厚生年金掛け金いつまで。 会社員・公務員の厚生年金保険料の支払期間は?いつまで支払う?|会社員・公務員の年金【保険市場】

会社員・公務員の厚生年金保険料の支払期間は?いつまで支払う?|会社員・公務員の年金【保険市場】

厚生年金掛け金いつまで

・人生100年の長生きの時代、元気なうちは働いて生活設計貯えの計画をたてます。 今でも毎月給料明細から、健康保険料、介護保険料、 厚生年金保険料などかなり大きい金額が引かれています。 やっと!この中で 厚生年金保険料の支払いが終わると楽しみにしていたのに、何故かそれ以降も毎月 給料から 厚生年金保険料は引かれています。 改めて本人は、会社に聞いてみると言われました。 えー!!年金の支払いは 60歳までで終わりではなかったの?? 年金の支払いは〜 えー!! なぜ?? * 調べました* 疑問: 60歳になっても厚生年金保険保険料は支払わないといけないの? 答え: 厚生年金適用事業所で厚生年金の被保険者となる形で働いる70歳未満の方は、 厚生年金の保険料を負担するという事です。 60歳台前半の老齢厚生年金の支給開始年齢以降の人は、年金を受給できる立場で、保険料を支払う立場でもあるというなんだか?? 何?という事です。 複雑な気持ちになりますが、国の決まりなので仕方ありません。 現状では70歳になると、厚生年金適用事業所で引き続き働いたとしても、厚生年金被保険者資格を喪失するので、厚生年金保険料は支払う必要は無いという事です。 という事は厚生年金適用事業所で働き続けた場合は、現状は、なんと! 同じ会社で働き続けるとしたら、厚生年金は69歳までは支払うのですね。 💦 先はまだ長いなあ~💦 公的年金制度の加入者の分類• 国民年金 (第1号被保険者) 自営業者、農業者、学生、無職の人、および配偶者。 又第2号・第3号に該当しない配偶者などです。 年齢は、20歳以上 60歳未満です。 国民年金 (第3号被保険者)厚生年金加入者している2号被保険者に扶養されている配偶者で年収130万円未満の人です。 年齢は、20歳以上 60歳未満です。 厚生年金 (第2号被保険者) サラリーマン、公務員、OLなどです。 年齢は、 70歳未満です。 国民年金の加入年齢の60歳未満とは、いつまで払うことが必要なの? 国民年金というのは20歳から 加入義務がありますが、60歳になると加入する必要がなくなります。 具体的には? 60歳についてですが、正確には60歳に達する日の 前日の属する月の 前月までということになります。 なんだか・わかりにくいですね! たとえば、2019年5月7日に60歳になる場合です。 法律上では、誕生日の 前日に年齢が加算され、2019年5月6日が誕生日の扱いになります。 そのため5月6日の前月の4月分まで 支払う義務が あります。 5月分の国民年金の 支払い義務は ないということです。 一番気をつけたいのが、年金の支給が自動的に始まるという勘違いされる方もいらっしゃいます。 ご自身で請求しなければ、年金を受け取ることができませんので 注意が必要です。 なんだか? 支払いは、強制的で受給は手続きをしないと支払われないなんて・・・ まだまだ先の事と考えていましたが、年齢を重ねていくと知らないと損する年金制度は自分の事として、学んでいた方が良いですね。 年金制度は本当に難しいとばかり言っていても、もらえるはずの年金が受け取れなくなる事もあります。 今後は、年金の金額も受給開始時期もずれ込みそうですね。 🌊 毎年誕生日月に送られてくる、ねんきん定期便よくみてください。 まとめ 疑問: 60歳になっても厚生年金保険保険料は支払わないといけないの? 答え:厚生年金適用事業所で厚生年金の被保険者となる形で働いる70歳未満の方は、 厚生年金の保険料を負担するという事。 生きていくために、必要な生活資金ベースの 年金です。 長い間生活を送るためにも、 年金は他人事ではありませんよ。 気をつけたいのが、年金の支給が自動的に始まるという勘違いされる方もいらっしゃいます。 ご自身で請求しなければ、年金を受け取ることができませんので注意が必要です。 真剣に一度、ねんきん定期便や年金の支払いや受給開始時期について考えてみませんか? 将来の安心のための、手当の方法がみえてきます。 * 年金の 受給いつか 指おりて *.

