防御アップ グラブル。 風属性バフ・デバフ 持ちSSRキャラ一覧【スマホ・グラブル】

光属性バフ・デバフ 持ちSSRキャラ一覧【グラブル】

防御アップ グラブル

シンプルに強力な効果ではありますが、 ・再使用不可 ・黒麒麟のようにすでに使用済みのアビを再使用できるようにはならない ・十天4アビのように再使用不可のものは無効(その場合ダブルディールの消費はなし) ・CT0のアビにも反応しない というように 注意点は多め。 また、一度しか使えないという関係上 どこで使うか非常に悩ましいです。 抱え落ちや使わず戦闘終了という状況は避けたいところ。 まず前半の模倣は ルナールのファクシミリと全く同じ コピー効果で、このアビを使う直前に味方が使ったアビをコピーして使うことができます。 その強力さ故、前半のコピー効果はおまけで 実質こちらがメインと言っても過言ではありません。 ただし、 一旦ビギニングの方を使用しなければならないので、普通にエンドオブジョーカーを使おうとすると 14ターンかかってしまうのが難点。 が、1アビのダブルディールを利用すれば 4ターン目での使用も可能です。 3アビ ブランクフェイス バトルメンバーが最初に使用したアビリティの種類に応じてアビリティ内容が変化 一見すると単純そうに思えますが、 カイムを使うにあたって一番覚えることが多いアビです。 アビの種類についてはアイコンの枠の色で判別可能です。 注意点としては、ブランクフェイス自体には効果がないので、 この状態で使用してもNO EFFECTとなり何の意味もありません。 また、何をするにしても味方のアビ発動があって初めて真価を発揮するアビなので、 味方が全滅してしまうと無用の長物となる危険性も孕んでいます。 なお、種類については以下の通りです。 各トリックにはそれぞれに対応した 〇〇ランクという 固有の自己バフ(永続消去不可)があり、アビを使用するごとにランクが上昇、 最大4まで上がります。 例えばスペードトリックを使用すると、スペードランクを付与(付与されている場合はランクが一段階上昇する)という感じ。 また、 各ランクは共存するので、時間をかければ 4種類全てのバフを最大まで付与させることも可能。 単純に手数が増え、奥義ゲージも回収できる 堅実なアビです。 慧眼効果は「 自分の攻撃が敵の属性に関わらず弱点を突く状態」というもので、敵が火だろうが土だろうがカイムの攻撃時のみ水属性とみなし、相性有利の補正(weak! という表示のやつ)がかかります。 ちなみに慧眼効果を始め、後述する吸収、変転、追撃には固有のバフマークはなく、 それぞれのランクのバフに内蔵される形となっています。 シンプルな回復アビ。 最大2000まで回復できるので、上手く回せれば地味に便利です。 また、吸収は最大500ですが、回復性能アップの補正を受けるのでランクAの場合750になります。 奥義ゲージ15%アップとこちらも癖がなくシンプルなアビ。 変転効果は「 被ダメージを水属性に変換する状態」で、防御アップと合わせるとかなりカチカチな状態になります。 スロウ付きデバフ。 累積デバフは 1回につき10%ダウン、 最大40%まで下げられます。 これを目当てに取得した方も多いでしょう。 カイムをサブに編成し、武器を全て1種類ずつの俗に言う ハイランダーにすることで、 ・攻撃アップ 別枠乗算 20% ・防御アップ 50% ・ダメージ上限アップ 10% という 非常に強力な効果が得られます。 どれぐらい強力かと言うと、例えば ウリエルは召喚効果で ・攻撃 30%アップ 別枠乗算 ・防御 50%アップ ・奥義ゲージ30%アップ のバフが付与され、サブ石効果で ダメージ上限 5%アップ 3凸時 10% がかかりますが、見比べると分かるように、 カイムの逆位置効果はウリエルとほぼ同等です。 つまり、 ハイランダーでカイムがサブにいるということは、 ウリエルに匹敵するバフが常時味方全体に付与されていることを意味します。 要するに 滅茶苦茶強いということです。 ハイランダーはマグナではハードルが高いですが、リミ武器がある程度揃っているティターンであれば、やる価値は大いにあるでしょう。 そのため、 どんな編成に組み込んでも一定の役割を果たしてくれるでしょう。 が、性能的には 代用が利かないというわけではなく、バフにしてもデバフにしてもその効果は 普通すぎるほどに普通で、 一方面に特化したキャラがいれば容易に取って代わられます。 その上、いずれのアビリティも味方のアビ発動があって初めて効力を発揮するものばかりなので 受動的な側面が強く、状況によっては 必要な時に目当てのアビに変化させられないという場合も多いです。 というように便利なのは間違いないですが、 同時に器用貧乏さも否めないキャラと言えます。 おわりに 総評がちょっと辛辣になってしまいましたが、以上、カイムについてレビューしてみました。 逆位置は強力、フロントでは便利という感じのキャラです。 特にフロントでは編成自由度の高さを生かして、土楽器パみたいなニッチなパーティの穴埋めなんかにも使えます。 新機軸の編成を試してみたい時にカイムという存在はありがたいので、そういう意味では非常に画期的なキャラと言えるでしょう。 他の賢者のレビュー.

