あじ の たたき。 アジとカツオの「たたき」の違いとは?

あじのみそたたき

あじ の たたき

「たたき」ときいたとき、多くの人は二種類の「たたき」を思い浮かべるのではないでしょうか? 一つ目は、カツオのたたき。 そしてもう一つは、アジのたたき。 同じ「たたき」のはずなのに、この二つは随分違うように見えます。 前から気になっていたけどよく知らない…という方も多いのでは? ということで今回は二つの「たたき」の意味とその違いについて紹介していきたいと思います。 カツオのたたき、アジのたたきってどんな料理? カツオのたたきは、カツオを四角く切ったものの表面だけを炙ったものに香草や薬味、酢などをつけて食べるものを言います。 一方、 アジのたたきは、アジを2〜3センチ角程度の大きさに切り、味噌や薬味をのせた後、包丁切って細かくしたものです。 同じ「たたき」なのに調理法から全然違いますよね。 なぜでしょう? 「たたき」には二種類の意味がある 実は、「たたき」には二種類の意味があるため、同じたたきでも全然違った料理になるのです。 カツオの方のたたきは、もともと高知の郷土料理で、タレや薬味がよくしみ込むように手や包丁の背でたたくことがあるため、この名がつきました。 カツオ以外にもマグロやサケ、ウツボが用いられることもあります。 一方、 アジの方のたたきは、味噌や薬味などをのせた後、包丁でたたくように切ることからこの名がついたのだそう。 こちらの方のたたきは、マグロ、トビウオ、サワラ、イワシなどの魚が用いられることがあります。 ちなみに、千葉県の特産品「なめろう」や茨城、神奈川などの「たたきなます」もこの一種だそうです。 どちらも「たたく」ことから「たたき」の名がついたのですが、ルーツが違うためこういった現象が起こったのですね。

次の

『あじたたき』by 蕎麦ねこ : 天婦羅 末廣 (すえひろ)

あじ の たたき

『数種類の薬味を、あじとなじみやすい大きさに刻んでから、いっしょにたたいて味をなじませること』、 『あじの身はたたきすぎずに、ねばりが出すぎないくらいの加減・食感が残るくらいの加減でたたくこと』 まず薬味について。 今回は 「生姜」「薬味ねぎ」「大葉」の3種類を使います。 生姜は皮をむき、細めのせん切りにしたものを横にして、細かく(できれば1〜2㎜角くらいに)刻みます。 薬味ねぎは端から細かく刻みます(あじの身とのなじみを考えて、柔らかい薬味ねぎなどの細ねぎがおすすめ)。 大葉は2㎜幅くらいのせん切りにしてからさっと水にさらし、水気をしっかりと切っておきます。 時間のないときは生の生姜をすりおろして使っても。 また、生姜やねぎは水にさらさなくてOK。 大葉だけは切ったあとに水にさらした方がほぐれやすくなるので水にさらすとよいです。 刺身用のあじは、さくの状態から切るのであれば、まずは6〜7㎜幅に切ります。 それから包丁の向きを変えるなどして6〜7㎜角くらいの大きさになるようにたたきます。 薬味を混ぜ合わせてからはあまりたたかないので、ここで適度な大きさにしておくことが大切です。 たたいたあじの身に、3種類の薬味を混ぜ合わせます。 はじめは包丁を使って全体を混ぜ合わせ、薬味がある程度混ざったら軽くたたくくらいでOK。 食べる時に醤油を少しかけていただきましょう!•

次の

定番☆鯵のたたき(魚のおろし方) by 海 砂 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

あじ の たたき

有楽町駅から歩いて直ぐ、JRの高架下街の入り口にある天婦羅屋です。 店内は一階と二階があって、一階はテーブル席が2卓、奥にカウンター席と厨房があります。 平日の昼、お店の前の幟旗の「あじたたき」に惹かれて、入店しましたと。 天婦羅屋ですから、テーブルに置いてあるメニューを見ると、天ぷらメニューばかりなのですが、唯一、違うメニューがあじたたき定食(1,000円)です。 少し心配になってきたので名物という上天丼でも注文しようかとも迷ったのですが、初志貫徹ということで鯵たたきを注文してみました。 厨房には、年配の女性の方三名がいらっしゃって、一人が配膳、女将さんらしき方が鯵一匹を出して、包丁で捌いてからたたきを作り始めました。 もう一人の方は天婦羅の揚げ方専門のようです。 ご飯、みそ汁、漬物小皿が用意されて、まもなく、鯵のたたきの丸鉢が手渡しされます。 女将さんから、ツマの野菜に醤油をかけてたたきと一緒に食べて下さいとの食べ方の説明があります。 ツマは、大根と茗荷の千切りに貝割れ大根が添えられています。 お勧め通り醤油をかけてから、ツマと一緒にたたきを食べます。 びっくりしました、生臭さは一切しないばかりか、あじという名前のとおり、とても美味しいあじがするのでした。 天然の味の素というと譬えが良くないのですが、自然の魚の旨味が口一杯に広がるのです。 かなり硬めに炊きあがったご飯が、途中から気にならなくない、もっと食べると、あじのたたきにはこのくらい硬めのご飯が合うんだなと思うようになってきました。 女将さんに、こんな旨い鯵のたたきは初めてだと声をかけると、女将さんは、鯵の尻尾を持って、ひょいと見せてくれます。 さっき、築地から仕入れたばかりだそうで、仕入れが良いんだよと、ひとしきり、自慢します。 味噌汁は、具なしで、少し調味料ぽい味付けなのと、漬物が出来合品なのが少し残念ですが、かなり硬めのご飯と鯵たたきが最高の美味しさでした。 客層は、近くに努めている方で、男女半数位、注文は、全て天丼と天婦羅定食でした。 カウンター越しに運ばれてい天丼を見るとカラッと揚がった天婦羅に、狐色のさらっとした天タレがかかっていて、大変おいしそうに見えました。 次は、上天丼(890円)か穴子天丼(1,600円)を食べてみたいなと思いました。 帰り際に、常連の男性客が一人、あじたたき定食を注文します。 おぬし、やりますな、と思って、お店をでた、そばねこです。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 天婦羅 末廣 関連ランキング:天ぷら 有楽町駅、銀座一丁目駅、日比谷駅.

次の