静かなるドン 名シーン。 静かなるドン / 新田たつお <電子版>

静かなるドン 15巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

静かなるドン 名シーン

ヤクザ漫画というとハードボイルドで血なまぐさいイメージがあると思いますが、本作はハードボイルドな展開もあるものの、お笑い要素をはさみながら、うまく緩急がつけられたストーリーとなっています。 本作の主人公は極道の家の長男として生まれたものの、カタギとして生きていきたいと思っている静也。 彼の昼間の仕事はなんとランジェリー会社のデザイナー。 しかしまったく才能がなく、だからといって営業の腕もありません。 静也が開発するのは発想はいいものの、売れそうにないものばかり。 ある時は「おしめショーツ」というものを開発します。 静也は自信満々で吸水性の高さや汚れても安心だという長所をアピールしますが、当然上司たちは呆れ顔。 ろくに話も聞いてもらえずに不採用となります。 その他にも、女性用パンティのPRのためにそれを履いて銀座を駆け回ったり、乳首の部分だけ穴があいている授乳用ブラを開発したりと、静也は昼間の仕事ではかなりズレている様子。 そして面白いことに、その授乳用ブラを実の母親が着用しています。 さらに、彼女は平然としてそれを静也に見せるのです。 母親の乳首を見せられるなんて、普通ならたまったものではありませんよね。 ハードボイルドな世界観に挟まれる、思わず吹き出してしまうギャグも本作の魅力のひとつです。 『静かなるドン』は漫画アプリから無料で読むこともできますよ。 気になった方は以下のアプリから読んでみてください。 ある日仕事の付き合いでバーで飲むことになった静也。 しかし何とそこはぼったくりバー。 酒の席で散々静也に偉そうにしていた上司ですが、チンピラたちがくるとタジタジ。 しかも、「ここは僕が払いますよ」と言う静也をひとりその店に残し、逃げるようにして帰ってしまいます。 その場にひとり残された静也。 しかし彼は一切動揺することなく、笑顔でボッたくりの仕事を手伝うと言うのです。 しかしもちろんそんなことでは納得しないチンピラたち。 金を巻き上げようと静也の家に電話をかけます。 その横で「かけない方がよかったですよ」と真顔で言う静也。 そこからの展開はかなりスピーディ。 静也の子分たちがその場に参上。 その存在感だけでチンピラたちを威圧するのです。 「三代目ご無事でっか」と言う大男に「みんな このボッたくりの店、手伝ってやってくれ」と答える静也。 店の者は腰を抜かし、青ざめています。 笑えるものの、極道の迫力とストーリー展開にスピード感があるのも本作の魅力なのです。 父の亡き後、極道の世界に入るのを嫌がる理由はその溢れる才気が自分でも恐ろしいと感じているからでした。 ある日、いつも通り会社で絞られて帰ってきた静也は、後継者候補の肘方に呼び出されます。 肘方は今ヤクザ業界で敵方の長州会がのさばり、自分たち新鮮組が笑い者になっていると告げるのです。 言わせたい者には言わせておけと言う静也。 しかし納得のいかない肘方は静也が銀座でパンティを履いて走り回っている姿を見たと言うのです。 「三代目 カタギの仕事はやめてください!!二足のわらじはいて総長がつとまるはずがねぇ!!」今の状況を見るに見かねて苦言を呈す肘方。 それを聞いて静也は静かにこう言うのです。 「肘方おまえ 総長のボクに命令するのか ボクはやめないよ どこの組織でも上のもんのいうことは絶対だ これ以上ボクに意見することは許さない」 静也の穏やかな表情にはゾッとするような迫力があります。 そして、その後しばらくして彼は肘方にこう言うのです。 「明日は日曜日で会社が休みだから長州会にいって話つけてくるよ それでいいだろう」 まるでハイキングにでもいくようなフランクさで、笑顔のままそう告げる静也。 普段は争いを好まない性格で、子分たちからはひそかに「静かなるドン」と呼ばれています。 果たして底知れぬ力を持つ静也は、父亡き今、どんな実力を見せてくれるのでしょうか? 漫画『静かなるドン』の名エピソードをまとめて紹介!【ネタバレ注意】 組の男たちにキャバクラへ連れてこられた静也。 せっかくキャバクラに来ましたが、下着の装着感や新商品のアンケートなど、彼は昼の仕事の話しかしません。 