リネット 羽毛布団。 【2020年版】布団宅配クリーニングのクーポン・キャンペーン徹底比較

【2020年版】布団宅配クリーニングのクーポン・キャンペーン徹底比較

リネット 羽毛布団

パソコン:PC画面にLINEのQRコードを表示してスマホで読み取ると友達追加ページに移動 スマホ:LINEマークをタッチするとそのまま友達追加ページに移動 LINEのクーポン取得はとても簡単なので絶対に活用しましょう! ふとんリネットの料金表 ふとんリネットは布団の枚数が増えるほど料金がお得になる仕組みになっています! 枚数 合計金額 1枚当たり 1枚 8,800円 8,800円 2枚 11,800円 5,900円 3枚 12,800円 4,267円 4枚 14,800円 3,700円 料金を一覧表で確認すると一目瞭然ですが、3枚目からの料金がほとんど変わりません。 1枚より2枚、2枚より3枚とどんどんお得になるので大量のクリーニングでも安心ですね。 ふとんリネットの布団パックでは羽毛布団だけでなく、敷布団やこたつ布団などもクリーニングできます。 ふとんリネットで寝具小物をクリーニング パック以外にも追加料金を支払うことで以下のアイテムもクリーニング可能です。 特に布団を3枚以上クリーニングする場合はかなりお得になります。 さらに布団パックと同時申込で毛布が1,500円でクリーニングできるので、冬物寝具を一気にクリーニングするのがおすすめです。 布団を圧縮して配送してくれる クリーニングが終わった布団は圧縮袋でコンパクトにした状態で配達されるので、そのまま押し入れやクローゼットに収納することが可能です。 衣替えの時期に合わせて布団クリーニングを利用すれば、次のシーズンまで綺麗な状態で保管しておくことができますね。 さらにダニのフンや死骸などのアレルゲンは98%の除去率を誇ります。 防ダニ加工を施した布団は1シーズン~半年程度のあいだ効果が持続します。 使用頻度の限られる冬物布団はなんと1年間も効果が持続します。 羽毛布団や敷布団、毛布などのアイテムに限定されてしまいますが、自宅での管理が楽になるので防ダニ加工はおすすめです。 ふとんリネットの口コミと評判 利用者の口コミやSNSでの評判をまとめました。 布団クリーニングは持ち運びが大変なので宅配クリーニングが便利です。 その中でもふとんリネットは料金が安いので経済的負担が少ないと感じます。 半年に1度は利用したい。 (30代女性) 家族の布団をまとめてクリーニングするときはふとんリネットを使っています。 布団の枚数が多いほどお得であり、同時に防ダニ加工もできるので便利です(40代男性) クリーニングが終わったあと布団を圧縮して返却してくれるので、そのまま押し入れに収納できるのが便利です。 防ダニ加工をしておけば次のシーズンも安心して使うことができます。 ですがタイミングによってはキャンセル料が発生するので注意が必要です。 キャンセル料が無料の期間 集荷キットの発送前 キャンセル料が有料の期間 集荷キット発送後 (自宅にキットが届いていなくても既に発送後であれば有料) 集荷キット発送後のキャンセルは公式HPの問い合わせフォームからキャンセルの旨を連絡のした上で、自宅に届いた集荷キットを元払いで返送してください。 返送時にかかる送料がキャンセル料となります。 また集荷ご依頼日から1ヶ月以内に返送しなかった場合も、キャンセル料としてキット代980円と圧縮袋代金1枚あたり400円が発生します。 申し込みのキャンセル自体はいつでも可能なので、やっぱり辞めたいと思ったら公式HPから手続きをしましょう! ふとんリネットに電話で問い合わせできる? リネットお客様相談室に電話で問い合わせができます。 電話の受付時間は【10:00~13:00】【14:00~17:00】となります。 電話の受付時間外はリネットお問い合わせフォームからメールが可能です。 送料が知りたい 1口あたりの合計金額に基づき送料が決まります。 6,000円以上 無料 6,000円未満 3,000円(北海道・沖縄は4,000円) 布団パックでクリーニングに出すときは1枚8800円~なので送料が発生することは少ないと思います。 一方、枕や敷きパッドなどの小物類だけでふとんリネットを利用するときは送料に注意しましょう。 送るときに布団を圧縮したくないんだけど… 布団を圧縮せずにクリーニングに出すことが可能です。 集荷キットの専用バッグは1サイズしかないので、圧縮しない場合は少量しか詰めることができません。 場合によっては入りきらないということもあり得るので注意しましょう。 たくさん詰める場合は圧縮袋を活用しましょう。 ふとんリネットで布団のダニを丸洗いしよう! 今回はふとんリネットの布団クリーニングを紹介しました。 布団を3枚以上クリーニングしたい• 圧縮した状態で返却してほしい• パックと同時注文でシーツも預けたい• 枕やクッションもクリーニングしたい• そして小さなお子様がいるご家庭におすすめしたいのが防ダニ加工です。 天日干しでも落ちないダニの死骸やフンを洗い流せるのが布団クリーニングの特徴でもあります。 お子様のためにもアレルギーの原因を取り払って安心できる環境を作ってあげましょう。

