クレジット カード マイル。 PayPayチャージでANAやJALマイルがザクザク貯まるクレジットカードは?

マイルが貯まるおススメPASMO付帯クレジットカード

クレジット カード マイル

税金をクレジットカードで支払いマイルを貯める手順• 事前にポイントやマイルが貯まるクレジットカードなどを用意• 納税額を確かめる• 納税サイトで決済 マイルが貯まりやすいクレジットカードは後ほどANAマイルが貯まりやすいクレジットカード、JALマイルが貯まりやすいクレジットカードに分けて紹介いたします。 あとは基本的にはにアクセスしカードを使ってお支払いするだけです。 nanacoカードやwaonカードを使う場合はその限りではありません。 こちらのやりかたも後ほど紹介します。 税金をクレジットカード払いするメリット• クレジットカードのポイントが貯まる• 納税の手間が省ける クレジットカードのポイントが貯まる 通常クレジットカードを使うとその支払いにつきカード発行会社のポイントやマイルが貯まります。 そこで還元率がいいクレジットカードで税金の支払いを行うことでポイントやマイルを入手することが出来ます。 ただし高還元率を謳うカードでも税金の支払い時には還元率が下がるカードも多いので注意が必要です。 例えばANAマイルが貯まりやすいことで有名なダイナースプレミアムカード 還元率2. 納税の手間が省ける 通常税金は銀行やコンビニエンスストアなどで支払いを行いますが国税支払いサイトを通して支払うことで家にいながら納税を行うことが出来時間を大幅に節約することが出来ます。 税金をクレジットカード払いするデメリット• 決済手数料が必要• 納税証明書の発行に10日間ほど時間がかかる 決済手数料が必要 税金をクレジットカードで支払うには金額に応じた決済手数料が必要です。 仮に300万円納付すると仮定すると決済手数料は 24,624 円なのでお支払いの合計金額は 3,024,624円となります。 決済手数料を避けてマイルを貯めたいという方には電子マネーを使った納税方法があります。 nanacoポイントやwaonポイントを使って納税する方法ですがどちらもクレジットカードでポイントをチャージすることでその分クレジットカードのポイントが貯まることを利用します。 納税証明書の発行に10日間ほど時間がかかる 都税事務所等での納税証明書 車検用含む の発行及び運輸支局での納税確認ができるようになるまで、支払手続き完了日から最大10日程度かかります。 そのため、 至急納税証明書が必要となる場合や車検が近い場合はクレジットカード納付ではなく、金融機関等の窓口またはコンビニエンスストアでご納付する必要が出てきます。 クレジットカードで支払う場合は早めに支払うようにしましょう。 仮に100万円をLINE Payカードで支払ったとすると貯まるLINEポイントは20,000ポイント。 これをメトロポイントへ交換すると18,000ポイントになり、ソラチカルートに乗せでANAマイルに交換することで16,200マイルになります。 さらにファミリーマートでLINE PayにファミマTカードで火曜・土曜にチャージした場合は、Tポイントが1. これをANAマイルに変換すると、0. それでもLINE Payを使用した納税方法が高還元率であること自体には変わりありません。 ANA VISA ワイドゴールド 還元率1. マイ・ペイすリボの利用• ソラチカルートの利用• 年間300万円以上の決済 1 マイ・ペイすリボの利用 マイ・ペイすリボは三井住友カード特有の制度で他のANAカードにはない制度です。 買い物の全てをリボ払いにすることでポイントが2倍もらえさらに年会費が安くなるという仕組みになっています。 300万円ちょうど決済したと仮定すると1800ポイント貯まる計算です。 マイ・ペイすリボを利用した際のマイル還元率は1. 最小限の金利手数料を発生させる裏技• マイ・ペイすリボのお支払いコース変更で、毎月の支払い金額(元金定額コースの金額)を低めに設定する。 請求金額が確定したら、マイ・ペイすリボの支払い金額変更から臨時増額をする。 請求金額がリボの設定(元金定額コースの金額)を下回った場合、金利を発生させるために支払いを減額する。 支払い金額を低めに設定しすぎると金利が発生せずマイ・ペイすリボを利用することによる増額ポイントが得られないので注意が必要です。 やってみると分かるのですが結構な手間です。 