皇室ニュースブログ。 秋篠宮家、上皇后批判ブログが増えました。去年の9月ブログには書かなかったこと

皇室ブログ天皇皇后反日皇室出ていけ韓国人

皇室ニュースブログ

謎 同時期三週間更新ストップしたフェイクブログ 元宮内庁職員の二度目の更新が止まったのは 2020年4月27日であった。 再開するのは約3週間後の同年5月18日、相も変わらず秋篠宮家、紀子さま批判記事で以前も読んだような記事であったが、以前のように毎日更新することが少なくなり2020年6月3日から同年6月24日まで更新が滞っていた。 滞っていたというより5月25日から、また新しくドメインを取得し(これで3回目である)ワードプレスで「皇室問題研究室」のブログを作ったのであった。 ここには論断ネットでも活躍していた宮本タケロウが記事を書き始め今では四名くらいで記事を書き、聴くの紋ニュースに乗っ取られたか、仲良く同居しているかともかく中国と北朝鮮のような関係にも見える。 さて論断ネット亡きあと、ろだん氏が作った聴くの門ニュースであるが、 2020年4月26日から毎日更新がなくなり再開したのは約3週間後の5月15日である。 わたしはこの時、あまりにも更新ストップの時期と再開の時期が数日しか違わない為、薄々元宮内庁職員のブログと聴くの門ニュースは繋がっている。 元宮内庁職員はろだん氏ではないだろうか、文脈が似ているところがある。 ろだん氏は文系大博士号をとっていると記憶している、わたしのような駄文書きとは違い文は上手いと常々思ってはいた。 しかし好きでよく読むブログ主の影響を受けて文体まで似てしまうことも往々にしてあるためこれはわたしの推測でしかない。 2つのブログのアドセンスコードが違うのだが同居していない家族に頼むことはできるだろう。 更新ストップは持続化給付金狙いか? 2つのブログの更新がストップ後に、元宮内庁職員はさも宮内庁から圧力があったかのようなことを書いたり、またコメントを書くヒステリー集団も乗せられて「上皇后美智子さまからの圧力」「紀子妃殿下からの圧力」を盛んに書き批判を続けているのであった。 論断ネットは酷い記事だったが、あの程度の記事で「圧力」など有るものだろうか。 ヘカテー氏のブログなど上皇后美智子さま、秋篠宮家に対しては罵詈雑言を10年以上書き続けているが「圧力」など書いたことがない。 同時期にリンクして貰っているmayuさんのブログも更新が少なくなったが、理由は頚椎性神経根症と頚椎ヘルニアと病名とレントゲン写真を載せ更新がままならないことを書いていた。 