ライフイットセルフ 結末。 映画ダラスバイヤーズクラブは実話!あらすじネタバレと感想・超豪華キャストも|シネマテラス

映画『ランボー ラスト・ブラッド』 公式サイト

ライフイットセルフ 結末

美しく頭の回転も速くユーモアもあった。 なにより愛しあっていた。 だが彼女は突然去ってしまった。 物語は、妻の不在からくる喪失感に苛まれる男と、彼と運命を交差させた人々の人生を描く。 彼女のことはすべて頭の外に押し出したい。 しかし、セラピーでは乗り越えなければならない課題でもある。 少しずつ記憶をたどるうちによみがえってくるのはウイットの効いた会話と笑い声の絶えない日々。 は、その思い出を過去のものとしてきちんと昇華しないうちは心の安定は訪れないままだという。 なのに男はさらなる深い悲しみと絶望に打ちひしがれる。 その一方で、確実に人々の思いは受け継がれている。 出産直前の妻・アビーが姿を消し悲嘆にくれるウィル。 学生時代に知り合い、結婚し、幸せの絶頂にいたウィルにとって、アビーのいない日常は耐えられないほど苦しかった。 アビーはいなくなったが、赤ちゃんは無事生まれウィルの両親が引き取る。 ディランと名付けられその娘は祖父に大切に育てられるが、音楽にのめり込むようになると反抗的になり、祖父を負担に感じ始める。 祖父にしてみれば、物質的にも愛情も十分に与えたのにもう言うことをきいてくれない不満は大きいはず。 身内はディランひとりしかいないのに、彼女が自分から離れていく寂しさがリアルに再現されていた。 彼らが家族旅行でNYを訪れたのを機にアビーの悲劇が起こるのだが、さらに十数年後、NYに渡ったが特別な体験をする。 人と人は数奇な縁で繋がっている。 隣にいるのは無関係な他人ではなく、いつかどこかでした人かもしれないし、将来出会う人かもしれない。 見知らぬ他人を見る目を変えてくれる作品だった。 それにしてもなぜハビエルは地主の厚意に頑なな態度を取ったのだろうか。

次の

ライフ・イットセルフ未来に続く物語は無駄の多い群像劇!