クレジットカードで商品を買った際の返品やキャンセルなどがあるとその返金分があとから戻ってきてリボ払いを予定していた分と相殺されてしまうので理論上の上限の還元率を維持するには細かな支出管理が必要不可欠です。 2 ソラチカルートの利用 ANA VISAワイドゴールドカードを使った時のボーナスポイントは1800ポイント、直接ANAマイルに交換する場合1ポイント3マイルで交換となるので5400マイルのボーナスが付くことになりますがソラチカカードを利用し東京メトロポイントを経由することで8100マイルとなります。 ソラチカカードを利用する場合は以下のようにポイントを交換しましょう。 ダイレクトにANAマイルに交換した場合は3万マイルですがソラチカルートを通ることで45000マイル入手可能です。 毎月交換可能な上限はありますがそのまま交換するマイルの1. 5倍になると覚えておくと覚えやすいと思います。 マイ・ペイすリボとソラチカカードの利用で還元率は1. 3 年間300万円以上の決済 マイ・ペイすリボとは三井住友カード特有の制度で、買い物の全てをリボ払いにすれば、ポイントが2倍もらえて、さらに年会費まで安くなるというものです。 マイ・ペイすリボとソラチカカードの利用、年間300万円以上の決済という3つの条件を満たすことで還元率が1. なおこれは300万円決済時の還元率ですのでより多く決済すれば還元率は上昇します。 また ANA一般カード VISA と比べると実は年間利用額300万円未満では マイル還元率の差は0. そのため年間の利用が300万円以下になるであろう方はANA一般カードをおすすめします。 ちなみにマイ・ペイすリボとソラチカカードの利用をせず年間300万円以上の利用条件だけ満たした場合はANA VISA ワイドゴールドのマイル還元率は1. ANA VISA ワイドゴールドカードについての補足 ANA VISA ワイドゴールドカードは高還元率を得られることで有名なカードですが利用金額の細かな調整を行っていかないと有効活用することが出来ずソラチカルートも毎月20000メトロポイント 18000マイル までしか交換出来ないので個人的にはそれほど活用していません。 1マイルでも多くマイルを得るために時間をかけることは1円でも安い卵を求めスーパーをはしごするのと同じです。 知り合いが10万マイル貯めたと聞いたら羨ましい、と思うかもしれませんがそのマイルを貯めるために莫大な時間を消費していたとしたらどうでしょうか? 陸マイラーの目的は「マイルを貯める」ことではなく、「少ない時間でマイルを貯める」ことだと思います。 マイルが一番貯まるのはクレジットカードの通常利用ではなくポイントサイトでの紹介、アフィリエイト、カード紹介プログラム、その他事業用決済へのクレジットカードの活用になるのでマイ・ペイすリボを活用してANAマイルを貯めるくらいだったらLINE Payを活用する方法 還元率1. アメックス・ダイナース以外のANAカード 還元率1. なお税金以外の支払いではダイナースプレミアムカードがANAマイルを貯める上で一番還元率のいいカードになります。 毎月5の付く日にWAONで支払いをするとポイントが2倍になり、JALカードチャージ分1%+WAON支払い分1%合わせて 2%のマイル還元率となります。 waonカードは5万円まで、nanacoカードは5万円 センター預かりという形でさらに5万円チャージできるので正確には10万円 までしかチャージ出来ないのでマイル還元率は一番高いですが個人的にはあまりおすすめの方法とは言えません。 逆に言うと10万円以内の納税の場合は絶対この方法を使ったほうがお得です。 クレジットカードで支払うのであればこの方法が一番です。 クレジットカードでの支払いには手数料がかかるため正確にはもう少しだけ還元率が低くなります。 ただしセゾンの法人向けクレジットカードには注意する点があります。 それが代表者名の併記のない法人口座の引き落としができないということです。 他の会社の法人向けクレジットカードであれば法人口座には会社名の記載があればいいので楽天銀行やジャパンネット銀行で解説した法人口座を使うことが出来ますがセゾンのビジネスプラチナ ゴールド の場合それらの銀行を引き落とし先に選択することはできません。 僕はたまたま代表者名が併記されるみずほ銀行の法人口座を持っていたので良かったですがメガバンクの口座は設立したばかりの会社では取得が難しいので、信用金庫の口座を開設してそこを引き落とし先にしている方も多いです。 