楽天 モバイル 回線 エリア。 楽天モバイルの楽天回線エリアってどこ?サービスを簡単に説明します|うみまち喫茶

楽天モバイルの回線エリアはどこ?注意点や繋がらない時の対処法を確認しよう

楽天 モバイル 回線 エリア

INDEX• 3月3日に楽天モバイルがUN-LIMITプランを発表して携帯業界がざわついていますよね。 もし本当に毎月2980円でギガ使いホーダイでカケホーダイの携帯が登場したらこれはとんでもないことになるでしょう。 しかし都心部や大都市以外に関してはAU回線を使用して月2GBしか使えないと言うデメリットもあるのが事実。 では 楽天回線が全国エリアにカバーされるのはいつになるのか?検証してみたいと思います。 携帯電話基地局のシェアについて まずは楽天回線の広がりを調査するために他のDOCOMO・AU・Softbankの基地局の数をチェックしてみましょう。 引用元: 上記サイトの「携帯電話基地局の数」で紹介した図がありますが基地局数のシェア1位はドコモで、合計34万1900基でした。 そして各キャリア毎の基地局のランキングは以下となります。 まだ2013年当時はスマホ全盛期と言う感じではなかったので十分5万基でも対応できていた。 その後4G回線が伸び続けているので基地局の数は増やし続けなければ安定した電波の供給は難しかったので増設した流れになりますね。 その後DOCOMOは順調にその数字を伸ばしていきましたね。 「4年後」の2017年には約3. 34倍の数字となる、18万5000基までLTE基地局を増やしています。 つまり、このペースだと… 【一ヶ月に2708基地局の増設】していたと言う事になります。 (4年間 48ヶ月 で+約13万件を増設) それではここまでDOCOMOの回線の増大速度を見てきましたが、本題の楽天回線は広がるのかどうか?検証していきましょう。 楽天モバイルの基地局数について 2020年2月末時点で開設済みの屋外基地局は3490局。 3月中にはこれを約4400局まで拡大する予定となっています。 でンプルに3月に4400局となるなら1ヶ月に増える件数は出せますね。 2月末の時点で3490局だったのでシンプルに引き算で数値を出せます。 1ヶ月に910基地局拡大のペース で増やしていくよ、と楽天モバイルは発表しているようなものですね。 これに対して楽天モバイル側の回答は… 2021年3月までに自社ネットワークの提供エリアを全国に広げると楽天モバイルを言っている。 具体的に 「どこで」 「どのくらいの範囲」 自社ネットワークのエリアとなるのかは今の所数値としては示されていません。 月に1,000件のペースで増設していくとすると… 3位 KDDI 18% 15万5200基 に追いつくまでにかかる日付の計算は以下の通りとなります。 【 15万5200基? 8ヶ月 12年と5ヶ月 2位 ソフトバンク 28% 24万2400基 に追いつくまでに、かかる日付の計算は以下の通りとなります。 【 24万2400基? 【 34万1900基? 5ヶ月 28年と1ヶ月 全国エリアをカバー出来るのにかかる年数は? AUのエリア位の回線数をカバーできるようになれば全国エリアに普及しているでしょうね。 楽天モバイルが全国に広がるのを大目に見てAUの半分のエリアをカバーできるようになるまでに6年は掛かりそうな現状…。 甘く見てですよ? これから5G回線もスタートするのでその辺りも含めどうなるのか? 今後も各キャリアの動向には注目して見届けていきたいところですね。 まとめ 「Rakuten UN-LIMIT」は、月額2,980円で、データ使い放題(楽天基地局に接続時)になるプランと公式から発表があります。 逆に楽天回線を使用しない環境下においてはパートナー基地局での接続。 これは前回の記事で詳しく書いたので良かったら参考にしてみて下さい。 そして2GB超過後は最大128kbpsでの通信となるが、1GB当たり500円で容量を追加購入できる。 つまり結論としては全国エリアで使えるようになるのはかなり先の話となりそうな感じですね…。 実質的には、AUの電波を借りたMVNOと何ら変わりない上にギガ数を使う方なら損になりそう。 毎月のギガ数をしっかり使うよ! でも都心部には住んでないんだよ! って方にはオススメでは無いかもですね。 弊社代理店では… 毎月50GB使えて月額4860円で使用できるDOCOMO回線格安SIMを販売しています。 更に弊社では独自プランを打ち出しており… 【毎月携帯代金が無料で使える秘密】があります。 詳しい秘密が知りたい方は下記記事を読んで見て下さい。