次の

【最新比較】布団の宅配クリーニングおすすめ3選|人気11社をランキング調査

リネット 羽毛布団

今回は、 「ふとんリネットへ羽毛布団のクリーニングに出すと圧縮されて返ってくるけど布団は大丈夫なのか?」についてお伝えしていきます。 私は先日ふとんリネットで羽毛布団をクリーニングしてきました。 また、世の中の口コミも調べまくったので、正確な情報をお伝えできますよ! ふとんリネットって人気の布団クリーニング会社ですけどクリーニング後は専用の圧縮機で羽毛布団が圧縮されて返却されるんですよね。 私もそうだったんですけど ・羽毛布団って圧縮して大丈夫なの? ・潰れてダメにならなかった?? ・ちゃんと元に戻った?? ということが気になりますよね。 特に高額な布団だとダメにしたくないですよね。 気になるところにジャンプ• 圧縮されても全然大丈夫だった! こちらはふとんリネットに出す前の羽毛布団。 羽毛布団の高さは、31cmでした。 そして、クリーニング後。 このように圧縮されて返ってきました。 正直、圧縮袋に入った羽毛布団を見たときは、すっごく薄くてペタンコだったので元に戻らないんじゃないかと思いました・・。 でも、袋から出してみると最初はペタンコで焦ったのですが 3~4時間放置して置いたらめちゃくちゃふかふかになりました! 高さもクリーニング前よりもプラス1. 5cmアップしていました! \圧縮しても大丈夫!/ 余裕を持たせて圧縮している 羽毛布団や羽根布団は、過度の圧縮をしてしまうとフェザー(羽根)が潰れてしまいます。 そのため、ふとんリネットでは少し余裕を持たせて圧縮しているようです。 羽毛布団がダメにならないような工夫がちゃんとされていました。 実際戻ってきた布団はパっと見ではかなり圧縮されて見えますが、よく見ると完全に空気が抜かれておらず確かに少し圧縮に余裕が残っている感じがありました。 戻らないケースもある 冒頭でも少し触れましたが、ダウン(羽毛)とフェザーの比率によっては、フェザーが折れてしまい、圧縮後に元の状態まで戻らない布団もあるようです。 クリーニングに出す前にダウンとフェザーの比率を確認しておくといいでしょう。 羽毛布団に付いているタグを見れば簡単に確認できますよ。 ネットで料金比較表見たらリネットが安いことが分かったんで、綺麗にしてもらいたかった羽毛の掛け布団をリネットに出しました。 あまりに汚い羽毛掛け布団だったんですが、 リネットを利用して綺麗な状態で返ってきましたので、大変嬉しくまた今後も利用したいぐらい良かったです。 ふとんリネットの料金 もうご存知かと思いますが、改めてふとんリネットで羽毛布団をクリーニングする場合の料金もお伝えしておきます。 リネットの料金 相場 1枚 8,800円 10,000円 2枚 11,800円(1枚あたり5,900円) 12,000円 3枚 12,800円(1枚あたり4,267円) 15,000円 ふとんリネットは宅配布団クリーニングの相場と比べても安いです! お得な料金でクリーニングできますよ。 まとめ 私はこれまで複数のクリーニング業者で実際に布団クリーニングを利用し調査してきたので、布団クリーニングに詳しい自信があります。 やっぱり最後に申込むとき、本当にこれでいいのかな??って確かめたいですよね。 ふとんリネットは数あるクリーニング会社の中でも戻ってきた羽毛布団の仕上がりが良くて大満足でした。 安心してクリーニングを任せられる会社です。 羽毛布団は圧縮されて返ってきますが、潰れるどころかむしろ出す前よりふかふかの仕上がりでした! また、布団クリーニングして返ってきた布団は、見た目も肌触りもすっごくスッキリしてました。 私はアレルギー持ちで埃っぽいとすぐに、くしゃみとか咳が出ちゃうんですけどふとんリネットから届いた布団はこんな風にバッサバサしても全然ほこりがでませんでした! クリーニング前の布団では、こんな風にバサバサしてくしゃみが出ないのは考えられません。 布団に溜まりやすいダニやダニの死骸・フンなどのアレルギー物質は、咳やくしゃみの原因になると言われています。 布団クリーニングで布団を清潔に保つことはそういった症状の予防にもつながりますもんね。 布団クリーニングをすれば清潔な布団で安心して眠れます。 クリーニングから返ってきたふかふかの布団は本当に気持ちいいですよ~^^ ふとんリネットでは今お得なキャンペーンをやっています!下記の公式特設サイトに飛ぶとお得なLINEクーポンが簡単にゲットできちゃいます。 (期間限定) あなたもふとんリネットでふかふかの布団を味わってみてはいかがでしょうか?? \羽毛布団がふかふか・清潔に!/.