アメックス・ダイナース以外のJALカード 還元率1. こちらもクレジットカードによる支払いのためカード自体の還元率は1. 税金のクレジットカード払いでマイルを貯める方法まとめ• 税金支払い時のマイル還元率がいいクレジットカードを選ぶ• 納税証明書が必要な場合は発行までに時間がかかるので早めに手続きを済ませる必要がある• カード自体の還元率も重要だが事業用決済を増やすなど本質的なやり方でマイルを増やす 2017年に税金のクレジットカード払いができるようになったことで獲得マイルが数万マイル以上増えた人も多いと思います。 税金に関係してふるさと納税でマイルを貯める際もクレジットカードで支払うことでお得に貯めることができるので社会人の方はぜひ試してみてください。

次の

陸マイラー初心者におすすめしたい、マイルが貯まりやすいクレジットカードは?

クレジット カード マイル

マイルを貯められるクレジットカードは膨大な種類がありますので、どのカードを選べばいいのか悩んでしまいますよね。 有効期限・特典航空券の利用できる幅の広さで比較すると、外資系のデルタ航空・ユナイテッド航空のマイルがおすすめです。 また、デルタ航空・ユナイテッド航空の特典航空券の交換の際には、国際線利用の際の燃油サーチャージが必要ありませんので、国際線特典航空券ではお得に交換できるケースもあります。 自分のよく利用する航空会社はもちろんのこと、交換したい特典航空券も視野に入れて貯めるマイルを選択するようにしましょう! ユナイテッド航空のマイルでANA特典航空券も交換可能 ANAとユナイテッド航空は、同じ航空アライアンス「スターアライアンス」に所属する航空会社となっており、 ユナイテッド航空のマイルでANA特典航空券を交換することも可能です。 ユナイテッド航空での特典航空券の交換では燃油サーチャージが不要ですので、ANAマイルでの特典航空券の交換よりもお得なマイル数で特典航空券を交換できるケースもあります! ANAグループ便をよく利用している方も、ユナイテッド航空のマイルを貯めてANA特典航空券を狙うというのも賢い利用方法となります! 貯めたいマイルが決まったら、 航空会社ごとにマイルが効率よく貯まるクレジットカードを選択しましょう! 続いては、各航空会社のマイルをお得に貯めることができる、おすすめクレジットカードをご紹介します。 JALマイル 日本航空 JALマイルはこんな人におすすめ!• 国内線で飛行機に乗る機会が多い• できるだけ少ないマイル数で特典航空券を交換したい• 特典航空券を確実に予約したい 初心者マイラーの方にもはじめやすい、貯めやすく・使い勝手のいいマイルがJALマイルです! JALは国内線の路線が充実しており、 特典航空券を交換する際もANAよりも予約が取りやすくなっています。 やはり初心者マイラーの場合は、外資系のマイルからはじめるよりも国内航空会社のマイルの方がとっつきやすいでしょう。 通常のマイル数よりも少ないディスカウントマイルやJALカード割引なども用意されており、お得なマイル数で特典航空券を交換できるのも魅力です! 通常の半額のマイル数、6,000マイルで往復の国内特典航空券を交換できる「どこかにマイル」も、ほかのマイルにはないユニークなサービスですね。 JAL特典航空券の必要マイル• ショッピングマイル・プレミアムは年間3,000円が必要ですが、マイルの価値を1ポイント=1円としても年間30万円の利用でもとが取れます! JALカードSuicaがJALマイラーにおすすめな理由!• ショッピングマイル・プレミアム入会でマイル還元率1. Suicaのチャージ・オートチャージで「JREポイント」が貯まる• JREポイントをマイルに交換可能 「毎日の通勤・通学でお得にマイルを貯めたい」という方には、JALカードSuicaがマスト! JALカードSuicaはショッピングマイル・プレミアムで、 いつものお買い物で還元率1. 0%でJALマイルを貯めることができます。 イオン・ファミリーマートをはじめとした JALカード特約店では通常の2倍のマイルを貯めることができますので、イオン・ファミリーマートによく行く方にもおすすめです。 JALカードSuicaには、 JR東日本のビューカードとしての機能も付帯しており、Suicaのチャージ・オートチャージ1,000円あたりJREポイント15ポイントを貯めることができます。 JREポイントはJALマイルに交換することが可能となっており、• 0%でJALマイルを貯めることができます。 