ライフイットセルフ 結末

and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED. 「ライフ・イットセルフ 未来に続く物語」は、平凡な人生を大きく変えてしまう過酷な試練と、それを包み込む愛、そして奇跡を描いた、壮大なヒューマンドラマです。 監督・脚本を務めたのは、2017~2019年4月まで放送され大ヒットを記録したTVドラマ「THIS IS US/ディス・イズ・アス」を手掛けたダン・フォーゲルマン。 ヒロインのアビーが劇中でこよなく愛するボブ・ディランの名曲が、作品を哀愁たっぷりに彩ります。 ダン・フォーゲルマン監督自身もボブ・ディランの楽曲を聴きながら脚本を執筆しており、彼の楽曲は本作に欠かせないものだと確信していたそうです。 「ライフ・イットセルフ 未来に続く物語」は、「THIS IS US」の大ヒットにより大きな期待を受けて製作されましたが、実際の興行収入は予想をはるかに下回る結果となりました。 日本では配給がキノフィルムズということもあり、関東ではkino cinemやTOHOシネマズシャンテといった中~小規模の映画館で上映されています。 スポンサーリンク 映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』のストーリー!ネタバレ注意 本作は、チャプター1~5までの章立て構成で物語が進行していきます。 and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED. 【チャプター1】 ウィル(オスカー・アイザック)は、愛する妻・アビー(オリヴィア・ワイルド)と別れてから精神的に不安定な日々を過ごしていました。 数ヵ月を施設で過ごし、退院してからもカウンセラーのDr. ケイト(アネット・ベニング)のもとに通い、カウンセリングを受けています。 アビーは幼い頃に両親を自動車事故で亡くし、引き取られた叔父からは性的虐待を受けるという悲惨な少女時代を過ごしていました。 思春期の頃に友人から借りた銃で叔父の脚を撃って反撃し、大学進学後は文学にのめり込んでいきます。 そこで出会ったのがウィルでした。 ウィルとアビーは大恋愛の末に結ばれ、子供を授かります。 臨月を迎え、アビーが愛してやまないボブ・ディランを聴きながら休日の朝を過ごし、2人はウィルの両親の家を訪ねます。 その後、2人は離婚することになったというのですが、カウンセラーと話をしていくうちに少しずつ真実が明らかになっていきます。 実は、帰宅途中によそ見をしながらうっかり車道に出てしまったアビーは、バスにはねられ命を落としてしまったのです。 アビーの死を受け入れられなかったウィルは、アビーと離婚したと思い込み、心に蓋をしていました。 カウンセラーはウィルの両親のもとにいる娘に会いに行くよう促しますが、ウィルはそれを拒否。 アビーの死に改めて直面し、絶望の淵に立たされたウィルは、カウンセリングの最中に銃で自ら命を絶ってしまいます。 and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED. 【チャプター2】 アビーとウィルの娘は、アビーが大好きだったボブ・ディランにちなんでディランと名付けられ、祖父母によって育てられました。 ディランの生い立ちは壮絶です。 ディランがお腹の中にいる時に母は事故死、父は精神を患い自ら命を絶ちました。 祖母も幼い頃に亡くなり、親友だった犬までも亡くなってしまいます。 祖父・アーウィン(マンディ・パティンキン)に可愛がられながらも、孤独と喪失感を抱えながら育ったディラン(オリヴィア・クック)は、成人する頃には不良じみたパンクロック少女になっていました。 祖父を愛してはいるのでしょうが、暴言を吐き、タバコを吸い、夜な夜なライブハウスでバンド活動をする日々。 ライブハウスで殴り合いの喧嘩を吹っ掛けるほど荒れていましたが、ふと寂しさに襲われます。 夜のベンチで1人座り込み、涙を流していると、1人の青年が 「大丈夫?」 と声をかけます。 and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED. 【チャプター3】 舞台はスペインのアンダルシアへと変わります。 