オセロニア 1500 万 ダメージ。 【オセロニア】グランティス|評価と使い方

【オセロニア】四大天使・ミカエル|評価・闘化・ステータス・スキル

オセロニア 1500 万 ダメージ

右上:[白の神戎]ヴェラ=プレニル 時限:発動した 2ターン後のターン開始時直後に以下の効果を誘発する。 右下:[白の神戎]ヴェラ=プレニル 時限:発動した 4ターン後のターン開始時直後に以下の効果を誘発する。 左上:[白の神戎]ヴェラ=プレニル 時限:発動した 6ターン後のターン開始時直後に以下の効果を誘発する。 左下:[白の神戎]ヴェラ=プレニル 時限:発動した 8ターン後のターン開始時直後に以下の効果を誘発する。 相手の駒情報 相手のHPは5万もある上に、ベガのデバフによって2ターンの間は通常攻撃ダメージは減少してしまいます。 クリアパターンの1つ目は、デバフが切れるまでに角バフを設置していき、囁きスキルをニケで発動させて一発逆転。 これは、自分のHPが5%以下になっている必要があるので、かなり運がからんできます。 2つ目は、角バフを置くところまでは変わらないですが、相手からの被ダメージの高さを利用して、序盤はライフバーストでダメージを重ねていきます。 デバフが切れたところでS駒アタッカーで畳み掛けるのがおすすめです。 ただし、いずれも相手が置いてくるマスによってコンボがまったくできないということもあるので、何度も挑戦する必要があります。

