趣味 人 倶楽部 会員 数。 “おとな世代”だってSNSを活用して交流を楽しんでいる――「趣味人倶楽部」が50代・60代に人気

「趣味人倶楽部」を運営するオースタンスが、梅田裕真氏等からの資金調達を実施|株式会社オースタンスのプレスリリース

趣味 人 倶楽部 会員 数

趣味人倶楽部とは? (2019年10月31日:更新) シニア向けSNSの「 」。 現在株式会社オースタンスが運営をしています。 現在の会員数が約340,000人となった趣味人倶楽部を、どのような方が、どのように利用し、どのような活動を楽しんでいるのか? 会員の属性や、若者のSNSとは違った楽しまれ方をご紹介します。 会員特性 上記左側のグラフは趣味人倶楽部利用者の男女別・年齢別の割合を示しています。 右側の表が示すように男性のほうが多めで、女性のほうが若干年齢層が低め。 今や60代以上でも多くがパソコンやスマートフォンを使いこなす時代、いわゆる一般的な「シニア」の印象とは程遠い方々が、アクティブに趣味に励んでいます。 趣味人倶楽部の利用者を見ると、 会員の約40%が4半期に1回以上、国内旅行するなど旅行への関心が高いです。 また、不安なく過ごせるよう、健康意識の高い会員が多くなっています。 趣味人倶楽部の媒体の詳細や会員様の特性の詳細はこちらをご覧ください。 趣味人倶楽部の楽しみ方 趣味人倶楽部のコンテンツには「日記」「フォト」「コミュニティ」「イベント」の4つがあります。 「日記」の内容は、ニュースなど時事ネタ、旅行やお出かけ、日常の話や住まいについて、スポーツやアートなど幅広いカテゴリーについての投稿があります。 さらに、長文での投稿が多く、投稿に対するコメントや拍手(いいね!のようなもの)が会員間で活発に行われてるもの特徴の一つです。 日記は月間で約3. 5万件投稿されています。 「フォト」の内容で多いものは、季節の風景や動物、料理や旅行などに関する投稿です。 運営事務局からも、毎週~隔週の頻度で投稿用のお題を更新しており、フォトコンテスト実施時には、約800件の投稿が行われたことも。 「コミュニティ」は、同じ趣味や共通の興味、関心がある仲間を見つけて、交流する場となっています。 現在35,000のコミュニティが存在しており、毎日それぞれのコミュニティで交流がなされています。 「イベント」とはユーザがイベント開催を告知し、参加者を募集することのできる機能です。 趣味人倶楽部の大きな特徴の一つとして、実際にユーザ同士で対面する「イベント」が多く開かれてます。 基本的にはコミュニティに紐づく形で「イベント」が実施されてますが、コミュニティのカテゴリによらず、グルメやカラオケなどの横断的なイベントも多いです。 上の表にあるように、イベントの中でも人気があるのが、ハイキングや日帰り観光などとなっており、行動力のあるアクティブシニアが多いのも特徴です。 現在では、月に1,600件ほどのオフ会が趣味人倶楽部内で開催されています。 趣味人倶楽部のこれから 現在の年代別インターネット利用状況は、 60歳〜69歳のインターネットの利用状況は72. このデータから10年後には60歳以上のシニアのインターネット利用率が9割を越すことが想像できます。 その中で趣味人倶楽部がどのように進化していくのでしょうか? 趣味人倶楽部のこれからにご注目ください。 月間2,000万PV、110万UUを誇る。 毎月 1,600回ほど、オフ会が開催されている。 旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、リアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴。

