頭 が ぼーっと する 眠い。 副腎疲労 case 12|頭がぼーっとする、だるい、座るとすぐ寝てしまうなどは副腎疲労の影響あり!?

うつ病で「頭がぼーっとする」症状の対処法と付き合い方:その症状には終わりがある

頭 が ぼーっと する 眠い

「仕事中、頭がぼーっとして仕事に全然集中できない・・・」 「ぼーっとした時、目の前がかすんで見えるようになった・・・」 「眠くないのに、頭がぼーっとする・・・」 このような症状に悩まされている方はどれほどおられるでしょうか。 ただ、頭がぼーっとするだけなら、 「風邪、熱気味かな?」 「今日は、ただ調子が悪いだけかな?」 「昨日、飲みすぎたかな?」 といったように、あまり気にしない方のほうが多いのではないかと思います。 しかし、次第に頭がぼーっとする時間が長くなったり、仕事に全く集中できなくなってくると、「もしかして、うつかな?」と心配になってくる方もいるのではないかと思います。 そこで、本記事では仕事中に頭がぼーっとする、集中できない時に考えられる原因をまとめますので、症状に悩まされている方はご参考ください。 日頃の疲れが溜まっている? 特に頭を使うようなデスクワークだと、日頃から頭を使うので、脳が疲労が溜まっていきます。 その疲れがうまく取れていない場合だと、脳への疲労が蓄積していき、脳が十分に働いていない可能性があります。 また、疲労は、仕事をする時の姿勢なども関係してくるので、デスクワークの方は、自分がきちんとした姿勢で仕事をしているか、ぜひチェックしてみてください。 眠気のせい?睡眠不足? 仕事が忙しくなると、睡眠不足になりがちです。 また、仕事から帰る時間が遅いと、床についた時、まだ頭が覚醒状態(仕事モード)で、なかなか眠れないという方も少なくはないと思います。 睡眠不足だと、脳の休息がきちんと取れず、頭が働きません。 その結果、頭がぼーっとして集中できていないという可能性があります。 仕事の整理が出来ていない? 仕事がありすぎて、何から手をつければいいかわからない・・・ といった状況になったことがある方も少なくないと思います。 特に、膨大な仕事がある人や先が見えない仕事を担当した人などは、頭の整理がしづらく、このような状況に直面することがあるのではないでしょうか。 仕事の整理というのは、頭の整理でもあり、頭が整理できていない状態だと、人によって、2パターンの状態になるのではないかと思います。 1つ目は、頭がパニックを起こすパターンです。 これは、やることが多すぎて頭を整理できず、とりあえず、目の前のできるところから闇雲に手をつけるといったような状態です。 2つ目は、頭の思考が停止するパターンです。 これは、何から手をつければいいかわからない、何から始めればいいのかわからないといったような状態です。 そして、頭がぼーっとしたり、集中ができなくなるのは、2つ目の状態である可能性があります。 難題にぶつかっている? これは、難しい仕事を任された人、自分の能力を大きく超える仕事を割り振られた人などが直面しやすいことだと思います。 難題にぶつかるというのは、高い壁の前に立たされた状態ともいえます。 高い壁を超えるというのは、高くジャンプできる力を持っていれば、何のこともありませんが、高くジャンプできない人が高い壁の前に立たされると、無気力感、無力感に襲われることになります。 そして、無気力感、無力感に襲われ、頭の思考が停止すると、頭がぼーっとしたり、集中できていなくなるといった状態に陥る場合があります。 うつ状態かも? 難題にぶつかったり、仕事が整理できていない状態だったり、睡眠不足だったりして、一時的に頭がぼーっとして集中できなくなることはあると思います。 しかし、この頭がぼーっとして集中できない状態が長期的に続いている場合、全く眠くないのに、慢性的に頭が働かず、集中できないといった場合は、 うつ状態の可能性があります。 特に、前まで活き活きと仕事をしていたのに、急に、頭が働かなくなって、全然仕事に集中ができなくなったという方は、精神的ストレスを大きく抱えている可能性があるため、注意が必要です。 ここでは、他のうつ状態の症状については割愛させていただきますが、長期的に頭がぼーっとして、仕事に集中できない、眠気がないにも関わらず頭が働かず、集中ができないからといって、必ずしもうつ状態とはいえませんが、うつ状態であることを示す1つの症状ではないかと思います。 まとめ 仕事中、頭がぼーっとして集中できないというのは、誰しも起こりえることであり、一時的なものであれば、それほど心配する必要はないかと思います。 しかし、眠くないのに頭が働かない、長期的に頭がぼーっとするようになり、仕事に全く集中できなくなったという方は、精神的ストレスを抱えている可能性があり、注意が必要です。 そして、あまり症状が続くようで、仕事もままならないといった状態の方は、一度、病院で見てもらうというのも1つの手ではないでしょうか。 カテゴリー• 232• 100• 110• 4 最近の投稿• 最近のコメント• に もこ より• に 山田さん より• に もこ より• に 丹 文男 より• に もこ より SNSフォローボタン.