次の

【オセロニア】四大天使・ミカエル|評価・闘化・ステータス・スキル

オセロニア 1500 万 ダメージ

過去傾向として難易度EX+のボスのHPは「約1550万」の固定HPになっており、どうにかこうにかこいつをさっくり倒す編成を考える事が毎回の注目ポイントになっています。 毎度言ってるけど変更が入ったら全部忘れて トライアルバトルと本番環境の違い 記事中では、ダメージ数値の参考にトライアルバトルを利用しての数値を掲載していますが、難易度HELL以降の敵については防御固有値を考慮する必要が出てきます。 同じ編成なのに一部マルチボスや敵(スライムなど)がクッソ硬く感じるのはこのステータスが原因。 ちなみにキャラ側でも同様の数値の設定が行われており、大半のキャラは標準の「10」となっています。 ただしサラちゃんは「11」 キャラクターアビリティの「防御力」で説明される数値、LBで解説されている「防御力」、また「ダメージ軽減」効果もこの「防御固有値」に影響する数字になっています。 この辺の仕様が頭に入ってくるとローズクリスタル武器の軽減スキルの重要性や、キャラLB振る時にも役立つことも。 どちらかというとキャラ編成の方で覚えておくといい仕様だったりします。 覚えておいて損はなし。 なんやかんや説明してきましたが、HELL90についてはトライアル環境のダメージはそのまま通用するわけではないとの予防線でした。 ただし実際にはダメージ減衰の補正だったりクリティカルの計算式の関係もあったりするので、 トライアル環境で4400万ダメージを出さないと本番環境で4000万ダメージに届かないという訳でもありません。 グラブル難しいね! 「光有利古戦場」EXボス開幕1550万ダメージ選手権準備編 先に結論から言っちゃう ・装備の敷居は他属性に比べてとても高め ・アビポチ数を気にしなければ到達パターンは多い 光属性防御デバフまとめ 「光有利古戦場」EXボス開幕1550万ダメージ選手権実践編 メカニック編成 トライアルバトルに使用した武器編成。 アビポチ数を気にしなければ編成パターンはかなり多い。 奥義ダメで上限値を叩き出す為には大半の人はフレンドシヴァでないと届かない。 反面、装備が整っていればキャラの方は紹介した以外にも代用が効くキャラは多い。 奥義ダメ上限UPに強力なキャラが少ない為、アビダメで捻出するダメージ量が多いためルリアはちょっと不向き。 コナンくんも触れてみたかったが奥義ダメの比重が少ない光パでは編成入れるだけで縛りが増える感じになってしまった。 オメガ武器のガフスキーにベータを採用の上、アビポチ数の考慮を度外視すれば一応達成可能な編成は比較的多い。 そのためのロボミ。 サーヴァンツおりゃんのでmimumedonで募集した画像よりお借りしてきました。 単純に奥義一手分はダメージ底上げになる事から、届くか届かないかの差を一番分けるキャラにはなりそう。 そのためのロボミ(2回目) 画像は最終ソーンさんをさらに軸に組み込んだ例。 ソーンさんの2アビは省略したいが、入れると主人公デバフはほぼ安定するジレンマ。 ロザミア、ジュリエットについてはそれぞれ奥義ダメージに追加ダメージが存在する事からルリアより使い勝手が上回る。 平均2,5回分はカウンターしてくれる事を考えるとどうしても後ちょっと足りない!って人は採用を検討してみる価値あり。 画像はシュヴァxルシでの編成。 ギリギリもう1アビ省略できそう。 フレンドシヴァに頼らず捻出しやすいのもメリットになるか。 装備的な敷居は増しそうだが、黄龍拳の属性デバフを考慮すればクラリスちゃんの枠はかなり融通が効く。 というかミストの成功率を加味すればこちらの方が安定か。 この辺は成功率とアビポチ数の兼ね合いで各自最適解を探す作業になりそう。 ちなみに極めしエデンマンならデバフを端折ってツープラ奥義するのが結果的に一番早いらしい。 なるほどわからん。 2番手のキャラに奥義ダメージ上昇量UPのLBをつける、サブにSSRシャルロッテを編成するなどの一工夫が必要。 ODさせる事が出来る火力がある人であればもっと楽な方法があるっぽい。 という事でボツに。 ・わずかに望みはある確定TAキャラ無しルート 並びは絶対的にこの順にする必要あり。 ツープラトン時点では奥義ゲージはこうなる。 仮にツープラトンの時点でボスがODしてくれていていればヘルエス様のドラアサTAが入る計算。 ただめっちゃギリギリ足りない気がする。 ポチ数的にネタよりになるが成立してたらとても高貴に周回はできそう。 3発被弾してくれれば120万程度は計算に入れても良さそう。 犬パンチ(10連撃)に耐える事が出来れば5発のカウンターが確定。 200万~250万ダメージは計算してもよさそう。 どちらかというと後述の水パ向けかもしれない。 団員20人以上の団はサポートは4とつまで。 キュアポ、銅鑼がね、風見鶏の三点セットに加えて4つ目に設置が可能。 AT中はアプサラスが輝きそう フレシュヴァ、フェリ2アビ、ソーン2,3アビ、シヴァ召喚で1550万到達。 この編成だと3アビ+1召喚だが際回れば2アビとかも可能な模様。 ヴィーラやクリスマスマリーと同じく、確定1ターン全体TAUP効果を持つディアンサ。 いつでもアサシンな上に「1ターン」の効果を持つ最終上限解放ウーノさんの2アビが主軸。 弱体成功率にLB全部振ったアルタイルでもmissする可能性あり。 またディアンサのテンションガチャなどの運要素もある。 メリットとしては奥義を使わないので、フルチェイン違い、足りなくてももう1回すぐ殴れる点がある。 その辺のメリットをぶん投げればセルエルと同様、アルタイル3アビでツープラ+奥義のハイブリッドも可能。 水属性以上にデバフの期待は出来ない。 採用装備もレギュレーション違反しまくってる気がするが得意属性でない闇で行くんだ全力で見逃して。 あかん全然届かナイフ。 これなら届いた。 デバフ入っちゃってるけど大体届いた。 やっぱりアビリティダメージが足らんなと言うことで結局こうなった。 PTキャラ3人の連撃を安定させる方法がないのが不確定要素になってしまうが、アビダメのダメージ割合が多いこともあって思ったよりは成功率は高い。 奥義を使わないので失敗した時のリカバーも水パ編成と同様。 ただそれ1ターンでやる意味ある?って言われたらいよいよ返答に困る。 2番手、3番手のキャラは高アビダメ稼げるキャラならなんでもOK。 なんでもいいとは言ったが結局は高アビダメと奥義ダメージ上限の関係でオーキスやオリヴィエなどのリミテッド勢が筆頭候補にはなる。 画像では8アビ+1召喚の9ポチで確定。 上記ダメはバハxハデスだがフレンドシヴァの方が到達は楽(なはず) こっちは装備が仕上がれば確定出来る分、それ1ターンでやる意味なくね?って言われてもトイレにいけるだろ!と言い返せる要素はちょっとあると思う。 レスラーフェリ編成5ターン4000万選手権 今回から新部門。 Lv90HELLのHPは約4000万(前回古戦場までの数字) いよいよ選手権は新たなフェーズに!とか言いたいけど、4周年アプデ後ということでいよいよ持って前回までのHPデータが通用するかは不明。 話半分程度に。 ならばレギュレーションとしては5Tにするしかあるまい。 という事で5T4000万選手権となっております。 やっぱりミトロン弓1本では厳しそう。 リミヴィーラorクリスマスマリーの選択では微妙ながらアビダメの差でリミヴィーラを採用するとのこと。 マグナ編成では両面ミトロン2本で運任せながらトライアル数値上はギリギリ届くケースを確認。 3本でどうなるかは未検証。 実戦で届くかは敵のトリガー次第な部分も。 防御バフ一発はまだクラリスちゃんにディスペルがついているが、虚脱といった奥義ゲージ減少関係が怖い気がする。 トリガーで多段ダメが来ますように来ますように来ますように。 デバフ効果は召喚枠15%。 うーん人権人権(無理やり) 最終ソーンさんはじめクラリスちゃんの枠を奪い取ってダメージ増強できそうなキャラは実際にいそう。 主に1550万選手権の方で採用する可能性はあり。 レスラーフェリ編成の場合は最終ソーンさんの奥義効果の恩恵が得られないことからそこまで差がつく要素になるかは微妙なところでもある。 ミトロン弓複数本で技巧が安定してきたシュヴァ両面編成、エデン複数本のゼウス編成では効いてくる可能性あり。 5倍から5. 5倍に伸びる。 恩恵は主人公の奥義ダメのみ微々たる差ではあるものの、ゼウスマンで別にエレメントもアニマも余ってるわ・・・って人は1本作って損はないかもしれない。 一応光属性召喚石染めは比較的要員(ルシフェルあればとかいう意味不明な前提ですが)だったので次の古戦場でしたい。 メインメンバー分は用意しておきたい。

