横浜市コロナ感染者。 【まとめ】新型コロナウイルス軽症者の受け入れホテル一覧 アパホテル、スーパーホテルなど大手ホテルチェーンなども

横浜市コロナ感染グループホーム場所はどこ?クラスター発生で高齢施設パニックか?

横浜市コロナ感染者

掲載日:2020年7月1日 発生状況 本県における新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況は以下のとおりです。 患者の概要(県内24例目) 2月28日、横浜市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内23例目) 2月28日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 70代 2 性別: 女性 3 居住地: 神奈川県鎌倉保健福祉事務所管内(鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町) 4 職業: 無職 5 症状、経過: 2月25日 県内医療機関Aへ定期受診、帰宅途中のJR大船駅で具合が悪くなり、医療機関Aへ緊急搬送され入院。 体温37. 8度 呼吸困難 肺炎症状あり 2月26日 医療機関Aから帰国者・接触者相談センターへ連絡あり。 PCR検査の検体を確保 2月27日 PCR検査結果陽性が判明 2月28日 県内医療機関Bへ午後転院 体温36. 3度で症状安定 6 行動歴: 2月28日現在調査中。 転院後、病状が悪化し重篤な状況 イ 本人の接触者について (ア)親族について• 同居の親族(2名)についてPCR検査の結果、当該発表の50代女性は陽性。 残りの1名は陰性• このほか、別居の親族(2名)が濃厚接触者と判明。 3月2日PCR検査を実施予定 (イ)鎌倉市消防職員(3名)、JR大船駅職員(6名)は全員陰性 患者の概要(県内21,22例目) 2月27日、相模原市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内20例目) 2月27日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 50代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県厚木保健福祉事務所管内(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村) 4 職業: 会社員 5 症状、経過: 2月20日 県内医療機関Aを受診、体温37. 5度 頭痛、倦怠感、インフルエンザ陰性と診断 2月21日 県内医療機関Aを再診、体温38. 0度 胸部レントゲン異常なし、再度インフルエンザ陰性と診断 2月25日 県内医療機関A再々診、体温38. 0度 胸部CTを行い肺炎の所見があったため、医療機関から帰国者・接触者センターに連絡、同医療機関においてPCR検査の検体採取 2月26日 夜 PCR検査結果陽性が判明、県内医療機関Bに搬送し、入院 (2月27日時点の体調:熱37. 2度 頭痛、咳) 6 行動歴: 2月27日現在調査中。 渡航歴なし 患者の概要(県内19例目) 2月26日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 60代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県厚木保健福祉事務所管内(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村) 4 職業: 会社員(JR東日本) (2月24日に相模原市で発表されたJR東日本職員の濃厚接触者の一人です。 ) 5 症状、経過: 2月25日 相模原市保健所が濃厚接触者としてPCR検査を実施 2月26日 PCR検査結果陽性が判明 県内医療機関に入院 (2月26日時点の体調:熱38. 渡航歴なし 患者の概要(県内18例目) 2月24日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 50代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県鎌倉保健福祉事務所管内(鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町) 4 職業: 会社員 5 症状、経過: 2月14日 発熱38. 0度 2月17日 県内医療機関A受診、インフルエンザ陰性と診断 2月19日 県内医療機関B受診、肺炎と診断されるが、咳や鼻汁がなかったことから、自宅療養となった。 2月23日 発熱と呼吸苦及び全身の倦怠感が強くなったため、本人から帰国者・接触者相談センターに連絡あり。 当該センターが、医療機関Bと調整し、医療機関Bを再診。 PCR検査の検体確保 入院可能な県内医療機関Cに転院、入院 2月24日 PCR検査結果陽性が判明 注意:医療機関A、B、Cは、これまでの県内発生事例の医療機関A、B、Cとは関係がありません。 6 行動歴: 2月24日現在調査中。 渡航歴なし 患者の概要(県内14,15,16,17例目) 2月22日、相模原市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内13例目) 2月21日、相模原市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 なお、本件については、相模原市が記者会見にて公表しています。 患者の概要(県内12例目) 2月21日、相模原市内の医療機関に入院中の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内11例目) 2月21日、横浜市内在住の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内10例目) 報道によると、2月20日、横浜市内で新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 なお、厚生労働省及び横浜市において、記者発表は行っておりません。 