次の

副腎疲労 case 12|頭がぼーっとする、だるい、座るとすぐ寝てしまうなどは副腎疲労の影響あり!?

頭 が ぼーっと する 眠い

今日は、副腎疲労症候群の例を紹介しましょう。 この方(40代女性)は、ここ数日、台風の影響なのか頭がぼーっとしたり、だるいことがあり、熱中症かと思い心配しているとのことでした。 特に最近は、気候の変化の影響を受けやすいということや、ソファーに座ったらすぐ寝てしまうなど、以前はなかったことが身体に起きているそうです。 頭がぼーっとする、だるい、座るとすぐ寝てしまうなどは副腎疲労の影響あり!? お身体を全体的にチェックしていくと、特に副腎というストレスに関わる臓器の疲労状態が検出されました。 副腎に関わる筋肉が弱く、実際副腎も張っていてやや肥大しているような印象を受けました。 その他骨盤の機能障害や頭蓋骨の問題などがあったのです。 治療では、まず副腎の機能をアップさせるようなリンパや背骨の関節治療を行ないました。 もちろん頭蓋骨から骨盤を通して背骨は全体的に問題のある箇所はしっかりと治療していきます。 副腎疲労の症状の中に、「頭がハッキリしない、霞がかかったようになる」「疲労が抜けない」「日中でも移動中の交通機関でもすぐ寝てしまう」などがあります。 この方の場合、精神的なストレスなどは思い当たることはないようでしたので、夏の気温の変化による身体への物理的なストレスや更年期前のホルモンバランスの変化が副腎疲労に関わっているようでした。 治療後は、お身体がスッキリされたようで喜んでいました。 その後の経過では、頭がぼーっとするような症状やだるさは、あまり出なくなったようです。 今日のpoint 今回の頭の違和感や疲労感などの原因は、「気候の変化や前更年期のホルモン変化によるストレスで副腎疲労が起こったこと」でした。 副腎疲労の問題は、一般的にもとても良くみられるものです。 不定愁訴と言われるものの背景に副腎の問題が関わっていると言っても過言ではありません。 副腎は、一般的にはストレス調整臓器と呼ばれ、外界から身体にかかる様々なストレスに対して身体を調整するようなことを行なっています。 副腎疲労の症状については、下記をご参照ください。 カイロプラクティックによる副腎へのアプローチは副腎疲労の改善にかなり効果的です。 同じような症状でお困りの方は是非一度ご相談くださいね^^。 副腎疲労症候群の症状 1.朝起きるのがつらい 2.慢性的に眠い、寝ても疲れが取れない 3.塩分を欲することが多くなった 4.移動中知らないうちに寝ている 5.眠りが浅く、質の良い睡眠が取れない 6.何か行動するのに時間がかかる 7.日中でも頭に霞がかかっている感じ 8.集中力・記憶力が落ちた 9.性欲が著しく低下した 10.ちょっとしたことでパニックになる 11.突然呼吸が苦しくなることがある 12.ストレスで胃が痛くなることが多い 13.風邪にかかりやすい、治りにくい 14.原因不明の微熱が続く 15.傷がいつまでも治らない 16.立ちくらみやめまいがする 17.光がとても眩しく感じる 18.小さなことで悩むようになった 19.喜怒哀楽が激しくなった 20.何をしていても楽しくなくなった 21.何か考えるの自体面倒になった 22.友人など人に会うのが面倒になった 23.食事をすることが疲れる 24.午前中に仕事に集中する気力がない 25.午後3時〜6時に猛烈な睡魔と疲れ 26.夕食を食べた後に気分がハイになる 27.人の名前が突然思いだせなくなる 28.朝食べたものが夜には思いだせない 29.何もかも嫌になる、落ち込みやすい 30.甘いものやカフェインを欲する 31.食事を1食抜くと疲れたり、イライラする 32.アレルギーや鼻炎・喘息が悪化した 33.お腹、お尻まわりに脂肪がついてきた 34.PMSがひどくなった、チョコを食べたい 35.更年期障害がひどくなった 今日のpoint 今回の手のシビレの原因は、「デスクワーク時の悪姿勢により、頚部の負担や胸の筋肉の過緊張、手首の問題が起こり、頚部から手まで至る神経をところどころで圧迫してしまったこと」でした。 手のシビレの原因は様々ありますが、頚部の神経が出てくる場所で圧迫してしまう狭窄症は、有名なところです。 またその他、今回のように胸の筋肉の下で神経や血管を圧迫してしまうような、いわゆる胸郭出口症候群も多く見られます。 今回のケースでは、神経の走行に沿っていろんな部分で圧迫してしまうダブルクラッシュシンドロームならぬ、トリプルクラッシュシンドロームでしたが、水のホースに例えるとある場所を指でつまむと水が細くなり、さらに違う場所でつまむともっと細くなるように何ヶ所かで圧迫されることで、症状が酷くなることがあります。 また首の神経根の部分が狭窄されていると、それより下部の圧迫が起きやすいこともよくあります。 どちらにしてもお困りの方は、全ての問題に精通している専門のカイロプラクターに診てもらうのが一番です。 お困りの方は、是非一度ご相談くださいね^^。 ——————————————————————————————————————— カイロプラクティックは、薬は使わず手だけで身体の治療をするアメリカ生まれのヘル スケアです。 みなさんに知られているような筋肉骨格系の治療はもちろん、カイロの中の一つの学問 アプライドキネシオロジーでは、自律神経や内臓、ホルモン、神経、栄養のアンバラン スをチェックし、それに対する治療を行うことができます。 アメリカではまさしくプライマリーケアとして認められ、準医師として統合医療の一翼 を担っています。 カイロプラクティックケアを希望する方 麻布十番のカイロプラクティック治療院 ———————————————————————————————————————.

