仁 咲 プロポーズ。 ドラマ JIN

【仁】結末をネタバレ!最終回は咲と未来の関係と手紙に感動!手術はどうなる?

仁 咲 プロポーズ

綾瀬はるかの悲しそうな顔を見たくない! 多くの視聴者が、心から2人のハッピーエンドを切に願いました! しかし、ドラマでは結婚せずに終わります。 相思相愛だが結ばれずに終わる…ドラマではよくある話ですよね。 では、なぜ結婚しなかったのでしょうか? そこにこそ、『原作漫画との違い』が関わっていました! 結婚せずに終わる要因として、原作漫画には登場しない、中谷美紀さん演じる「友永未来」の存在です。 未来は現代の仁の恋人役で、タイムスリップした江戸時代で出会う野風(中谷美紀)の子孫です。 未来の存在がある為、仁は 咲に思いを告げることができませんでした。 そんなすれ違いから、二人が結ばれることはなかったのですね。 そこで仁は、咲の気持ちを知ることになります。 咲の手紙の最後は、こう締めくくられていました。 「橘咲は先生をお慕い申しておりました。 」 最終回、切なすぎました。 仁先生と咲さんとハッピーエンドにしてほしかった。 南方仁は結婚する? JIN-仁- レジェンド なんか切ないなぁ。 江戸時代にタイムスリップする前、未来と交際していました。 しかし最終回で、未来との交際は なかったことになります。 仁がタイムスリップして江戸時代の歴史が変わり、その影響で現代の状況も変わってしまった。 こうした変化を『修正力』と作中では表現していました。 咲も生涯 独身であったとされ、仁も誰とも結婚せずに最終回は幕を閉じます。 ドラマの中では結婚するシーンはありませんでした。 仁と咲は結婚しない最終回のドラマと原作漫画の違いを詳しく解説! 『JIN-仁-』 咲さんと野風、ある意味ライバルな二人。 — かつた katsuzoshika ドラマでは仁と咲は結婚しませんでしたが、原作漫画ではどうなるのでしょうか。 ドラマと原作漫画の違うところを調べました! 前述した通り、ドラマのみの登場人物である「友永未来」のいない原作漫画。 ということは、仁と咲の障害がないも同然!! 原作漫画を読んだことある方は、「違う!」と思うところはありますよね。 原作漫画ファンから見た「ドラマの仁」はどのように評価されているのかも調査! 原作漫画を見ていない人にもわかりやすく、詳しく解説していきます。 原作漫画で仁と咲は結婚する? 原作を知らないドラマ仁ファンには衝撃事実!! 原作漫画では、結婚します! 仁は橘家に養子に入り、「橘仁」として歴史に名を残します。 原作漫画では結婚して、二人が幸せそうで、よかった~ ドラマファンとしては、願っていた2人のハッピーエンドを原作漫画で見れちゃうんですね! しかし、そのプロポーズが少し面白いらしいのです。 仁は 現代から持ってきた婚約指輪を咲に渡しプロポーズします。 咲はとても喜んで指輪をはめ、プロポーズ成功!! 正に感動的!の はずなのですが・・・ 実はその指輪、仁が現代の彼女 原作では名前なし にプロポーズし、玉砕した時の物だったのです! タイムスリップした幕末で咲に出会い恋をしてプロポーズする際に、指輪を使い回したのですねw その事実を知らなかった咲は喜んだので、良しですかねw 仁と咲が結婚する原作漫画の方が面白い? 原作漫画とドラマでは、どちらが評価されているのか調べてみました。 ネット上では… UNEXTは「仁」のドラマの第一期も完結編も全話見れる動画配信サービスなんだけど、原作漫画も全巻読めちゃうんだよ! 仁のドラマにハマって、原作漫画も絶対読みたい! 原作漫画を見たいけど、コロナが心配な今、誰が触ったか分からない店舗に並んでいた漫画本をわざわざ買いに行って読むのは、読みたいけどちょっと躊躇してしまいます。 そんなあなたにおすすめなのが、 なんです。 U-NEXTでは、仁の漫画をイッキに今すぐ1巻から全巻読破できちゃうんです! なんと 今なら 31日無料キャンペーンで無料で試せちゃうんです! これってすごくないですか?利用しない理由がないですよね? 私も無料トライアル期間という事で実際に登録してみました。 そして、 31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 まとめ 咲さんと野風さん、2人の南方先生への思いが届かなくて切ない😢 咲さんは健気だけど強い、野風さんは強いのだけど健気。 やっぱりJIN-仁-は面白いし泣ける。 ドラマと原作漫画で、『仁と咲の恋模様』は全く違いましたね。 原作漫画があるドラマには、ドラマに対し厳しいコメントが多くなる傾向があります。 しかし、結末が全く違うこともあり、ドラマは別物として楽しめるというコメントもありました。 それでも、仁と咲が結ばれないドラマの最終回は切なくなりますよね…。 ドラマでは実現しなかった、仁と咲が結婚する結末は、是非 原作漫画で楽しみましょう! 今から仁の原作漫画を読む人には がおすすめです。 仁の原作漫画がお得に全巻イッキ読みできます。 しかも、 U-NEXTは現在 31日間無料お試しキャンペーンをしているので、このチャンスに試さない手はありません! このお得なキャンペーンはいつ終わってしまうか分かりませんので、チャンスを逃さないないように是非今すぐ試してみて下さいね。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 All Rights Reserved. php 462 : eval 'd code on line 55.