組の仕事に専念せず、サラリーマンを続けていることを快く思わない部下たちは、呆れて席を立ってしまいます。 彼らがキャバクラを出て目のあたりにしたのは、妬みから組のベンツに蹴りを入れている男。 そんな男が許されるはずもなく、あっという間に囲まれてしまいます。 そんな時にサッと現れたのが静也。 「やめねえか、コラ!」と一喝し、子分たちを黙らせます。 そして男に「脅かしてすまねえな」と言い残し、颯爽とベンツに乗って帰って行きました。 とにかく、格好いい静也。 組で一番の実力を持ちながらも、それを誇示するようなことはせず、常に自らを律しています。 ヤキを入れられそうだった男も「なんと立派なヤクザ」と、思わずつぶやいてしまうほどでした。 静也も会社に組にと、忙しい毎日が続いていました。 そんな年末のある日、「新しい組長の顔が見たい」と関東正気会の組長・大久保がやって来ます。 彼は居合の達人であり、不甲斐ない奴だったら俺が切ってやると意気込み、静也の元にやって来ました。 しかし、年末は昼の仕事で忙しい静也。 「今日は会社の大掃除があるから、早く話をしてくれないか?」「来たくないなら帰れよ」などと、相手の怒りを買ってしまいます。 その後も相手を苛立たせる受け答えを続け、ついに限界に達した大久保は静也へと切りかかります。 しかし、静也は居合の達人である大久保の刀をかわした上に、酒を大久保の目にかけたのです。 彼の母曰く「本当に身の危険が迫ると、本来の野獣の血が顔を覗かせてしまう」とのこと。 ヤクザ界の大物相手にもビクともせず、自分を貫き通す静也。 やられた大久保も「凡人をよそおう非凡……これは怖い」と言い残します。 「能ある鷹は爪を隠す」という言葉はまさに静也にぴったりかもしれません。 必要な時にのみ力を使うその姿はほれぼれしてしまいますね。 父親が殺されてしまったため、嫌々ながらも引き継ぐことになったのですが、実は静也は12歳の時に、すでに父を超えていました。 組の忘年会に目をかけている力士を呼びだす静也の父。 力士は取り組みに黒星が続き、落ち込んでいるようです。 泥酔している静也の父親はいきなり、刀を抜き力士に斬りかかります。 どうやら力士の連敗は女性歌手との熱愛が原因だったらしく、それが気に入らなかった様子。 そして、血しぶきを上げる力士を背に何事もなかったかのように父は部屋から出て行きました。 するとなぜか、その父の後ろをついて行く12歳の静也。 扉がしまり、姿が見えなくなった途端、父の叫び声が響き渡り……。 みんなが慌てて外に出ると、なぜか髪の毛が真っ白になった父と、下を向いて顔を隠している静也の姿がありました。 たった一瞬で父親の髪の毛を白く変えてしまった静也。 実の父親ではあるものの、12歳の子どもがヤクザを倒してしまうというのは、末恐ろしい話です。 大阪の鬼州組は静也をおびき出すために、彼の想い人である秋野を誘拐してしまいます。 しかし、鬼州組で権威を失った5代目姐・龍子は、秋野を助けるために彼女とすり替わって人質となってくれました。 その事実を知らず、鬼州組傘下のヤクザは龍子に麻薬を打ち、売りとばそうとしていたのです。 それを知った静也は、龍子を助けるために鬼州組に突撃。 見た目では想像がつかないほど、運動神経抜群の彼の登場シーンはしびれるほどかっこいいので注目です。 そして、勢いよく飛び込んだ瞬間に、足首に隠し持っていた銃を構えて銃撃戦がはじまります。 愛する人、そして彼女を守ろうとした女性を自分のせいで傷つけてしまったこと。 そんな自分自身が許せず男泣きをします。 普段表情がうかがえないことが多い彼がむせび泣く、印象に残る名シーンです。 静也は黒幕に報いるため、1人でヨーロッパへ向かいました。 そんなとき、日本に残された新鮮組の仲間たちは、静也をテロリストに仕立て上げ、自らの手柄を立てようとする輩がいることを知ります。 そして静也は中東で捕獲収容所に入れられてしまったのです。 総長を助けることができるのは、ただ一人、秋野でした。 早急にプリティの社長を辞め、飛行機に乗り、着物姿でマフィアのもとへ交渉にいくのです。 静也の命を守ることはできるのでしょうか?最終回の結末は、ぜひ本編で! 漫画『静かなるドン』:王道ヤクザ漫画を無料で楽しもう!.