次の

厚生年金はいつまで払うのか?国民年金とは異なる納付期間を解説

厚生年金掛け金いつまで

会社勤めの人は厚生年金に強制加入しなければいけませんが、この厚生年金の保険料はいつまで払い続けなければいけないのでしょうか?けっこう高いお金を毎月納付しているので、やはりいつまで納付するのかは気になるところですよね。 ですが、「払わない方法があるのでは・・」と考えた人には残念ですが、厚生年金は会社で働く限り加入し続けなけばいけないと決められています。 また、加入年齢は下限が決まっておらず、上限は70歳となっています。 ただし、70歳以上でも例外的に加入できる人もいます。 「納付するのを辞めたいな・・」と考える人も多いでしょうが、それには会社を辞める必要が出てくるし、払い続けることと老後の年金額が増えて生活が楽になりますので、厚生年金に関しては諦めて支払い続けるのが一番良い選択だと思います。 スポンサーリンク 会社に勤める場合は強制的に加入することになる 厚生年金は会社に勤める場合は強制的に加入することになります。 基本的には株式会社、もしくは個人の事業所であっても常時5人以上いる場合(農林漁業・サービス業は除く)は厚生年金保険の適用事業所となってしまうため、厚生年金に強制加入となります。 また、アルバイトやパートタイマーで働いている場合でも、一般社員並みに働いている場合は厚生年金の被保険者となります。 厚生年金に加入したくない場合は? 「手取りが減るから」「将来年金が貰えるか分からないから」という理由により、厚生年金に加入したくないという方も増えています。 ですが、基本的にはバイトやパートでも一般社員並みの労働をしている場合は強制的に加入となってしまうため、個人で自由に選択することはできないのが現状です。 どうしても加入したくない場合は、労働時間を短くするしかありません。 ちなみに、個人事業で従業員が5人未満の場合、適用事業所ではないので加入する必要はありません。 厚生年金の下限年齢は決まっていないため、15歳からでも加入できる 国民年金の場合は20歳から加入と決められていますが、厚生年金はこの「加入年齢」というものが定められていません。 つまり、何歳からでも加入することができるようになっています。 20歳より前、もっと言うなら17歳や16歳からでも加入することができるのです。 中卒から働いた場合は15歳から厚生年金に加入することになるので、実質的には15歳からということになるのでしょうか。 とはいえ、下限は特に決まっていないのが現状です。 働き続ける場合は70歳まで払い続けることに 国民年金の場合は60歳で保険料の支払いが終わりますが、厚生年金は違います。 会社で働いている限り、60歳になろうが65歳になろうが加入義務があり、保険料は支払いつづけなければいけません。 原則的には、働き続ける場合は70歳まで厚生年金の保険料を納める必要があるのです。 今の法律では65歳から老齢年金が貰えるようになるのですが、65歳以降も働く場合は年金を貰いながら年金の保険料を払い続けることになるのですね。 ちょっとおかしな感じではありますが、現状ではこのように決められています。 もちろん、70歳前に仕事を辞めて年金生活に入った場合、辞めてからは厚生年金の加入義務はありませんので、保険料を支払う必要はありません。 また、 保険料として支払った分はちゃんと以後の老齢年金の金額に反映されるので、保険料を払うのは無駄なことではないのです。 70歳以上の方は「高齢任意加入被保険者」として加入できる場合も 70歳以降は基本的には会社に勤めていても厚生年金の加入義務はありませんので、保険料を支払う必要がなくなります。 ただし、70歳以上の方で老齢年金を受けるために必要な加入期間を満たしていない場合は、特別に任意で厚生年金に加入できるという制度が用意されています。 この制度を「高齢任意加入被保険者」と言い、加入期間が足りなくて老齢年金を受け取れない方の救済制度となっています。

次の

60歳(65歳、70歳)になっても厚生年金保険料は支払わなければならないのでしょうか?

厚生年金掛け金いつまで

厚生年金に加入できる期間は70歳までです。 それ以降は加入したくても加入できません。 70歳まで!! 70歳になると、会社は厚生年金の資格喪失手続きを行います。 (ただし年金受給権のない70歳以上の人を除きます) 70歳以上は健康保険と介護保険、雇用保険だけになります。 厚生年金は60歳、65歳、70歳で再計算される 今現在、厚生年金を受け取っている方も大勢いると思います。 65歳以降に支払った年金は一体、いつ反映されるのでしょうか? もしかしたら払っている分、損しているのでしょうか? そんなことはありません。 それは、70歳になったら、厚生年金の 年金受取額の再計算が行われます。 そこで新しい年金額が決定され、70歳以降に支払われます。 決して払い損ではありませんので安心してください。 厚生年金の年金額が改定されるタイミングは、60歳、65歳、70歳です。 その他には退職した時に再計算される「退職改定」です。 ただし、退職後1ヶ月以内に再就職すると継続とみなされ、改定されません。 例えば67歳から3年間加入した場合、その3年分が70歳より増額され支給されます。 在職老齢年金の注意点 注意しなければならないのは、在職老齢年金制度です。 70歳以降も在職老齢年金制度は継続されます。 給料が高ければ、年金額が減らされるという制度です。 給与収入と年金の額によって、年金の額が、減額されたり、支払われなかったりすることはあります。 65歳未満の人の場合、月給と年金月額の合計が28万円以下なら年金を減額されることはありません。 ここで月給とはボーナスも合わせた平均月収のことです。 以下同様とします。 また減額されるのは厚生年金の部分のみです。 国民年金からは減額されません。 すなわち、どんなに収入があっても国民年金は全額支払われます。

次の