患者の概要(県内9例目) 2月20日、相模原市内の医療機関に入院中の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内8例目) 2月19日、相模原市内の医療機関に入院中の方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 患者の概要(県内7例目) 2月19日、相模原市内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 この患者は、2月6日から当該医療機関に入院しています。 1 年代: 80代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県相模原市 4 症状、経過: 2月6日 吐血のため、当該医療機関に入院 内視鏡下でクリッピング術を実施し、経過観察 2月16日 微熱 2月17日 発熱、咳はないが、胸部エックス線写真より肺炎と診断 2月18日 呼吸機能が低下したため疑似症としてPCR検査を実施 PCR検査の結果が陽性であることが判明 2月19日 入院継続し、経過観察中 5 行動歴: 入院前は自宅療養により、外出はほとんどしていない。 渡航歴なし。 6 その他: 当該医療機関は、2月17日から外来・入院の受付を休止しています。 患者の概要(県内6例目) 2月18日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 1 年代: 60代 2 性別: 男性 3 居住地: 神奈川県横浜市 4 職業: タクシー運転手 5 症状、経過: 2月3日 発熱 2月5日 医療機関A受診、風邪と診断 2月8日 医療機関A再診、医療機関B紹介受診 2月10日 医療機関B再診 2月13日 医療機関B再診、入院、医療機関Cに転院 2月17日 PCR検査を実施 2月18日 PCR検査結果陽性が判明 注意:医療機関A、B、Cは、2月13日(県内2例目、4例目)の医療機関A、B、Cとは関係がありません。 6 行動歴: 2月18日現在調査中。 患者の概要(県内5例目) 2月17日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が報告されました。 この患者は、2例目の80代女性が2月1日に入院した相模原市内の医療機関の看護師です。 1 年代: 40代 2 性別: 女性 3 居住地: 神奈川県相模原市 4 症状、経過: 2月14日 発熱、医療機関Aを受診、夜間嘔吐 2月15日 軽快せず別の医療機関Bを受診し抗生剤治療、夜から下痢症状出現 新型コロナウイルス患者との濃厚接触者としてPCR検査を実施 2月16日 解熱、PCR検査の結果が陽性であることが判明 2月17日 医療機関Cへ入院の調整中 注意:医療機関A、B、Cは、2月13日(県内2例目)の医療機関A、B、Cとは関係がありません。 5 行動歴: 2月17日現在調査中。 本人からの申告によれば、80代女性が入院していた病院に2月1日から2月5日の間勤務。 勤務中はマスクを着用している。 2月15日以降は勤務していない。 また、渡航歴なし。 6 その他• 当該患者が勤務している病院は、2月17日から外来の受付を休止しています。 2月13日に記者発表した80代女性が通院・入院していた3か所の医療機関等で接触した接触者は61人、2月17日時点のPCR検査実施者は43人で、PCR検査の結果、陰性の人は42人でした。 その他の方については、検査実施を含めて健康観察を進めています。 陽性が判明したのは、2月17日時点では当該患者のみです。 患者の概要(県内4例目) 2月14日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が報告されました。 1 年代: 30代 2 性別: 男性 3 居住都道府県: 神奈川県 4 症状、経過: 2月10日 自治体職員であり、ダイヤモンドプリンセス号で陽性反応が出た患者を病院へ搬送。 (搬送時、ゴーグル・マスクはしっかりつけていたとのこと) 2月10日夜 発熱 2月11日 解熱 2月14日 帰国者・接触者外来を受診。 新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明。 入院予定で調整中。 5 行動歴: 2月14日現在調査中。 本人からの申告によれば、2月11日から13日まで勤務はしておらず、また渡航歴なし。 患者の概要(県内3例目) 2月13日、今般の新型コロナウイルスに関連し、県内で死亡症例がありました。 1 年代: 80代 2 性別: 女性 3 居住都道府県: 神奈川県 4 症状、経過: 1月22日 倦怠感を認めた。 1月25日 倦怠感や食欲不振が増悪 1月28日 県内の医療機関Aを受診し、経過観察の指示 2月1日 倦怠感が増悪。 肺炎の診断で県内の医療機関Bに入院 2月6日 呼吸状態が悪化し、県内の医療機関Cに転院 2月12日 呼吸状態が悪化。 検体を確保し、新型コロナウイルスのPCR検査を実施 2月13日 死亡確認。 その後、PCR検査の結果が陽性であることが判明 5 行動歴: 渡航歴なし 患者の概要(県内2例目) 2月11日、2月3日に横浜港に到着したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」については、海上において検疫を実施中ですが、これに対応した検疫官1名が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。 患者の概要(県内1例目) 1月15日に、県内に居住される方が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。 なお1月24日時点で、当該患者の濃厚接触者についての健康観察調査は終了しました。