次の

『静かなるドン』5分でわかる魅力!名作ヤクザ漫画の魅力は王道にあり【108巻完結ネタバレあり】

静かなるドン 名シーン

『約束のネバーランド』とは? 孤児院で平穏に暮らしている主人公(エマ)と仲間のノーマンとレイ。 孤児院には優しいママ(シスターのイザベラ)はみんなから慕われていた。 そんなある日コニーの里親が見つかり彼女は孤児院から旅立つことになった。 孤児院の子供たちは嬉しい気持ちと寂しい気持ちが入れ混じり涙を流しながらも彼女を祝福しました。 コニーが孤児院から旅立ったすぐあと 彼女の忘れ物に気づいたエマ。 まだ間に合うと言うレイの言葉にエマとノーマンは彼女を追いかける。 しかしそこには...。 【約ネバ】エマの名言&名シーン それでは、「約束のネバーランド」の名シーンと名言についてランキング形式で紹介していきます! 10位 「恨まれる覚悟ばっかで信じる覚悟が足りなかった!」 約束のネバーランドをアマゾンプライムで観始めました。 『恨まれる覚悟ばかりで 信じる覚悟が足りてなかった!』 心にズドンでした。 — ながやん 徒然カメラ nagayan370528 「約ネバ」アニメ第6話でのセリフになります。 エマ達は、ドンとギルダに協力を求めていたものの、全ての真実を伝えずにいたました。 そのことに対してドンとギルダはエマ達に疑念が募っており他にまだ隠していることがあるのではと問い詰めエマは真実をうちあげます。 「農園」のことや 「コニー」のことを初めて聞かされたドンとギルダ。 ドンは怒りに我を失いレイとノーマンを殴ってそのまま外に出て行ってしまいます。 そのあとを追いかけるギルダ。 エマ達は彼らに対して協力を求めていたものの 「仲間」としてではなく 「利用」していただけだと気づき改めて 「仲間の大切さ」を知ったエマ達でした。 9位 「ここじゃなくてもまだ死ねる。 いいモノ見せてやるから黙って来い」 名言いただきました。 shiinaapple100 「約ネバ」アニメ第11話でのセリフです。 レイが 「出荷」の当日に自殺することを知ったノーマン。 彼は旅立つ前エマにそのことをメモで伝えていました。 ノーマンはレイの自殺も防ぎ、そのことさえも利用する 「ある計画」をエマに伝えていました。 エマはその計画を実行します。 そしてレイはノーマンの 「思惑」を知ることになります。 この時のエマはとてもかっこよかったです。 いるはずのないノーマンも確かにそこに存在している感じがし全員で 「ここから逃げよう」という意思が感じられました。 【約ネバ】ノーマンの名言&名シーン ノーマンの名言、名シーンを紹介します。 エマとノーマンは脱獄の下見をするべくイザベラの目を盗み柵の外へ行きます。 引きつけ役としてレイがイザベラの気を逸らそうとするが逆にイザベラの罠にハマってしまいます。 エマとノーマンの前に来たイザベラは 「初めましてエマ、初めましてノーマン」と素の自分で2人に語りかけました。 エマとノーマンは不審に思いながらも 「全員で逃げ出す」ことを強く心の中に持っています。 ノーマンはイザベラに対してニコっと笑い 「わかったよママ...もういい子は辞める」と言ってそのまま塀の方へ走り出します。 今までいい子だったノーマンが初めて自分の意思を表したそんな場面でした。 7位「明日の出荷は仕方がない、命はくれてやる。 でもその他何一つ譲る気はな い。 