Suica定期券をお使いの方の場合には半自動的にJALマイルを貯めることができますので、数あるJALカードの中でもJALカードSuicaが4番バッター級の推しカードです! JALカードの基本の特典として、区間基本マイルの10%のフライトボーナスマイル・特典航空券の交換の際のJALカード割引の特典も付帯します。 さまざまな種類のJALカード• カード入会から1年間・100万円利用で貯まるマイルのシミュレーション• 入会後3か月以内の10万円以上の利用で30,000ポイント(10,000マイル相当)獲得• 年間100万円の利用で30,000ポイント(10,000マイル相当)獲得• 1回に60,000ポイントの交換で15,000ポイントのボーナスポイント、合計25,000マイル SPGアメックスがJALマイラーにおすすめな理由!• 実質有効期限無期限でJALマイルを貯められる• マイル還元率が最大1. 25%とJALカードよりも高い• SPG・マリオットの上級会員資格を取得可能 フライトではなく、 毎日のお買い物でお得にJALマイルを貯めたい方には「SPGアメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックス)」がおすすめです。 SPGアメックスでは、 有効期限無期限のポイントをJALマイルに還元率最大1. 25%相当・移行手数料無料で交換することができます。 JALマイルの有効期限は3年間となっていますので、実質無期限でJALカードよりも高い還元率でJALマイルを貯められるSPGアメックスは、大きなアドバンテージです。 200万円相当の利用で25,000マイルを貯めることができますので、毎日のお買い物をSPGアメックスに集約することで、毎年大量のマイルを貯めることも可能ですね! また、SPGアメリカン・エキスプレス・カードの最大のメリットとして、 SPG・マリオットの上級会員資格「ゴールドエリート」を無条件で取得することができます。 ANAマイルはこんな人におすすめ!• 国内線で飛行機に乗る機会が多い方• ユナイテッド航空(スターアライアンス所属)のフライトの機会も多い方• 毎日のお買い物でお得にマイルを貯めたい方 JALマイルと並び日本人にとっても使い勝手のいいマイルが、全日空のANAマイルです! マイルを選択する際は、貯めやすさ・特典航空券の取りやすさが大きな判断基準ですが、 国内線の路線の多いANAマイルは国内線を利用する機会の多い方に有利なマイルです。 世界最大級の航空アライアンス「スターアライアンス」に所属していることから、 ANA以外の多くの提携航空会社のフライトでもお得にマイルを貯めることができます。 また、ANAマイルを貯められる提携クレジットカードは多く、年会費無料のカードでも手軽に貯めることができますので、初心者マイラーの方にもおすすめのマイルです! ANAマイルの特典航空券の必要マイル数• カード入会から1年間・100万円利用で貯まるマイルのシミュレーション• 入会特典として1,000マイル• 年間100万円の利用で13,000マイル(2倍コース、およびマイ・ペイすリボ利用時)• 合計14,000マイルを獲得可能 ANA VISA SuicaカードがANAマイラーにおすすめな理由• 2倍コースでマイル還元率1. Suicaのチャージ・オートチャージでマイル還元率1. マイ・ペイすリボの活用でマイル還元率最大1. マイ・ペイすリボの登録&年間1回以上の利用で年会費税別751円 Suicaユーザーの方でお得にマイルを貯めたい方には「ANA VISA Suicaカード」がおすすめです! ANA VISA Suicaカードでは、税別6,000円の2倍コースに登録することで、 いつでも還元率1. 0%でANAマイルを貯めることができます。 2倍コースの登録で、 Suicaのチャージ・オートチャージでも還元率1. 0%でマイルを貯めることができますので、通勤・通学でSuicaを利用している方にはマストです! また、登録型リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の手数料が1円でも発生した月には、 ボーナスポイントで還元率0. 3%相当のポイントが付与されます。 合計還元率1. 