また、自分は年金生活者で新型コロナの影響を受けていないので持続化給付金の申請はしないと書かれているのを読み、ふと 元宮内庁職員、聴くの門ニュースが約3週間更新をストップさせたのは、アクセスを減らし広告収入を前年度より半減させ持続化給付金を貰う為ではなかったのだろうかと思った。 毎日時間をかけて記事を書いて更新するよりフリーランスで持続化給付金最高額100万円貰える方が楽ではないだろうか。 元宮内庁職員はアクセス数もあり一時期Google砲もあったので相当稼いでいただろう。 また聴くの門ニュースは法人化しているのであれば最高200万円支給される。 不思議なことに2つのブログは3週間更新ストップさせたあとから順調に更新を続けている。 6月30日の皇室問題研究室に書かれていた「多くの皇室報道関連サイトが新たに生まれては消えていくという現象」これにわたしのブログも入るのだろうか? わたしは武漢コロナウィルスにより皇室の目ぼしい動きがないのでただ書かないだけである。 皇室ネタが少なく無理に書こうとの意欲がないからだ。 試しにやってみたアドセンスだが、広告収入で生活する状態でもなし。 年金で充分に生活できる為、躍起になって書く必要がないのである。 Googleの気分次第、先はどうなるかわからん状況でブログ記事を書いて収入を得るのは趣味程度なら良いのだが仕事となると労働、労働者なのだ。 また「皇室報道関連サイトが新たに生まれては消えていく」これは聴くの門ニュース関連ブログであろうが。 何を思ったか同じ聴くの門ニュースを新しいドメインで作り他に斜め読みから縦読みだの、令和皇室ニュース、他5つくらい立て続けに作っては尻切れトンボになっているではないか。 柳の下にどじょうが6匹と思ったか。 コロナの影響で皇室に関心のある人は少なくなった 一寸先は闇である、まさかの武漢コロナウィルスで皇室も動きがストップした。 立皇嗣の礼も延期になり、天皇皇后両陛下の公務の中止と延期が続き東京では本日新規感染者100人を超え、今の所先が見えない状況である。 また眞子内親王と小室圭さんの結婚問題も暗礁に乗り上げ進展がなく小室圭さんはNYから一度も帰国せず本人不在のまま憶測で週刊誌にたまに取り上げられるだけの状態である。 人々の関心は武漢コロナウィルス第二派到来か?河井案里夫妻の逮捕、あおり運転の罰則が厳しくなった、など皇室より他の話題に人々の関心が移っているため、皇室特化ブログでブログ飯も厳しくなったことだろう。 聴くの門ニュースはブログ記事をYouTubeにアップ、ユーチューバーで仕事もしているようだが、似たような記事のYouTubeも多く満腹状態である。

