会社宛 封筒 横書き。 【封筒の「行」はどうする?】御中の書き換えや宛名の書き方保存版

ビジネスパーソンなら知っておきたい封筒の書き方のルールとマナー

会社宛 封筒 横書き

就活や企業間やり取りなどで、必ず使用するアイテムが「返信用封筒」です。 最近は、メールでPDFを送るなどの方法が流行していますが、きちんとした書類のやり取りでは、返信用封筒が使用されることが多いです。 特に、ミスをしたくない場面は「就活」での返信用封筒でしょう。 書き方を間違ってしまうと、評価がガタ落ちしてしまいます。 返信用封筒の書き方は一般的な知識であるため、企業側は「普通のことができるのか?」という判断基準にも使っているもの。 今回は、ビジネスシーンでは必須の知識である「返信用封筒」に関して、返信用封筒を同封する場合の宛名の書き方を解説していきます。 宛名は「宛」と「行」どちらを使えばよいのか?宛名の正しい書き方や返信用封筒の正しい折り方を紹介していきます。 では、はじめていきましょう。 ・長4封筒:折って入れる あくまでも一例ではありますが、それぞれのおすすめは以上のとおりです。 書類の大きさはどうなのか?書類は折り曲げても良いのか?を考えて、適切な返信用封筒を選んでいきましょう。 返信用封筒の宛名の書き方として、考えておくべきポイントは 「行を書く位置」になります。 では、縦書きから見ていきましょう。 上の画像を見てみると、 「行」を少し小さめに書き、 左側にずらして書いていることがわかります。 このように、返信用封筒の「行」の書く位置と大きさを重視しましょう。 横書きの場合は、以下の画像のように書いていきます。 <横書きの宛名の書き方> 縦書きと同じ部分としては、「行」を小さめに書くことでしょう。 ただ、横書きの場合は、 書く位置をずらさず、名前と少し離して「行」を書くイメージを持ってください。 反対に、返信用封筒を返信する時、「行」を消して、敬称に書き直すというルールがあります。 返信用封筒の「宛」や「行」の消し方は、以下の記事にまとめてありますので、予備知識として読んでみてください。 返信用封筒の裏書きはどうする? 返信用封筒の裏側には何も書かずに同封します。 こちらも、ビジネスマナーの一つで、返信用封筒の裏側には、 送り返す側が封筒に記入をするというルールがあるのです。 返信用封筒の折形としては、「二つ折り」or「三つ折り」のどちらかを使っていきます。 どちらの折り方を選ぶか?は、外側の封筒の大きさと比べて、決めていきましょう。 では、それぞれの折り方のポイントを紹介していきます。 <二つ折りの場合> 二つ折りの場合は口を折らずに、綺麗に半分に折っていきます。 この時、 切手が貼ってある面が表に来るように意識しましょう。 <三つ折りの場合> 三つ折りの場合も、縦に3つに折っていきます。 こちらも、 切手が貼ってある面が一番上に来るように調節して折っていきましょう。 【補足】返信用封筒を速達にしたい場合 補足として、返信用封筒を速達にしたい場合の対処法についてお話しておきます。 そして、通常の切手の金額に、速達の切手の代金分となる 「280円」を上乗せした切手を購入し、貼っておくようにします。 速達の金額は、重さによって変わってきます。 そのため、通常の切手代金+280円分の切手を購入しておきます。 心配な場合は、返信用封筒を郵便局に持っていき、重さを量ってもらうと確実です。 【補足】簡易書留にする場合 簡易書留は、郵便物の紛失保証や郵便物の追跡をサービスとして付け加えられるものです。 就活で企業側から 「簡易書留にしてください」と言われる場合があります。 簡易書留にする場合、 郵送料金+310円の切手を購入します。 その後、 郵便局で簡易書留の判子を押して貰う方法が、最も確実なものとなっています。 簡易書留の判子をもらわない場合、封筒右下に 「簡易書留」と書いておきます。 企業側は簡易書留で送ることはわかっているのですが、相手に負担を与えないために、こちらで手配をしておくと良いでしょう.