たくさんの人たちが農園でオリーブを収穫しています。 農園で働く青年ゴンザレス(セルヒオ・ペリス=メンチェータ)は、農園のオーナー・サチオーネ(アントニオ・バンデラス)から呼び出されます。 ゴンザレスはサチオーネのことが好きになれませんが、農園の責任者のポジションを打診され、家賃なしで住む場所を提供してもらうことを条件に、責任者を引き受けます。 そしてゴンザレスは、恋人のイザベル(ライア・コスタ)にプロポーズ。 結婚した2人は農園のそばの家で暮らし、やがて息子のロドリゴが生まれ、幸せの絶頂にいました。 しかしゴンザレスは、サチオーネが自分の不在時にたびたび家を訪問し、ロドリゴにおもちゃや地球儀など高価なものを買い与えることに不満を感じていました。 ある時、コンザレス一家はニューヨークへ旅行に出かけます。 旅行中のバスの中でロドリゴが乗客や運転手に話しかけ、運転手がよそ見をした際に、1人の妊婦を轢いてしまいます。 その女性こそが、アビーだったのです。 事故を目の前で目撃したロドリゴは、トラウマを抱え、精神的に不安定な状態が続きます。 これが原因でゴンザレスとイザベルの仲は徐々にこじれていきます。 大きな街の精神科医にロドリゴを診てもらう際にも、サチオーネが費用を負担。 やがてゴンザレスは、サチオーネに「手紙で2人の様子を知らせて欲しい」と頼み、家を出ていきます。 イザベルはサチオーネを愛することはできないと告げますが、サチオーネはそれを承知のうえで2人の面倒を見るのです。 and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED. 【チャプター4】 時が流れ、ロドリゴ(アレックス・モナー)は母親思いの立派な青年に成長していました。 優秀なロドリゴはニューヨークの大学に進学できることになりますが、母イザベルが病におかされていることが発覚します。 ロドリゴは母を気にかけて家に残ろうとしますが、イザベルの説得もあり、故郷を離れてニューヨークの大学へと進みます。 ロドリゴは真面目で勤勉で、スポーツも優秀、毎日のようにジョギングを欠かしません。 恋人もできますが、エイプリルフールで妊娠したと嘘をつかれたことがきっかけで別れてしまいます。 イザベルの病は悪くなる一方で、いよいよ最期の時が近づいた頃、ゴンザレスが家に戻り、2人は再会を果たします。 サチオーネはずっと手紙でゴンザレスに近況を知らせていたのです。 ロドリゴもまた、母の悲しい知らせを手紙で知ることになります。 失意のどん底に陥り、ニューヨークの街をジョギングをしながらさまようロドリゴの前に、ベンチで涙を流す赤い髪の女性がいました。 「大丈夫?」 ロドリゴが声をかけたその女性が、ディランだったのです。 and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED. 【チャプター5】 時が過ぎ、エレーナ(ロレンツァ・イッツォ)という女性が、この物語について語っていました。 実はエレーナは、ロドリゴとディランの娘なのです。 作家になったエレーナは、自叙伝の中で、祖父母や両親について書いていました。 エレーナが、祖母にあたるイザベルがロドリゴに告げたお別れの言葉を語り、物語は幕を閉じるのでした。 and LIFE ITSELF AIE. ALL RIGHTS RESERVED. 邦題で「未来に続く物語」とあるように、人生における出会いや巡り合わせ、あるいは絆という壮大なテーマを感じさせるストーリー。 全編に渡って伏線めいた展開になっており、最終的に全てのチャプターが繋がるというパズルのような構成です。 決してボーッと観ていられる内容ではないですね。 ストーリーにはちょっぴり重たい展開もあるし、手法としては使い古された感はあるものの、最終的には前向きなメッセージとして受け取ることができたように感じます。 キャストは皆それぞれが豊富なキャリアと高い評価を得ている面々が揃っています。 中でも、アカデミー賞では無冠の名優とされるアネット・ベニングがカウンセラーのDr. ケイトを、一時は一斉を風靡したアントニオ・バンデラスが風格を増して農園のオーナー・サチオーネを演じるなど、大いに注目に値するのではないでしょうか。

