ひょっとこ イラスト。 ひょっとこ

滑稽な表情の、ひょっとこ面のイラスト

ひょっとこ イラスト

こんにちは、IWAっす。 今回の浮世絵風イラスト講座は、 『ひょっとこ』の描き方をご紹介します。 火吹き棒をふーっと吹く 表情がそのままお面などに なってしまうという、 江戸時代特有の なにそれ案件っす。 僕は幼少期からタラコ唇なので、 よく唇をとがらせてひょっとこの 真似をして遊んでいたと 以前父親から聞かされました。 全く覚えておりません。 今回の使用画材も、 ・筆ペン(または線の細いペン) ・鉛筆(下書き用) とアナログ描きで解説して いきます。 ちなみにTop画は Photoshopで着色していますので ご参考にしてみてくださいネ! それではいってみまっす! 瞳はお好みの感じで大丈夫です 次は鼻を描いていきます。 TOP画の通り、 今回は左から右上に 口が突き出ている構図なので、 鼻は全ては描きません。 口に隠れていない右側部分を メインに描いていきましょう! 左目の円弧から鼻筋描きます。 右目頭の下辺りから、 鼻頭と小鼻・鼻孔を描きます。 小鼻はややふっくらと描くと 和風・浮世絵風特有の躍動感がでます。 眉毛の描き方は自由ですが、 大きい方の目の眉毛は 基本的に上げます。 鏡の前で目を見開いてみると 眉毛が吊り上がるのが わかるかと思います。 どちらの眉毛も、 きつい印象を与えないように 緩やかに目尻に向かって下ろします。 次は 最重要の口部分でっす! 口元のうずまきの浮世絵風の描き方 口の部分は一発で描くのは 中々難しいと思います。 なので初めは、 どこからどこへ向かって 口が尖っていくのかを 大体イメージします。 今回描く顔の口の 尖り始め 、 つまり徐々にシワが 寄り始めるのは 右目の下あたり からです。 対して口の開口部、 つまり 最も尖っている部分を ちょうど 左目の下に設定します。 このように、 尖った口の大体の流れを 把握したあとに 立体感を出すために 線を何本か描き足します。 外側から開口部へ向けて うずまき状にシワを描くイメージです。 このシワは残しても消しても構いません 鼻の下から尖った開口部へ向けて 反り上がった線を描きましょう! 口の淵を丸く描き、 そこから先程のシワの外側に アゴのラインを描き下ろします。 右目の下に更にシワを入れて みました。 顔部分はこれで完成です。 仕上げにお面の輪郭を 描いていきます! 口部分の強調の仕方 基本的にお面の輪郭は、 皆さんが各々が描かれた顔に フィットするように調整して 頂ければ構いません。 ただし、浮世絵風の描き方で ここだけはポイント!な部分として 必ず先程描いた口部分を強調する ように顔の下半分を大きめに 描くことを意識しましょう! 額は狭く、顔の下半分は 口全体を包み込むように ゆったりとした面積をとります。 左頬の辺りはお面っぽく、 もっと平面的でも良いかと 思うっす! 額のシワやひもを 描き足して更に和風・浮世絵風に 仕上げてみました。 良い感じに描けましたでしょうか。 まとめ さて、 今回の和風・浮世絵風イラスト 『ひょっとこ』編のおさらいは コチラー! ・片目尻は下げ過ぎなくらい下げて、両目のメリハリをつける! ・口部分はまず流動方向を把握したうえで、立体感を出していく! ・額は狭く、顔の下半分を強調する! いかがでしょうか? 自分好みのひょっとこ面が 描けましたでしょうか。 ひょっとこは、 特徴さえ描けていれば 立体感などややアバウトでも 雰囲気はでるので練習しやすいと 思います。 是非、楽しんで描いて頂ければ 幸いです。 それではまた次回!•