次の

秋篠宮家、上皇后批判ブログが増えました。去年の9月ブログには書かなかったこと

皇室ニュースブログ

謎 同時期三週間更新ストップしたフェイクブログ 元宮内庁職員の二度目の更新が止まったのは 2020年4月27日であった。 再開するのは約3週間後の同年5月18日、相も変わらず秋篠宮家、紀子さま批判記事で以前も読んだような記事であったが、以前のように毎日更新することが少なくなり2020年6月3日から同年6月24日まで更新が滞っていた。 滞っていたというより5月25日から、また新しくドメインを取得し(これで3回目である)ワードプレスで「皇室問題研究室」のブログを作ったのであった。 ここには論断ネットでも活躍していた宮本タケロウが記事を書き始め今では四名くらいで記事を書き、聴くの紋ニュースに乗っ取られたか、仲良く同居しているかともかく中国と北朝鮮のような関係にも見える。 さて論断ネット亡きあと、ろだん氏が作った聴くの門ニュースであるが、 2020年4月26日から毎日更新がなくなり再開したのは約3週間後の5月15日である。 わたしはこの時、あまりにも更新ストップの時期と再開の時期が数日しか違わない為、薄々元宮内庁職員のブログと聴くの門ニュースは繋がっている。 元宮内庁職員はろだん氏ではないだろうか、文脈が似ているところがある。 ろだん氏は文系大博士号をとっていると記憶している、わたしのような駄文書きとは違い文は上手いと常々思ってはいた。 しかし好きでよく読むブログ主の影響を受けて文体まで似てしまうことも往々にしてあるためこれはわたしの推測でしかない。 2つのブログのアドセンスコードが違うのだが同居していない家族に頼むことはできるだろう。 更新ストップは持続化給付金狙いか? 2つのブログの更新がストップ後に、元宮内庁職員はさも宮内庁から圧力があったかのようなことを書いたり、またコメントを書くヒステリー集団も乗せられて「上皇后美智子さまからの圧力」「紀子妃殿下からの圧力」を盛んに書き批判を続けているのであった。 論断ネットは酷い記事だったが、あの程度の記事で「圧力」など有るものだろうか。 ヘカテー氏のブログなど上皇后美智子さま、秋篠宮家に対しては罵詈雑言を10年以上書き続けているが「圧力」など書いたことがない。 同時期にリンクして貰っているmayuさんのブログも更新が少なくなったが、理由は頚椎性神経根症と頚椎ヘルニアと病名とレントゲン写真を載せ更新がままならないことを書いていた。 また、自分は年金生活者で新型コロナの影響を受けていないので持続化給付金の申請はしないと書かれているのを読み、ふと 元宮内庁職員、聴くの門ニュースが約3週間更新をストップさせたのは、アクセスを減らし広告収入を前年度より半減させ持続化給付金を貰う為ではなかったのだろうかと思った。 毎日時間をかけて記事を書いて更新するよりフリーランスで持続化給付金最高額100万円貰える方が楽ではないだろうか。 元宮内庁職員はアクセス数もあり一時期Google砲もあったので相当稼いでいただろう。 また聴くの門ニュースは法人化しているのであれば最高200万円支給される。 不思議なことに2つのブログは3週間更新ストップさせたあとから順調に更新を続けている。 6月30日の皇室問題研究室に書かれていた「多くの皇室報道関連サイトが新たに生まれては消えていくという現象」これにわたしのブログも入るのだろうか? わたしは武漢コロナウィルスにより皇室の目ぼしい動きがないのでただ書かないだけである。 皇室ネタが少なく無理に書こうとの意欲がないからだ。 試しにやってみたアドセンスだが、広告収入で生活する状態でもなし。 年金で充分に生活できる為、躍起になって書く必要がないのである。 Googleの気分次第、先はどうなるかわからん状況でブログ記事を書いて収入を得るのは趣味程度なら良いのだが仕事となると労働、労働者なのだ。 また「皇室報道関連サイトが新たに生まれては消えていく」これは聴くの門ニュース関連ブログであろうが。 何を思ったか同じ聴くの門ニュースを新しいドメインで作り他に斜め読みから縦読みだの、令和皇室ニュース、他5つくらい立て続けに作っては尻切れトンボになっているではないか。 柳の下にどじょうが6匹と思ったか。 コロナの影響で皇室に関心のある人は少なくなった 一寸先は闇である、まさかの武漢コロナウィルスで皇室も動きがストップした。 立皇嗣の礼も延期になり、天皇皇后両陛下の公務の中止と延期が続き東京では本日新規感染者100人を超え、今の所先が見えない状況である。 また眞子内親王と小室圭さんの結婚問題も暗礁に乗り上げ進展がなく小室圭さんはNYから一度も帰国せず本人不在のまま憶測で週刊誌にたまに取り上げられるだけの状態である。 人々の関心は武漢コロナウィルス第二派到来か?河井案里夫妻の逮捕、あおり運転の罰則が厳しくなった、など皇室より他の話題に人々の関心が移っているため、皇室特化ブログでブログ飯も厳しくなったことだろう。 聴くの門ニュースはブログ記事をYouTubeにアップ、ユーチューバーで仕事もしているようだが、似たような記事のYouTubeも多く満腹状態である。