ノーマンの 「出荷」が決まりエマとレイはなんとしてでも防ごうと試行錯誤します。 それに対してノーマンは 「2人のどちらかが出荷されるかもしれない」といい 「命はくれてやる」と自分が犠牲になることを強く主張します。 エマとレイはもう反論しますがノーマンの意思はとても強固なものでした。 3人の 「家族の絆」を垣間見た瞬間でした。 【約ネバ】レイの名言&名シーン レイの名シーンになります。 6位 「ありがとう。 バイバイ。 エマ」 「約束のネバーランド」。 今週は、もう、言葉では表せないくらい、壮絶な展開がさぁ・・・。 心臓が痛くなるわ。 頭から灯油(?)を被るレイの姿、本当見てられなかった・・・!「ありがとう バイバイ エマ」じゃねえよ!!生きろよ、生きろよレイ!!エマにこれ以上、辛い思いさせるなよぉ・・・!! — アニメの精(?)青春キミ侵ダビデ神緒ロス asanshun 「約ネバ」アニメ第11話でのセリフになります。 エマとレイは深夜の食堂で いつ脱獄するかを話し合っていました。 エマは昼間に逃げようと言うがレイは姿を隠しやすい夜だとエマに言いレイの作戦を聞きます。 レイはエマに一通り話終えると 自らを囮にするために頭からガソリンを被ります。 そして 「呪いたい人生だったけど、お前らとの時間はスゲー楽しかった。 ありがとう。 バイバイ。 エマ」と言い火のついたマッチを床に落としそれを止めようとエマは駆け出します。 レイは 「出荷」されるくらいなら自らの手で自分を葬ろうとします。 ここの場面はノーマンと同様 「意思の強さ」を感じました。 5位 「ねぇ、ママ、どうして俺を産んだの」 第3プラントが量より質なのは親子としての再会をした時の「ねえ、ママ、どうして俺を産んだの」に対する「それはね、レイ、生き延びる為よ。 誰よりも長く」に集約されてたな。 子供達に対してもそうだったから、有限一杯の人生を与えその中で精一杯愛情を注いでいたのか。 イザベラは世界に抗うことをやめ世界の秩序に従うことにしました。 「ママ」になるための訓練を受けやがて 「子供」をお腹の中に宿します。 そんな我が子ともすぐに生き別れになってしまいます。 そこから時はたちイザベラはハウスの中を散策していました。 ふと聞いたことのある 「歌声」が彼女の耳に入ってきました。 その 「歌声の主」は幼い 「レイ」でした。 レイはイザベラに 「ねぇ、ママ、どうして俺を産んだの」と聞きます。 イザベラは最初は信じられないという表情をしていましたがすぐに冷静になり 「生きのびる為よ、誰よりも長く」とレイに答えました。 イザベラもまた 「エマ達と同じ」なんだとこの時初めて思いました。 【約ネバ】ドンの名言&名シーン ドンの名シーンは、注目です。 4位 「無知で無力な俺が、自分が本当に雑魚なのが悔しい」 ドンが外に出て泣くシーンは、本当に引き込まれました。 自分で「無知で無力な自分が悔しい。 」「強くなりたい。 」と崩れ落ちるドンは本当に格好よかったです。 自分の本当の気持ちをしっかり認め、素直に謝る姿に心奪われました。 これからも最高に格好いいドンのシーン、楽しみにしています — きのみ BvvvdMe 「約ネバ」アニメ第6話でのセリフです。 エマ達に 「本当の真実」を告げられたドンとギルダ。 ドンは自分達に隠し事をし嘘の世界に連れて行こうとしたエマ達に激怒し、レイとノーマンを殴りそのまま外に出て行きます。 