次の

ビジネスパーソンなら知っておきたい封筒の書き方のルールとマナー

会社宛 封筒 横書き

返信用封筒の表書きの書き方 「行」「宛」に取消線を引いて「御中」または「様」を書く 返信用封筒にはすでに宛名として住所、会社名、氏名などが印刷され、その末尾にはかならず「 行」(ゆき)か「 宛」(あて)の文字が印字されています。 これを 取消線で消して、その横または下に「 御中」か「 様」を書きます。 「御中」「様」の書き方 「御中」は、宛名が 会社名や 部署名のときに書きます。 宛名の会社名・部署名に 個人名(担当者名)が添えられているときと会社名・部署名の横に 担当者の押印がしてあるときは、三文判の認印の場合でも「様」と書きます。 このとき、会社名などに「御中」は付けないでください。 「御中」や「様」の記入位置は、文字の流れに合わせて、 縦書きなら取消線の左または下、 横書きなら下または右です。 ただし、担当者の押印があるときは、取消線から離れた位置でも構いませんので、印影の下(縦書きのとき)または右(横書きのとき)に「様」を付けてください。 取消線の書き方 取消線は、 一本線よりも 二本線が一般的です。 線の向きは、表書きの美しさを大切にして、宛名が横書きのときは 横向きに、縦書きのときは 縦向きに引くのが常識的な書き方です。 なお、「行」・「宛」のような一文字を取り消すときは 二重斜線を引き、二文字以上のときは 二重平行線を引くことが守るべきルールであるかのように主張する向きもあります。 しかし、婚礼・葬儀のはがきはいざ知らず、 ビジネス上の郵便物における取消線の引き方はルールではなくてガイドラインに過ぎません。 どちらの書き方をしてもけっして失礼には当たりません。 スポンサードリンク 縦書き・横書きを表書きと揃える 返信用封筒は、一般に縦長でフラップが上にある 和封筒タイプが使われていますが、中には 洋封筒タイプやその 変形タイプなどさまざまなものがあります。 しかし、 どのようなタイプの封筒であっても、裏書きの住所と差出人名(会社名、部署名、担当者名)は表書きの印刷方向と同じ向きで書きます。 つまり、表書きが縦書きなら裏書きも縦書きで、表が横書きなら裏も横書きで書きます。 縦書きの住所では、数字は一から九までの漢数字と〇(ゼロ)で書きます。 ただし、ビル名などの固有名詞に含まれる英数字(渋谷109など)は例外です。 裏書きの位置 裏書きする位置は、 縦書きなら左下に、 洋封筒タイプで横書きなら右下に書きます。 また、封筒の裏に 差出人欄が印刷されている場合は、その中に書きます。 封〆(封締め)の仕方 封〆(ふうじめ)とは、封筒のフラップを貼り付けて閉じた後、フラップの端の中央部分に割印を押すように「 〆」(しめ)の字を書くことです。 封〆した部分のことを、「 封じ目」とも言います。 「〆」以外にも、「 封」、「 緘」(かん)の字を書いても構いません。 また、「〆」、「封」、「緘」のスタンプを押しても結構です。 ただし、宛名が 個人名の場合は、封〆をすると宛名人自身が開封することを求める 親展の封書になりますので注意してください。 本人不在のために何日も開封されずに放置される危険性がないとは言えません。 従って、 宛名に担当者の押印があるものも含めて、個人宛の返信用封筒で封〆は無用です。 また、封〆は和封筒での習慣ですので、洋封筒タイプの返信用封筒では封〆は必要ありません。 スポンサードリンク.

