なのが、「短い文章」と「未練を一切見せない」です。 長文は「重い」と感じさせ、返事をしにくくなります。 そして、元彼にもう依存していないことを暗に伝えるため、未練を一切見せない文面にしてください。 ちなみに私の冷却期間後の彼氏に対しての初メールは、私が彼氏に借りていた物に対して、どうしたらいいか?についての内容にしました。 これなら、必要性や相当性があるので自然な感じです。 用件などの内容を作ることが難しいと思うなら「久しぶり!元気?」だけでも構いません。 (でもなるべく必要性のある内容が望ましい) 重要なのは「あなたのメールが元彼に届いているか」であり、届いている=元彼の嫌悪感や不信感は和らいでいるということです。 反対に、新しいメアドにしたのに着信拒否されるようであれば、基本的には近いうちの復縁は困難でしょう。 あなたのメールが届いているのなら、焦らず元彼からの返信を待ちましょう。 そして返信が来れば、まずは友達関係を目指し、そこから徐々に関係を深めていき、最終的なゴールである復縁を目指すこととなります。 なお、元彼に送るメールやラインの内容についての詳細は「」をご覧ください。 まとめ 今回は元彼に着信拒否された状態から、復縁する方法について取り上げました。 この記事が着信拒否されて悩んでいる、あなたの参考に少しでもなれば幸いです。 着信拒否されたところから復縁したという話は、全然珍しいことではありません。 確かに、着信拒否された状態からの復縁の難易度は高めですが、焦らずじっくりと復縁の為にやるべきことをすれば、必ず道は開けますよ。 同じような状況だった私でも復縁出来たのですから、あなただって出来るはず。 応援しています。 それでは最後までご覧頂きありがとうございました。 さくらがお伝えしました。 (私も復縁経験者です。 復縁した経緯などのプロフィールは).

次の

元彼にLINEブロックを解除してもらい復縁を目指す10つの方法

元 彼 ブロック 解除 連絡

【ヘッドライン】• 「5151」はLINEを使うおまじない! 「5151」は、LINE(ライン)を使ってする強力なおまじないとして人気があります。 効果があると有名ですが、失敗やミスすると元彼とさらに険悪になってしまったという例もあります。 試す時はコチラのページを何度も読み返して頂くか、ブックマークをして間違えないように見直してください。 手順1 おまじないの準備をしよう! この「5151」のLINE(ライン)のおまじないは自分宛てにLINEのメッセージを送る必要があります。 でもLINEには、自分宛てにメッセージを送る機能はついていません(汗) そこで、裏技で自分宛てにLINEを送れるように、まず設定しましょう。 自分にLINEする方法なんてないんじゃ…、と思うかたもいるかもしれませんが、方法はいたってシンプル。 自分一人のグループを作るだけです。 自分一人だけのグループLINEを作る 流れは普通のグループを作る時と同じです。 友だち追加の画面から、グループ作成を選びましょう。 グループ名を設定する グループ名に 「5151」と入力します。 メンバーは誰も選択せずに、画面の右上にある「保存」を選択してください。 このように「5151」の一人だけのグループが出来ているはずです。 メンバーを確認しても、あなた一人だけ。 ようするに、この「5151」グループは、誰にも見られる事なく、あなただけがLINEできる秘密のおまじない部屋になったのです。 メッセージを送信する ここからが一番のポイントです。 画像のように、 彼との別れの理由は私の浮気です。 彼が仕事で忙しくて、なかなか会えなくて、そのことでケンカも多くなってイライラしてた私は魔が差してしまって… 会社の飲み会で同僚の男性と一晩をすごしてしまったんです…。 黙っていればいいのに、罪悪感から彼に泣きながら浮気を告白しました。 そしたら当然ですが、「もう信じられない」と振られてしまい…、なんどもLINEをしたのですが既読スルーどころか。 ブロックまでされちゃって…、もう絶望でした…。 そんな時にこのLINEの5151のおまじないを知って半信半疑だったんですが、藁にも縋る思いで試したんです。 そしたら一週間後、やっぱりおまじないなんて、どうせ効くはずないって諦めかけてた時に、ブロックされてた彼からLINEがきたんです! まさか…!と思ったのですが、作ったおまじないの5151グループを見返してみると占い師の猫が笑顔になっているような気がして、「私のことを助けてくれたんだ…」と実感しました。 ジンクスとか、おまいじないって今まであまり信じていませんでしたが、実際彼から連絡がきて不思議な事ってあるんだって思いました。 彼とは今、復縁して昔よりも仲が良くなった気がします。 こういうので効果がたとえなかったりしても、何でもチャレンジすることや、気持ちが前向きになれば素敵な事だって、つくづく思いました。 ジンクスで復縁!前向きな気持ちを大切に! こういうジンクスやおまじないには、必ず叶うという確証はありません。 でも、ちょっと考えてみてください。 絶対無理!と何でも否定的な考えをするよりも、出来る事から何でも試して実行していくほうが前向きだと思いませんか? 確証のないおまじないやジンクスだとしても、やることで気持ちが前向きになったり、少しでも行動する勇気がでれば、それはとても素晴らしい事だと思います。 また、おまじないにプラスして、復縁占いを利用するのもオススメです! 初回無料なので気軽に試してみてください。

次の