次の

皇室全般画像掲示板

皇室ニュースブログ

謎 同時期三週間更新ストップしたフェイクブログ 元宮内庁職員の二度目の更新が止まったのは 2020年4月27日であった。 再開するのは約3週間後の同年5月18日、相も変わらず秋篠宮家、紀子さま批判記事で以前も読んだような記事であったが、以前のように毎日更新することが少なくなり2020年6月3日から同年6月24日まで更新が滞っていた。 滞っていたというより5月25日から、また新しくドメインを取得し(これで3回目である)ワードプレスで「皇室問題研究室」のブログを作ったのであった。 ここには論断ネットでも活躍していた宮本タケロウが記事を書き始め今では四名くらいで記事を書き、聴くの紋ニュースに乗っ取られたか、仲良く同居しているかともかく中国と北朝鮮のような関係にも見える。 さて論断ネット亡きあと、ろだん氏が作った聴くの門ニュースであるが、 2020年4月26日から毎日更新がなくなり再開したのは約3週間後の5月15日である。 わたしはこの時、あまりにも更新ストップの時期と再開の時期が数日しか違わない為、薄々元宮内庁職員のブログと聴くの門ニュースは繋がっている。 元宮内庁職員はろだん氏ではないだろうか、文脈が似ているところがある。 ろだん氏は文系大博士号をとっていると記憶している、わたしのような駄文書きとは違い文は上手いと常々思ってはいた。 しかし好きでよく読むブログ主の影響を受けて文体まで似てしまうことも往々にしてあるためこれはわたしの推測でしかない。 2つのブログのアドセンスコードが違うのだが同居していない家族に頼むことはできるだろう。 更新ストップは持続化給付金狙いか? 2つのブログの更新がストップ後に、元宮内庁職員はさも宮内庁から圧力があったかのようなことを書いたり、またコメントを書くヒステリー集団も乗せられて「上皇后美智子さまからの圧力」「紀子妃殿下からの圧力」を盛んに書き批判を続けているのであった。 論断ネットは酷い記事だったが、あの程度の記事で「圧力」など有るものだろうか。 ヘカテー氏のブログなど上皇后美智子さま、秋篠宮家に対しては罵詈雑言を10年以上書き続けているが「圧力」など書いたことがない。 同時期にリンクして貰っているmayuさんのブログも更新が少なくなったが、理由は頚椎性神経根症と頚椎ヘルニアと病名とレントゲン写真を載せ更新がままならないことを書いていた。 また、自分は年金生活者で新型コロナの影響を受けていないので持続化給付金の申請はしないと書かれているのを読み、ふと 元宮内庁職員、聴くの門ニュースが約3週間更新をストップさせたのは、アクセスを減らし広告収入を前年度より半減させ持続化給付金を貰う為ではなかったのだろうかと思った。 毎日時間をかけて記事を書いて更新するよりフリーランスで持続化給付金最高額100万円貰える方が楽ではないだろうか。 元宮内庁職員はアクセス数もあり一時期Google砲もあったので相当稼いでいただろう。 また聴くの門ニュースは法人化しているのであれば最高200万円支給される。 不思議なことに2つのブログは3週間更新ストップさせたあとから順調に更新を続けている。 6月30日の皇室問題研究室に書かれていた「多くの皇室報道関連サイトが新たに生まれては消えていくという現象」これにわたしのブログも入るのだろうか? わたしは武漢コロナウィルスにより皇室の目ぼしい動きがないのでただ書かないだけである。 皇室ネタが少なく無理に書こうとの意欲がないからだ。 試しにやってみたアドセンスだが、広告収入で生活する状態でもなし。 年金で充分に生活できる為、躍起になって書く必要がないのである。 Googleの気分次第、先はどうなるかわからん状況でブログ記事を書いて収入を得るのは趣味程度なら良いのだが仕事となると労働、労働者なのだ。 また「皇室報道関連サイトが新たに生まれては消えていく」これは聴くの門ニュース関連ブログであろうが。 何を思ったか同じ聴くの門ニュースを新しいドメインで作り他に斜め読みから縦読みだの、令和皇室ニュース、他5つくらい立て続けに作っては尻切れトンボになっているではないか。 柳の下にどじょうが6匹と思ったか。 コロナの影響で皇室に関心のある人は少なくなった 一寸先は闇である、まさかの武漢コロナウィルスで皇室も動きがストップした。 立皇嗣の礼も延期になり、天皇皇后両陛下の公務の中止と延期が続き東京では本日新規感染者100人を超え、今の所先が見えない状況である。 また眞子内親王と小室圭さんの結婚問題も暗礁に乗り上げ進展がなく小室圭さんはNYから一度も帰国せず本人不在のまま憶測で週刊誌にたまに取り上げられるだけの状態である。 人々の関心は武漢コロナウィルス第二派到来か?河井案里夫妻の逮捕、あおり運転の罰則が厳しくなった、など皇室より他の話題に人々の関心が移っているため、皇室特化ブログでブログ飯も厳しくなったことだろう。 聴くの門ニュースはブログ記事をYouTubeにアップ、ユーチューバーで仕事もしているようだが、似たような記事のYouTubeも多く満腹状態である。

次の