次の

会社宛ての封筒の書き方と注意点|宛名の書き方4つ

会社宛 封筒 横書き

封筒の宛名の書き方• 縦書封筒の表面の場合、住所は略さずに「**番**号」まで漢数字を使う• 縦書き封筒の場合、裏面には「〆」「封」などの封字を書く• 横書き封筒の場合、切手は右上に貼るのが決まり 封筒の書式はあなたの第一印象を決定づける ビジネスでの情報伝達手段は圧倒的にメールが多くなりましたが、その分、郵便物の重要度は以前よりも上がっています。 郵便物が届いて、まず最初に目にするのは封筒です。 その郵便物の第一印象を決定付けるのは、パッケージである「封筒」というわけです。 特に就職・転職の履歴書などではこの第一印象が重要です。 丁寧に楷書で書くことや、いくつかの決まったマナーを守らなければならないことは言うまでもありません。 今回は、そんな重要度の高い郵便物を出す際に必要な封筒の書き方、郵便号や住所、宛名の書き方について解説します。 縦書き封筒の場合、切手を貼る位置は左上です。 切手の枚数はなるべく少なくしましょう。 2列で貼っているケースも見かけますが、残り物をかき集めて貼った印象を与えてしまいます。 記念切手の場合には、ビジネス上相応しいものを選びましょう。 文字数とスペースを考えながら均等に割り振ります。 スペースが足りなくなって寸詰まりになっているものは見た目にも良くありません。 数字は漢数字を使い、住所は略さずに*丁目のあとに「**番**号」まで書きます。 「-」を使っても良いでしょう。 ビル名、階数も省略せずに書きます。 会社名は(株)(有)などと略さず、「株式会社」「有限会社」などと正式名称で書きます。 部署名もわかっている場合には省略せずに記入します。 肩書は、短い場合は名前の上、長い場合は部署名に続けて書きます。 個人名の宛先の下に「様」を書くだけです。 「親展」「在中」など「外付け」の正しい知識と使い方 特に注意すべき事項がある場合、縦書き封筒の左下に「赤字・赤枠」で「外付け」と呼ばれる文字を書きます。 代表的なのが「親展」。 これは「ご本人自ら開封して下さい」という意味です。 よく「親しみを込めて」という意味と間違えている方がいるので注意してください。 役員会の議事録や人事関係の書類そして公表されていないデータ、履歴書・職務経歴書など、本人以外の目に触れてほしくないものには「親展」の外付けを付けで送ります。 「親展」の他に「至急」「重要」などがあります。 重要書類の場合は「請求書在中」「履歴書在中」など、書類の内容を書くと取り紛れずに確実に届きます。 これは「確かに封を致しました」というしるしです。 この他、「締」」封」「鍼」の字が用いられることもあります。 お祝い事には「寿」「賀」を使います。 社用であれば会社名・所属部署名も略さず書きましょう。 表面の宛名よりも小さめの字で書きます。 郵便番号も省略せずに書きます。 横書き封筒:表面の宛名の書き方と切手の位置 一般的に洋封筒とも呼ばれます。 間違いやすい切手の位置など大丈夫ですか。 早速確認しましょう。 A4サイズ封筒:表面裏面の書き方 大判の書類を送るときに使うことの多いA4サイズの封筒も、基本は縦書きです。 封筒の書き方のマナーも縦書き封筒に準じます。 「御中」「様」の使い分け 返信用封筒の場合は敬称をつける 宛名の敬称は、• 会社宛・部署宛であれば「御中」• 個人宛であれば「様」 を使います。 会社名+個人名の場合には会社名への「御中」は不要となり、個人名の「様」のみ付けます。 「殿」は基本的に目下の人に使うものとされているので使わないほうが無難です。 敬称が付いていない場合は追加し、「宛」となっていれば二重線で消してから、脇に敬称を付けるようにします。 封筒の封を閉じる前に確認するポイント 宛名を書き終わっても、封をする前に確認するべきことがあります。 順番に見てみましょう。 現在はそこまでこだわる必要はないものの、なるべく2枚以上書くことがマナーとされています。 「一筆せん」の場合は1枚で大丈夫です。 角が揃うよう気をつけましょう。 洋封筒の場合には四つ折が基本です。 ただし、弔事の場合には、「不幸が重ならないように」という意味から、使わないのがマナーです。 セロハンテープやホッチキスは使わないのがマナーです。 封筒の宛名の書き方:最重要ポイントをもう一度おさらい• 縦書き封筒の表面の場合、住所は略さずに「**番**号」まで漢数字を使う• 縦書き封筒の場合、裏面には「〆」「封」などの封字を書く• 横書き封筒の場合、切手は右上に貼るのが決まり 封筒はその郵便物の第一印象を決定付けるツールです。 そこには様々なルールが存在しますが、どれもこれも受け取る「相手」への思いやりや気配りが形となったものです。 言葉やしぐさ以外でも、手紙や封筒を使ってコミュニケーション力をアップさせてみませんか。 【関連記事】•

次の