次の

大ヒットドラマJIN

仁 咲 プロポーズ

丘から駆け下りて来たのは、妹の咲だった。 歩いていた恭太郎は声をかけた。 「咲ではないか。 」 その声にハッとした咲は只ならぬ様子だった。 「どうしたと言うのだ。 」 すると咲はみるみるうちに顔を歪めた。 「咲?」 「私だけが…幸せになる事など…出来る訳が無いではございませぬか…!」 そう言うと咲はぼろぼろと涙を流し、声をあげて泣き出した。 恭太郎は理由も分からず、妹を抱いて慰めるしかなかった。 仁友堂まで送って行き、門前で別れる時、咲は恭太郎に頭を下げた。 「兄上、ご迷惑をお掛け致しました。 」 「いや。 …本当に相談に乗ってやらずとも良いのか?」 「取り乱してしまいましたが、大した事ではございませぬゆえ。 それでは…。 」 咲は門をくぐって行った。 自宅に戻ってからも、恭太郎は咲の事を考え続けていた。 本人はああ言っていたが、大した事では無い筈が無い。 心を痛め、涙する程なのに…。 もしや、と恭太郎は思いついた。 仁は恭太郎に呼ばれて、夕日の丘に来ていた。 「先生、お忙しいところお呼びたてして申し訳ございませぬ。 」 「それは大丈夫ですけど、改まってお話とは何でしょう?」 二人は草の上に並んで腰を下ろした。 「実は…咲の事でございます。 」 「咲さんの?」 「私がしゃしゃり出るのもどうかとは思ったのですが、咲は私の大切なたった一人の妹でございます。 兄としてはやはり放って置けず、こうして参った次第でございます。 」 「咲さん、何があったんですか?」 仁は心配そうに尋ねた。 「実は一昨日の今時分、私はこの下の道で偶然咲に会いました。 」 一昨日の今頃…。 その時を振り返って、仁は内心しょげた。 咲にプロポーズを断られ、彼女は夕餉の支度があるからと戻って行ったのだ。 その後、自分はここで寝っ転がって、あれこれと考えていた。 「咲は…泣いておりました。 」 「えっ?」 「あまりに泣いているので、どうしたのかと聞けども答えず…。 先生ならば何かご存知ではないかと思いまして。 」 「そんなに泣いていたんですか?」 なぜ咲が泣くのだろう。 仁には分からない。 「…こう申しては何でございますが…咲のあれ程の様子は、その…先生に関わる事ではないのかと。 」 恭太郎の問いかける視線に、仁は狼狽えた。 「あ…あの…。 」 「先生…!」 恭太郎が詰め寄る。 「そのぉ…。 」 「はい!」 「…実はですね…咲さんに…言ったんです…。 」 仁はボソボソと答えた。 「何をでございましょう。 」 「えっと…その…わ、私と一緒になって貰えないかと…。 」 「え!!」 恭太郎は驚いた。 「でも断られました。 」 仁は情けなさそうに笑った。 「咲さん、自分の幸せは私と一緒になる事では無くて、仁友堂を残す事だと。 