妖怪 あま えび。 【アマゾン1】命がけ!!野生のワニ・タランチュラたちとマジで遭遇した…。

河童の雨乞い(かっぱのあまごい)

妖怪 あま えび

私の祖父は、この界隈でも有名な妖怪マニアでした。 マニアではあっても見たことは無いらしく、私が「どうせいないよ」と言うといつもションボリとしてしまいます。 しかし、祖父が「昔の新聞で妖怪出現がニュースになったこともある」と言い、何度も何度も私に話してくれたアマビエについて少しご紹介いたします。 そのアマビエについて話すときだけは、祖父はことさら熱意を持って話すのです。 おそらく、現実世界に証拠が残る珍しいケースだからだとは思うのですが。 実は、その新聞(瓦版)の記事が上の画像です。 アマビエが出現したのは江戸時代の熊本県(肥後国)で、海中が光っているのを目撃した人が通報したところ、次に来てみると人魚のような生物が出現していたというのです。 その生物はアマビエと名乗り、さらには「今後6年間は豊作になるだろう。 また、もし万が一疫病が流行るようなことがあれば、この姿を絵で描き、人々に知らせるといいだろう」と言ったそうです。 そこで当時の人々は慌てて瓦版に絵を描き、広めたらしいです。 私はよく祖父に聞きました。 「なんで妖怪さんが喋るの?」 と。 祖父は、「人間ごときが喋れているのに妖怪が喋れないわけない」と言っていました。 また、そんな自己主張の強い妖怪ってどうなの? といった質問もしたのですが、それについては「たまには目立ちたい時もあるんじゃ」のようなことを言っていました。 因みにですが……幼い頃からその話を聞いていた私ですが、どうしても「アマビエ」という名前が覚えられず、いつも「アマエビ」と言ってしまっていました。 その都度祖父は真剣な顔で「エビじゃない!」と怒っていました。 なのに、酔ってその話をする時、よく祖父も「アマエビ」と言ってしまっていたことを私は知っています。 祖父曰く、海に纏わる妖怪や怪物というのは、日本だけでなく世界中でも「予言・予知・除災」に関係する言い伝えが多いのだそうです。 そのため、江戸時代に現れたアマビエも、人魚の一種ではないか? と考えられているそうです。 ただ、私には尖った口がどうしても気になり、何度も祖父にその質問をしました。 祖父はべろべろに酔っていて、確かにこう言ったのです。 「エビだからじゃ!」 ……おじいちゃん……エビでいいのかよ……。 youkaiwiki.

次の

妖怪「アマビエ」のイラストがSNSで人気 伝承に脚光「疫病が流行れば私の絵を見せよ」: J

妖怪 あま えび

<肥後の海中に毎夜のように光るものが出没する。 役人が調べたところ、それは「アマビエ」と名乗る怪物で、六年間の豊作を予言し、病気が流行したら自分の姿を写して人々に見せるようにと伝えて海中に消えたという。 > この瓦版には、波間に立つアマビエの奇妙な姿が描かれている。 長髪の人魚のようだが、鳥のようなクチバシを持ち、胴体には魚のようなウロコ。 3本足ですくっと立っている。 アマビエは、妖怪をテーマにしたアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第5作にもしている。 新型コロナウイルスの感染拡大に触れた上で、「妖怪の中に『流行り病がでたら対策のためにわたしの姿を描いて人々にみせるように』と言ったのがいる」とアマビエを紹介。 で「妖怪絵描きのみなさんには、今こそアマビエの絵をあげてほしいところです」と訴えた。 この呼びかけを受けて、新型コロナウイルスの感染が終息することを祈願して、ネット上に次々にアマビエのイラストが投稿されることになった。 元となった瓦版のイラストも奇妙な味を出していたが、そこからイマジネーションを広げて、思い思いのアマビエが描くことで、新型コロナウイルスの沈静化を祈っている。 その一部を紹介しよう。

次の

緊急企画!妖怪「アマビエ」をダウンロードしてコロナ撃退のお守りにしよう

妖怪 あま えび

<肥後の海中に毎夜のように光るものが出没する。 役人が調べたところ、それは「アマビエ」と名乗る怪物で、六年間の豊作を予言し、病気が流行したら自分の姿を写して人々に見せるようにと伝えて海中に消えたという。 > この瓦版には、波間に立つアマビエの奇妙な姿が描かれている。 長髪の人魚のようだが、鳥のようなクチバシを持ち、胴体には魚のようなウロコ。 3本足ですくっと立っている。 アマビエは、妖怪をテーマにしたアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第5作にもしている。 新型コロナウイルスの感染拡大に触れた上で、「妖怪の中に『流行り病がでたら対策のためにわたしの姿を描いて人々にみせるように』と言ったのがいる」とアマビエを紹介。 で「妖怪絵描きのみなさんには、今こそアマビエの絵をあげてほしいところです」と訴えた。 この呼びかけを受けて、新型コロナウイルスの感染が終息することを祈願して、ネット上に次々にアマビエのイラストが投稿されることになった。 元となった瓦版のイラストも奇妙な味を出していたが、そこからイマジネーションを広げて、思い思いのアマビエが描くことで、新型コロナウイルスの沈静化を祈っている。 その一部を紹介しよう。

次の