次の

【グラブル】全SSR武器一覧|絞り込み検索付き【グランブルーファンタジー】

防御アップ グラブル

「ハッタリ」で最大9999999ダメージ• 最大ダメージが出ないけどロマンがある 「ハッタリ」が尖っているバロワ。 「ハッタリ」というのは攻撃アビリティなんですが最大1000倍の火属性ダメージを与えることができます。 ただし倍率は運です。 最大9999999ダメージと最大攻撃力は全キャラ最強のアビリティなんですが、ほぼ出ません。 というか自分は出たことありません。 基本的にはそれほど使えるアビリティではないんですが、数十万程度のダメージならわりと出ることがあります。 なので、序盤にパーティーに入れてると思いがけず使える ことがあります。 安定性は全くないですけどロマンは全キャラ一ですね。 グラブルでおすすめの水属性Rキャラ カイラナ• 味方のアビリティを模倣できるアビリティ• 失敗する可能性がある 唯一無二の模倣アビリティ持ち。 直前に味方が使ったアビリティと同じアビリティを使用することができます。 全てのアビリティを真似して使えるわけではないですし、失敗することもありますが、かなり強力です。 SSRキャラと組ませて強力なアビリティを真似るのが良い運用ですね。 グラブルでおすすめのRキャラまとめ Rキャラだからといって、SRよりも弱いとは限りません。 Rキャラでも特定の場面では使えますし、アーカルムではR限定パーティーとして使う機会があります。 なので、この記事で何か編成に役立っててもらえば幸いです! 以上、 おすすめのRキャラ15人の紹介でした!.

次の

グラブルをやるなら知っておくべきルール:下限の50%

防御アップ グラブル

注意:バフデバフのルール ミゼラブルミストと他のアビリティを組み合わせる、までは良いとして、では適当にいろいろなデバフを編成に加えれば良いのでしょうか?実はこれがダメなのがです。 アビリティなどの組み合わせによっては効果が重ならず無駄になります。 これを避けるため基本ルールを抑えておくとよいです。 ルール 1:バフデバフはアビリティ毎に固有の効果量 当たり前かもしれませんが、バフやデバフにはそれぞれアビリティ毎に効果量が設定されています。 例: レイジ2 = 自分を20%攻撃アップ レイジ3 = 自分を30%攻撃アップ ミゼラブルミスト = 敵の攻撃25%ダウン 敵の防御25%ダウン アビリティの説明表記では「攻撃アップ」「防御アップ」とシンプルですが、一見同じようなアビリティに見えても、効果量が全然違ったりするので注意が必要です。 重ね合わせで下限の50%を超えた部分は切り捨てられます。 ルール2:アビリティ同士を組み合わせて効果量をアップする 最初に出した例のことです 例ではミストとアーマーブレイクそれぞれ25%ダウンを組み合わせて 50%を狙いました。 ルール 3:重複のルール 繰り返しになりますが、では、どんな効果でも重複するわけではありません。 といっても数多いアビリティを全部覚える必要はありません。 大まかな分類として、「片面」 「両面」を覚えるとよいです。 片面:アーマーブレイクのように防御だけさげる レイジのように攻撃だけ上げる アビリティなど 両面:ミゼラブルミストのように攻撃防御「両面」に効果のあるもの これはキャラのアビリティ説明を見るだけでも確認できるので分かりやすいと思います。 他にも ・召喚での効果はキャラとは別 ・一部キャラの特殊アイコンが出るアビリティは別枠(アニラやシヴァ) などがあります。 あと分かりにくいんですが、 ・属性防御(攻撃)ダウンアップ というのも通常とは別枠になります。 (さらに召喚石の属性バフデバフは別枠だったりする。 ) 基本はこんな感じになります。 あとはで確認したりしながら自分で編成を考えると楽しいです。 組み合わせ例いくつか 一応おススメの組み合わせ例を最後に紹介させていただきます! 代表的なミゼラブルミストとの組み合わせを くどいのですが、ミストの効果量は「攻防25%ダウン!」 これさえ覚えておけば通です 笑 以下少ないですが編成例を書きます。 以下をブックマークしておくと捗ると思います。

次の