次の

【PR】逆転オセロニア【攻略】: 使用頻度の高いフィニッシャーの最低ダメージを徹底検証

オセロニア 1500 万 ダメージ

右上:[白の神戎]ヴェラ=プレニル 時限:発動した 2ターン後のターン開始時直後に以下の効果を誘発する。 右下:[白の神戎]ヴェラ=プレニル 時限:発動した 4ターン後のターン開始時直後に以下の効果を誘発する。 左上:[白の神戎]ヴェラ=プレニル 時限:発動した 6ターン後のターン開始時直後に以下の効果を誘発する。 左下:[白の神戎]ヴェラ=プレニル 時限:発動した 8ターン後のターン開始時直後に以下の効果を誘発する。 相手の駒情報 相手のHPは5万もある上に、ベガのデバフによって2ターンの間は通常攻撃ダメージは減少してしまいます。 クリアパターンの1つ目は、デバフが切れるまでに角バフを設置していき、囁きスキルをニケで発動させて一発逆転。 これは、自分のHPが5%以下になっている必要があるので、かなり運がからんできます。 2つ目は、角バフを置くところまでは変わらないですが、相手からの被ダメージの高さを利用して、序盤はライフバーストでダメージを重ねていきます。 デバフが切れたところでS駒アタッカーで畳み掛けるのがおすすめです。 ただし、いずれも相手が置いてくるマスによってコンボがまったくできないということもあるので、何度も挑戦する必要があります。

次の