そのあとを追ってきたギルダ。 ドンは彼らに対しても怒っていたが己の未熟さに気づかされ 「コニー」を救えなかったことを嘆き悲しみます。 そんな自分を変えたい一心な想いと仲間を大切にしていた気持ちがヒシヒシと伝わってきました。 【約ネバ】フィルの名言&名シーン フィルの名言・名シーン 3位 やっぱりそうだったんだね。 約ネバ最終回。 原作読んでたけどフィルの「 やっぱりそうだったんだね 」あたりからもう無理。 エマはフィル(年少組)に 「ハウスとママ」についての真実を話します。 フィルは聞き終えると 「やっぱりそうだったんだね。 」と一言。 エマ達がフィルの反応に驚いていると 「ずっと考えていたんだ...」と自分の気持ちを静かに語りだします。 フィルはまだ4歳にも関わらず 「今の現状」を彼なりに受け止めていました。 その小さな身体で一体どれだけの負担を背負っていたのでしょうか。 彼は現実を受け止めた後 「まてるよ!ぼく」とエマに言いました。 彼もまた 「家族」を守る存在になったのです。 【約ネバ】イザベラの名言&名シーン イザベラの名言 2位 「はじめまして」 お芝居をせずに話すとして「はじめまして」と挨拶をして、飼育監であるママではなくイザベラとしてエマ達に向き合った彼女の本心が『ママとしての愛』に満ち溢れていたというのがまた良いな。 ガキ共相手にするのも飽き飽きしてるのよ、とか安易なギャップでないヤバさ。 イザベラは下見をしているエマとノーマンの後を追ってきます。 エマはイザベラに気づき 「どうしたの。 ママ」と普段通りに接しますがイザベラは 「10年...10年一緒に暮らしてきたけど、お芝居抜きでこれが初めてね」と2人に話します。 この時のエマとノーマンはすぐに真剣な顔になります。 イザベラは2人に 「飼育官と食用事」と言いますが同時に 「愛している」とも言います。 彼女は 「本心」で2人に向き合っておりその時の顔は 「愛情溢れるママの顔」でした。 1位 「願わくば、その先に光がありますように」 約ネバ最終回色々凄かった! 最初からかっこよすぎる イザベラの「願わくば、その先に光がありますように」って言葉がめちゃくちゃ良かった!力強い感じなのに、イザベラのママとしての本当の優しさを感じた。 — コロル 8kororu 「約ネバ」アニメ第12話でのセリフです。 イザベルは本来 「飼育官」という立場ですが子供達を心から愛しています。 外の世界に行けば死ぬかもしれないからです。 彼女自身もかつてはエマ達と同じ 「食用事」でした。 そこから這い上がるために 「誰よりも長く自分の為に」生きてきました。 本当は逃げてほしくない。 けれど自分を欺き用意周到に準備をして見事脱獄に成功したエマ達を見て外の世界でも生きていけるのではと微かな 「希望」を抱いたのかもしれません。 そんなイザベラは 「誰よりも優しいママ」の顔をしていました。 『約束のネバーランド アニメ第二期』の名言&名シーンに注目!! 今回は、アニメ1期『約束のネバーランド』の名言&名シーンランキングを紹介致しました。 他にも数々の名言&名シーンがありいずれも多くのファンを虜にしています。 2020年10月からは 『約束のネバーランド 2期』が放送予定です。 エマ達の行く先には果たして何が待ち構えているのでしょうか。 この先の展開が気になりますね!.