次の

映画ダラスバイヤーズクラブは実話!あらすじネタバレと感想・超豪華キャストも|シネマテラス

ライフイットセルフ 結末

チャプター1 ウィル・デンプシーは妻のアビーと別れてから施設で時間を過ごし、出て来たばかりだった。 ウィルは精神科医のところに行き、カウンセリングを受けた。 そこでどのようにしてアビーと知り合い、結婚し、子供を授かったかを語った。 ウィルによると、アビーは両親を交通事故で亡くし、叔父に育てられたものの、性的虐待を受けるなど暗い少女時代を送った。 しかし叔父に復讐し、大学に行くようになると、人生が代わり、そこで運命の相手であるウィルと知り合ったのだった。 二人は付き合って一年もしないうちに結婚することに決める。 やがて娘を授かり、あと2週間で生まれる予定だった。 しかしある日、横断歩道を渡っているとき、アビーはバスに轢かれて死んでしまう。 ウィルはアビーと離婚したのではなく、アビーを事故で亡くしていたのだ。 奇跡的に娘のディランは助かったが、ウィルはアビーの死によってトラウマとなり、娘にも会いに行かぬまま、精神科医のオフィスで自殺した。 チャプター2 両親を亡くしたウィルとアビーの娘ディランは祖父に育てられることになった。 彼女には幼い頃から悲劇がつきまとった。 小さいときに祖母を亡くし、まもなく愛犬まで息を引き取った。 そして思春期を過ぎ、成人になると、彼女は自暴自棄に陥った。 バンドのライブを終えたディランは、自分が男とキスしているところを動画に収めた女と喧嘩をし、夜の街を彷徨い、ベンチで涙を流していた。 そこにある見知らぬ少年が現れた。 チャプター3 スペインのアンダルシアで、ハビエル・ゴンザレスは農園で黙々と仕事をしていた。 ある日、彼は雇い主のヴィンセント・サチョーネから呼び出され、ヴィンセントの家族の話を聞かされた。 そして、住むところをタダで与えるから農園の主任になって欲しいと言われ、承諾する。 一方でハビエル・ゴンザレスはウェイトレスのイザベル・ディアスに夢中だった。 二人は結婚し、ヴィンセント・サチョーネに用意してもらった家に住む、幸せな生活を送った。 やがて二人に息子、ロドリゴが生まれた。 ハビエルとイザベルはロドリゴがまだ幼いときに彼を連れてニューヨークを旅行した。 ところが旅行中彼らが乗ったバスが女性を轢いてしまい、ロドリゴはその光景をもろに目撃してしまう。 被害に遭った女性はアビーだった。 ライフ・イットセルフ未来に続く物語のキャスト• オスカー・アイザック• オリヴィア・ワイルド• マンディ・パティンキン• オリヴィア・クック• ライア・コスタ• アネット・ベニング• アントニオ・バンデラス• アレックス・モナー• ジーン・スマート• セルヒオ・ペリス=メンチェータ• ロレンツァ・イッツォ• サミュエル・L・ジャクソン ライフ・イットセルフ未来に続く物語の感想と評価 「」、「」、「塔の上のラプンツェル 」の脚本家として知られるダン・フォーゲルマンが監督した、フィクション小説的家族物語。 ある交通事故をめぐって複数の家族、登場人物の人生が狂い、またつながっていく様子を描いた人生賛歌です。 興味深いのは、米大手映画批評サイトのRotten Tomatoesではこの映画に対するプロの批評家と一般視聴者の評価が真っ二つに分かれているところです。 プロの支持率が14%、一般視聴者が83%となっており、ここまで差が開くのは珍しいです。 玄人受けしないけど、素人には受ける映画なんですかね。 実際は最後まで見ると、なるほどそういうまとめ方がしたかったのか、と多少の納得が行くもののあまりに偶然を重ねすぎている点と、ストーリーに無駄が多いせいで、作品の良さを台無しにしている感がありました。 上映時間は2時間程度なのでそれほど長くはないです。 しかしこのシーン別にいらなくない?というエピソードのせいでやけに長く感じてしまいました。 例えば冒頭のウィルが書いた、サミュエル・ジャクソンのナレーションの下りは全くいらないですよね。 あのせいで変にコメディーっぽくなってしまってるし、現実と創造の世界を交差させる必要性がどこにも見当たらなかったです。 続いてチャプター2の少女ディランが実際に言っていないセリフをわざわざ映像化して、おじいちゃんとのやり取りを何度もやり直す演出が意図するところも分からなかったです。 そういうちょっとした無駄なシーンが蓄積したことによってテンポが悪くなってしまったのがこの映画の最大の問題点でしょう。 物語は複数の登場人物による、複数のストーリーをつなげていく群像劇のスタイルを撮っていますが、群像劇においてはテンポが命だからね。 無駄といえば、キャストにおいても「」でおなじみのオスカー・アイザックをはじめ、アネット・ベニング、アントニオ・バンデラス、サミュエルLジャクソンなど結構豪華な面子を集めているわりには、そのうちのほとんどを上手く活用できないという有様でした。 話の流れとしては、ニューヨークで妊娠中の妻が交通事故で亡くなる>お腹の中の娘ディランだけ奇跡的に助かる>ディランが成人になる>スペインで無口で働き者のスペイン人が恋人と結婚する>二人の子供ロドリゴが生まれる>ロドリゴがニューヨークに留学する>ディランとロドリゴが出会う、という構成になっています。 つまり世代を超えた運命の出会いが描かれていて、それをロマンチックだと思うかどうかがこの映画の評価の鍵となるでしょう。 奇跡にもほどがある運命の出会いは、僕にとってはいかにも映画的だったし、そこにたどり着くまでもなんでそうなるの?という数々の展開にひっかかりました。 ウィルが娘に会おうとせずに自殺するのもちょっと無理があるし、ハビエル・ゴンザレスが家族を捨てたのも理解できません。 なにより妻が妊娠中によそ見をし、お喋りしながら横断歩道を渡る危機感のなさには飽きれるしかなかったです。 信号が青だったとか、赤だったとかはもはや関係ないです。 ほんと横断歩道を渡るときは常に命がけだということを分かっていない人が多すぎて困るんですよ。 僕は横断歩道を渡るときは常にダッシュですよ。

次の