それに結婚は栄さんと恭太郎さんが喜べる方としたいって…。 それもそうですよね。 」 そして、恭太郎には言えないが、咲は未来に帰るに違いない自分と結婚する勇気は無いとも言ったのだ。 「咲がそんな事を申したのですか?!」 「はい…。 」 なぜだ。 咲は仁を心から慕っている。 だからこそ土壇場で結納を飛び出し、仁の為に苦労を厭わず今日まで支えて来たのではなかったか? 想う人から求婚されれば、喜びのうちにそれを受ける筈ではないのか? なぜ、なぜ断るのだ。 恭太郎は考え込んだが、ふと咲の言葉が蘇った。 『私だけが幸せになる事など。 』 まさか咲は…。 「…馬鹿な奴だ…。 」 ふっ、と恭太郎は笑った。 「恭太郎さん?」 恭太郎は仁に向き直った。 「…先生、お願いがございます。 」 その夜、仁はご飯をよそう咲に言った。 「咲さん。 」 「はい?」 「私、待ちますから。 」 咲はキョトンとした。 「咲さんが、私と一緒になろうと思ってくれるまで。 」 「…わ、私は、はっきりとお断り致しました…!」 「はい。 ですから咲さんの気持ちがゆっくりゆっくりと変わってくれるまで、ずっと待ちます。 私は何があったって、ここからいなくなったりはしませんから。 」 仁はにっこりと笑った。 「…そ、そういえば、い、頂き物の佃煮が…。 」 咲は慌てて立ち上がって厨に向かった。 涙が込み上げるのを仁に見られない様に。 『ゆっくりゆっくりと変わってくれるまで。 私は何があったって、ここからいなくなったりはしませんから。 』 仁の言葉を胸の中で繰り返し、咲は 縛り付けた自分の心が、ほんの少し解かれた様に感じた。 恭太郎はこう言った。 「先生、咲を待ってやっては頂けませぬでしょうか。 」 「え?」 「咲は意地を張っているのでございます。 …自分だけが幸せになる事など出来ぬと申しておりました。 それで、あれやこれやと理屈をつけたのではないかと。 」 「『自分だけが』って…?どうして咲さんはそんな事…。 」 仁は困惑した。 「誰かを差し置いてなど、咲は許せないのでしょう。 全くあいつらしいと申しますか…。 」 そう言われて、仁はぼんやりと分かってきた。 「誰かって…もしかして…。 」 仁は言いかけたが、恭太郎の声が被さった。 「先生、咲の気持ちがほぐれるまで、どうかお待ち頂きたく存じます…!」 恭太郎は深々と頭を下げた。 仁は何も気づかなかった自分の不甲斐なさを感じると同時に、咲への想いを一層強くした。 いつもいつでも人の事ばかり気にかけている咲。 彼女が心から笑える様に、必ず必ず幸せにしたい。 仁と別れた後、恭太郎はホッとしていた。 何とも不器用な妹。 だがそれこそが咲なのだ。 仁はずっと咲を見つめていてくれるに違いない。 そして、いつかきっと二人は…。 その日が来ることを思い浮かべ、恭太郎はのんびりと家に向かった。