次の

ひょっとこ

ひょっとこ イラスト

滑稽な表情 仮面イラスト素材集のページに収録した「ひょっとこ面」のイラストです。 すぼめて曲げた口元は、ごま塩の髭だらけ。 はり出た頬と、大きな鼻。 それに左右大きさの違う目が、なんとも滑稽な表情の「ひょっとこ面」のイラストです。 でも、この滑稽な表情のなかに哀愁が漂っているのはなぜでしょう。 ひょっとこの由来 「おかめ」や「おたふく」とセットにされる場合もありますが、「ひょっとこ」は「ひょっとこ」としての独自性を持っています。 「ひょっとこ」の名前の由来は、竹筒で吹いて竈(かまど)の火をおこす「火男(ひおとこ)」の表情に、「ひょっとこ」の顔が似ているからという説があるそうです。 その「ひおとこ」が転じて「ひょっとこ」となったのだという説です。 また、すぼめた口の形が徳利のようで徳利でないので「非徳利(ひとっくり)」。 それが転じて「ひょっとこ」になったとか。 こちらのほうは、前説にくらべて説得力に欠けるように思われます。 いずれにしてもこれらの説は、上のイラストのような顔の人物がいて、その男が「ひょっとこ」と呼ばれるようになったことを示しています。 その人物の面相が独特だったために、それに合った呼び名として「ひょっとこ」と名付けられたのでしょう。 おかめひょっとこ 「おかめ」や「おたふく」も独自な存在であったようですが、ペアを好む人達が「おかめひょっとこ」とひっつけて、対のものとしたのでしょう。 面白い顔の男と面白い顔の女を組み合わせれば、なお面白かろうという世俗な発想です。 こうして「おかめひょっとこ」というペアが誕生したのだと私は思っています。 ではなぜおたふくではなくおかめなのでしょう。 それは、「おたふくひょっとこ」よりも「おかめひょっとこ」の方がリズミカルで語呂がいいからでしょう。 リズミカルな呼び名 日本人はリズミカルな言い回しが好きです。 俳句や俳諧でも、語呂のいい句に人気があります。 俳句自体が「五・七・五」のリズム感を大切にした文芸であるからなのでしょう。 面白い顔をした男に「ひょっとこ」というリズミカルな呼び名をつけたら、その男の存在感が以前にも増してクローズアップされたことでしょう。 それと同時にリズミカルな響きの「ひょっとこ」という呼び名は、変な顔をした人を卑しめる「からかいの言葉」にもなったと思われます。 大勢が少数の変な顔や変な動きをした者を嘲笑い者にする。 その嘲笑いの衝動が「おかめひょっとこ」というリズミカルな道化芝居を発生させたのかもしれません。 集団ヒステリーの産物? 面白い顔をした男が「ひょっとこ」と呼ばれなかったら、いくら独特な面相であったとしても、ただの面白い顔の男で終わったことでしょう。 「おかめひょっとこ」の面白い道化芝居も生まれなかったかもしれません。 「ひょっとこ」というリズミカルな言葉が発音されて、そう呼ばれた者の面白おかしい物語が世に出て、その存在感を大きなものにしたのだと思います。 芸能として舞台に上がれば、「ひょっとこ」の仮面をつけた芸能の人気者となって観客から注目されます。 それによって、現実の「ひょっとこ顔」の男は、ますます囃し立てられ、迫害されることになったかもしれません。 面白おかしい顔の面は、「嘲笑迫害」という集団ヒステリーの産物のようにも思われます。 そんな「ひょっとこ面」のイラストです。

次の

ひょっとこの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ひょっとこ イラスト

滑稽な表情 仮面イラスト素材集のページに収録した「ひょっとこ面」のイラストです。 すぼめて曲げた口元は、ごま塩の髭だらけ。 はり出た頬と、大きな鼻。 それに左右大きさの違う目が、なんとも滑稽な表情の「ひょっとこ面」のイラストです。 でも、この滑稽な表情のなかに哀愁が漂っているのはなぜでしょう。 ひょっとこの由来 「おかめ」や「おたふく」とセットにされる場合もありますが、「ひょっとこ」は「ひょっとこ」としての独自性を持っています。 「ひょっとこ」の名前の由来は、竹筒で吹いて竈(かまど)の火をおこす「火男(ひおとこ)」の表情に、「ひょっとこ」の顔が似ているからという説があるそうです。 その「ひおとこ」が転じて「ひょっとこ」となったのだという説です。 また、すぼめた口の形が徳利のようで徳利でないので「非徳利(ひとっくり)」。 それが転じて「ひょっとこ」になったとか。 こちらのほうは、前説にくらべて説得力に欠けるように思われます。 いずれにしてもこれらの説は、上のイラストのような顔の人物がいて、その男が「ひょっとこ」と呼ばれるようになったことを示しています。 その人物の面相が独特だったために、それに合った呼び名として「ひょっとこ」と名付けられたのでしょう。 おかめひょっとこ 「おかめ」や「おたふく」も独自な存在であったようですが、ペアを好む人達が「おかめひょっとこ」とひっつけて、対のものとしたのでしょう。 面白い顔の男と面白い顔の女を組み合わせれば、なお面白かろうという世俗な発想です。 こうして「おかめひょっとこ」というペアが誕生したのだと私は思っています。 ではなぜおたふくではなくおかめなのでしょう。 それは、「おたふくひょっとこ」よりも「おかめひょっとこ」の方がリズミカルで語呂がいいからでしょう。 リズミカルな呼び名 日本人はリズミカルな言い回しが好きです。 俳句や俳諧でも、語呂のいい句に人気があります。 俳句自体が「五・七・五」のリズム感を大切にした文芸であるからなのでしょう。 面白い顔をした男に「ひょっとこ」というリズミカルな呼び名をつけたら、その男の存在感が以前にも増してクローズアップされたことでしょう。 それと同時にリズミカルな響きの「ひょっとこ」という呼び名は、変な顔をした人を卑しめる「からかいの言葉」にもなったと思われます。 大勢が少数の変な顔や変な動きをした者を嘲笑い者にする。 その嘲笑いの衝動が「おかめひょっとこ」というリズミカルな道化芝居を発生させたのかもしれません。 集団ヒステリーの産物? 面白い顔をした男が「ひょっとこ」と呼ばれなかったら、いくら独特な面相であったとしても、ただの面白い顔の男で終わったことでしょう。 「おかめひょっとこ」の面白い道化芝居も生まれなかったかもしれません。 「ひょっとこ」というリズミカルな言葉が発音されて、そう呼ばれた者の面白おかしい物語が世に出て、その存在感を大きなものにしたのだと思います。 芸能として舞台に上がれば、「ひょっとこ」の仮面をつけた芸能の人気者となって観客から注目されます。 それによって、現実の「ひょっとこ顔」の男は、ますます囃し立てられ、迫害されることになったかもしれません。 面白おかしい顔の面は、「嘲笑迫害」という集団ヒステリーの産物のようにも思われます。 そんな「ひょっとこ面」のイラストです。

次の