3%でANAマイルを貯めることができますので、ライバルとなるJALカードよりもお得にマイルを貯めることができますね! さらに、 カード入会から1年間・100万円利用で貯まるマイルのシミュレーション• 入会特典として1,000マイル• 入会後3か月間の30万円利用で最大6,000マイル相当獲得可能• 年間100万円の利用で10,000マイル相当のポイントを獲得• 年間17,000マイルを獲得可能 ANAアメックスがANAマイラーにおすすめな理由!• 実質無期限・還元率1. 0%でANAマイルを貯められる• ANAグループでの利用でマイル還元率2. 空港ラウンジ・手荷物無料宅配サービスも付いたワンランク上のカード 実質有効期限無期限で、ゆっくりとANAマイルを貯めたい方には「ANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下ANAアメックス)」がおすすめです。 ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、年間税別6,000円のマイル移行手数料で、 いつでも還元率1. 0%でANAマイルを貯めることができます。 移行コースに登録中はポイントの有効期限が無期限となり、 有効期限3年間のANAマイルを実質無期限で貯めることが可能です。 マイルの価値は上位シートの特典航空券に交換するほど1マイルあたりの価値がアップしますので、無期限ポイントでビジネス・ファーストクラスを目指しちゃいましょう! また、 カード入会から1年間・100万円利用で貯まるマイルのシミュレーション• 年間100万円の利用で10,000マイル相当のポイントを獲得 ANAダイナースカードがANAマイラーにおすすめな理由!• 還元率1. 0%で実質無期限でANAマイルを貯められる• 移行マイル数の上限なし• ANAカード特約店の利用でマイル還元率最大2. 旅行先でも使える!高級レストランのコース1名分無料 ANAダイナースカードがANAマイラーにおすすめな理由は、 還元率1. 0%でANAマイルを実質無期限で貯められるところ。 さらに、ポイントを どれだけたくさん貯めてもマイル移行数に上限がないため、ショッピングメインでマイルを貯める方にも嬉しいポイントですね。 フライトボーナスは25%でANAワイドゴールドと同等で、更新した際は 2000マイルの継続ボーナスもあります。 海外旅行保険は、 死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、携行品損害、救援者費用のすべてが自動付帯です。 さらに、 家族会員の方も本会員同様の補償が受けられるので、家族で海外旅行に行っても安心ですね。 ANAダイナースカードは、マイルの有効期限を気にすることなくマイルを貯めたい方、ショッピングでたくさんマイルを貯めたい方、フライトでもマイルを貯めたい方、 用途を問わずANAマイルを貯めたい方におすすめの1枚です! スカイマイル デルタ航空 スカイマイルはこんな人におすすめ!• 有効期限を気にせずにゆっくりマイルを貯めたい方• 友人や恋人とのタダ旅行を楽しみたい• 国際線を利用する頻度が高い マイルの有効期限無期限、友人や恋人特典航空券の交換も可能と、使い勝手の良いマイルがデルタ航空のスカイマイルです。 「外資系のデルタ航空のマイルは初心者には向かないのでは?」と心配な方もいるかも知れません。 ただし、スカイマイルの国内線では 「スカイマーク」の特典航空券を交換することができますので、国内線でも気軽に特典航空券を利用することができます! また、同じ航空アライアンス「スカイチーム」には 大韓航空が所属していますので、韓国旅行の際にもお得に特典航空券を利用することが可能です。 デルタ航空の特典航空券の必要マイル• カード入会から1年間・100万円利用で貯まるマイルのシミュレーション• ご入会と 6 ヶ月以内のデルタ航空のご購入航空券のご利用で合計 33,000 マイル獲得可能• 入会後半年以内にビジネスクラスの航空券購入で25,000マイル• 年間100万円の利用で10,000マイル• 年間74,500マイルを獲得可能! デルタアメックスゴールドがスカイマイルのマイラーにおすすめな理由!• 海外利用分はマイル還元率1. デルタ航空の航空券の購入ではマイル還元率3. デルタ航空の上級会員「ゴールドメダリオン」を取得可能 デルタ航空のスカイマイルを貯める最強のクレジットカードとなっているのが「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(以下デルタアメックスゴールド)」です。 