次の

横浜・湘南泉病院の患者2人死亡 県内で新たに5人感染 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

横浜市コロナ感染者

スマートフォンにインストールしておくと、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるアプリです。 アプリの利用者のスマートフォンが互いに無線通信でやりとりして接触履歴を記録します。 情報を匿名化するなどプライバシーに配慮した仕組みとされ、6月19日に運用が始まりました。 - 厚生労働省 アプリの概要説明やインストール方法、利用者向けQ&Aなど• - Apple iOS13. 5以降のiPhoneに対応。 App Storeへのリンク• - Google Play Android 6. 0以上の端末に対応。 Google Playへのリンク• オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 - 神奈川県 自治体からの情報 地域 選択.

次の

横浜市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況 横浜市

横浜市コロナ感染者

2月25日 JR大船駅で体調不良を訴えた祖母に付き添い救急車に同乗• 2月28日 38度の発熱• 2月29日 検査• 3月2日 新型コロナウイルス陽性 ということです。 現在は県内の病院に入院していますが、熱などはなく症状は安定しているようです。 付き添いで救急車に乗っていたときに感染したのでしょうか? そうだとすると同じ救急車に乗っている医療関係者への感染も気になりますね。 クルーズ船では検査官や医療スタッフも感染していますし、病院内での院内感染もあるため、救急車というより狭い密室空間だとリスクが高そうですね・・・。 今後は感染が拡大すると、このようなところにも感染リスクが広がってしまいますね。 横浜市に住む20代女性は誰で自宅の場所はどこ? 今回感染が確認された横浜市に住む20代女性について、現時点で判明している情報をまとめます。 おそらく横浜市内の病院で、感染症指定医療機関にも指定されている「横浜市立市民病院」の可能性が高いと思います。 ネットの反応 新型コロナ、本当に同じ場所ですれ違った程度では感染しないんだね。 最近発見されてる鎌倉〜横浜市内の感染者の方々は全員親族だし、おそらく狭い空間で感染者を見舞ったと考えられる。 交通機関も仕事休みにしてほしいくらい。。 世の中回らなくなるのはわかってるけど、怖すぎて。 — senritsumaggy natch82 あちこちコロナだらけ。。。 外に出られない。。 横浜市で新たに20代女性の新型コロナウイルス感染を確認 — コロナから子ども守る!中国はコロナ封じ込めに必死。 日本はコロナ拡散に必死。 中国より極悪。 torimomo294 まとめ 「横浜市コロナウイルス感染者20代女性は誰?自宅の場所はどこ?入院先の病院は?」と題し、詳細をまとめてみました。 今回感染した女性は祖母の体調不良で付き添いのために救急車内に同乗したようですが、その際に感染してしまったのでしょうか? そうなると同乗していた医療スタッフへの感染も懸念されますね。 感染が拡大するにつれて感染するリスクもそれに伴い拡大してしまうので、本当にどこで感染してもおかしくない状況になってきましたね。 感染拡大を防止するためにも、より危機感と責任感をもった行動を心掛けないといけないですね。

次の