次の

【最新比較】布団の宅配クリーニングおすすめ3選|人気11社をランキング調査

リネット 羽毛布団

寒い時期にされると、たまったもんじゃないですよね。 代わりの布団なんかないから、毛布で我慢して寝るとか、こたつで寝るとか…。 そして、いざコインランドリーで洗おうと思っても、車がないと厳しいですよね。 都内にお住まいの方なんかは、どうやって持っていこうか悩んだことって、ありますよね。 そこで利用したいのが、宅配タイプの布団クリーニングサービス。 自宅にいながら、布団のクリーニングをお願いできるサービスです。 ただ、おしっこなどの排泄物の付いた布団は、お断りのクリーニング店が多いのも事実。 ここでは、そんな粗相された布団もOKな宅配クリーニング店をご紹介します。 クリックして気になる項目から読む• なんで、おしっこの付いた布団は受け付けてくれないの? これは、やはり衛生上の問題からです。 に、 伝染性の疾病の病原体による汚染のおそれのあるものとして厚生労働省令で指定する洗濯物を取り扱う場合においては、その洗濯物は他の洗濯物と区分しておき、これを洗濯するときは、その前に消毒すること。 ただし、洗濯が消毒の効果を有する方法によつてなされる場合においては、消毒しなくてもよい。 と記載されており、要は、 「 おしっこなどが付いた洗濯物は、洗濯する前にきちんと消毒しないとダメだよ!」 ってことなんです。 消毒しなくてはいけないってことは、何かエタノールとかを吹きつければいいのでは? なんて、お考えかもしれませんが、そうではありません。 消毒されていない布団を一時的に置く専用の場所• 専用の消毒設備• 尿を浄化できる装置• 石炭酸水やホルマリン水 など、いくつもの設備などが必要となってくるんです。 また、行政への届け出も必要です。 こういう設備がないと、おしっこなどがかかった布団は、条例でクリーニングできないことになっているんです。 なので、排泄物などが付いた洗濯物は、OKなところとNGなところがあるんです。 当然、NGなクリーニング店は、上の設備を持っていないクリーニング店ということになります。 宅配クリーニングで有名な「リネット」が行っている布団クリーニング「 ふとんリネット」やイオングループの「 カジタク」も、おしっこがかかった布団は 取り扱い不可です。 通常のでは、絶対に受け付けてくれません。 布団クリーニングでシミや臭いや完全に取れるの? これは、どうしても気になるところ。 ですが、 専門の布団クリーニング店に出せば、ほぼ完全に取れます。 ただ、粗相をされてから、時間が経過したものに関しては、シミや臭いは若干残る可能性があることだけは忘れないで下さい。 犬や猫のおしっこの成分は、性別や季節によって微妙に違ってくるのです。 そのため、しみ抜きについては、非常に難しい部類に入ってくるんです。 それが、時間が経過したものとなれば、酸化して、繊維の奥深くまで浸透してしまうのでなおさらです。 時間が経過し、クリーニングしても臭いが少しでも残ってしまうと、またそこにおしっこをしてしまうこともあります。 なので、これを防ぐには、 すぐに布団クリーニングに出すこと。 この1点のみです。 クリーニングに出す前にやるべきこと3つ おしっこの水分を拭き取りましょう まずは、 捨ててもいい乾いたタオルなどで、おしっこの水分を拭き取りましょう。 でないと、布団の中綿にまで、おしっこが染み込んでいってしまいます。 すると、内部の羽毛に雑菌が発生してしまいます。 その後、水ぶきをしましょう。 陰干ししましょう 水ぶきの後は、布団を陰干しで乾かします。 天日干ししてしまうと、紫外線による色素分解と酸化が進行してしまうので、シミがひどくなってしまいます。 