デルタアメックスゴールドでは、 いつでも還元率1. 0%でスカイマイルを貯めることが可能となっており、 海外利用分ではマイル還元率が1. 5倍になる特典があります。 また、 デルタ航空の航空券などの購入の際にはマイルが3倍になる特典があり、3. 0%還元でお得にスカイマイルを貯めることが可能です。 デルタアメックスゴールドの最大のメリットが、 デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」を初年度の1年間無条件で取得することができる点です。 ゴールドメダリオン特典では、 カード入会から1年間・100万円利用で貯まるマイルのシミュレーション• 入会後半年以内にビジネスクラスの航空券購入で25,000マイル• 年間100万円の利用で10,000マイル• 年間42,000マイルを獲得可能! デルタアメックスがスカイマイルのマイラーにおすすめな理由!• 海外利用分はマイル還元率1. デルタ航空の航空券購入ではマイル還元率2. デルタ航空の上級会員資格「シルバーメダリオン」を取得可能 最小限のコストでスカイマイルを効率的に貯めることができるのが「デルタ・スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カード(以下デルタアメックス)」です。 デルタアメックスでは、 いつでも還元率1. 0%でスカイマイルを貯めることが可能となっており、 海外利用分ではマイル還元率が1. 3倍になる特典があります。 さらに、 デルタ航空の航空券などの購入の際にはマイルが2倍になる特典があり、フライトの際にも効率的にマイルを貯めることが可能です。 デルタアメックスでは、カードの入会で 1年間デルタ航空の「シルバーメダリオン」を無条件で取得することができます。 2年目以降も年間100万円以上の利用でシルバーメダリオン資格を継続することができますので、フライトの際の特典にこだわりたい方にもおすすめです! マイレージプラス ユナイテッド航空 マイレージプラスはこんな人におすすめ!• 有効期限を気にせずにゆっくりとマイルを貯めたい方• 友人や恋人とタダ旅行を楽しみたい方• 国際線を利用する機会が多い方 マイルを貯めようと思っている方のすべてが年間数万マイルを貯められる訳ではありませんので、 有効期限は大きな選択基準のひとつです。 マイレージプラスは 有効期限無期限でマイルを貯めることが可能です! 特典航空券の利用範囲に制限もありませんので、友人や恋人への特典航空券も交換可能な柔軟さは嬉しいですね。 また、マイレージプラスの特典航空券はユナイテッド航空だけではなく、同じスターアライアンス所属の ANAの特典航空券にも交換することができます。 東京-沖縄路線など、ANAマイルでの交換よりも少ないマイル数でANA特典航空券が交換できるケースもありますので、 ANA特典航空券の獲得を目指している方にもおすすめです! ユナイテッド航空の特典航空券の必要マイル数• MileagePlusセゾンゴールドカード カード入会から1年間・100万円利用で貯まるマイルのシミュレーション• 年間100万円の利用で15,000マイルを獲得可能! MileagePlusセゾンゴールドカードがマイレージプラスのマイラーにおすすめな理由!• ショッピングマイルの還元率は驚異の1. コスモ石油の利用ではマイル還元率2. マイル有効期限無期限 ショッピングマイルの還元率1. 5%という、驚異的な還元率で利用できるクレジットカードが「MileagePlusセゾンゴールドカード」です。 MileagePlusセゾンゴールドカードでは、 いつでも還元率1. 5%でユナイテッド航空のマイレージプラスを貯めることができます。 また、 コスモ石油での利用ではマイル還元率がアップする特典があり、還元率2. 0%で効率的にマイルを貯めることが可能です! マイレージプラスは有効期限無期限で貯めることが可能となっていますので、ゆっくりとマイルを貯めたい方にもおすすめです!• マイル還元率・付与条件• ポイントアップの店舗などフライト以外での貯めやすい仕組み• 特典航空券利用の際にも使える優秀な空港サービス ここでは、マイレージカードを選ぶ際の3つのチェックポイントを確認します。 マイル還元率と付与条件にも注目が必要 マイルをお得に貯められるクレジットカードを選択する際には、第一条件として マイル還元率が高いカードを選択するのが必要です。 