次の

頭がぼーっとする原因は3つ+αあり!頭がボーッとするのに効果的な対策は?

頭 が ぼーっと する 眠い

回答者No2の元MRです。 10年間も同じ病院に通っていらっしゃるのでしょうか? この状態ですと、医師は、ただ薬剤を処方しているだけですね。 この医師は本気で治療する気がありませんね。 最初は貴方にどの薬剤が合うか試す為に、2~3週間における副作用の度合いを確認する為、薬剤の種類を変更したりしますが、10年間、治療方法に変化がなく、ただ薬を処方するだけですか!? 先ず ロフピノール錠ですが、睡眠導入薬の代表ですね。 アンデプレ錠は中枢神経に働きかける安定剤の一種です。 デパス錠は、業界では、あまりにも有名な精神安定剤です。 鬱病の患者さんに、よく処方されるものです。 作用時間が短い薬剤です。 前述しましたが、薬をこんなに処方する医師は要注意ですよ! 貴方が眠れないのは、興奮と精神が安定していないことにより上記薬剤を処方していることが理解できました。 医師が早い目に飲むことというのは、内服剤は消化吸収後が効き目なので、服用してから時間がかかります。 長期間で薬を多くしたとか、減薬とかの話は、無い様子ですか、無くて、このままの状態が続いているようなら、医師に次の段階は、どんな治療をするのか?早い目に寝なさいなんて誰にでも言えることです。 長期に渡り、又、薬の量が多いこと等、堂々巡りの状態なら、病院を変えるべきです。 神経科ではなく、心療内科ですね。 私も最初は神経科に通っていましたが、職業柄、処方された薬が向精神薬で、薬剤処方一辺倒の医師に「焦らずにゆっくり治療しましょう」と毎回言われて、呆れて、勝手に診療内科に変えました。 精神的な病は、薬で根治するものではないのです。 もっと広くいえば、薬は治療をお手伝いするものです。 副作用は付いて回ります。 長期投与となると依存症になったり、良いことなんてありません。 私が現在、通っている病院の主治医は、先ずは薬剤治療から始めて、次の段階としては自律訓練に入ると段階的に治療方法を説明頂けます。 勿論、薬を手放せない方もいらっしゃるのは事実ですが、精神的な病は自然治癒、つまりご自身で治すことが基本です。 その為に医師に力添えを頂くことが重要なのです。 悪いことは、言いませんが、病院を変えることをお勧め致します。 #1です。 色んな回答がありそれぞれ納得出来る処とそうでない所がありましね。 自分は鬱で睡眠障害ですが、最初は睡眠薬はいらなかったのです。 三時間で起きるなら必要ないと思っていたし、体質だと思ってました。 でも、幻聴幻覚が煩いので眠る事が一番の解決ということで、処方されました。 量は普通だとは思います。 2つ飲んでも1mgが二個って事は普通だし。 ただ、耐性の問題もあるし、睡眠薬を飲んで学校へ行く人もいるので、やはり体質なんだと思います。 朝に残るのはやはり代謝のせいかもしれないし、体にあっていないのかもしれないし、私は色々貰って気分や時間で飲み分けてます。 それも知識があるから出来たのであって、やはり全体的に生活を見直して、睡眠時間を調整するのが良いかと思います。 ナルコレプシーじゃない限り余り気にしないでのんびり眠れる時も来るさと思って飲まない事を選択する事も可能でしょう。 翌朝に残るのは血圧のせいとか、薬が残っている可能性が多いと思うので、入眠出来るなら量を減らして見るのが手っ取り早いです。 