必ず、陰干しで乾かしましょう。 クリーニングに出しましょう ここまで行っても、おしっこは当然完全に落としきれていません。 そのままにしておくと、おしっこ特有のアンモニア臭が、ひどくなっていきます。 この おしっこをきれいさっぱり落すには、水洗いで落すほかありません。 専門の布団クリーニング店にお願いしましょう。 コインランドリーでは洗えないの? 「クリーニングもいいけど、安く済むコインランドリーできれいにならないのかなー」 確かに、自宅近くにコインランドリーがある方、車で持っていける方は、コインランドリーで洗うのも一つの手段ではあります。 ですが、家での洗濯機と同じように、布団を丸めて洗濯槽に入れて洗浄するので、布団内部の方を完璧にキレイにすることは、難しいです。 洗い残しが出ることもあります。 また、乾燥で失敗して、中綿が出てきたなんて事例もありますので、 コインランドリーで布団を洗濯するときは、十分に気を付けて下さい。 ですが、羽毛布団は、 圧縮をしてしまうと羽毛の羽根が折れてしまい、布団の寿命を縮める原因になります。 また、ダウンボールが壊れてしまうと、かさ高が減り、特有のふわふわとした感触がなくなってしまいます。 そして、 1度壊れてしまったダウンボールは、圧縮をといても元の状態に戻ることはないんです…。 さらに、布団内に空気を取り込むことができず、羽毛布団の特徴である保温性も失ってしまいます。 綿布団であれば問題ないのですが、羽毛布団はこうなったらもう終わりです。。。 せっかくペットのおしっこをキレイにしてもらったのに、布団がダメになったらショック…。 できれば、返却時は圧縮しない業者を選びましょう。 せっけんで洗っているかどうか 消毒・殺菌でおしっこの除去作業後は、通常の洗浄作業に入るのですが、その際に使用する洗剤はせっけんの方が、カラダにとってはいいんです。 寝るときはパジャマを着ているとはいえ、首元や顔の部分には、布団が直接触れることがありますよね。 中性洗剤で洗った布団だと、肌の弱い人には特に、肌荒れの原因になってしまう恐れがあります。 一方、 肌に低刺激なせっけんを使用した布団では、極力、肌への負担を軽減させることができます。 正直、中性洗剤の方が、羽毛には負担が少ないです。 というのは、羽毛は動物の毛なので、せっけんに含まれるアルカリ成分が若干ではありますが、羽毛の動物性油分を洗い流してしまいます。 中性洗剤では、その心配はありません。 でも、 何十回もせっけんでのクリーニングに出したら、羽毛がカサカサになってしまい、保温性の低下に繋がってしまいますが、 1回2回のせっけんによるクリーニングで保温性が低下することはありません。 せっけんを使用したクリーニングを行ってくれる業者を選びたいですね。 外で天日干しではなく、乾燥機で乾かしているか 天日干しの方が、おひさまの匂いもするし、ふんわりふっくらした布団に仕上がりそうな気がしますよね。 でも、外干しだと、 花粉やPM2. 5、中国からやってくる黄砂などが付着する心配がどうしてもあります…。 おひさまの匂いも捨てがたいけど、やっぱり安心・安全なお布団のほうがいいのではないでしょうか。 創業87年の布団クリーニングの 実績と経験• 無添加せっけんで完璧洗浄• 独自のしみ抜き剤を使用しての徹底しみ抜き• 防ダニ加工オプションもあり 1枚料金 9,600円 返却時の布団圧縮有無 あり 評価 リフレサービス• 汚れ落ちのいい温水で洗浄• 酵素を使ったしみ抜きでおしっこジミを除去• 超強力な熱風乾燥機で布団を乾燥• 南アルプス系の天然水にて徹底すすぎ 1枚料金 9,720円 返却時の布団圧縮有無 あり 評価.

次の