次の

楽天モバイル、rakuten un

楽天 モバイル 回線 エリア

大変気になるこの機能、具体的には一体どういったものなのでしょう。 というわけで今回は、楽天モバイルの「接続先回線切替」について書いておきます。 パートナー回線エリアはあくまでも「ローミング」 本題に入る前に、まず前提からお話していきます。 楽天公式スマホの使用感ベースの話になりますが、楽天回線エリアとパートナー回線エリアの境界は、実際には公表されているエリアマップとは大きく異なった形に感じます。 両回線が入り乱れるように切り替わる場面はほとんどないのです。 これは、僕の手元にある4機種すべてで確認できる現象です。 一般的なキャリアの場合、エリアマップはかなり正確に書かれるようになりましたし、また、異なる周波数帯間でも頻繁にハンドオーバーすることがありますが、楽天モバイルのパートナー回線エリアから楽天回線エリアに入るケースで言えば、楽天回線エリアに大きく食い込まないと切り替わらない印象で、かなり粘る傾向があります。 また、逆に楽天回線からパートナー回線へ切り替わる場合でも、楽天回線が -115~-120db とかになるまで、かなり粘ってから切り替わる印象です。 セル方式による移動体通信では一般に、端末側は接続中の基地局とは別の基地局をいくつも把握しており、端末が移動中でも基地局の自動切替え、つまりハンドオーバーにより、通話・通信が途切れない仕組みとなっていますが、楽天モバイルのパートナー回線は、あくまでもローミング扱いであることを忘れてはいけないようです。 このあたりは、掴んでいる周波数帯(バンド)を常時確認していると実感できる部分ですが、楽天モバイルのサービスエリアが、公表されているものよりもかなり狭く感じる原因になっていそうです。 では、楽天が公表している「接続先回線切替」とは、どういった機能なのでしょう。 確かに理屈としては、広大なパートナー回線エリア内にありながら、あえてパートナー回線を離して楽天回線を掴む処理、に対応していない機種はありそうですので、正式対応機種を使った方が安心ではあるでしょう。 が、現状「接続先回線切替」に正式対応している機種は極端に少ないですし、たとえば、ドコモ版 iPhone XS(SIMロック解除済み)のように、非対応でありながら、実際には、接続先回線が切り替わる端末がある、という点は釈然としません。 ネットワーク側が新しすぎて端末側が追いついていない気がしなくもないので、時間が解決してくれることなのかもしれませんし、楽天モバイル側の動作確認が進めばさらに状況は変わっていくでしょうが、とりあえず、正式対応端末が増えていくことを願いたいところです。

次の

楽天モバイル「アンリミット」は地方でもメリットある?回線エリア外だとどうなる?

楽天 モバイル 回線 エリア

楽天モバイル(UN-LIMIT)で現在接続している回線が楽天回線エリアなのかパートナーエリア(auネットワーク)なのかを判定する方法です。 [2020年6月21日 更新] 楽天市場にてポイント最大41倍となる「超ポイントバック祭」が開催されています。 これに楽天スーパーDEALを組み合わせると楽天モバイル正式対応端末がかなり安く購入できます。 セール期間は、2020年6月25日9:59までとなっています。 1へのアップデートでAndroid 10でも利用できるようになっていることを確認しました。 まだまだ楽天エリアは狭い。。 無制限ではないパートナーエリアだと要注意 今後、楽天回線エリアが拡大されてくると思いますが、現在だと都市部以外はauのパートナーエリアが多いです。 通信規制となった場合は1Mbpsとなります。 この記事では、 楽天モバイル(UN-LIMIT)で現在接続している回線が楽天回線エリアなのかパートナーエリアを判定する方法を紹介します。 Android、iPhoneどちらもいちおう判定できます。 他にも確認できる手段が分かり次第、追記していきます。 my楽天モバイルアプリを起動します。 ホーム画面の消費データ通信量の上に現在通信しているエリアが表示されます。 月間データ通信量が消費される無制限ではないエリアとなります。 このmy楽天モバイルアプリのホーム画面を下に引っ張ると最新情報に更新されます。 ちょっと再表示(リロード)に時間がかかりますが、Androidスマホを使っているのであれば、一番間違いない確認方法だと思います。 一目でバンドが確認できて便利です。 バンドが「3」であれば楽天エリア、「18」だとパートナーエリアということになります。 1からAndroid 10でもクラッシュせずに利用できるようになっていました。 この場合はパートナーエリアで通信中ということになります。 先に紹介したLTE Discoveryのようにステータスバーに常駐するような機能はありませんが、シンプル&サクサクで使えるアプリです。 iPhoneで接続中の楽天モバイルのネットワークを判定する方法 次にiPhoneで楽天モバイル(UN-LIMIT)を利用している場合に接続中のエリアを調べる方法を紹介します。 ただ、楽天モバイルは現在のところiPhoneを正式サポートしていません。 関連記事: 【面倒】iPhoneのフィールドテストモードでバンドを確認 iPhoneでネットワークのバンドを調べるには「フィールドテストモード」を利用します。 バンドが「3」であれば楽天エリア、「18」だとパートナーエリアということになります。 関連記事: こんな感じで面倒ですがiPhoneでもフィールドテストモードからバンドを確認して楽天エリアなのかパートナーエリアなのかを判定することができます。 楽天エリアでは無制限の楽天モバイル(UN-LIMIT) パートナーエリアでデータ通信量が気になる人は「データ制限モード」を活用してみて 楽天エリアでは、高速データ通信が月間データ容量無制限と大盤振る舞いな楽天モバイル(UN-LIMIT) ただパートナーエリアでは、月間5GB(4月22日までは2GB)というデータ量の制限があります。 そして楽天エリアは、正直そこまで広くありません。 楽天モバイル(UN-LIMIT)ユーザーで利用する場所がパートナーエリアがメインという人でデータ通信量が気になるという人は、環境によって「データ制限モード」を使い分けてみてください。 関連記事: UN-LIMITが提供中の通信エリアの確認はウェブからでOK。 また通信エリアについて質問や要望の問い合わせは専用フォームから行うこともできます。 関連記事: 楽天モバイル(UN-LIMIT)は先着300万人は1年間無料!さらに楽天ポイントがガッツリもらえるキャンペーン継続中 また、楽天モバイル Rakuten UN-LIMITは先着300万人は「1年間無料」で利用できます。 記事作成時の現在も1年間無料キャンペーンは継続されています。 最低利用期間や契約解除料もなく、楽天ポイントもガッツリ還元されるのでお試し程度で契約するのもアリなくらいおトクです。 新規入会特典として2,000ポイント(通常ポイント)が、カード利用特典として3,000ポイント(期間限定ポイント)がもらえます。 そして、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を申し込みするとさらに1,000ポイント(期間限定ポイント)がもらえます。

次の