次の

#仁咲 #橘咲 休診日の二人

仁 咲 プロポーズ

さっきのJINで…… さっきのJINで咲が仁先生のプロポーズを断った後、 「私だけが幸せれるはずがない…」と泣いてましたが、あれはやっぱり野風さんのことを言ってるんでしょうか。 やはり野風さんは一番に仁先生を想っていて、それを隠して、仁先生や咲の為に外人さんに嫁いでいったんでしょうか。 咲はそのことをやっぱり分かってたのかな… なんだか切ないです… あなたはどう思いましたか? 補足皆さん、色々な意見ありがとうございます。 野風さんだけでなく、お母さんやお兄さん、また未来のミキさんのことも考えたのかも知れませんね。 どの意見も頷けて共感できるものなので、ベストアンサーは投票にて決めさせていただきます。 もちろん、すべての回答に目を通させていただきます。 たくさんの回答ありがとうございました!! 多分ですが、私は兄 恭太郎 、母 栄 と仁本人にだと思います。 野風は既に前作で仁を諦めてます。 恭太郎、栄は前作の時の結婚破棄で、迷惑をかけた事です。 恭太郎は差し控え、栄はそんなこんなで脚気になったりするほど苦しめてしまった。 あと仁本人ですが、前作の最後で写真が消えてなくなってしまっているので、未来に戻ったら未来 みき 自体存在しているかどうか分かりません。 視聴者である私達は、未来が生きている事、可能性が有りそうな事は知ってますが、咲や仁は知りませんので つまり、仁は一人になってしまう。 咲も当然仁と別れる事になってしまうのですが、仁友堂や医師仲間、医学は残ります。 例え仁友堂が潰れたとしても、咲には手元に残るものが多い。 仁をふる直前に咲が言っていましたが、仁友堂を後世に残し、仁が帰った未来に残せば一緒に居た証が仁にも残ります。 なので多分ですが、咲の想いとしては、仁へのジブンノ想いで、兄、母に迷惑をかけ、また、仁が未来に戻る可能性も高い事から、今一瞬自分だけが幸せ一杯になったとしてもそれは自分だけが幸せになるだけ、皆に申し訳ない、そんな感じではないでしょうか。 余談ですが、今「残酷で優しい未来」と言っていますが、多分未来は植物状態から解放されてますが、仁との事は無かった毎になってしまうのかもしれませんね。 前作で、万華鏡と水 万華鏡の比喩 の話が出ましたが、形は変わるだけで中身は変わらない、その例え話からすると、未来の存在はそのままに、仁との関係性が変わってしまった未来になってしまっている、のかもしれません 勝手な推察ですが。 野風さんと仁先生が未来に残したミキさんを思って、慎んでお断りをしたんだと思います。 つい最近まで仁先生は、いつか未来に帰るかもしれないし、、と咲さんにも話していたし咲さんとしても、いつか未来に帰られてしまう男性である、と言う事を意識しての事かもしれません。 もちろん、そう思う事で無理やり自分を納得させ想い人からのプロポーズをお断りをしたのかもしれません。 野風さんの話しを聞いている時の表情で咲さんは事情も分かったようですし、また未来には仁先生の病気で寝たきりになってしまった婚約者もいる。。 それを考えた上で ドラマの都合上演出する時間はなかった 、自分だけは幸せになれない、と悟っているのかもしれません。 ドラマの咲さんは、人ね痛みが分かる美しい大和撫子ですね! 咲さんの言葉と涙には、思わずジ~ンとしました。 あれは間違いなく、野風さんの事を思ってのことですね。 野風さんは断じて玉の輿に乗ったワケではないと思います。 馬に乗った野風さんに、「ラシャメンだぁ!」という言葉が投げかけられました。 「ラシャメン」とは、西洋人の現地妻を軽蔑視した言葉です。 ラシャメンとなった女性は世間の人々から蔑まされました。 なので、野風さんは喜んでラシャメンになるはずがありません。 やはり、仁先生を愛していたからこそ、 先生を救いたい一心で、自分の身を犠牲にしたのだと思います。 咲は同じ女性として、野風の気持ちが痛いほどわかっていたのでしょう。 だから、あのように泣いたのだと思います。 切ないですね。。。 ちなみにラシャメンは、一見玉の輿のように思われがちですが、 その末路は哀れだったようです。 殆どの西洋人は、本国に妻子がいました。 何年か経過して、西洋人が本国に帰国する際、 ラシャメンの女性は捨てられて置いて行かれました。 本妻として、一緒について行った女性もいたようですが、ほんの僅かみたいです。 今後、野風さんはどうなるのか気になりますね…。

次の