次の

国内最大の謎コミュニティ 趣味人倶楽部とは

趣味 人 倶楽部 会員 数

現時点で最も利用頻度の高いSNSといえば、Facebookだろうと思います。 それに対し、国産のSNSと聞いてすぐに思い出すのは(今はもうモンストの会社かもしれませんが)やはりmixiではないでしょうか。 しかし、会員数31万人ながら月間PV2億6千万と、mixiの3億4千万(2013年)に迫る利用率を誇るコミュニティサービスがあることはあまり知られていません。 それこそが、DeNAが運営する 「」です。 趣味人倶楽部は主に50代以上を対象としたSNSで、その年代の方には圧倒的なリーチを誇っています。 その最大の特徴が、近畿日本ツーリストと組んでいることからもわかる通り、会員同士が実際に旅行に出かける点。 これは開設当初からで、ネット上の閉じた世界ではなく、旅行やツアーに行くことを前提としたサービス作りをしていた印象があります。 そしてこの趣味人倶楽部、実際には中年世代の「出会い系サイト」だともいわれています。 50代以上の世代が、ここでコミュニケーションした人と実際に出会い、男女として交際をはじめているのです。 それ自体何ら悪いことではありません。 分別をわきまえた大人を対象としているのですから、むしろニーズをとらえたまっとうなサービスだと言えるのではないでしょうか。 なにせ、50歳以上の女性の4人に1人は恋愛中なんですってよ! 「うつり香は あばたえくぼの 華麗臭」 (60代・男性) 「なぜなんだ 「恋」と言う字が 「変」に見え」 (70代・男性) 「大好きと 書いちゃ又消す キーボード」 (70代・男性) 「気が付けば 初恋の味 薄くなり」 (60代・男性) 「好きだよと 聴いた気がした 空耳か」 (70代・女性) 70代男性がキーボードで「大好き」と書いちゃまた消す風景。 いくつになっても恋愛はできるのだなと、清々しさに似た感情が湧いてきます。 ついでに、趣味人倶楽部の中身をちょっと覗いてみると、とてつもなく密度の濃いコミュニケーションが繰り広げられていることがわかります。 その姿はまさに全盛期のmixiを彷彿とさせ、国産SNSにもまだこんなところがあったのかと、懐かしさと妙な感動を味わうことができます。 日本の人口は、50代以上がもう半分を占めようかというところまで来ています。 SNSなどを楽しむのは主に20~30代であり、それ以上の世代は敬遠しがち、そもそも「シニア世代はパソコンやネットに弱い」という固定観念がありましたが、実はそうではなかったのです。 実は以前、某企業に勤めていた際、(結局実現には至りませんでしたが)同じようなコミュニティサイトを企画したことがありました。 自分で企画したものの、一体何から手を付けていいか分からなかった私は、いきなり趣味人倶楽部のお問い合わせ窓口から担当の方への面談を申し込みました。 今思えば、曲がりなりにも競合サイトを作ろうとしているのに、DeNAの担当の方は嫌な顔ひとつせず迎えて下さり、懇切丁寧にお話をしてくださいました。 その節は、本当にありがとうございました。 その頃は「シニアコム」や「小僧SNS」というサービスがこのカテゴリを押さえていましたが、破竹の勢いで伸びてきた趣味人倶楽部があっという間にトップに立ち、収益化が難しいコミュニティサービスにおいて早々に黒字を達成してしまったことを鮮明に覚えています。 それにしても、日本の金融資産のほとんどは50代以上が握っているわけですが、やはり国内でビジネスとしてサービスを興すなら、この世代を狙うのはひとつの解なんだろうな、と思う次第です。

次の

中高年齢層向けSNS、趣味人倶楽部の利用動向に注目

趣味 人 倶楽部 会員 数

趣味人倶楽部: 今回の調達した資金を、「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」のプロダクト開発、マーケティング活動のために活用し、会員様に、より快適に、楽しく、ご利用頂けるサービスを目指します。 更に、34万人を超えるシニア会員基盤を活用し、新しいシニアサービスの開発を強化します。 現在、日本の平均寿命は女性87歳、男性81歳と、世界最長寿国です。 60歳以上の消費総額は2020年には106兆円規模と推計され、シニア市場は今後も増加し続ける成長産業です。 株式会社メディカルノート 代表取締役CEO 梅田裕真 <プロフィール> 1983年生まれ。 慶應義塾大学経済学部卒業。 投資家と起業家として活躍。 メディカルノートを創業し代表取締役CEO。 <コメント> シニア向けにサービス展開するオースタンスの世界観、菊川社長のビジョンに共感し、ご一緒させていただきました。 シニアのIT利用がますます増えていく中、オースタンスの成長を支えていきます。 株式会社ギフティ 取締役 鈴木達哉 <プロフィール> 1985年生。 一橋大学経済学部卒業。 2008年 株式会社インスパイアにて大企業の新規事業支援やベンチャー投資業務に従事。 2011年 株式会社wacul社の取締役に就任。 2012年 ギフティ社の取締役に就任。 <コメント> 今後日本が向き合う課題に対して、明るく楽しいアプローチで解決していこうとするオースタンス社と菊川さんの考え方に強く共感し、一緒の船で応援させて頂くことにしました。 2014年9月にand factory株式会社の設立に参画し、同年11月、取締役に就任。 コーポレート部門の管掌取締役として同社の成長を牽引し、設立4年でIPOを果たしたのち、2019年11月に任期満了に伴い取締役を退任。 <コメント> 菊川くんと初めて会ったのは、彼がまだ大学生の時で、気づけば10年以上経ちました。 今回オースタンスに投資をさせてもらいましたが、学生時代からどんどん成長していく菊川くんに、常に多くの刺激と学びをもらっています。 今後は、オースタンスが目指す世界の実現に向けて、同じチームの一員として一緒に邁進できることを非常に嬉しく思います。 趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)とは 「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」は、月間2000万PV、月間100万UU、会員数34万人と、多くの方に日常的に使用されている、シニア向けのコミュニテイサービスです。 趣味人倶楽部: 旅行・カメラ・ゴルフ・カラオケ・社交ダンスなど、趣味をきっかけにコミュニティの中でつながり、オフ会などでリアルに交流するアクティブ層が多いのが特徴です。 さらに匿名性のコミュニティサイトのため、これまでの人生にとらわれずに自身の「好き」や「興味」に向き合い、新しい趣味や出会いを楽しむことができます。 株式会社オースタンス とは 【会社概要】 会社名:株式会社オースタンス 代表者:代表取締役 菊川 諒人 事業内容:50,60代向けのコミュニティ事業として、WEBサービスとリアル体験を提供 URL:.

次の