次の

静かなるドン / 新田たつお <電子版>

静かなるドン 名シーン

静かなるドン!おもしろいので食わず嫌いせず読んでみて!! あらゆる漫画サイトのランキングで見かけるこの漫画ですが、私今の今まで読んだことはありませんでした。 理由はいくつかあります。 ・表紙の絵がいかつくて魅力を感じなかった ・タイトルと絵から考えるととても面白い作品とは思えなかった ・私みたいな可愛い女子向きじゃない(ココ突っ込むところよ!) きっと、私のように ランキングの上位に「静かなるドン」が入っているのを見てもスルーしている人は山ほどいるでしょう。 でも、昨日 なんとなーく「2~3ページ読んでみて面白くなかったらやめよう」と思って開いたんです。 そしたら 意外に(失礼!)面白くて、どんどんどんどん読み進めてしまいました。 はっきり言ってあのジャンルは好きじゃないはずなのに、すごく面白かったんです。 主人公が魅力的というか。 では静かなるドンのあらすじについて書いてみますね。 静かなるドンの簡単あらすじ 主人公である近藤静也は下着会社プリティで冴えないデザイナーをしつつ、実は1万人の子分を持つ広域暴力団新鮮組総長の一人息子という顔を持つ。 二代目総長が敵対組織に撃たれてしまったため、近藤静也が3代目総長ととなる。 性格は至って大人しく荒い部分がほぼ見えない静也はどのように組をまとめていくのか? 近藤静也のカタギ人生とヤクザ人生の奮闘を描いていく。 静かなるドンを読んだ感想! 主人公近藤静也が魅力的!静かなるドンが人気の理由はこの人かも 昼間は下着会社の冴えないデザイナーだけど夜は組の総長という真逆の肩書を持った近藤静也。 この近藤静也がすごく良いですよね。 普段は温厚でふにゃっとした優男。 小さな会社で無能な社長や先輩にこき使われながらも冴えない下着のデザインをし続けるうだつの上がらない男。 また、 夜の稼業の方でも普段は昼間と変わらないものの、ブチ切れると人が変わります。 やる時はやる、という感じで顔つきまで変わります。 (普段はぼんやり顔) とはいえ、基本的には温厚で平和主義者。 穏やかならぬことは望まず何事も頭を使って平和的に解決、抗争などは避けようとするタイプの総長です。 この主人公に魅力を感じる人は多いはず。 私は 下着メーカーでへんてこなショーツのデザインを続ける近藤君が大好きです。 なぜあの人はあんなに可愛らしいのか。 確実にモテるね、あの人。 能ある鷹は爪を隠す!近藤静也はすごいのよ!わかったか!プリティのみんな! 下着メーカー「プリティ」の先輩や上司たちは、実は近藤静也が1万人もの子分がいるようなお方だとは夢にも思ってないでしょう。 能ある鷹は爪を隠すと言うけれど、たまにもどかしくなったりするわけですよ。 周りがあまりにも静也のことを馬鹿にするので。 まだ読んでる最中なので今後のことはわからないけれど(てか巻数多いよねw)、夜の静也と遭遇しても誰も正体を気付かないし、ホントもどかしい。 あんたら!めちゃバカにしてるけど近藤静也はすごいのよ! 私が個人的に笑ってしまった「静かなるドン」の場面 「人生いろいろ」に出てきた親分の白旗がめちゃくちゃ面白かったんですが、分かってくれる人他にいますかね? ネクタイを引っ張ると頭の後ろから「すんません」と書かれた白旗が飛び出す仕組みになってるやつです。 あかん、面白すぎです 笑 私も同じの欲しいです。 それから、「社員旅行」で乱入してきた方たちのうちの1人が 温泉の中で出血してるシーン。 静也の同僚たちはドン引きしてましたが、わざわざお湯の中で血を出してる絵を描いてるとこがツボでした。 マニアックすぎますかね? もうひとつは「頭脳戦」に出てくる親分が品川ナンバーが欲しかったというのも面白かったですね。 確かに品川ナンバーはステータスらしいもんね。 最後、念願の品川ナンバーを手に入れて悦に入っている千葉の親分に、黒服の男が盃返してるシーンがなかなか良いかんじでした。 お気に入り登場人物は猪首硬四郎と秋野明美と鳴戸さん 個性的な登場人物ばかりですが、中でも 私が気になっているのは猪首さんと秋野さん。 そして鳴戸さんも。 猪首さんは大柄で強面、新鮮組の突撃隊長ですが、近藤静也にとても忠実で頼りになる存在。 ちょっとだけ歴史的人物西郷隆盛さんを思い出させる風貌も手伝って、親しみやすさがあります。 寝る時ぬいぐるみ抱っこしてるというギャップもいい! ギャップ萌え! それからこの漫画を語るには必要不可欠な存在「秋野明美」さん。 秋野明美さんは下着メーカー「プリティ」の社員で静也と同い年の同僚。 チーフデザイナーをしている彼女ですが、常識があって思いやりがあって、あの新鮮組総長の顔をもつ静也が憧れる存在。 女の私から見ても可愛い人だと思います。 そんな秋野明美さんが好きになるわけだから近藤静也君も侮れないな~~。 後ね、 鳴戸さん。 スーツを反対に着てた人で、最初は胡散臭い奴。 と思っていたのですが、なかなかかっこいいんよね。 忠誠心がすごいし、強いし。 生倉とは大違い! 大好き!!(生倉じゃないよ、鳴戸さんねw) 鳴戸さん好きすぎて鳴戸さんを絶賛する記事も書いてしまったほど。 私が無料で静かなるドンを読んだ電子書籍サイトはスキマ 私が「静かなるドン」を読んだのはスキマという名前の電子書籍のサイトです。 Renta! やコミックシーモア、ebookjapanなどと違って知名度低めのサイトなので「大丈夫なのか?!」と思いましたが、今のところ普通に読めています。 漫画「静かなるドン」を読んだ!まとめ! 私みたいな女子が読んでも面白いと思えたこの作品。 なんだろう、爆笑が続くコメディ漫画とはちょっと違いますが、読んでいるとやめられなくなるような中毒性を感じます。 (要するに面白い)。 こういうストーリーにまったく興味のない私をこれだけ引き付けるって凄い漫画です。 お若い女性のあなたもぜひどうぞ。

次の