永久じゃなく、体調の良いときや休みの前など実生活に影響のない日を選んで実験してみたらどうでしょう。 本気でナポレオン並みに三時間睡眠の私。 つまりはワンクールで起きてしまうので、最近ここ五・六年は独り部屋で好きな事してます。 とにかく寝ないと死ぬとか寿命が短いとか、色々言われるけど、寝続けられる方が人生損していると思うので、とにかくこだわらず、やって見てください。 誰でもこの時期は朝は眠いよ。 すっきり起きれないのは寧ろ普通だと思うの。 私はうつ病で睡眠障害(早朝覚醒など)があり睡眠薬を飲んで寝ます。 睡眠薬も、寝つきを促す薬と、睡眠を持続させる薬があります。 薬には引用後、血中濃度での半減時間が複数有ります。 超短期、短期、中期、長期。 寝つきを促す薬は、半減時間が2~3時間。 問題は、睡眠を持続させる薬です。 私も自分で調べる前(1年ぐらい前)までは、半減時間が8~10時間の薬を処方され、起きれない、もしくは起きても覚めない状態でした。 今は、半減時間6時間の薬に変えてもらいました。 うつ病的なことが無いのでしたら、薬が多い気がします。 飲みすぎで薬が覚めないのでは。 医師は薬物療法でお金儲けの為に多量の薬を出す傾向にあるそうです。 土曜日、N〇Kで放送されてました。 ただ、個人の判断で減薬はしないでください。 寝れないほうが辛いですし、昼夜逆転したら戻すの大変ですから。 ご自分で薬の事を調べられては。 私がそうですが、患者が医師にこの薬でどうか?と相談して、自分のライフスタイルに合わせた薬で今過ごしてます。 こんな回答はいけないのかもしれませんが 何か薬の量が多いような気がします。 睡眠薬も安定剤も似たような働きだと思うので 一気に4錠飲んでるような気がしました。 試しに半分にして、それで睡眠障害が出なければ 半分にしていったらいいと思いました。 半分にしたことは次の診察で伝えればいいことだから。 因みに私も睡眠障害だと思います。 いいとこ2、3時間しか寝れません 必ず目が覚めます 悩みもストレスもないのに 泣 でも私は市販の睡眠薬をたまにしか飲みません。 もう寝れないのはいつものことって思ってます。 あなたも頭がボーとするときはいつものこと もう少しすれば薬が切れるって思ったらいいかもしれませんね。 飲んで眠れるのですね? でしたら飲む時間を早くして量を少なくしてみたらどうかな? 安定剤はそのままで、睡眠薬の前に導入剤(グッドミンとかリスパダール)とかを服用してから睡眠薬と安定剤を飲んで、聞き始めたらすぐに寝る。 大体一時間と言われているけどあの後ろにひかれる感じ・・というか眠れる?感じのタイミングがわかれば眠れるので・・・・・。 ボーっとするのは効きすぎなんだと思いますよ。 朝一でシャワーを浴びるときりっとしますけど。 睡眠薬に勝つ私・・・・・。 飲んでもタイミングによって耐えられるので眠れない。 飲む・・・のがすを繰り返してとうとう諦められました。 なので最近は三種類を交代で使ってます。 耐性が付かないように時々変更するのが良いとか・・・。 翌朝ボーっとしてみたい・・・。 すっきり寝て起きたらまだ三時間しか経ってなくてまだ「今日」だったときにはもう笑うしかなかったわ。。。。。 飲む時間と寝る時間のタイミングを調整する 飲む量を調整する 導入剤を飲んでみる あとは起きなければならない時間から遡って寝る時間を調整する ですね。

次の