マイル還元率では、 いつでも1. 5%の高還元で利用することができるMileagePlusセゾンゴールドカードが圧倒的です。 ただし、 MileagePlusセゾンゴールドカードで還元率1. 5%で利用できるのは年間75,000マイルまで、年間500万円の利用分までと限定されています。 次点としては、 ボーナスポイントで1. 25%の 海外利用分で1. 5%還元の の2枚のカードも有利です。 また、マイル付与条件で比較した際には、 唯一端数を四捨五入でマイルが付与されるJALカードSuicaがおすすめです。 毎回の利用ごとに50円未満の端数で1マイルの差が付くのは、月間・年間にすると大きな差となってきます! ポイントアップ店舗で普段のお買い物でお得にポイントを貯められるか 初心者マイラーの方がマイルを貯める際には、フライトよりも 普段の利用でマイルを貯めるケースが圧倒的に多くなってくるでしょう。 JALカードとANAカードでは、それぞれ通常のクレジットポイントに加えて、 マイルが加算される特約店が用意されています。 JALカード特約店 ANAカードマイルプラス• イオン• ファミリーマート• マツモトキヨシ• ウエルシア• ロイヤルホスト• ENEOS• セブン-イレブン• イトーヨーカドー• マツモトキヨシ• スターバックス• ENEOS このように、 身近な店舗でマイルを1. 5倍〜2倍で貯めることができますので、毎日の生活でもお得にマイルを貯めることが可能です。 また、SPGアメックスでは、SPG参加ホテルの利用で1$あたり12. 5ポイントを貯めることが可能となっており、通常の1. 25倍でポイントを貯めることができます。 自分の利用する店舗やサービスでポイントアップがあるカードを選択するのも、お得なマイレージカード選びの重要なチェックポイントです。 特典航空券利用の際にも優秀な空港サービス 空港ラウンジサービスや手荷物無料宅配サービスなどの空港特典も、特典航空券利用の際に非常に大きなメリットとなります。 空港特典で選択するのであれば、 デルタ航空の上級会員資格を取得することができる、 の2枚のカードがおすすめです。 デルタアメックスゴールドで取得できるゴールドメダリオン資格では、 スカイチームのエリート・プラス資格も取得可能となっており、スカイチームラウンジの利用特典などを利用できます。 また、デルタ航空ではステータスマッチ・チャレンジを開催しており、ほかの航空会社の上級会員資格を保有している場合はメダリオン会員をお試しで利用することが可能です。 ステータスマッチ・チャレンジ• マイルを貯める速度はクレジットカードで8割決まる! マイルをお得に貯められるかどうかは、選択したクレジットカードで8割がた決まると言っても過言ではありません。

次の

クレジットカードで貯めるならマイルとポイントどちらがお得?|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジット カード マイル

マイルは、各航空会社が独自に定めている「お客様サービス」です。 貯まったマイルは各航空会社のサービス内で利用が可能です。 日本国内のマイルといえば、JALまたはANAが代表格と言えるでしょう。 <JALのマイル> 正式名称「JAL Mileage Bank(JALマイレージバンク)」 <ANAのマイル> 正式名称「ANA Mileage Club(ANAマイレージクラブ) それぞれ、JMB、AMCと呼ばれることも多いので、覚えておきましょう。 共にフライトや日常のお買い物・旅先のホテルやレンタカーのご利用等で貯めることが可能なマイレージプログラム。 貯まったマイルは航空券やクーポンなどに交換可能で、とてもお得なサービスとなっております。 マイレージプログラムにはどうやって加入するの? では、マイルはどうすれば貯めることができるのでしょうか。 それには、いくつかの方法があります。 1 飛行機に乗ってマイルを貯める 飛行機に乗れば、フライト距離に応じてマイルを獲得することができます。 あくまで一例ですが、東京発着路線のJALでは、ニューヨークまでは片道6,723マイル、シドニーまでは片道4,863マイルとなっています。 2 クレジットカードを使ってマイルを貯める 特定のマイレージプログラムと提携しているクレジットカードで、日頃のショッピングや公共料金などの支払いで貯まるクレジットカードのポイントをマイルに交換することができます。 マイル提携をしているクレジットカードで航空券の代金を支払えば、フライト距離分のマイルとクレジットカードのポイントが一緒に貯まります。 そのポイントをマイルに交換すれば、よりマイルが貯まります。 「陸マイラー」という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 世の中には飛行機に乗らずにマイルを貯める方も多くおり、その方々を「陸マイラー」と呼んでいるようです。 日常生活でマイルを貯めて、貯まったマイルを航空券に交換し旅行に出かけるのもちょとした楽しみですね。 マイルを貯めるとどんなことができるの? マイルを貯めると、さまざまなメリットがあります。 1 飛行機代が無料になる マイルが一定の量に達すると、特典航空券に交換できます。 各航空会社で定められた規定があります。 例えばJALなら、国内線は片道6,000マイルから航空券に交換できます。 国際線なら片道7,500マイルから航空券に変換できます。 また、JALには、行き先がどこになるかはお楽しみ、往復6,000マイルで日本のどこかに行ける「どこかにマイル」といった人気のサービスもあるようです。 2 座席のアップグレード 貯まったマイルを使って、ワンランク上のクラスの座席へのアップグレードが可能です。 3 クーポン券への交換 航空会社の系列のツアー会社やホテルの宿泊などの支払いに利用可能なクーポン券との交換ができます。 4 電子マネーへの交換 航空会社によってはWAONなどの電子マネーに交換することも可能です。 マイルには期限がある! セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カードを持っている方は、JALのマイルを効率良く貯められる「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」に登録できます。 これは、同カードを利用すると、JALのマイルに加え、永久不滅ポイントが貯まり、永久不滅ポイントをマイルに交換することで、より効率的にマイルを貯めることができます。 またファミリーカード・追加カードのご利用金額も合算されるので、効率的にJALマイルが貯まります。 JALに乗る機会が多い人なら、検討の余地は大いにあるでしょう。 「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードを紹介! 実際にマイルを貯めようと思った場合に、 マイル還元率最大1. 毎月のお支払いに換算すると約70,000円。 1年間これだけの金額を利用するだけで、下記のような航空券と交換をしていただくことも可能です。 より詳しい情報はこちらの記事もご参照ください。 セゾンマイルクラブは登録が必要で、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス R ・カードなら年会費4,000円 税抜 でこれらのサービスを受けることができるので、人気があるカードとなっております。 2 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カード セゾンマイルクラブ のサービスが受けられるカードは他にもあります。 ビジネス利用のサービスが充実したセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス R ・カード。 出張等で飛行機を利用される方はこちらのカードを利用していただくとよりお得にマイルを貯めることができます。 またこちらのカードは海外の140以上の国や地域、500以上の都市で空港ラウンジをご利用いただける「プライオリティ・パス」に無料で登録が可能です。 通常年会費429米ドルのサービスが無料というのは非常に魅力的です。 その他にも海外旅行傷害保険や手荷物無料宅配など充実したトラベルサービスが付帯 されているので、個人事業主や経営者の方にはおすすめのカードです。 3 ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス R ・カード ヤマダポイントに加えてさらに永久不滅ポイントが貯まるおトクなカードです。 永久不滅ポイント200ポイントはANAのマイル625マイルに交換もできます。 また、ヤマダポイント4,000ポイントもANAマイル1,000マイルに移行できます。 まとめ.

次の